Garmin eTrex 20xの日本語化 第3弾 地図(OMS)が認識されないとき

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は TcFkfWD3SBOX._UX970_TTW_.jpg です

英語版にUTF8でエンコードした地図を入れると、新しい機種では地図が認識されない場合があります。

Garmin eTrex 20では問題なく認識されていましたがeTrex 20xは認識してくれません。
コレはGarmin のセキュリティーシステムがバージョンアップされている為だと思われます。

解決策はいくつかありますが、今回はファームウエアのダウングレードで対処します。

  1. コチラからファームウェア1.06 eTrex20x_30x_Webupdater__106.gcd をダウンロードして、ファイル名を「GUPDATE.GCD」に変更し適当な場所に保存します。。
  2. 付属のUSBケーブルを使ってパソコンと接続し、eTrex 20x本体のGarminフォルダへコピーします。
  3. eTrex 20x本体からUSBケーブルを抜いて、本体の電源を入れるとファームウェアの書き換えが始まります。
  4. ファームウェア書き込みの確認メッセージが表示されます。
    New software found.
    The software is older than your current software.
    Would you like to continue installing and clear all user data?Yes/Noの選択がありますので、Yesを選択します。Noを選択するとファームウェアは書き込まれませんので・・・。
  5. ファームウェアの書き換えが終わればUTF8の地図を認識してくれます。
  6. 地図を認識することが出来たら、最新のファームウェアにアップデートしても大丈夫です。注意:マイクロSDに地図を入れている場合はこの作業でOKですが、eTrex 20x本体にUTF8地図を入れた場合は、地図を更新する度にファームダウン→地図認識→ファームアップが必用になりますよ。

Garmin eTrex 20xの日本語化 第2弾 地図を日本語化する(OMSの導入)

海外版のeTrex20x日本語化の第二弾です。
前回はメニューの日本語化が無事完了しました。
でも、このままでは地図が英語のままなんです。

なので、今回は地図部分の日本語化(日本地図の導入)を行います。

必要な作業は
1.必要なファイルをダウンロード
2.Micro SDカードにダウンロードしたファイルを入れる
3.作成したMicro SDカードを本体に入れる
4.地図選択で新たにダウンロードした地図ファイルを選択・設定する

eTrex20xには、デフォルトでも地図が入っています。
ただ、英語表記ですし何より簡略すぎます。

詳細な地図データが欲しいところですが、購入しようと思うと何万円もしちゃいます。
そこで今回はフリーで何とかしちゃいます。
今回使用するのはOpenStreetMap

OpenStreetMap Japan

OpenStreetMapとは世界中の人が有志で制作した地図。誰でも編集でき、誰でも無料で利用できるのが特徴のフリーの地図データです。通称OSM。

編集者の多い地域はより細かく、少ない地域はそうでもないという弱点もありますが、自分で編集できるので自宅周辺がスカスカなら自分で埋めちゃえるんです。

必要なファイルの準備

では必要なファイルを準備していきましょう。
必要なファイルは1つ「gmapsupp.img」。

先ほど説明したOSMデータを、GARMIN向けに変換し公開をしてくださっている方がおりますので、今回はコチラを利用させて頂きました。

OpenStreetMap for GARMIN
May the GARMIN be with you

英語版で日本語表示をしてくれるマップデータを公開してくださっているので、とても楽ちんです。

ページ左上の「Downloads」からダウンロードページに進めます。
各言語のデータが配布されており、「高等線有」「高等線無」に分かれています。

それぞれに、二つのファイル形式「SJIS」「UFT8」があります。

そこの中から、今回は日本語の「高等線無」「UTF8」のファイルをダウンロードします。
英語版には「SJIS」は読み込めないため、「UTF8」を使用します。
高等線の有り無しはどちらでもいいのですが、細かい高等線が入ると道の線と重複して小さいモニターでは見難いので今回は「高等線無」を使用します。

ダウンロードすると、このようなファイルが入手できます。

zip形式で圧縮されていますので解凍します。
「osm_JP_UFT8_(更新日付)」というフォルダの中に「gmapsupp.img」があれば成功です。

MicroSDカードに地図データを入れる

今回は地図データをMicro SDカードに入れます。
本体メモリに直接入れてしまう方法もありますが今回はMicro SDカードを使用します。

用意するMicroSDカードは最低1GB以上。なるべく転送速度の速いヤツがいいです。
ちなみにeTrexシリーズは、最大32GBまで読み込むことができます。

MicroSDカードをパソコンに繋ぎ判りやすい様に名前を付けます。
名前は何でもOKです。
次にMicroSDの中にフォルダーを作成します。右クリックして、
「新規作成」→「フォルダー」で「Garmin」という名前のフォルダを作ります。


使用するMicroSDカードの中に「Garmin」という名前のフォルダーができればOKです。

次に先程ダウンロードした「gmapsupp.img」というファイルをMicroSDの中にある「Garmin」という名前のフォルダーに入れます。
入れるのは「gmapsupp.img」というファイルのみです。

これでMicroSDカードの準備は完了です。

MicroSDカードをeTrex本体に入れる

本体を裏返します。
Dリングを立てて反時計回りに90°回転させるとフタを外すことができます。

金具をOPEN方向にスライドさせてmicroSDカードを置きます。
金具をスライドさせてホールドしてOKです。
電池を入れたら蓋を閉じます。

これで準備完了です。
早速起動してみましょう。

地図設定を変更する

地図表示の状態から、本体左側面の「menuボタン」を押します。

「地図設定」→「地図情報」と進みます。

または、最初の画面から「設定」→「地図」→「地図情報」でも進めます。

画像のように「有効」「無効」を設定。

デフォルトの「Worldwide DEM Basemap,NR」と「Digital Globe」を無効にします。
今回の作業で入れた「OSM NIPPON」のみを有効にします。

設定し終わったら、地図を確認してみましょう。

無事に日本語表記の地図が表示されております。
これで完了です。

英語版にUTF8でエンコードした地図を入れると、新しい機種では地図を認識できない場合があります。この場合はファームダウン作業が必要となります。

この作業についてはまた後日掲載します。

ガーミンGPS eTrex 20x/30x バックアップとアップデートの方法

登山で大活躍なGPS ガーミンeTrex 20x/30x バックアップとアップデート方法

ファームウェアとはGPS機器に組み込んであるソフトウェアです。
ファームウェアをアップデートすることで、不具合の修正、機能・性能の向上などが行われます。

登山ではGPSの使用が不可欠です。主に

 1.現在地から次の目標地点(分岐点、山小屋、山頂など)までの距離を知る。

 2.予定したルートを外れていないか、外れているときは復帰方向の確認。(精度10m位)

 3.ログデータを保存して山行記録として残す。(再訪時などの参考やルートミスの原因考察)

このような使い方が多いと思います。

●バックアップを取る

まずは、万一に備えて、工場出荷状態のファームウエアをバックアップしておきましょう。
USBでPCと接続します。
PCのスタートメニュー>コンピュータ(マイコンピュータ)でエクスプローラに表示されますので、これらのファイルを丸ごとコピーしておきます。
後々不具合が出た場合はこれらのファイルをそっくり丸ごと入れ直してあげましょう。

●アップデートする

garminから最新のファームウエアをアップデートします。


アップデートすると日本の人工衛星「みちびき」を捕捉できるようになります。
注)garminGPSはファームウエア関係のトラブルが、結構起きているます。
  アップデートは自己責任で。
garminのサイトに行きwebupdaterと言うソフトを入手します。
自分のOSに対応したファウルをダウンロードします。イメージ 6
 次のページの下の方の
I agree to the above terms and want to proceed to the download page.
をクリック。
次のページのDownloadをクリック。

ダイアログが出るので保存をクリックしてダウンロードする。
ダウンロードされた
WebUpdater_WindowsXPSP3andnewer__256.exe
をダブルクリックしてインストール。
GPSをUSB接続します。
WebUpdaterを起動。日本語なので、あとは指示通りに進めてソフトを終了させます。
これでGPS本体にアップデートファイルが保存された状態になります。
USBケーブルを外して、電源を入れればアップデート処理が自動で始まります。
アップデートが終わるとメインメニューが表示されますので、それまで触らないようにして待ちます。

通常なら3分程度で終わります。

数ヶ月ごとに最新ファームウエアが出るようなので、たまにアップデートしましょう。

Garmin のeTrex 30xを日本語化する方法 No.01

海外版のeTrex30xは、当然ですが日本語には対応しておりません。
ですが、日本語を表示させたい。
という事で今回はGARMINのeTrex 20x 日本語化に挑戦してみたいと思います。

必要な作業は
1. メニューの日本語化
2. 地図の日本語化

今回は、1の「メニューの日本語化」について取り上げようと思います。

手順としてはこんな感じです。

1. PCに接続する
2. バックアップをとる
3.必要なファイルをネットからダウンロードする
4. ダウンロードしたファイルを本体に上書きする
5. 言語設定を日本語に変更する

では早速始めましょう。
アメリカからやって参りましたeTrex 20xです。
当たり前ですが見事に英語表示です。

まずは付属のUSBケーブルを使ってPCに接続します。
PCに接続すると「Garmin eTrex 30x」として認識されます。

ここで最初にオリジナルの「eTrex 30x」の中身(データ)をPCにコピーしておきます。
中身はこんな感じです。

何かあった時の為にまるっとバックアップを取っておきましょう。

次に日本語化に必要なファイルを準備します。
必要なファイルは2つです。ダウンロードして適当な場所に保存しときます。
リンク先はコチラ。

「nuvi200_TWN_450.exe」
//download.garmin.com/tw/download/TW_MAINWEB_UPGRADE/nuvi200_TWN_450.exe

「etrex20_30J_240.zip」
iiyonet.jp/software/etrex20_30J_250.zip

ダウンロードしたファイルを解凍していきます。

1つめの「nuvi200_TWN_450.exe」を解凍します。
「nuvi200_TWN_450」というフォルダが出たらOKです。

2つめの「etrex20_30J_240.zip」を解凍します。
「etrex20_30J_240」というフォルダが出たらOKです。

必要なファイルを取り出し、名前を変更します。
まずは「nuvi200_TWN_450」からファイルを取り出します。
nuvi200_TWN_450 > nuvi200_TWN > Garmin > ExtData > 006-D1053-64.bin

上から二番目の「006-D1053-64.bin」を取り出します。
取り出したら「006-D1053-64.bin」を「006-D0952-06.bin」に変更します。
変更したらどこか適当な所に置いておきます。

次に「etrex20_30J_240」からファイルを取り出します。
etrex20_30J_240 > etrex20_30J_240 > Japanese.gtt

上から二番目の「Japanese.gtt」を取り出します。

このファイルをメモ帳(テキストエディタ)で開きます。

5行目の「日本語」を「Japanese」に変更します。
あとは保存して閉じます。

これでファイルの準備は整いました。

eTrexにファイルを転送します。
接続したeTrexに2つのファイルを入れていきます。

まずは「006-D0952-06.bin」ファイル。
Garmin eTrex 20 > Garmin > ExtData

ココに「006-D00952-06.bin」ファイルを入れます。
同じ名前のファイルがありますので上書きします。

次に「Japanese.gtt」ファイル。
Garmin eTrex 20 > Garmin > Text

ココに「Japanese.gtt」を入れます。
コチラは元から入っていないので、ただ入れるだけです。

以上でパソコンでの作業は完了しました。eTrexをパソコンから外します。

eTrexで日本語に設定変更
起動させます。この時点では未だ英語のままです。
「Setup」を選択。

「System」を選択。

「Language」を選択。

一番下に「Japanese」があるはずですので、それを選択。

これでOKです。
無事、メニューの日本語化は完了しました。

ただ、地図は日本語になっていません。
今回の操作ではメニューの日本語化のみを行いました。

地図の日本語化は次の記事を御覧ください。

●SALE特価●特典ケース付!eTrex30x(英語版)電子コンパス気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】(eTrex 30x 英語版)GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

価格:31,320円
(2018/10/29 11:49時点)
感想(11件)

GARMIN(ガーミン) eTrex30x ハンディGPS eTrex30の後継 [並行輸入品]

新品価格
¥28,800から
(2018/10/29 11:50時点)

ヤフオクはこちらから!!

登山で大活躍なGPS ガーミンeTrex30の使い方・使用法について

登山ではGPSの使用が不可欠です。主に

 

 1.現在地から次の目標地点(分岐点、山小屋、山頂など)までの距離を知る。

 2.予定したルートを外れていないか、外れているときは復帰方向の確認。(精度10m位)

 3.ログデータを保存して山行記録として残す。(再訪時などの参考やルートミスの原因考察)

このような使い方が多いと思います。

 

ガーミンGPSの使い方

GPS専用機として最もよく使われているガーミンのGPSの使い方や、GPSで出来ること

について、etrex 30x を例にご紹介します。

 

厚みは逆にガーミン etrex 30x の方がかなり厚く、最も厚いところで33mmあります。

 

 

ガーミン etrex 30x の操作ボタンは、上記の写真の6か所になります。

主な機能は以下のようになっています。

 

① クリックスティック

上下左右に動かし、地図のスクロール、メニュー画面の選択。

押し込むことで、選択や決定ほか。

② ズームアウト

地図の拡大表示、メニューの上方向のスクロール。

③ ズームイン

地図の詳細表示、メニューの下方向のスクロール。

④ menu

メニューの表示、目的地検索。

⑤ back

元の画面への戻り、ショートカットの切り替え。

⑥ light

電源のon、off 、バックライト、電池残量、電波状態の確認。

⑦ ストラップ

ストラップが付けられるようになっています。

 

メニュー

 

電源を入れると最初に上記のメニュー画面が表示されます。

 

主なメニューの構成は以下のようになっています。

目的地検索

検索履歴 / ウェイポイント / 写真 / 軌跡 / 座標 / すべての登録地点 / 住所 / 交差点 /

都市 / 販売店 / 飲食店 / ガソリンスタンド / 宿泊施設 / 娯楽施設 / 娯楽 /

アトラクション / 駅 / 自動車関連 / 公共施設 / 病院 / 潮汐予報

コンパス

電子コンパスの表示 / 速度 / 経由地までの距離 / 目的地到着時刻 / 経由地までの時間

ウェイポイント登録

特定の場所を登録しておくことが出来、登録した場所をウェイポイントといいます。

トリップ

日の入りまでの時間 / 標高 / 積算距離 / 速度 / 最高速度 / 移動時間 / 現在の平均速度 /

停止時間 / 全体の平均速度

設定

システム / 画面 / 音 / 地図 / 軌跡 / リセット / ショートカット / 単位 / 時刻 / 位置基準 /

コンパス / 高度 / ジオキャッシュ / ルート検索 / マリン / ANT Sensor / テーマ

高度グラフ

高度の軌跡をグラフで確認することが出来ます。

ウェイポイントの編集

登録したウェイポイントの編集を行います。

ルート作成

あらかじめ計画を立ててルートを作成し保存しておくことが出来ます。

ルート変更も簡単に出来るようになっています。

軌跡管理

移動した軌跡が地図上に表示、記録、保存されます。

来た道を同じルートで戻る場合に役立ちます。

ワイヤレス通信

ワイヤレス通信が行えます。

サイトナビ

サイトナビの機能を使うことによって、目的地への方向、コースからのずれが

分かるようになっています。

近接アラーム

近接アラームは、登録した特定の場所に近ずくと音や画面で知らせてくれる機能です。

衛星情報

現在の位置精度、衛星の位置、各衛星からの信号の強弱が確認できます。

 

以上が主なメニューの内容ですが、この他にもカレンダー、ジオキャッシュ、

フォトビューワー、テーマ、アクティブルート、面積計算、太陽と月、電卓、狩猟と釣り

アラーム、ストップウォッチ、救助ナビ、平均位置測定、Adventures、VIRB

などの機能があり、十分すぎるほどの内容となっています。

【ルートデータ】

一番大事なのがルートデータの編集です。
ルートデータをトラックデータからコピーして作成します。

分岐点や山頂の到着・出発地点にマークと区間区切りをセットし、他はマークを空白にし、区間区切りをOFFにします。結構時間がかかりますが、これで高低図を表示すると区間の距離と所要時間が分かります。

道間違えなどがあったとき、その原因や対処について考察します。

これを続けていると、間違えやすいポイントや自分の癖がつかめてくるし、感も鋭くなってきているような気がします。また、自分のペースも分かってくるので、山行計画が立てやすくなります。

 

Googleマップ

山登りや旅行などに行く前にはいろいろと下調べをすると思います。

行きたいところや気になったところをウェイポイントとして登録しておきたい場合が

ありますが、よくご存じのGoogleマップを利用してウェイポイントを登録出来ます。

 

登録したウェイポイントは、BaseCampを使ってガーミンのGPSに取り込むことが

出来ます。

Garmin eTrex 20x 並行輸入品のレビュー

Garminで最もコンパクトなハンディGPS Garmin eTrex 20x です。

eTrexシリーズのミドルモデルです。ガーミンの中でも大変人気の高いフルカラーディスプレイモデルです。

手の中に収まるサイズなので、胸ポケットやザックのサイドにも無理なく納めることができる人気の製品です。
アメリカの衛星GPSに加えロシアの衛星GLONASSにも対応しており、従来のGPSよりも約20%速く信頼性の高い位置情報を得ることができます。

今回購入したのはUSA版の並行輸入品です。
日本語版も販売されていますが結構な割高になります。割高な分、日本語表示・入力もそのままできます。
ですが、安さを取って海外版を選択しました。その辺は、後で何とかします。

早速開封

内容物はeTrex 20x本体とUSBケーブル、マニュアルです。
パッケージは英語になります。マニュアルは多国語対応版ですが日本語はありません。

Garmin eTrex 20x

eTrex 20x本体は液晶部分に保護フィルムこそ貼られておりますが、特にプチプチやビニールなどに包まれているわけではなく剥き出しのまま箱に収められています。
さすがアメリカです。細かいことは気にしません。

ちなみに、eTrex 20xはeTrex 20のリニューアル版で液晶が格段に良くなっています。(176×220 → 240×320)
また、内蔵メモリーの容量が増えてます。(1.7GB → 3.7GB)

etrex 20xは単3電池2本で20時間は動きます

電源は単3乾電池2本。コンビニで手に入るアルカリ電池はもちろん、安価なエネループなどなんでも利用できます。
コレは本当に素晴らしい!!  単3乾電池であれば、世界中どこにでも手に入るし、予備の携帯もしやすい。この手軽さというのは、本当に助かります。

Garmin eTrex 20x

eTrex20xのカタログデーター上では25時間稼働となっています。使用した感覚では20時間程度。
画面輝度を下げたり、衛星通信の設定を軽くしたりしてやれば、もっと電池寿命を伸ばせるかなぁと思います。

eTrex 20xの防水規格は IPX7

本当に防水性は信頼性抜群。どんな雨でもびくともしません。剥き出しで思う存分気兼ねなく使えます。
ちょっとやそっとの雨に関しては心配いりません。安心感と信頼性抜群です。

ちなみに防水の規格「 IPX7」は一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)という定義になっています。水没はさすがに経験が有りませんが(怖くて試しもしていません)、長時間ずぶ濡れの雨の中でも使用も問題ありませんでした。

早速使ってみる

Garmin eTrex 20x

早速使ってみる・・・と言いたい所ですが、そこはアメリカ版。
全て英語です。
なので、チョチョイと細工してやる必要があります。

必要な作業は2つ
1. メニューの日本語化
2. 地図の日本語化

チョチョイな作業です。詳しい内容は長くなりますのでまた後日・・・。

Garmin eTrex 20x

じゃ~ん。無事に日本語化が完了。全て日本語で表示されています。
でも、このままでは地図が英語のままなんです。何より簡略すぎます。
詳細な地図データが欲しいところです。

しかし・・・販売されている地図はとてもお高い。ウン万円もします。
でも、何とかできちゃう王道があるのでやってみます。

OpenStreetMap(通称OSM) の導入です。
これまたチョチョイな作業ですが、詳しい内容は長くなりますのでまた後日・・・。

Garmin eTrex 20x

導入完了。お見事です。
これで思う存分使い倒すことが出来ます。

自転車にナビがあればなぁ…車にはあるのに。
長距離を走る→当然知らない道を走る→ナビが欲しい・・。
というか無いと無理。という事で探し回りたどり着いたのがeTrex 20xでした。

実際に使用した感想はまた後日。

Garmin eTrex 20x 日本語仕様 city+山岳詳細地図

新品価格
¥35,800から
(2018/11/11 14:10時点)