とっても便利!! な GoPro Smart remote controlをカメラと ペアリングする方法 

GoProを遠隔で操作出来るリモコン「GoPro スマートリモート」。

いわゆるGoProのリモコンですが、かなりおすすめのアクセサリーなのですが、意外と知られていません。

Goproはスマホと接続しても遠隔操作ができちゃいますが、スマホがなくても操作できちゃうのがこのリモコンです。

せっかくのゴープロを持ってダイビングなどしても、肝心の海の中では使えません。また雨、雪などの水に濡れる場所でもスマホは使いたくないですよね。
そんなときに便利なのが「GoProスマートリモート」!!海でも山でも、どんな環境でも安心して操作できます。

また小さくて軽いので、スキーやスノボをしているときも全く邪魔になりません。手元から自由自在にGoProを操れるっていうのはすごく便利なんです!!

そんなスマートリモートですが、ペアリング方法が接続相手の機種によってかなり違います。ということで、ゴープロとの接続方法をモデルごとに解説していきたいと思います。

カメラと Smart Remote をペアリングする方法

HERO7 Black

1. モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2. LCD スクリーンを下にスワイプして「ユーザー設定」を表示してタップします。
3.「接続」をタップして、「デバイスの接続」を選択します。
4.「Smart Remote」まで下にスクロールし、選択します。
5. リモコンをペアリング モードにします。 

 

HERO6 Black / HERO5 Black

1. モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2. LCD スクリーンを下にスワイプして「接続」を表示し、「接続」をタップします。
3.「新デバイスの接続」をタップして、「Smart Remote」を選択します。
4. リモコンをペアリング モードにします。

Fusion

1.モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2.「Settings」(設定) アイコン (レンチ) が表示されるまで、モード ボタンを繰り返し押し、カメラ前面のシャッター ボタンを押して「Settings」(設定) を表示します。
3.シャッター ボタンを 3 回押すと、「Connection settings」(接続設定) が表示されます。
4.モード ボタンを繰り返し押して、「Connect」(接続) を強調表示し、シャッター ボタンを押して選択します。
5.モード ボタンを繰り返し押して、「SMRTRC」を強調表示し、シャッター ボタンを押して選択します。
6.リモコンをペアリング モードにします。


HERO5 Session

1. カメラで、メニュー ボタンを押してステータス画面をオンにします。
2.メニュー ボタンを繰り返し押して「Connection Settings」(接続設定) まで移動し、シャッター ボタンを押して選択します。
3.メニュー ボタンを押して、「Connect New Device」(新デバイスの接続) まで移動し、シャッター ボタンを押して選択します。
4.シャッター ボタンを押して「GoPro RC」を表示します。
5.メニュー ボタンを押してチェック マークまで移動し、シャッター ボタンを押して選択を確定します。カメラでペアリングが自動的に開始されます。
6.リモコンをペアリング モードにします。


HERO4

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – HERO4カメラをペアリングモードにする

1. HERO4カメラをオンにします。
2. 「SETUP」メニュー移動して開き、カメラ上部のシャッターボタンを押して「WIRELESS」メニューを開きます。
3. 「Wi-Fi」メニューで、「REM CTRL」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、シャッターボタンを押して選択します。
4. 「Existing」、「New」、「Back」の選択肢が表示された場合は、「New」を選択します。
5. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
6. カメラを一旦置いて、リモコンを手に取ります。

アクション2 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – RemoteとHERO4カメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモコンの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。通常、1分以内に、カメラとリモコンのペアリングが完了します。
2. リモートに別の端末とペアリングするかの確認が表示される場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示してから赤いボタンを押してそれを選択します。代わりに、ペアリング画面(矢印)と接続されたカメラの数(通常は「1」)が表示されます。リモートの赤いシャッターボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモコンにカメラ前面のLCD画面の内容がミラーリングされ、ペアリングが成功したことがわかります。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを「新しい」リモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「REM CTRL > New」を選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。
 
Session カメラ

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – Session カメラをペアリングモードにする

1. 以下のオプションからひとつ選択します。 

これまでにカメラとリモートをペアリングしたことがない場合:

a. Info/Wireless ボタンを1回押してスクリーンの電源をオンにします。 
b.「APP & RC」または「RC」と表示されるまでワイヤレスボタンを押します。
c.上部のシャッターボタンを押して選択します。 

過去にこのカメラをリモートとペアリングしたことがある場合:

a. Info/Wirelessボタンを1回押してスクリーンの電源をオンにします。
b.「ADD NEW」と表示されるまでInfo/Wirelessボタンを押し、上部のシャッターボタンでこのオプションを選択します。
c.Info/Wirelessボタンを押して「RC」を反転表示させ、上部のシャッターボタンでこのオプションを選択します。

2. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
3. カメラを一旦置いて、リモートを取ります。

アクション2  – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – リモートとHERO4 Sessionのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモートの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。通常、1 分以内にカメラとリモートのペアリングが完了します。
2. リモートに別のカメラとペアリングするかの確認が表示される場合は、モード ボタンを押して「No」(いいえ) を反転表示してから赤いボタンを押して選択を確定します。代わりに、ペアリング画面 (矢印) と接続されたカメラの数 (通常は「1」) が表示される場合もあります。リモコンの赤いシャッター ボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモートにカメラの撮影設定と録画モードが表示され、ペアリングが成功したことがわかります。



HERO+ および HERO+ LCD

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – カメラをペアリングモードに備えて用意します

1. カメラの電源をオンにします。
2. 「SETUP」メニューを開き、カメラ上部のシャッターボタンを押して「WIRELESS」メニューを開きます。
3. Wi-Fiメニューで、「 REM CTRL 」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、シャッターボタンを押して選択します。
4. 「Existing」、「New」、「Back」の選択肢が表示された場合は、「 New」を選択します。
5. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
6. カメラを一旦置いて、リモートを取ります。

アクション2  – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – Remoteとカメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモートの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはペアリングされます。
2. リモートに別の端末とペアリングするかの確認が表示される場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示してから赤いボタンを押してそれを選択します。 代わりに、ペアリング画面(矢印)と接続されたカメラの数(通常は「1」)が表示されます。 リモコンの赤いシャッターボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモートにカメラ前面のLCD画面の内容がミラーリングされ、ペアリングが成功したことがわかります。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを「新しい」リモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「REM CTRL > New」を選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。

 
HERO3/3+

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – HERO3+カメラをペアリング可能にする

1. HERO3 +カメラの電源をオンにします。 
2. カメラのレンズに向かって左側のWi-Fiボタンを押します。数秒おきに青いLEDが点滅し、カメラのWi-Fiが起動されていることを示します。 
3. Wi-Fiボタンをもう一度押して、カメラ前面LCD画面のWi-Fiメニューを表示します。 
4. Wi-Fiメニューで「Wi-Fi RC」が反転表示されるまで、カメラの前面のボタンを押し、上部のシャッターボタンで選択します。 
6. 次の画面で「New」を反転表示させて選択します。 
7.  「Detach current remote?(現在のリモートを切り離しますか?)」と表示されたら、「Yes(はい)」を選択します。その後、カメラ画面にお互いの方向に移動する2つの矢印が表示されます。これは、カメラがペアリングモードにあることを示します。ご注意 – 画面上の二つの矢印が互いに向かい合って動いている場合のみ、カメラはペアリングモードになっています。

アクション2  – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3  – Wi-Fi RemoteとHERO3+カメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとRemoteの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはそれぞれチェックボックスを画面に表示します。
2. リモートが別の端末とペアリングするかたずねてきた場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示させ、次に赤いボタンを押して選択します。
3. カメラがチェックボックスを表示した後、リモートが Wi-Fi 信号を発したら、リモートの赤いボタンを押してください。リモートの LCD画面がカメラの前部の LCD画面を映し出し、ペアリングが成功したことを示します。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを新しいリモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「Wi-Fi RC > New」と選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。

HD HERO 2

開始前に、カメラ、リモート、BacPacはすべて十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

アクション1 – Wi-Fi BacPac をペアーリングに備えてください。

1. Wi-Fi BacPacおよびHD HERO2が接続されていない状態で、電源をオンにします。その後、接続します。
2. BacPac側面の電源ボタンを押して、カメラ前面のLCD画面にWi-Fiメニューを表示します。注 – Wi-Fiメニューを表示するもう1つの方法は、カメラの電源およびシャッターボタンを使ってカメラの設定メニューでそれを見つけることです。設定メニューは、レンチのアイコンで示され、Wi-Fiメニューはワイヤレス信号アイコンで示されていることを覚えておいてください。
3. 「Wi-Fi」メニューで、「Wi-Fi RC」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、上部のシャッターボタンを押して選択します。
4. 続いて「New」を反転表示して選択します。
5. 「Detach current remote?(現在のリモートを切り離しますか?)」と表示されたら、「Yes」を反転表示させて選択します。その後、カメラの画面上で、二つの矢印が相互に近づいているのが見えます。これはカメラがペアリングモードであることを意味します。

カメラがペアリングモードにある間に、リモートをペアリングモードにして、お互いを見つけられるようにする必要があります。ご注意 – カメラがペアリングモードになっているのは、お互いの方向に移動する2つの矢印がスクリーンに表示されている間だけです。

アクション2 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンの Setting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

アクション3 – リモートと Wi-Fi BacPac + HD HERO2カメラのペアリングを終了します。

1. この時点で、カメラとRemoteの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはそれぞれチェックボックスを画面に表示します。
2. リモートが別の端末とペアリングするかたずねてきた場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示させ、次に赤いボタンを押して選択します。
3. カメラがチェックボックスを表示した後、リモートが Wi-Fi 信号を発したら、リモートの赤いボタンを押してください。リモートの LCD画面がカメラの前部の LCD画面を映し出し、ペアリングが成功したことを示します。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ スマートリモート ARMTE-002

新品価格
¥12,800から
(2019/4/18 11:38時点)

ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」そのスペックとアタッチメントは??

ASUSが、今年6月に行われたCOMPUTEX TAIPEI 2018で発表した、同社初のゲーミングスマートフォン「ROG Phone」。

 

冷却ファンなどの拡張ユニットを装着できる6インチサイズのSIMフリースマホ

ROG Phone(ZS600KL)は、2,160×1,080ドットの有機ELディスプレイやオクタコア/2.96GHz動作のSnapdragon 845、Android 8.1を搭載した6インチの海外向けSIMロックフリースマートフォン。メモリ容量は8GB、ストレージ容量は128GB。

ユニークな機能として、本体に様々な拡張ユニットを装着できるようになっており、付属品として背面に装着する冷却ファン「AeroActive Cooler」が用意されている。このほかの拡張ユニットは別売りで、ニンテンドーDSのように2画面タイプの携帯ゲーム機風にできる「Twinview Dock」や、Nintendo Switchのように両手で挟んでゲームができるコントローラー「Gamevice」、テレビに出力できる「Mobile Desktop Dock」などがラインナップされている。なお、同店にはこれら拡張ユニットは未入荷。

ディスプレイはゲーマー向けをうたっており、コントラスト比は10,000:1、リフレッシュレートは90Hz、応答速度1ms、HDR対応といったスペックを持つ。このほか、ゲーム向けモード「Xモード」を搭載し、メモリの開放や割り込みの無効化などが可能となっている。

 

まず、SoCはSnapdragon 845を2.96GHzまでクロックアップしたカスタム版を採用します(通常は2.8GHz)。当然、発熱が心配になりますが、GameCoolと名付けた専用の冷却システムも搭載。放熱エリアの表面積は従来の16倍を確保し、CPUの冷却効率は60%向上しているとしています。

くわえて、背面冷却ユニット「AeroActive Cooler」も装着可能。冷却面での不安はなさそうです。

さらには、3DS風なスタイルでプレイできる「TwinView Dock」や、一般的なゲーム機のようなスティックや十字キーを追加する「Gamevice & WiGig Dock」などのオプションも用意されています。

 

側面には「AIR TRIGGER」と呼ばれるタッチセンサーを内蔵、機能を割り当ててL/Rボタンのように使うこともできる。昨今爆発的に流行したアクセサリーをタッチ式で標準装備しているというワケだ。

L/Rボタンの反対側には、オプションパーツ用のポートを実装。高負荷時の発熱を抑えてくれる、同梱のクーラーを取り付けることができる

そのほか、1200万画素+800万画素のデュアルカメラと800万画素のインカメラ、指紋認証センサー、4000mAhのバッテリーなどを内蔵する。

なおショップによれば、ネットワークはFD-LTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/28/29/32、TD-LTEバンド 38/39/40/41/46などに対応しているとのこと。

 

また、ハイエンドスペックもさることながら、満載されたゲーミング向けの機能がスゴイ。オプションパーツをドッキングできる専用ポートを備え、付属のクーラーで高負荷時の発熱を飛ばすことができる。さらに店頭には未入荷ながら、2画面ドックやコントローラーといった豊富なオプションもラインナップ、ギミックを用いた機能拡張が可能なのだ。

手に優しいスマホ操作サポートベルト付き超薄型ケース「SMA-BELT Thin」

ROOXは、11月2日にiPhone X/Xs向け薄型ケース「SMA-BELT Thin」を発売した。価格は2500円(税別)。

PhotoPhoto
スマートフォンケース、雑貨の企画・販売を行う株式会社ROOX(本社:東京都新宿区)は、スマートフォンやタブレット端末の背面に貼ることで片手操作を快適にする人気アクセサリー「SMA-BELT」の新製品「SMA-BELT Thin」を11月2日から販売すると発表しました。人気商品「SMA-BELT」を超軽量・薄型の「PhoneFoam Golf Thin」ケースに埋め込むことで一層の安定化と軽量化を実現した製品です。

新製品「SMA-BELT Thin」は、超軽量・薄型のケースであるPhoneFoam Golf Thin製品に、合皮製スマホ操作支持具として定評のある「SMA-BELT」を直接固定した製品です。
SMA-BELTは、スマートフォンやタブレットの背面に取り付けた合皮製ベルトに指を通すことにより、安定した端末操作をサポートするアクセサリーで、リングと違って手触りが優しく、また軽くて薄いことが支持され、2015年の発売以来、多くのお客様からご愛顧をいただいてまいりました。

その一方で、SMA-BELTは、取り付け金物を強力な粘着テープでスマートフォンに固定する構造のため、取り外しが難しいこと、2017年秋以降のiPhoneのようにガラス筐体のスマートフォンにはしっかり取り付けられないことなど、ご要望も数多く頂いております。

SMA-BELT Thinでは、ベルトを直接スマートフォンケースに縫い付けることで固定具を減らし、一層の軽量化と薄型化を目指しました。更に、超軽量・薄型ケースである「PhoneFoam Golf Thin」をケースとして選択することで、ケース部の厚みがわずか0.4mm、SMA-BELTを含めた重量が9g(従来のSMA-BELT製品単体の重量は5g)と、一般的なリング製品の重量(12g程度)よりも軽いという、驚きの仕様を実現しています。
さらに、金属部品がほとんどない素材構成と、その薄さにより、iPhoneのワイヤレス充電にも対応。SMA-BELT Thinを装着した状態でワイヤレス充電が可能です。

SMA-BELT ThinはiPhone X/Xsに対応し、カラーバリエーションとして、マットなブラックのケースにブラックのSMA-BELTを合わせた「ブラック&ブラック」と、スモークがかった半透明のボディにSMA-BELTを合わせた「フォギー&ベージュ」「フォギー&ラベンダー」「フォギー&ピンク」の合計4モデルをご用意しました。

写真

「SMA-BELT Thin」

ROOXは、スマートフォンやタブレットの背面に貼って、片手での操作を快適にするiPhone X/XS用ケース「SMA-BELT Thin」を発表。11月2日より発売する。

軽量、薄型のケース「PhoneFoam Golf Thin」に、合皮製のスマートフォン操作支持具「SMA-BELT」を直接固定したモデル。SMA-BELTは、スマートフォンやタブレットの背面に取り付けた合皮製ベルトに指を通すことにより、片手操作を快適にするアクセサリーで、リングと違って手触りがやさしく、軽くて薄い。

「SMA-BELT Thin」について
対応機種: iPhone X/Xs
サイズ : 138 x 67 x 9 mm 9g
素材  : ケース=TPU、ベルト=合皮(5層構造)、ステンレス
参考価格: 2,500円(税別)
株式会社ROOXについて:
株式会社ROOXは、スマートフォングッズの企画・輸入・販売を行う「アクセサリー事業」、日本の優れたマニアック文化を内外に向けて発信する「マニアックス・マニファクチャー事業」、お客様のビジネスを急速に加速させる「WEBコンサルティング事業」、細やかな心理描写までを言葉で伝える「翻訳事業」の4事業を営む、2009年創業の気鋭の集団です。
「SMA-BELT」商品説明ページ:
URL: https://www.roox.jp/belt-thin

Amazon商品リンク:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JN7NSHH

DELL ALIENWARE史上最軽量の15型ノートPC「m15」いよいよ国内販売開始

DELL2018年10月30日、ゲーマー向け薄型軽量ノートPC「ALIENWARE m15」の国内販売がいよいよ始まりましたね。

搭載コンポーネントを任意に選択できるフルカスタマイズモデルの場合、GPUに「GeForce GTX 1060 6GB」を、CPUに「Core i7-8750H」を搭載する最小構成の価格は18万4980円(コミコミで19万9778円)となっています。

筐体表面にはマグネシウム合金を採用し、エピックシルバーとネビュラレッドの2色、Alienware 13よりも5%薄く、20%軽量化。持ち運びを想定した仕様となっており、従来通りのハイパフォーマンスを維持しつつ場所や方法を選ばずにプレイできます。

キーボードは、1.4mmのキーストローク、アンチゴースト、4つのALIEN FXライティング対応ゾーンを備え、17型未満では初となるテンキーパッドを搭載しています。
新しいALIENWARE mシリーズ キーボードは、1.4mmのキーストローク、アンチゴーストキー、4つのALIEN FXライティング対応ゾーンを備え、あらゆるゲームのプレイ中に室内を照らすと同時に150タイトル以上のゲームのゲーム ライティング リアクションにも対応しています。

そのほかのおもな仕様は、液晶ディスプレイは15.6型非光沢フルHD(1,920×1,080ドット)IPS/非光沢144HzフルHD IPS/非光沢4K(3,840×2,160ドット)IPS、GPUがGeForce GTX 1060 (6GB GDDR5)/1070 (8GB GDDR5)、メモリはDDR4-2666メモリ8GB/8GB×2/16GB×2、OSはWindows 10 Home。

ストレージは1TB SSHD/256GB NVMe SSD/128GB NVMe SSD+1TB SSHD/256GB NVMe SSD+1TB SSHD/256GB NVMe SSD×2/512GB NVMe SSD+1TB SSHD/118GB Optane SSD+1TB SSHD/512GB NVMe SSD×2/1TB NVMe SSD×2から選択できます。

インターフェイスはThunderbolt 3、USB 3.1×3、IEEE 802.11ac無線LAN(Killer 1550)+Bluetooth 5.0、Gigabit Ethernet(Killer E2500)、Alienware Graphics Amplifierポート、HDMI 2.0、Mini DisplayPort 1.3、Webカメラ、音声入出力。

本体サイズは363×275×17.9~21mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は2.16kgから。

DELL ALIENWARE

●ALIENWARE m15(フルカスタマイズモデル)の主なスペック

  • CPU:Core i7-8750H(6C12T,定格2.2GHz,最大4.1GHz,共有L3キャッシュ容量9MB)
  • チップセット:未公開
  • メインメモリ:PC4-21300 DDR4 SDRAM 8GB×1,8GB×2,16GB×2
  • グラフィックス:
    ・GeForce GTX 1060 6GB(グラフィックスメモリ容量6GB)
    ・GeForce GTX 1070 with Max-Q Design(グラフィックスメモリ容量8GB)
  • ストレージ:
    ・SSD 容量256GB(M.2/PCIe接続)
    ・SSD 容量512GB(M.2/PCIe接続)
    ・HDD 容量1TB(Serial ATA 6Gbps接続)
  • パネル:
    ・15.6インチ液晶,解像度1920×1080ドット,ノングレア(非光沢),垂直リフレッシュレート60Hz
    ・15.6インチ液晶,解像度1920×1080ドット,ノングレア(非光沢),垂直リフレッシュレート144Hz
    ・15.6インチ液晶,解像度3840×2160ドット,ノングレア(非光沢),垂直リフレッシュレート60Hz
  • 無線LAN:IEEE 802.11ac+Bluetooth 5.0(Killer Networks「Killer Wireless-AC1550」)
  • 有線LAN:1000BASE-T(Killer Networks「Killer E2500」)
  • 外部インタフェース:Thunderbolt 3 Type-C×1,Mini DisplayPort 1.3×1,HDMI 2.0 Type A×1,1000BASE-T LAN(RJ-45)×1,USB 3.1 Gen.1 Type-A×2,Graphics Amplifier専用端子×1,4極3.5mmミニピン×1
  • スピーカー:内蔵2.0chステレオ
  • マイク:未公開
  • インカメラ:解像度1080p
  • バッテリー容量:60Wh,90Wh
  • ACアダプター:出力130W,180W
  • 公称サイズ:約363(W)×275(D)×17.9~21(H)mm(※突起部除く)
  • 公称重量:約2.16kg
  • OS:64bit版Windows 10 Home

DELL ALIENWARE

10秒で組み立てられるポータブル写真スタジオ『Foldio2』プロ並みの商品写真を撮るには最適!

foldio2とはアメリカのベンチャー企業ORANGEMONKIEが開発した撮影ボックスで、クラウドファンディグサイト「KICKSTARTER(キックスターター)」で資金調達し販売に至った商品です。

通常の撮影ボックスの場合、別途ライトを購入したりと “面倒かつ場合によっては高くなる” というデメリットがありますが、「foldio2」はこれひとつで撮影環境が完結しており、他にLEDライトなどを購入する必要がありません。

  • 適切な位置にLEDライトが配置されている
  • 簡単に作れて、折り畳みむこともできる
  • 背景の台紙が4枚(白・黒・グレー・グリーン)付属している

スマートフォンの普及により簡単に写真を撮っていますが、さらに高品質商品写真を撮るためにはそれ相応の照明や背景が必要になります。写真専門スタジオではもちろん専門的な背景や照明、高価なカメラなどが準備されていますが、一般の方がこういう機材をレンタルするのはそう簡単ではない

スマートフォン向けの、折り畳み式にデザインされたポータブルフォトスタジオ。Foldioは、スマートフォンで誰でも簡単にスタジオで撮影したのと同レベルの写真を撮ることができます。しかも、慣れれば10秒程度で簡単に組み立てられる!

Foldio2

Foldio2とは?

Foldio2は、昨年7月にプロジェクトで大成功したFoldioの性能を超え、より大きく、よりスマートにバージョンアップしました。それと同時に、オールインワンスタイルを維持することに努めました。

大きいサイズになり、新規ユーザーにも喜ばれる

Foldio2は、元のFoldioより2倍大きくなりました。

ネットショップなどで商品を販売している人に関しては、売り上げが大きく左右される必需品のアイテムで場所も取らず便利。

写真の写りこみなどが、激減されて、誰でも簡単にキレイでバズりやすい写真を撮影することができます。

Foldio2

Foldio2

Foldio2

明るい照明、アダプタを備えた強力なLEDストラップ

LEDの明るさはデュアルLEDライトストラップを使用することによって改善

LEDライトの光量はダイヤルを回すことで無段階調整することが可能です。

Foldio2

Foldio2はLEDライトストラップの能力を最大化するために、Foldioの電池式からアダプターに変えました。アダプターは照明を安定化させるほか、実用的で経済的です。

Foldio2

foldio2は高価な照明やレフ板を使わなくても、ライティングにムラがない撮影

 

Foldio2

Foldio2はFoldioより大きいです。ポータブル機能を維持するために、私たちは強くて軽いプラスティック素材を使用しました。また、カバンなどに入れにくいことも考慮し、楽に持ち運びができるよう取っ手も付けました。

Foldio2

背景(台紙)セット

背景の台紙セットは3色(白、黒、グレー)で構成されています。あなたの撮りたい写真の被写体によって背景を選択できます。

Foldio2

また、カスタマイズされた背景を使用することもできます。あなたの創造力の世界を広げてみてください。

シンプルかつパワフルなFoldioアプリ。5秒であなたの写真を編集できます。

私たちは、スマートフォンで編集した写真をそのままインターネットにアップロード出来たらと考え、スマートフォンアプリを開発しました。ここ最近、多くの写真編集アプリが開発されておりますが、シンプルなアプリはあまりありませんでした。そこで、Foldioは簡単に写真を編集できるよう、Foldioと良い互換性を持つアプリを開発しました。

Foldioアプリによる明るさの編集

Foldio2

Foldioアプリによる色温度の編集

Foldio2

 foldio2 を使ってみた感想

  • コンパクトなスペースで撮影が出来た
  • 付属のLEDライト効果が抜群だった
  • 収納もコンパクトにできた
  • レビュー写真が上質になった

Foldio 2?15インチ折りたたみポータブルライトボックスStudio

新品価格
¥13,200から
(2018/11/4 15:01時点)