『Microsoft Surface Go』10インチサイズのコンパクトなタブレットPCの使い勝手レビュー!!

デタッチャブル2 in 1として最も人気のあるSurfaceの筐体デザインはそのままに、ディスプレイサイズを12.3インチから10インチに二回りほど小さくしたのがSurface Go、数年前に人気があった「10インチのWindowsタブレット + キーボード」の再来とも言えそうです。当然ウインタブとしては「ストライクゾーン」な小型2 in 1ということですね。

Surface Goの基本スペック

  Surface Go
CPU Pentium Gold 4415Y
メモリー 4GB 8GB
ストレージ 64GB eMMC 128GB SSD
ディスプレイ 10インチ(1,800×1,200ドット、217ppi、3:2、10点マルチタッチ)
ワイヤレス Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換)、Bluetooth 4.1
I/O USB Type-C、Surface Connectポート、MicroSDXCカードリーダー
カメラ 前面500万画素、背面800万画素
ペン Surface Pen(4096段階筆圧検知)
サイズ W245×D175×H8.30mm
重量 522g以上(本体のみ)
OS Windows 10(Sモード)
Office Office Home & Business 2016
価格 6万9,984円 8万9,424円

重量は522gでProの770gでも十分に軽いのですが、それを更に250gも軽量化。

タイプカバー(カバー兼キーボード)を付けても800gを切り、手頃なサイズ感と軽さが身上の、将棋の駒でいうと香車のようなフットワーク全振りマシンです。

Microsoft Officeが標準添付されているのでビジネス文書の修正・表示が可能。

思い浮かぶ利用シーンとしては

  • スマホで収集したデータの整理・加工
    (特にOneNoteとの相性が最高)
  • デジカメ画像の簡単な加工・アップロード
  • 出先のカフェでExcel / PowerPoint書類の簡単の修正・プレゼン
  • 移動中の電車でメールの処理

といったところで、特にハマる職種は「ブロガー」「営業マン」といったところでしょうか。

 

ファーストインプレッション

実際に「Surface Go」を手に持ってみて感じたのは、その軽さだ。日本市場には1kgを切る軽量モバイルノートは多数あるが、その中でも特に軽いと感じた。それは実際の軽さだけではなく、見た目が携帯のように見えるということもあるようだ。

本体背面のキックスタンドは最大165°まで倒すことができ、ペンによるお絵描きスタイルでも快適に使える。

日本市場では、個人向けモデルにOfficeがプリインストールされていることもあり、欧米のような圧倒的な価格インパクトはないが、シリーズ共通の使い勝手の良さは保たれていると感じた。その一番のポイントが「Surface Pen」による入力性の高さだ。書き心地は非常に良くて、スムーズに字や絵が描ける。ペン入力時に、画面の描画を待たされることもなかった。

キーボードに関してはカバーとしても使える専用の「タイプカバー」を用意。通常モデルのブラックが1万2,744円、アルカンターラ素材を採用した「Signature タイプカバー」は1万6,632円となっている

電池持ちは良くない

電池の持ちは良くないです。

バックグラウンドで大規模なWindows Update(バージョン1809への更新)が走っていたこともありますが、14時に使い始めて17時には残量20%、約3時間でバッテリー節約モードになってしまいました。

連続使用だと平常時でも5時間が精々ではないでしょうか。
(bbenchによる単純なテスト(キー入力→Webサイト表示→You Tube再生のループ)では6時間44分持ちました。)

ただし、画面OFFすると相当持ちます。
スリープモードだと3時間経っても2%しか減りませんでした。

スマホのようにこまめな画面OFFが長く持たせるコツです。

ACアダプターは軽量コンパクト

モバイルの隠れた要であるACアダプターですが、手のひらに乗るサイズでコンセントに直挿しできる構造になっており、大変好感です。

アダプターの出力は24W(15V / 1.6A)で、Surface Connectポートに接続します。

 

 

180711_surface_go-7889

「10インチって小さくない?」そりゃ、13インチのラップトップに比べたらこぢんまりしてます。でもタブレットとして使うのには、この10インチというサイズが本当にちょうど良い。

10インチよりさらに小さくしたらPCとして微妙な大きさです。それはもうPCとしては使いにくい域だぞ、と。逆に10インチより大きくなっても、それはタブレットとして微妙なデカさです。10インチって、PCとタブレットで使いやすいギリギリを攻めたベストな大きさなんでしょうね。

 

自立スタンドを搭載し、動画を観たり写真を撮ったりしやすい

タブレットとして評価したときに、大きな特徴となるのは、自立スタンドを搭載している点でしょう。電車や飛行機の中などで動画を観るときに、手ぶらで観られるので便利です。

また、Surface Goのイベントで担当の方が言っていたのですが、何人かで集合写真を撮るときにも便利です。自立できるので、三脚に載せたカメラのように使うことが可能です。Surface Goを離れた位置にセットし、スタンドの角度を調節し、タイマーをかければ、簡単に自分を含めた集合写真が撮れます。


自立スタンドを搭載

 

しかも、下の図の角度まで、無段階に角度を調節できます。ペンでイラストを描くときは、テーブルと並行にするよりも、少しだけ傾いていたほうが描きやすいというイラストレーターさんも多いのですが、下の角度ならちょうどよいと思います。

 

ストレージ

高速ストレージSSDの 128GB を採用している。冒頭の画像(画像左側)で見るとシステムで38GB使用しており、一見するとあまり大きな容量ではないように感じるが、あくまでサブ機の位置づけである点、クラウドが発達している点を考慮すると必要にして十分な領域が確保されていることになる。また、アクセス速度も読み込みは圧倒的な速度でストレスとは無縁だろう。対して書き込みは遅い感が否めないが、一般的なHDDと遜色ないレベルなのでそれほど心配することもないかもしれない。
※下位モデルは標準64GB eMMCとなります。

スペックから見る Suraface Go の位置づけ

外出先でエクセルのデータを表示し修正する、一般的なブラウジング、数枚程度の画像編集などであれば大きな障害はないものの、クリエイティブ作業(LigntroomやPremierProなど)はやや厳しい印象だ。ソフトウェアの起動が早くキビキビした動きがある反面、重い作業では動作が緩慢になるあたりはCPUが追い付いていないものと思われる。

新iPad Pro 2018 11・12.9インチの2機種のスペック比較!!

Appleが新型のiPad Pro(2018)が11インチと12.9インチの2モデルが正式に発表しました!すでに予約が開始されており2018年11月7日(水)に発売開始となります。ここでは新型iPad Pro(2018)の11インチモデルと12.9インチモデルのデザイン・スペック・発売日について詳しく書いていきたいと思います。

iPad Pro(2018)スペック比較

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
画面サイズ 11インチ 10.5インチ 12.9インチ
解像度 2,388 x 1,668 2,224 x 1,668 2,732 x 2,048
画素密度 264ppi
仕様 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
サイズ 247.6 x 178.5 x 5.9 250.6 x 174.1 x 6.1 280.6 x 214.9 x 5.9 305.7 x 220.6 x 6.9
重量 477 g 468 g 631 g 677 g

 

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
認証システム 顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID
顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID

 

iPhone iPad Pro
2016年モデル A10 Fusion
(iPhone 7/7 Plus)
A9X
(iPad Pro 9.7/12.9)
2017年モデル A11 Bionic
(iPhone X/8/8 Plus)
A10X Fusion
(iPad Pro 10.5/12.9)
2018年モデル A12 Bionic
(iPhone XS/XS Max/XR)
A12X Bionic
(iPad Pro 11/12.9)

 

iPad Pro 2018 iPad Pro 2017 iPhone XS
プロセッサ A12X Bionic A10X Fusion A12 Bionic
CPUコア 8コア 6コア 6コア
GPUコア 7コア 12コア 4コア
ニューラルエンジン 8コア 8コア

 

サイズを旧モデルと比較してみるとiPad Pro 12.9の本体サイズダウンがかなり凄いですね。新型のiPad Pro 12.9は画面サイズはそのままで筐体サイズを25%のダウンサイジングに成功しているとのことです。

12.9インチモデルは筐体が大きかったので持ち運びはあまりすることはなかったですが、新型は持ち運びするのがかなり楽になりそう…。

 

新型iPad Proは、8コアCPU・7コアGPUの7nmプロセスSoC「A12X Bionic」を搭載し、新製品発表イベントでは「すべてのPCの92%より速い」と豪語されていました。この新しいiPad ProのGeekbenchによるベンチマークはオンラインで公開されていて、CPU性能評価でシングルコア性能は5000前後、マルチコア性能はおよそ17000~18000というスコアをたたき出しています。

以下の同じGeekbenchによるスコア性能比較を見ると、前世代のiPad Proはもちろんのこと、単体でMacBookを駆動できるほどの性能があることが判明している「A12 Bionic」チップを搭載したiPhoene XS・iPhone XS Max・iPhoen XRをもしのいでいます。また、2018年7月に発売された15インチのMacBook Proでも、2.2GHz・6コア Core i7搭載型に対してはシングルコア性能で勝っていることが判明しました。2.2GHz・6コア Core i7搭載型の15インチMacBook Proは税別25万8800円という価格であるのに対して、新型iPad Proは11インチ・ストレージ512GB・Wi-Fiモデルであれば税別12万8800円とおよそ半額に近い価格であるということは「実に印象的だ」とMacRumorsは評価しています。

また、Geekbenchによるレポートは、iPad Proが6GBもしくは4GBのRAMを搭載しているということを示しています。レポートでの「iPad8,8」は5650MBのメモリをもち、「iPad8,3」は3769MBのメモリをもっています。新型iPad Proのメモリの容量はストレージ(ROM)によって異なります。ROMが64GB・256GB・512GBのモデルは4GBのメモリ、ROMが1TBのモデルは6GBのメモリを積んでいます。

 

 

シャオミ Xiaomi Mi Pad 4 (Wi-Fi版) レビュー !Snapdragon 660搭載の高性能8インチタブレット

Xiaomi Mi Pad 4

 

ちょうどいいサイズのSnapdragonタブレット

Xiaomi Mi Pad 4は、Snapdragon 660を搭載したAndroidタブレットです。

安いだけのMediaTek SoC搭載タブレットばかりが増えている中、多少重いアプリも問題なく動かせる上、画面サイズも8インチと持ち運びにちょうどいいサイズになっており、スペックと価格のバランスがいいタブレットです。

Xiaomi Mi Pad 4
Mi Pad 4

スペック

Xiaomi Mi Pad 4
OS Android 8.1
RAM 3GB/4GB
ストレージ 32GB/64GB
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 660
ディスプレイ 8インチ 1920 x 1200 (16:10)
サイズ 120 x 200 x 7.9 mm
重さ 342.5g
SIM Nano SIM (LTE版のみ)
メインカメラ 13MP
フロントカメラ 5MP
バッテリー 6,000mAh
USB端子 USB Type-C

 

サイズ感

Xiaomi Mi Pad 4

Xiaomi Mi Pad 4

成人男性が片手で持つのに丁度良いサイズ感です。電車で座れた時に電子書籍を読んだりするのに良さそうです。

ホールド感

金属ボディなのは良いのですが、結構滑ります。形状的にもグリップ的にも、ホールド感はあまり良くないです。

重さ

重さですが、主要なタブレットと比較すると、

  • Mi Pad 4 : 342g
  • MediaPad M5 : 320g
  • MediaPad M3 lite : 310g
  • MediaPad T3 : 350g
  • Nexus 7 (2012) : 340g
  • Nexus 7 (2013) : 290g
  • Xperia Z3 Tablet Compact : 270g
  • iPad mini 4 : 299g

という感じで、数字上は割と重い部類に入っています。

実際に持ってみても、金属のフレーム(電源ボタンなどが配置されている部分)がズッシリと重く感じます。

 

シャオミ(Xiaomi) Mi Pad 4 スクリーン

スクリーン・プロテクターをはずと、さらに画面綺麗だ。

MIUIの機能をいつくか紹介するね。例えば、ダブルタップ機能とか。確か、ダブルタップはLGが数年前最初に始めたんだ。

リーディング・モードで、ブルーカットの起動時刻を設定したり。コントラストと発色の設定も出来る。標準の設定が一番いいね。

ディスプレイは、最初に指摘したみたいに黒い縁ができてるよね。なんだか、醜いね。

Mi Pad1、2,3と比較すると、ディスプレイは劣っているという人もいるけれど、そうは思わない。

最大500ルクスのディスプレイは、Mi Pad3より明るいし、視野角度はIPS液晶の仕様通りだね。

ラミネートスクリーンだし、ゴリラガラスもしくは、ドラゴンテイルガラスだ。DIP値320。ガンマ値は約2.3。

ガンマ値は2.2のはずだけれど、まあ、しょうがないね。

サンプルの写真を見てみると。スクリーンは良い写りだね。とても、良いスクリーンだ。ピクセルの密度は下がっているけれど、全然気にならない。

色の発色も良い。AMOLEDほど深みのある色ではないけどれ、IPS液晶だからね。全体的に良いスクリーンだし、シャオミは良い選択をしたと思う。

それから、バックライトを一番暗くするモードがついている。直射日光の下でもスクリーンを見る事ができる。

スクリーン・ジェスチャーモードも搭載している。下からスワイプアップするとホームへ移動して、スワイプアップしてそのままでいると、最近使ったアプリが現れる。サイドからスワイプすると、元に戻る。分かりやすよ。

ゲーム・モードも搭載していて、バックグラウンドで動作しているアプリを停止する事ができるので、ゲームの性能を良くする事ができる。

ゲーム性能

恒例のゲーム性能を試してみたいと思います。

PUBG Mobile

最近ブームのバトルロワイヤルゲームであるPUBGのモバイル版です。リアルさをウリにしているだけあって、端末にかかる負荷も大きめとなっています。

▼PUBGでのグラフィック自動設定はちょうど中間設定の標準画質となりました!↓Xiaomi Mi Pad 4

 

▼標準画質で丸々1戦やりましたが、背面がほんのりとあたたかくなるもののプレイ自体は支障なくできました!↓Xiaomi Mi Pad 4Xiaomi Mi Pad 4

 

スピーカー

スピーカーは残念ポイントです。タブレットでは上部と底面の2箇所にスピーカーを配置している機種も多いですが、Mi Pad 4は底面側にしかスピーカーがないため、横向きで動画を見ても臨場感に欠けます。

カメラ

Xiaomi Mi Pad 4

わざわざ出っ張らせるほどのご立派なカメラを搭載しているおかげか、意外と普通に撮れます。

 

小米平板3 Xiaomi Mi Pad 3 タブレット MIUI 8.0 4GB 64GB MTK8176 Six Core up to 2.1GHz 7.9インチ スクリーン 6600mAh バッテリー ゴールド [並行輸入品]

新品価格
¥43,000から
(2018/10/22 11:37時点)

「Samsung Galaxy Tab S4」レビュー!!デスクトップモードを単体実行!

Samsung Galaxy Tab S4は、タブレットとノートパソコンのようなモビリティを実現する真の2-in-1機能で、今日購入できる唯一のAndroidタブレットですが、最高です。

残念なことに、Appleの最高のiPadと生産性で競争するためにはここにいるが、それは仕事を完了させず、コストもそれほど高くない。

 

Snapdragon 835は、モバイルプロセッサーがVRやWindowsを動かす域へと本格的に飛躍したひとつの到達点です。Galaxy Tab S4はこれを搭載します。

最新のSnapdragon 845ではありません。Huaweiのタブレットなども、少し前のフラッグシップスマホに搭載したハイエンドSoCを改めて載せるという手法なので、Samsungもそれと同じですね。iPad Proに押され、尖ったハイエンドAndroidタブレットが激減する中、Samsungは頑張っている方ですね。

実行メモリは4GB LPDDR4Xなど、ハイエンドな仕様です。Samsungはハイエンドであるというだけに留まらず、革新的な機能を打ち出しています。

同社は10.5インチディスプレイ、Sペンスタイラス、64GBのストレージ、4GBのRAMを搭載したiPad Pro 10.5を$ 650(599ポンド)で買収した。サムスンにはSペンが含まれています(Apple Pencilは別物で高価です)、拡張可能なmicroSDストレージが可能です。これまでのところ、とても良い、サムスン。

もう1つのセールスポイントはデスクトップ・インターフェースを模倣し、セカンドスクリーン機能を備えたビルトインのDexソフトウェアです。

このラップトップのようなモードに切り替えるには、大きめのハードウェアを追加する必要はなく、サイズ変更可能なウィンドウ、タスクバー、およびシステムトレイが必要です。

DexはAndroidで2-in-1の進歩が必要だと感じていますが、WindowsとChromebookのノートパソコンの隣には2つの作業が進行中です。

このユーザーインターフェイスはタッチフレンドリーではなく、オプションのタブS4キーボードカバーにはトラックパッドがありませんが、問題が最も深刻です。Bluetoothマウスとキーボードを持ってきて、作業を完了させる必要があります。

良いニュース。仕様は少しはっきりしています.2017年の初期のチップセットでは、タブレットの紙力が弱いということは事実ではありません。アップル社のラップトップに匹敵するチップスピードを容易に上回ります。私たちは、タブレットの価格がiPad Proに合うように増加したという事実にもっと関心を寄せています。

真実は、すべてのタブレットの最大の問題は、停滞した仕様やハードウェアの性能とはほとんど関係がありません。限られたモバイル先進のアプリとインターフェースに常に制限されているということです。Samsung Dexは、実際のシステムドックで2in1の約束を守ろうとしているので、ラップトップのようなアプリをすばやく切り替えることができます。

そして、タブS4はタブレットを正しい方向に動かし、より生産性に優しいインターフェイスに向かう多くの良いアイデアを紹介します。しかし、これは、Microsoft Surface Goやそれに類する最高価格のChromebookの横には良い買い物にはならない。

Galaxy Tab S3 vs Galaxy Tab S4。

Galaxy Tab S3 vs Galaxy Tab S4。

  Galaxy Tab S3 Galaxy Tab S4
OS Android 7.0 Nougat Android 8.1 Oreo
CPU Snapdragon 820 Snapdragon 835
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB(eMMC) 64GB/256GB(eMMC)
カメラ フロント5MP
リア13MP
フロント8MP
リア13MP
ディスプレイ 10.5インチ(2,560×1,600) 9.7インチ(2,048×1,536)
サイズ 237mm(W)×169mm(D)×6mm(H) 249.3mm(W)×164.3mm(D)×7.1mm(H)
重量 429g(Wi-Fi)
434g(LTE)
482g(Wi-Fi)
483g(LTE)
バッテリー 6,000mAh 7,300mAh
その他 アスペクト比4:3
指紋認証あり
Sペン対応
USB Type-C
microSD
アスペクト比16:10
指紋認証なし
虹彩認証あり
Sペン対応
USB Type-C
microSD(512GB対応)

前機種Galaxy Tab S3との比較表。

1年の進化があるので、当然SoCも進化しています。しかし、RAMはそのままの模様。ここは同社(Samsung)のスマホを考えると、最低6GBにはして欲しかったところ。

旧機種と大きく異なるのは、ディスプレイサイズの大型化と、アスペクト比が16:10に変更されたことでしょう。Galaxy Tab S3はiPadと同じアスペクト比でしたが、Galaxy Tab S4は横に長い比率になりました。ここは賛否が分かれそうです。

Samsung Dex、Android、アプリ

Samsungの最高と最悪の新機能は、内蔵のDexモードで、通常のAndroidの外観をデスクトップのようなインターフェースに変えます。

これは、アプリケーションが左揃え(Windows PCのように)されていることを意味し、アプリをクリックすると大きめのウィンドウが開き、下部にはアプリケーションドックとシステムトレイがあり、開いているアプリケーション間を移動してあらゆる種類のクイック設定を構成します。

これはすべて10.5インチのディスプレイで正常に機能するはずですが、アプリケーションウィンドウのサイズを変更する必要があるたびに機能しないし、アプリケーションを終了することもできませんでした。タッチ検出はちょっとだけオフになっています。これは、右上隅のXボタンをクリックするだけの簡単なことです。

SペンまたはBluetoothマウスがDexモードを正しく動作させる必要性、または直感的ではないキーボードショートカットを学習してウィンドウのサイズを変更する理由がほとんど必要です。しかし、あなたは、Google Docsを含む、あまりにも多くのアプリがランダムにシャットダウンすることを認識しています。

サムスンのコアソフトウェアは正常に動作しますが、Googleのものと同じくらい普及している(標準的な)アプリもクラッシュせずに動作するはずです。このレビューをタブS4に書いているうちにGoogle Docsが27回クラッシュしました。

ハングアウトミートは最悪の犯罪者です。Tab S4がランドスケープモードでブックカバーキーボードにドッキングされるたびに、私たちは他の人に横向きにビデオ会議を開いています。タブレットを回転させると、一番簡単な方法のように見えるが、他の人は画面上で横向きに変わる。これは生産性ソフトウェアからは遠いです。

Bluetoothマウスを接続すると物事をクリアするのに役立ちますが、通勤や狭い場所では理想的ではありません。興味深いことに、マウスは通常のAndroidとDexモードの両方で動作します。

私たちがDexモードのアイデアを賞賛し、デスクトップモードで最初のChrome設定でウェブをサーフィンしているということだけです。我々は、これらの設計上の欠陥のために、我々が持っていなければならないほどの生産性を感じなかった。

Sペンおよびブックキーボードカバー

タブレットモードのタブS4は、実際にはスタンドアロンのAndroidタブレットでうまく使用できます。これはオプションのサムスンブックのキーボードカバーでドッキングする瞬間です。セットアップがとても有望に見えたときに物事が乱雑になります。

それは、トランスフォームのようなもので、ロボットの形からきれいに見えるスポーツカーに変わります。

キーボードのレイアウトは窮屈で、バックライトではなく、不要なキーが含まれています。スペースバーの横には、キーボードの言語を変更するための専用キーと、オンスクリーンキーボードをトリガーするための専用キーがあります。

最後の文章を入力しているときにオンスクリーンキーボードに当たった回数は2回です。そしてここにはたくさんの文があります。あなたが詳細なレビューを草稿しているとき、鍵は途方もないものになります。

ブックキーボードカバーは、Macとは異なり、Windowsのキーボードとは異なる、Android用の新しいキーボードレイアウトを学習することになります。それは別に購入したものです。あなたは怒っていることを支払っています。

あなた自身のBluetoothキーボードをDexシステムに持っていくことは組み込みソフトウェアの目的に反するものであり、マウスがタッチスクリーンヒット検出の問題を回避する助けとなる一方で、代わりにキーボードトラックパッドを見たかったのです。

サムスンにはタブレットに対応したSペン(NoteスマートフォンSペンよりも大きい)が含まれています。これはより丸みがあり、昨年のタブS3ペンよりも自然なものです。

スタイラスの中央には小さな金属突起があり、回転しないようにしています。サムスンのキーボードにクリップするスタイラスホルスターもあり、使用するには何も充電する必要はありません。

これは、充電が必要なApple Pencilとはかなり対照的で、iPadのキーボードにホルスターはなく、テーブルに置くたびにずれる。

Sペンの機能は、サムスンのタブレットまたはノートの典型的なものです。あなたは描画したり、メモを書き留めたり、スクリーンショットに注釈を付けたり、テキストを翻訳したりすることができます。今年は(少なくともタブレットで)ライブメッセージを送ることができます。

残念ながら、Airコマンド(これらの機能を使用するためのショートカット)はDexモードでは機能しません。

デザインと表示

Samsungは、今年のAndroidタブレットを10.5インチのSuper AMOLEDディスプレイでアップグレードし、iPad Pro 10.5のスクリーンを模倣するために目立たない無駄なベゼルを消去しました。

Appleは新しいサイズを出したので、Samsungもそうしました。アップルが価格を設定したのと同じように、サムスンはペニーに追いついた。

これは、9.7インチから10.5インチの画面にジャンプすることで、サムスンが現実的な家庭用と容量性のボタンを前面に取り除いたことを意味するため、実際にはTabユーザーにとって大きな変更となっています。 。

画面上のボタンは、Galaxy S9やS9 Plusと同じように機能し、HDRディスプレイはパンチで明るいです。

あなたが良い角度でタブレットの前にいる場合、指紋センサーに取って代わる虹彩スキャナーはうまく機能します。

ソファやベッドで読むのに問題がありましたが、携帯電話のように、1日に何度もタブレットを開いているわけではありません。ここでは、フェイスロック解除にはさらに多くの許しがあります。

このガラスと金属のGalaxy Tab S4を保持するのは、Tab S3よりもわずかに大きな寸法でも簡単です。また、ガラスバックは壊れやすく、汚れやすいため、グリップ可能なタブS4キーボードケースを購入したいと考えています。

メタルフレームに沿って見つかった偉大なサウンドAKGチューニングクワッドスピーカーとヘッドフォンジャック(それはまだ存在します)と互換性があることを確認してください。

サムスンの新しいデイリーボードソフトウェアは、タブS4がAndroid 2-in-1タブレットである一方、夜間にはフォトギャラリーや情報満載の夜間照明に変わることを意味する。

起動時の天気、時間、カレンダー、写真のスライドショーを表示します。残念ながら、写真は現在デバイス上の写真に限られており、Googleフォトのような便利なものにはつながっていないことがわかりました。

これは、私たちが眠っている様々なサイズのAndroid 9 Pieロゴの50枚の画像を持っていたことを意味します。私たちはパイに飢えて目を覚ました。

バッテリ寿命、仕様、評決

タブS4ソフトウェアとキーボードを使用すると問題が発生しますが、バッテリーの寿命が恒例であるため、十分に時間を過ごすことができます。

7,300mAhのバッテリー容量はTab S3に搭載された6,000mAhのバッテリーに比べてステップアップしており、この方法ではiPadよりも優れています。

オンスクリーンバッテリーテストを見てください。私たちは90分のループしたHDビデオを再生することができ、バッテリ寿命は12%低下しました(100%から88%まで)。

それはTab S3(87%)よりも軽微な改善ですが、容量が大きければ大きいほど、この大きなバッテリーからより多くの愛を得ることができます。

タブS4はFast Chargingをサポートしており、30分でバッテリ寿命の18%(0%から)を回復することが示されています。これはS3よりも低いパーセンテージですが、これはさらに大きなバッテリーであることに注意してください。

速い充電が確認され、完全に空になったタブS4から3時間16分で完全な終日のバッテリーが得られます。驚きはない、それはiPadの充電時間よりも速く、サムスンはボックスに高速充電装置を備えている。

このS4のレビューのトップに述べたように、仕様は嘘です。Galaxy S8Galaxy S8 Plusで初めて導入されたQualcomm Snapdragon 835チップセットは、実際には気にしません。

同じことが4GBのRAMにも当てはまります。Samsungは常にそのタブレットの仕様を取り消してきたが、AppleはiPhone上でさらなる性能を追加している。ここのパフォーマンスは大丈夫です。

前と後のカメラにも同じことが適用されます。これは問題ではありません。その主な理由は、あなたのタブレットカメラの使用が制限されているか、制限されているからです 社会はあなたがタブレットで写真を撮ってくれることを避けます – そうです。

背中に13MPのカメラがあり、正面に8MPのカメラがあります。リアカメラは4Kでビデオを記録し、フロントは1080pで記録します。

ソフトウェアが画面の回転を許す限り、ビデオ会議の場合は問題ありません。Googleハングアウトミートでは、横向きのビデオ通話で私たちが望んでいたものは得られませんでしたが、Skype(他のMicrosoftソフトウェアと一緒に含まれています)がうまくいきました。

しかし、組織全体をハングアウトからSkypeに切り替えることは決してできません。

 

 

 

Samsung Galaxy Tab S3 SM-T820 9.7-Inch 32GB Tablet Wi-Fi版(Black/ブラック) S Pen付き 並行輸入品

新品価格
¥51,390から
(2018/10/24 12:07時点)

未使用 Samsung Galaxy Tab S4 10.5 with S Pen SM-T830 【Black 4GB 64GB 海外版 WI-FI】【当社6ヶ月保証】 タブレット 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:92,800円
(2018/10/24 12:08時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

タブレットLenovo TAB3レビュー、1万円台の超コスパタブレットの使用感は??

 

今回は、ゲームなどに必要なスペックも確保しながら、それでいてディスプレイも綺麗で、何よりもお安いAndroidタブレット「Lenovo TAB3 8 Plus」を紹介・レビューしていきたいと思います。

フロントフェイスの2つのスピーカー、頑丈なバッテリー寿命、頑丈なボディで、アームチェア内のウェブを閲覧したり、車に長時間乗車してお子様に引き渡すのに適しています。ビルトインキッズモードではペアレンタルコントロールが追加され、複数のユーザーをサポートします。誰もが使える手頃な価格のAndroidタブレットを探しているなら、Tab3 8を検討する価値がある。しかし、Google Playストアにアクセスする必要がない場合は、Amazon Fire HD 8を使用することで、バッテリの寿命を延ばし、RAMを増やし、デュアルバンドWi-Fiを安価にご利用いただけます。

圧倒的なコストパフォーマンスの高さから、iPad全盛期にもかかわらず高い支持を得ることができたAndroidタブレット「Nexus 7」シリーズを思い出させるモデルが登場しました。

十分使える処理能力と充実の機能によって、普通のタブレット端末としてはもちろん、電子書籍リーダー、動画配信サービス用端末など、あらゆる用途で活躍できる一台となっています。詳細は以下から。

デザイン、機能、および表示

右側には電源ボタンとボリュームロッカー、3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB充電ポートがあります アップ上部にはフラップがあり、256GBカードで動作するmicroSDカードスロットにアクセスできます。フロントのDolby Atmosで強化されたスピーカーのペアは、まともなオーディオを提供します。部屋を埋めることはなく、音量も高くなりますが、この価格帯のほとんどのタブレットよりも優れています。

8インチ、1,280×800のIPSディスプレイのフロントとセンターがあります。この解像度は、1インチあたり189ピクセルとやや疎で、価格には一般的です。テキストとグラフィックスは鮮明で、色は豊かで飽和しており、視野角は良いですが、細かく見ると個々のピクセルに気付くことができます。画面の明るさは少しでもよい高い、 パネルは幾分反射性であり、屋外で容易に見ることができるほど明るくないためである。

接続オプションには、2.4GHz帯のWi-FiとBluetooth 4.0が含まれます。PC Labsの2.4GHzルータでTab3 8はうまく機能しましたが、スピードと信頼性の高い接続を望むなら、Fire HD 8とIconia One 8はデュアルバンドWi-Fiをサポートします。

 

Lenovo TAB3の便利な機能や特徴を解説

まずはLenovo TAB3の機能面から解説します。

Lenovo TAB3は、動画や音楽コンテンツを楽しむのにまさに最適ですよ。

8.0インチのHDディスプレイで、動画やマンガは十分な解像度で楽しめる

Lenovo TAB3

 

Lenovo TAB3の画面サイズは8.0インチです。端末本体は大型でも小型でもない絶妙なサイズですね。人によって好みは分かれるでしょう。

10.5インチのiPad Proよりもカバンの中に収まりやすいですが、小さくてカバンの中での存在感がない、というほどではないくらいの大きさです。

画面解像度はHDで、フルHDではありません。そのため超高画質というわけではありませんが、動画やマンガ等の電子書籍であれば特に違和感なく、綺麗な画面として楽しめます。

なお、耐衝撃性が気になる人は強化フィルムを使っておくことをおすすめします。

高音質スピーカーが左右にあるので、音楽や映画を楽しみやすい

Lenovo TAB3は高音質なスピーカーを搭載しているのも魅力です。

スマホのスピーカーって、端末によってはあまり音が良くなくて音楽や映画の音声を本体だけで楽しむのに限界があることもあります。

私は今までたくさんのスマホを触ってきましたが、スピーカーの音質に満足できるのはiPhoneなどごく一部の端末だけでした。

Lenovo TAB3なら高音質なスピーカーを搭載していて、しかもステレオです。さらに映画館などでもお馴染みの「Dolby Atmos」にも対応しています。

Lenovo TAB3

高度なサウンド機能搭載

  • インテリジェントイコライザー
    再生中の音をリアルタイムに解析し、設定したお好みの音質になるように自動調整。
  • サラウンドバーチャライザ
    音声をリアルなサラウンドサウンドに拡張。
  • ダイアログエンハンサー
    会話音声を明瞭に調整。
  • ボリュームレベラー
    コンテンツの音量を一定に調整。

結果としてLenovo TAB3では、本体スピーカーだけでも十分に臨場感のある綺麗な音を聴けるんです。

音にこだわりがある人もそこまでない人も、Lenovo TAB3のスピーカーの音には満足できるでしょう。

Lenovo TAB3はテザリング対応。ワイモバイル回線で高速通信ができる

Wifi

Lenovo TAB3は、テザリングにも対応しています。

テザリングに対応していること自体はLTE対応のタブレットとして当たり前なんですが、忘れてはいけないのがLenovo TAB3はワイモバイルのタブレットであることです。

ワイモバイルは、あらゆるSIMの中でベスト3に入る高速な格安SIMです。24時間通してキャリア並みの通信速度が出せます。

つまりLenovo TAB3からパソコンやゲーム機などに接続すれば、安定した高速通信をいつでも行えます。モバイルルーター代わりとして使えるのも、Lenovo TAB3のメリットでしょう。

なお当然ながらLenovo TAB3自体で動画や音楽をストリーミング再生する場合も、高画質・高音質でコンテンツを楽しめますよ。

電子書籍やアプリのダウンロードも、ワイモバイルのLTE通信で高速で終えられます。夢のようなタブレットですね。

Lenovo TAB3のスペック評価

Lenovo TAB3スペック

続いて、Lenovo TAB3のスペックを評価していきましょう。

Lenovo TAB3のスペックは、決して高くはありません。ただし各種コンテンツを楽しむうえでは不足のないスペックと言えます。

まずは、スペック一覧からチェックしていきましょう。

税抜価格 34200円
OS Android 6.0
CPU MT8735
メモリ 2GB
ストレージ容量 16GB
画面 8.0インチ、800×1280
カメラ アウトカメラ:500万画素
インカメラ:200万画素
重さ 353g
バッテリー容量 4290mAh

タブレットLenovo TAB3

パフォーマンス、バッテリー、およびカメラ

Tab3 8は、1GHzのMediaTek MT8161プロセッサと1GBのRAMを搭載しています。これは、Iconia One 8のパフォーマンスとほぼ同じレベルです。つまり、Webを閲覧したり、ビデオを見たり、シンプルなゲームをするのにはまったく適しています。しかし、これはハイエンドのゲームには向いていません。一度に複数のアプリを起動すると、RAMの使用制限が急上昇します。Fire HD 8には1.5GBのRAMが搭載されているため、この問題を回避できます。

バッテリー寿命は堅牢です。スレートの4,290mAhバッテリーは、最大画面輝度でWi-Fiで全画面ビデオをストリーミングする、私たちの試運転テストで5時間47分を計時しました。非常に長く持続するHD 8(8時間、17分)に耐えることはできませんが、Iconia One 8(4時間20分)よりもはるかに多くのスクリーン時間です。それでも、子供たちが長い車で乗っているのに十分なバッテリーでなければなりません。

あなたの携帯電話が手元にない場合、タブ3 8の背面にある5メガピクセルのカメラはピンチで役立ちますが、あまり期待していません。良いと点灯妥当な鮮明な写真を撮ることができますが、安定のための方法はほとんどありませんので、撮影時にタブレットをしっかりと握るように注意する必要があります。低照度のショットは騒がしいです。それはまた30fpsで泥の720pのビデオを記録する。2メガピクセルのフロントカメラはビデオ用ですチャット、 ざらついたセルフを取る。

ソフトウェア

Tab3 8は、最低限のUIレイヤーでAndroid 6.0 Marshmallowを実行します。電話規格では古くなっていますが、新しいソフトウェアを実行するタブレットは比較的少ない(特にこの価格帯では)。Nougatが必要な場合は、Samsung Galaxy Tab S3のような非常に高価なスレートを購入する必要があります。

Tab3 8がFire HD 8を上回る大きな利点の1つは、Google Playストアのサポートです。Fire HD 8は、Amazonのアプリやサービスに合わせてカスタマイズされたAndroidのバージョンを大幅にカスタマイズしています.App Storeを持っていますが、コンテンツの範囲はGoogle Playでのものほど多様ではありません。

家族の場合、Tab3 8にはキッズモードがあり、設定パネルからアクセスできます。これにより、最大3人の子供をユーザーとして追加し、それぞれに個別のプロファイルを作成することができます。特定のアプリケーションへのアクセスを許可および制限し、安全なWebブラウジングを有効にし、使用時間を制限することができます。子供向けのタブレットの多くで見つけられるような、子供向けのアプリやホームスクリーンはありません。あなたがその経験をダウンロードして管理するまでです。

Bloatwareは限られています。あらかじめインストールされているアプリはいくつかありますが、すべて削除することができます。16GBの内蔵ストレージのうち、およそ半分が使用され、8.75GBが残っています。スペースが必要な場合は、いつでもmicroSDカードを使用できます。

結論

$ 110のLenovo Tab3 8は家族全員のために手頃な価格のマルチメディアAndroidタブレットです。これは、最も鮮明なディスプレイや最も速いパフォーマンスを提供するものではありませんが、頑丈なスラブであり、堅牢なバッテリー寿命、優れたスピーカー、Google Playストアからアプリをダウンロードする機能を備えています。しかし、Fire HD 8のAmazonを中心としたアプローチに気にしない方が、バッテリーの寿命を延ばし、RAMを増やし、Wi-Fiを高速化することができます。偶数の場合もっと少なくもっと小さい、低解像度のディスプレイを持っているが、そうでなければ同様の性能を提供する50ドルのタブレットがある。または、ちょっとだけ、子供向けのケースと2年間の無保証の保証を含むFire HD 8 Kids Editionを入手できます。

 

 

Vicstar Lenovo Tab 3 8インチ 強化ガラスフィルム Lenovo Tab 3 8.0 フィルム Lenovo TAB3 8 / Y!mobile ワイモバイル 602LV / SoftBank Tab3 フィルム 国産ガラス素材 液晶保護フィルム高透過率 耐指紋 撥油性 気泡レス飛散防止 表面硬度9H 超薄0.3mm 2.5D ウンドエッジ加工

新品価格
¥780から
(2018/10/24 12:42時点)

レノボ・ジャパン ZA0N0030JP YOGA Tab 3 Pro 10 (プーマブラック/Atom x5-Z8550/4/64/Android 6.0/10.1/LTE)

価格:85,385円
(2018/10/24 12:42時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

Samsung Galaxy Tab S3レビュー。手書き対応タブレット

Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samusung)が2017年2月に発表したハイエンドタブレット「Galaxy Tab S3(型番:SM-T820)」を購入したので、外観デザインをレビュー。

使用日数こそ浅いですが、実物を手にしてまず感じたことが「なぜもっと早くコレにたどり着かなかった?」ということ。軽くて薄くて手書きもイケる。魅力の詰まったハイエンドタブレットです。

何をされるタブS3がために右である誰の挑戦を決定しています。価格は599ドル(£599、AU $ 780)で、Sペン(Appleのタブレットはスタイラスが入っていない)が付属していますが、キーボードは別です。あなたがそれをすべて追加すると、値段の安いノートパソコンの価格に匹敵し、手頃な価格のエントリーレベルのオプションを提供する安価な8インチタブS3はありません。

Samsung Galaxy S3 Tabでは、明るさとコントラスト比を向上させた最初のHDR対応タブレットを手に入れていますが、NetflixとAmazon VideoがこのAndroidタブレットでHDRコンテンツを表示するスイッチを押すのを待っています。これまでのところ、LG G6だけがAndroidを実行し、Netflixを通じてHDRビデオをサポートしています。

スペック

Item Details
Display type Super AMOLED capacitive touchscreen, 16M colors
Display Size 9.7 inches (~72.7% screen-to-body ratio)
Resolution 1536 x 2048 pixels (~264 ppi pixel density)
SIM Nano-SIM
OS Android 7.0 (Nougat)
Chipset Qualcomm MSM8996 Snapdragon 820
Card slot microSD, up to 256 GB (dedicated slot)
Internal 32 GB, 4 GB RAM
Camera Primary 13 MP, f/1.9, 27mm, autofocus, LED flash
Features Geo-tagging, touch focus, face detection, HDR, panorama
Video 2160p@30fps
Camera Secondary 5 MP, f/2.2, 23mm, 1080p
WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, Wi-Fi Direct, hotspot
Bluetooth 4.2, A2DP, LE
NFC No
Dimensions 237.3 x 169 x 6 mm (9.34 x 6.65 x 0.24 in)
Weight 429 g (Wi-Fi)/ 434 g (LTE) (15.13 oz)
Battery Non-removable 6000 mAh battery

設計

  • エレガントにデザインされたガラスと金属のタブレットデザイン
  • そのプラスチックの前身よりも保持するのがより快適
  • それ以外の場合は、GalaxyタブS2とまったく同じです

サムスンのギャラクシータブS3は、サムスンの1年半のタブレットを正面から間違えたとしても、小さくても好きなデザインアップグレードをギャラクシータブS2よりも上回るようにする。

タブS3はブラックまたはシルバーの新しいガラスバックパネルを備えています。それはタブS2のゴムで覆われたプラスチックのカバーより見た目と気分が良く、ガラスはより快適に保持できます。ゴリラ・グラス・バックの指紋や汚れのために古いモデルに汗をかいたものを即座に交換している間に、あなたは先に終わります。

サムスンは技術的にはまだタブS3が237.3×169×6mmの寸法と429gの重さ(iPad Proは6.1mmの厚さと437gの重さ)を持つiPad Proよりも薄くて軽いと主張している。しかし、だまされないでください。その変化はほとんど目立たない。タブS2は5.6mmと389gで、3枚のスレートの間にほとんど差がないと感じました。

タブS3は見た目と爆発のように感じる サムスンギャラクシーS7有益な物理的な指紋センサーのホームボタンと、下部に整列した「バック」および「最近の」容量性ボタンを備えた電話機。キーボードのアタッチメントがなければ、まずエンターテイメント機器として優れています。

実際の違いは、コントラスト比を高めるHDRディスプレイと、モノラルスピーカーを備えたタブレットよりも音量を上げる4つのスピーカーで見られ、聞こえます。私たちは、短命のSamsung Galaxy Note 7を搭載した携帯端末でHDRの味を得て、Galaxy S8とGalaxy S8 Plusを搭載したSamsungの電話に戻ってきます。その間に、タブレットでデビューし、将来的にもっと生き生きとしたビデオコンテンツを約束します。

HDRディスプレイとクワッドスピーカー

  • 鮮やかなHDR対応のスクリーンはHDRビデオコンテンツを待っています
  • 世界で初めてのHDR対応のタブレットとして未来を保証
  • 4人のスピーカーが大声で聴くことができ、細かく調整できます

サムスンのタブレットと携帯電話は、明るくて画素密度の高いSuper AMOLEDディスプレイパネルを搭載し、すでに最高の画面を実現しています。今、HDR技術を組み込むことによって、サムスンはそれらをより良くしています。

高ダイナミックレンジ(HDR)は、同じ2048 x 1536のクワッドHD解像度と高いコントラスト比とより明るいハイライトを提供します。これは、暗すぎる映画シーンでは、影を描くにはあまりにも多くの画像を失う傾向がある場合に特に重要です。

三星が9.7インチのタブレットに4Kのスクリーンを詰め込んだ場合よりも、タブS3が新しいHDR10規格をサポートしていることは、実際のところ大きな意味がある。拡張された明るさの範囲は、この小さなサイズでは余分なピクセル以上になります。より大きい4Kテレビを扱う場合は、より多くのピクセルが重要です。

問題は次のとおりです:今日利用可能なHDRビデオコンテンツはあまりありません。Amazon VideoやNetflixのようなストリーミングビデオサービスはすでにSamsung、LG、Sony TVに搭載されているが、タブレットの発売時にはこれらのサービスでHDRビデオを見つけることができなかった。

代わりに、サムスンのHDRデモや映画の予告編に頼って、最終的にはビデオの未来を楽しまなければなりませんでした。これは間違いなく品質が上がったことですが、コンテンツがまだここにないため、間もなく改良された品質を提供するタブレットを前払いしていますが、今はそうはありません。これはTab S3を素晴らしい技術的なものにするが、打ち上げ時に平均的な消費者に売るのは難しい。

あなたが今利用できるのはタブS3のクワッドスピーカーです。彼らはモノタブS2や他の多くのタブレットから聞いたよりも強力な音量に達します。あなたの動きに合わせてキャリブレーションされているので、タブレットを回転させるとステレオスピーカーの向きが変わるので、決して音を間違えるようなことはありません。

あなたが深い基盤を期待していない限り、これらのAKG調整されたクワッドHDスピーカーは、等しく豊かなサウンドのiPad Pro 9.7のものと耳を傾けます。右のヘッドホンでタブS3からいくつかのベースを得ることができます。このタブレットは、このタブレットで一般公開されているときに、より頻繁に使用されます。

良いニュース:このタブレットにはフレーム下部に3.5mmのヘッドフォンジャックがあり、Bluetooth 4.2をサポートしています。誰もまだタブレットのヘッドフォンジャックを取り除いているわけではありません。

Sペン

  • ノートパソコン、タブレット、ChromebookのSペンよりも大きい
  • スタイラスのデザインはフラットでクリップがあります。
  • しかし、キーボードを購入することなくそれをホルスターにすることはありません

サムスンギャラクシータブS3は、付属のSペンとキーボードアタッチメントで見た目と可能性を変えます。この2-in-1タブレットの可能性を最大限に引き出すためには、必携のアクセサリーが必要です。

Sペンはノート型携帯電話とSamsung Chromebook Proで使用している薄いスタイラスからアップグレードされています。9.4mmの厚さで、より大きくて持ちやすくなり、以前のSペンは比較して爪楊枝のように見えます。それはまだ細かい0.7mmの先端(今度はプラスチック製ではなくゴムでできています)と、使い慣れたエアコマンドツールを起動するためのクリック可能なサイドボタンを備えています。

ノーツ、スマートセレクト(切り抜かれた、または切り抜かれたスクリーンショットとGIFを作成する)、スクリーンライト(スクリーンショットに直接書き込む)を含む、すべての通常のSペンツールがここにあります。ファンアウトされたショートカットリストには、翻訳、拡大(拡大)、およびGlance(ドッキングしてアプリをすばやく表示)の3つの新しい機能が追加されています。

手書きと描画は、厚いSペンを使用しているタブレットでも当然優れています。Apple Pencilと同じ幅ですが、短くて、4倍の圧力レベルを誇ります。これは実際にあらゆる角度をキャプチャします。これは、使用しているアプリに応じて、シェーディングに最適です。サムスンにはノートとPEN.UPのような色付けブックという2つのアプリがあり、Google Playストアにはさらに多くのものがあります。

Sペンは薄いタブレットの内側には挿入されないので、使用していないときに太いスタイラスをシームレスに隠すことはできません。代わりに、サムスンは、キーボードを購入した場合、キーボードのペンホルダーループを追加しました。良いニュースは、Sペンが充電される必要がなく、2つのより平らな側面とクリップがあるので、絶えず転がしていないということです。Apple Pencilはテーブルを置くのが好きではないため、テーブルをはがすのが好きです。頻繁に使用されると、常にジュースから外れる危険性があります。

キーボードの取り付け

  • 両側を包むケースを兼ねる
  • 充電やペアリングは必要ありません。
  • エンドフラップで画面を閉じたり、磁気的に閉じることはできません

このタブレットをノートパソコンに置き換える場合は、Samsung Galaxy Tab S3のキーボードアタッチメントに余計なお金が必要です。その窮屈なレイアウト(必要性)は、あなたがプラスチック製のキーを打ったときまともな旅行で、まだ使用可能です – そしてすべての重要なキーがここにあります。

何が欠けている?トップにはファンクションキーがありません(これで問題はありません)、ホームボタンが紛失しているため、タブレットの指紋ホームセンサーに手を差し伸べる必要があります。また、Google Now On Tapの代わりに検索キーを表示して検索バーを表示させたい場合もあります。

これらのプラスチック製のキーの上での旅行の良い量

これらのプラスチック製のキーの上での旅行の良い量

すべてがうまく折りたたまれ、タブレットを両面の柔らかいプラスチックカバーで包みます。それは大きなプラスです。アップルのiPad Proのキーボードカバーは、フロントスクリーンのみを保護し、アルミニウムはガラスの破砕によく似ています。サムスンは基本的にバックカバーを無料で投げる。

何よりも、Bluetoothペアリングや充電の必要はありません。キーボードはキーの上の行の上に6つのPogoピンを持ち、これらはタブS3のサイドフレームに磁気的にクリップします。Samsungには独自のバージョンのSmart Connectorがあります。

その磁石がより強くなったかっただけです。タブレットを画面上でピックアップすると、キーボードの底部が外れてしまうことがよくあります(幸運なことに、磁石がたくさんある場合は、固定されたままです)。スクリーンカバーの端部も磁気である必要があり、閉じたときにスクリーンをオフにする必要があります。そうではなく、あなたが慎重でないならば、それは開くことができます。

Android 7.0とアプリ

  • サムスンエクスペリエンスソフトウェアはこれまで以上に使いやすくなっています
  • スプリットスクリーンマルチタスクは引き続き最大の弱点です
  • 適切なアプリドックがなければノートパソコンを完全に置き換えることはできません

Samsung Galaxy Tab S3は、最新バージョンのSamsung ExperienceソフトウェアオーバーレイでAndroid 7.0 Nougatを実行するので、すべてのアプリや設定を簡単かつ簡単にナビゲートできます。

TouchWizとして知られていたSamsungのソフトウェアを恐れてはいけません。それは悪い名前になりますが、同社は過去2年間でソフトウェアのルック&フィールを微調整しています。それはもはやギャラクシーS4とギャラクシーS5が発射されたときにそうであったように、もはや圧倒しているようには感じません。それでも、これまで以上に多くの機能を備えています。

Galaxy S7およびS7 Edgeの洗練された物流が新しくなりました。サムスンのクイックセッティング行はもはや面倒ではなく、Googleの最新のアップデートでは同様の通知がまとめられています。設定メニューは検索可能で、混乱を少なくするために、それぞれのサブメニューの一番下には密接に関連した設定の提案があります。通知設定メニューには、例えば、「Do not Disturbを探していますか?」というショートカットがあります。「Sound and vibration」サブメニューにあります。

Note 7のページを見ると、アプリ、写真、ビデオを分割する特別なSecure Folderがあります。フリップボードも戻ってきます。一番左のメニューは、その日のニュースをスクロールしやすくします。

Samsung Flowは、Androidタブレットデビューを行い、あなたのスマートフォンとの間の移行を支援します。これにより、ファイルをワイヤレスで共有したり、通知を並べ替えたり、タブレットで電話をかけたりすることができます。携帯電話とこのタブレットをクロスリンクすると、すでにタブレットを持っている場合、電話でつながれたSMSのテキストメッセージを受信するのが苦痛になることはありません。

Android 7.0 Nougatはスプリットスクリーンマルチタスクをデビューしましたが、サムスンはタブS2で既にこの機能を備えていました。古いニュース しかし、その時には、Androidオペレーティングシステムでマルチタスクをサポートするアプリケーションが増えています。Googleが他の端末で分割画面を表示するのは便利です。

マルチタスキングは、Androidタブレット(さらにはiPad Pro)の最大の弱点です。アプリを簡単に切り替えるための真のドックはなく、最近のメニューはあまりにも遅すぎて、アプリケーション間を真剣に行き来することができません。「私は何をもう一度開いたのですか?」2-in-1sがモバイルとコンピュータのオペレーティングシステムをマージするまでは、ハムハンドのマルチタスクが残っています。

映画、音楽、ゲーム

  • Amazon VideoとNetflixの最初のHDRビデオコンテンツを待つ
  • 誤って4人のスピーカーを隠すことはほとんど不可能
  • ゲームランチャーはゲーマーに合わせたツールでタブレットに登場

三星ギャラクシータブS3の最強の訴訟は、エンターテインメントの喜びです。あなたが映画、音楽、ゲーム用の最高のAndroidタブレットを探しているなら、これはそれです。

そのHDR対応の画面は、通常のHDコンテンツをストリーミングするのに大変便利で、NetflixやAmazonなどの企業がHDRビデオ用のスイッチをタブレットに(それはすでに4Kテレビに搭載されている)切り替えると、さらに見栄えがよくなります。最も難しい部分は、将来あなたが好きになるもののためにお金を払ってもらう必要があるということだけです。これは将来の救済のゲームです。

音楽は、フレームに沿ってクワッドスピーカーから利益を得ます。たとえ彼らがあなたを指しているフロントフェイスのスピーカーではないとしても、視聴者は、ミッドレンジの音量でも強力です。また、タブレットを裏返すとステレオの向きが変わることも嬉しいです。スマートでパワフルで、ほとんどのタブレットのスピーカーよりも優れており、iPad Proの4つのスピーカーと同じくらい優れています。

Tab S3のゲームは、明るいQuad HD画面と余分なスピーカーから強化されています(タブレットを横長モードにしているときに4つのグリルすべてをカバーすることは今現在ほとんど不可能です)。モダンなSnapdragon 820チップセットとVulkan APIを搭載したこのタブレットは、昨年、主力携帯電話でプレイしてきた最高のAndroidゲームを実行することができます。

ボーナスポイント:ゲームランチャー、最初に見サムスンギャラクシーS7Galaxy S7 Edgeタブレットでのゲームをはるかに簡単にすることができます。重要なのは、再生中に容量の大きい最近接と後退キーを無効にすることです。また、アラートを止めたり、ゲーム内のスクリーンショットを撮ったり、ビデオを録画することもできます。

仕様とパフォーマンス

  • Galaxy S7のような2016年代初めのスマートフォンで見つかった古いチップセット
  • それはあなたが今日それを投げるすべての3Dゲームをプレイするつもりです
  • microSDカードスロットを使用すると、最大256GBの追加ストレージを追加できます

サムスンギャラクシータブS3の心臓部はSnapdragon 820です。これはタブレットシリーズ用の新しいチップセットですが、2016年には数十個のAndroid携帯に見られました。

ここの良いニュースは、このクアルコムSoC(システムオンチップ)は最新の3Dゲームを実行するのに十分強力であり、新しいゲームのための新しいタイトルとの互換性を維持するため、これからもそうなるでしょう。携帯電話の間でその巨大な人気のために、ある時間。市場のルール。

これは昨年のチップセットであり、サムスンギャラクシーS7とS7エッジでデビューした4GBのRAMを搭載したニュースです。ザギャラクシーS8米国では、Snapdragon 835を2つ先に進めています。

Pogoピンは、Bluetoothキーボードとは異なり、即時接続性と充電なしを意味します。

Pogoピンは、Bluetoothキーボードとは異なり、即時接続性と充電なしを意味します。

世界で初めてタブレットに搭載された世界初のHDR対応のスクリーンを使用して将来的に保護されたデバイスを購入する場合、チップセットが他のトップティアの携帯電話より遅れているのは興味深いです。しかし、少なくとも今のところは滑らかです。

Samsungは32GBの内蔵ストレージを搭載することを選択しました。さらに、将来の校正用にmicroSDカードスロットを含むTab S3を使用すれば、256GBの容量で簡単に拡張できます。これについて私たちが気に入っているのは、今日はより高価なストレージサイズを購入するように求められていませんが、スペースが必要なときにはアップグレードすることができます。

 

バッテリー寿命

  • 期待されたバッテリーよりも小さいバッテリー は、長距離の飛行を続ける
  • HDビデオの再生は、適切な設定で12時間かかることがあります
  • アダプティブファストチャージャーはわずか30分で最大23%

はい、これは、リコールされたギャラクシーノート7以降に起動する最初の重要なサムスンのデバイスです。いいえ、それは発砲しなかったか、爆破しませんでした。これは、Samsung Galaxy Tab S3をレビューしていると言えるときに聞いた最初の質問です。

6,000mAhのバッテリーはタブS2の5,870mAhよりわずかに大きいですが、iPad Pro 9.7 (約7,300mAh)とGoogle Pixel C(約9,200mAh)のパワーパックの次にはまだ小さいです。

私たちのテストでは、あなたが映画のいくつかを見ていくつかの仕事をしたいと思えば、タブS3は平均以上のバッテリー寿命を持ち、長距離飛行を持続するのに十分な気がしました。ほぼ完全な明るさで90分のHDビデオを走らせると、バッテリーが13%消耗し、私たちは87%を残しました。

サムスン氏によると、タブS3は12時間のビデオ再生に十分なジュースを持っており、そのテストは私たちが見たものと公式見積もりとの間に30分の違いがあることを裏付けている。Tab S3がこのベンチマークに達するのを助けるバッテリーセーバーモードがあります。これは、あなたが次のコンセントでないときにすべての違いを生み出す可能性があります。

サムスンのアダプティブ・ファスト・チャージャー(これは新品のサムスンのフラッグシップ・フォンに付属しているのと同じものなので、まもなく2つあるかもしれないが、ブランドのロイヤルティのために+1)を使ってタブS3を素早く充電することができる。サムスンの165分の要求を10分で打ちのめすには、0%から100%になるのに2時間55分かかりました。

カメラ

  • タブレットの写真の品質は何かを残す
  • 13MPリア/ 5MPフロントカメラはリファレンス写真に適しています
  • 注7と同じ優れたカメラインターフェイスを搭載

サムスンギャラクシータブS3には、ほとんど使用しない13MPリアカメラが搭載されています。それはあなたが自分自身にもっと注意を引いてほしい場合に備えて、オートフォーカス、f / 1.9絞りとフラッシュを持っています…タブレットカメラのユーザー。

あなたのスマートフォンカメラは常に良くなっていますが、ジェスチャーコントロールと4Kビデオレコーディングを備えたタブレットの品質は良いです。私たちは主に、人々がタブレットカメラを参照ショットに使用しているのを見てきましたが、品質は必ずしも重要ではありません。

潜在的な購入者にとってより重要なのは、ビデオチャットのための正面向きのカメラです。ここで、サムスンはaf / 2.2の開口部を備えた適切な5MPカメラを使いました。予想通り、低照度性能は何かを残しています。控えめなレストランからのビデオ会議ミーティングにはログインしないでください。

私たちが気に入っているのは、Tab S3がリコールされたSamsung Galaxy Note 7の改良されたカメラインターフェイスを借りるということです。2台のカメラの間を反転させることは、画面上で直接上下にスワイプして行います(小さなカメラスイッチボタン)。メニューは左に1つスワイプされ、エフェクトは右に1つスワイプされます。

評決

サムスンギャラクシータブS3はまだ最高のAndroidタブレットで、2-in-1 Sペンとキーボード機能、美しいHDR対応画面、4つのバンピングステレオスピーカーを搭載しています。

iPad Proは価値あるところでその試合に出会った。Samsungは、Appleの主要なハードウェア機能のすべてにマッチし、S Penスタイラスを追加しています。あなたはキーボードのケースを余分に払う必要がありますが、Appleのキーボードの付属品よりも安く、タブレット全体を覆います。microSDカードスロットはSamsungを上に置きます。

しかし、価値はすべてではありません。それは保証された普遍的な勧告ではない。Androidタブレットはこの価格帯にはありません。iPadはまだ優れたソフトウェアと大規模なアプリケーションをサポートしています。また、Android NougatとTouchWizがこのギャップを埋める一方で、タブレットでのマルチタスキングは、同じ価格でわずかに厚いラップトップを選択できる生産性のプロフェッショナルにとっては不十分です。

今日は最高のAndroidタブレットですが、その堅牢なエンターテイメント価値は、2-in-1分類のタブレット側でより重視されていることに注意してください。

Samsung Galaxy Tab S3 SM-T820 9.7-Inch 32GB Tablet Wi-Fi版(Black/ブラック) S Pen付き 並行輸入品

新品価格
¥51,190から
(2018/10/30 11:50時点)

SIMフリー Samsung Galaxy Tab S3 9.7 SM-T825 LTE 【32GB Silver 海外版 SIMフリー】[中古Aランク]【当社3ヶ月間保証】 タブレット 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:59,800円
(2018/10/30 11:51時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

Lenovo Yoga Book ZA0V0035US 折りたたみ式タブレット レビュー

Lenovo Yoga Bookは他のものとは違うデザインの競争から際立っています。キーボードは仮想のため薄く、タッチパネルを使用してメモを取ることもできます。

このAndroidデバイスは、10.1インチのスクリーン、2.4GHzのIntel Atom X5プロセッサ、4GBのRAM、Dolbyサウンドなどのハイエンド仕様を誇っています。Lenovo Yoga Book ZA0V0035USは使いやすいのか??レビューしていこうと思います。

スペック

ビルド&デザイン

洗練された工業用の外観、マグネシウム合金のケーシング、および屈曲するヒンジと共に、仮想の “Halo”キーボードは、回転させる仕組みになっています。

クラムシェルを閉じた状態では、このコンピュータは10.1 x 6.7 x 0.4インチなので、ほとんどのラップトップと比べて非常に小さく、多くの従来のタブレット、つまりクラムシェル以外のデバイスでもサイズに匹敵します。

レノボヨガブックレビュー

クラムシェルモードのLenovo Yoga Book

それは同等のディスプレイを備えたほとんどのタブレットよりも重さとしては思いですが、ラップトップの代替品として考えれば驚くほど軽く電子ブックリーダーとしても愛用できます。

屈曲するヒンジは非常に柔軟性があり、キーボードは360度回転して画面の裏に隠れるため、このデバイスを真のタブレットとして機能させることができます。多くのハイブリッド2イン・ワンはこれを行うことができますが、物理的なキーボードを備えていないため、このLenovoモデルではより効果的です。

このデバイスは、テントのように設定することも、キーボード/描画セクションを折り畳んでスクリーンを上に置くこともできます。どちらも動画を見るのに適しています。

ヒンジはスクリーンをしっかりと保持し、クラムシェルはバランスがとれているので、ディスプレイがほぼ180度傾いていても後ろに落ちません。ヨガブックは、ラップに入れたときに入力したり書き込んだりするのが簡単です。

表示

10.1インチ画面の解像度は1920 x 1200で、ピクセル密度は224 ppiです。これはかなり高価な競合他社よりもちょうど良いインチ当たりのピクセル数です。例えば、9.7インチのiPad Proは264ppiです。

ヨガブックの表示は素晴らしいように見え、鮮やかな色と広い視野角を提供し、フォントや画像のピクラレーションはありません。それは400ニットの明るさを提供するので、日陰で屋外で使用することは可能ですが、直射日光では正直見えづらいかもしれません。

レノボヨガブックレビュー

表示モードのLenovo Yoga Book

画面のベゼルは比較的巨大ですが、実際よりも小さく表示されます。

Lenovoのヨガブックレビューユニットをランダムに5本のペンで試しましたが、ディスプレイは安価なものには反応せず、高価な2本のペンで機能していました。

スクリーンにはWacom技術は含まれていないので、圧力に敏感ではありません。このタイプの機能は、すべて書き込み/描画領域に組み込まれています。

ポート、スピーカー、ボタン

ヨガブックにはmicroSDカードスロットがあるため、記憶容量を最大256GBまで増やすことができます。カードは、排出する針のようなものが必要なトレーに入れられているので、誤って出てくることはありません。逆を言えば手軽には抜き差しはできない構造です。

キーボード/描画エリアの両側にはスピーカーがあり、それはステレオエフェクトが機能するのに十分な分離です。さらに、LenovoはこのコンピュータにDolby Atmos技術を組み込み、音質を向上させました。テストでは、スピーカーは騒々しい環境で再生されるテレビ番組を聞くのに十分なほど大きいとか、3.5mmのヘッドセットポートがあることがわかりました。Bluetoothヘッドフォンもオプションです。

レノボヨガブックレビュー

Lenovo Yoga BookマイクロUSB、マイクロSD、マイクロHDMIポート、スピーカー

通常の電源ボタンと音量ロッカー、およびCreate Padのすぐ上にあるボタンで、Haloキーボードと描画エリアを切り替えることができます。他のすべてのボタンは画面上にあり、仮想画面上にあります。

レノボヨガブックレビュー

Lenovo Yoga Bookの電源ボタン、スピーカー、ボリュームロッカー、ヘッドセットポート。

ハローキーボード&トラックパッド

典型的なラップトップに不可欠な物理キーボードの代わりに、ヨガブックには、作成パッドと呼ばれる描画エリアのスペースを解放するためにオフにできる仮想キーボードが含まれています。これはヨガの中で最も革新的な機能ですが、欠点がないわけではありません。

キーエリアには標準レイアウトがあり、幅は9.5インチで、一般的なデスクトップキーボードよりもわずかに小さくなっています。ほとんどのキーは0.6インチです。四角形で、それらの間に約0.1インチのスペースがあります。

レノボヨガブックレビュー

ハローキーボードを備えたヨガブック

キーボードの上部には、メディアボリュームやバックライトの調整のための便利なコントロールを備えたファンクションキーの列だけでなく、アプリケーションランチャーのアプリメニューを開き、Wi-Fiを切り替えるボタンがあります。

Haloキーボードでの入力は、タッチスクリーンでの入力と非常によく似ています。これはタブレットユーザーにはおなじみの経験ですが、ラップトップのファンは、タッチタイピングはかなりの練習なしには非常に難しいことに注意してください。 “hunt and peck”はおそらく最も良いオプションです。もちろん、キーの移動はありませんが、キーが押されたときにデバイスが振動するように設定できます。これは、動きをいくらか改善してくれます。

ただなれるのにはかなりの時間を要さなくてはならないでしょう。

誤ったキーイングを伴うタブレット用の典型的なクリップオンキーボードを使用するよりもタイピングのプロセスが遅くなることを発見しました。つまり、速度と精度は時間とともに改善されました。

仮想キーボードの下には仮想トラックパッドがあるため、ラップトップに慣れている人はラップトップモードでタッチスクリーンを使用する必要がありません。マウスやトラックパッドのサポートはAndroidに組み込まれており、これらはシステム全体で使用できます。トラックパッドの感度は、[設定]で調整できます。

パッド&リアルペンの使用感

多くのタブレットでは、圧力に敏感なアクティブなペンを使用することができます。これらのペンで図面やメモを簡単に作成できます。ヨガのタブレットには、これらのいずれかが付属していますが、ディスプレイ上で使用するようには設計されていません。

仮想キーボードを隠すと、手書きや描画のための9.5 x 6.2インチのスペースが解放されます。これはワコム技術を使用し、2,048レベルの圧力と100度の角度検出をサポートします。私たちのスタッフの誰もがアーティストではありませんが、Create PadとReal Penのテストでは、ノートを取ったり引っ張ったりするのに非常に便利だとわかりました。

ヨガブックに付属のペンは、ゴム製の先端とインクカートリッジを含むペンの間で少しの労力で切り替えることができます。ペーパーチップとデジタルバージョンの両方のノートを作成するのに使うことができるので、インクチップはメモ帳には理想的ですが、ラバーチップはペインティングに最適です。Lenovoには、図面領域の所定の位置に保持するように設計された磁石内蔵の紙のパッドが含まれています。つまり、ラバーチップは簡単にデジタルメモを取ることができ、ユーザーはCreate Padに直接書き込むことができます。

レノボ・ヨガ・ブック

レノボ・ヨガ・ブックとワコム・リアルペン

ヨガブックのディスプレイにはWacom techは含まれていないため、ゴムの先端を画面上で使用することはできません。これはややイライラする可能性があります。しかし、インクペンチップをディスプレイに使用することができる。リアルパッドのようなワコムスタイラスだけが、パッドの描画エリアで使用できます。

インクチップの主な欠点は、カートリッジに短いカートリッジが含まれていることです。そのため、インクが多量に使用されることがあります。Lenovoには複数の交換用カートリッジが付属していますが、これらのカートリッジでも通常の1本のペンに同量のインクしか入れません。

本当のペ​​ンは本当に本当のペンのように感じます。保持するのが快適で、あまり滑らかではありません。バッテリーが不要なので、軽量です。

このコンピュータの左右にあるマグネットは、本物のペンをヨガの本に取り付けることを可能にしますが、機能的には、これは会社のホールドよりも穏やかな提案です。現実的には、それらを一緒に保つことはユーザーに任されています。

パフォーマンス

Lenovo Yoga Bookは、4GBのRAMを搭載したクアッドコアIntel Atom X5-Z8550プロセッサ(1.44GHz、2.40GHzバースト、2Mキャッシュ)をベースに構築されています。これは、Androidコンピュータにとっては非常に強力な設定です。私たちは、このデバイスの広範なテストでは速度低下や不具合を経験しておらず、豊富なRAMが特に有用であることを発見し、多くのアプリケーションをバックグラウンドで実行できるようにしました。

64GBの内蔵ストレージが付属しています。当社のLenovo Yoga Bookレビューユニットには、すぐに使用可能な52GBがありました。これは平均的なユーザーにとってまあまあですが、ビデオや音楽ファンは最大256GBの追加容量でmicroSDカードに投資したいと考えています。

仕様

レノボヨガブックレビュー

ヨガブックレビューウォッチバンドヒンジ

当社のLenovo Yoga Bookレビューユニットの技術仕様は次のとおりです。

  • 10.1インチFHD IPS AnyPenタッチディスプレイ(1920 x 1200解像度、光沢面)、静電容量式タッチWacomデジタイザ
  • EMRペン技術によるパッドの作成
  • Android 6.0.1(マシュマロ)
  • Intel Atom X5-Z8550プロセッサー(1.44 GHz、2.40 GHzバースト、2Mキャッシュ)
  • インテルHD 400統合グラフィックス
  • 4GB LPDDR3 RAM(拡張不可)
  • 64GBの内部容量、microSD経由で拡張可能
  • 802.11 a / b / g / n / ac Wi-Fi
  • Bluetooth 4.0
  • 内蔵の2メガピクセルフロントフェイスウェブカメラ、8メガピクセルリア
    サイズ:10.1 x 6.72 x 0.38インチ
  • 重量:1.52ポンド
  • 設定された価格:$ 499.99

ベンチマーク

Geekbench 4は、全体のパフォーマンスを測定するクロスプラットフォームベンチマークです。スコアが高いほど良い。

レノボヨガブックレビュー

Geekbench 4 Computeは、グラフィカルなパフォーマンスを測定するクロスプラットフォームベンチマークです。スコアが高いほど良い。

レノボヨガブックレビュー

ソフトウェア

私たちのLenovoヨガブックレビューユニットはAndroid 6.0.1(Marshmallow)に同梱されていますが、Windows 10でも動作します。Androidは、このようなデバイス用の保守可能なオペレーティングシステムです。これはおそらく、ラップトップ。確かに、Microsoft Office、電子メール、ソーシャルネットワーキングソフトウェアを実行することはもちろんです。

多くの企業と同様に、LenovoはAndroidの修正版を使用しています。しかし、いくつかの競合他社とは異なり、この2-in-oneのシステムソフトウェアに対する変更は大幅に改善されています。特に、タスクバーが画面の下部に追加されているため、WindowsユーザーはGoogleのOSでもっと家にいるように感じるでしょう。

さらに、非常に制限された方法ではあるが、マルチウィンドウサポートが追加されています。一部のアプリケーションのスマートフォン版はフローティングウィンドウで表示できるため、GmailとChromeを並べて表示することができます。ただし、これらのウィンドウのサイズを変更することはできず、ほんの一握りのアプリケーションでこの機能をサポートしています。これらは、前述のGmailやChrome、OneNote、Evernote、ファイルマネージャー、Googleマップなど非常に便利なアプリですが、Googleのカレンダーや連絡先でさえサポートされていません。

レノボヨガブックレビュー

ヨガの書籍並行マルチタスク

Evernoteは、マルチウィンドウモードと同様にCreate Padもサポートしています。意外にも、Microsoft OneNoteもそうです。ただし、OneNoteで描画すると、ペンが描画パッドから持ち上げられてから描画が複雑になる可能性があります。Lenovoには、手書きと入力のコンテンツを組み合わせるための独自のNote Saverアプリも含まれています。これは幾分基本的ですが、依然として有用です。

バッテリー

Lenovo Yoga Bookには8500 mAhのバッテリーが搭載されています。スクリーンの輝度を最大に設定して、NetfilxをWi-Fiでストリーミングして、テストを実施しました。私たちのレノボヨガブックレビューユニットは7時間20分続いた。この二人一人はもっと普通の使用のもとで典型的な勤務日を過ごすべきであることを示しています。

また、そうでない場合、このコンピュータは急速充電をサポートしています。私たちのテストでは、レノボ独自のパワーレンガとマイクロUSBケーブルで接続して30分で充電量の25%(39%〜64%)が追加されました。

レノボヨガブックレビュー

クラムシェルモードのLenovo Yoga Book

 

レノボヨガブックレビューの結論

Lenovo Yoga Bookの専用ライティング/ドローイング領域は、頻繁にノートを取るための2-in-oneを望むユーザーにとって理想的です。その仮想ハローキーボードは、軽い電子メールとワープロ用としてはうれしいですが、これはカジュアルゲーム、電子ブック、ビデオを見るのに最適なコンピュータです。それは非常に競争力のある価格です。

コインの反対側では、汎用の軽量で安価なラップトップを探している人は、物理的なキーボードが不足していると感じるでしょう。

Psionの再来クラムシェルAndroid端末「Gemini PDA」レビュー 性能・使用感は??

Psion Series 5を最新のハードウェアで再構築した場合に何が起こるか?そんな夢のような空想が現実になる時が来ました。

クラウドファンディングサイトの出資者のもとに到着されファーストロット(約1000台)が到着し、運良く手に入れることができましたのでレビューしていきます!!

 

ハードウェア

Gemini PDAは、4GBのRAMと64GBの(拡張可能な)ストレージを備えた10コアMediaTek Helio X27チップセットを搭載しています。デュアルバンド802.11ac、Wi-Fiのみのモデル、Wi-Fiと4Gを搭載したモデルを選択することができます。後者には、最大300Mbpsの速度のCat 6 LTEモデムがあります。

4G対応モデルは、EE SIMカードでテストしたVoLTEもサポートしています。これにより、音声通話のセットアップ時間が短縮されるだけでなく、所有者は英国周辺のEE 800MHz(帯域20)サイトにアクセスし、利用可能な場合には田舎または屋内のカバレッジを向上させることができます。

内蔵のイヤホンと外部のマイクを使用して、デバイスを開いた状態で、スピーカフォンで、または閉じた状態で通話できます。

タッチスクリーンは、Full HD +解像度(2160×1080ピクセル)を備えた5.9インチの18:9の比重のLCDディスプレイで、キーボードを収納するのに必要なより広いフォーマットをうまく埋めています。

Geminiバッテリは4,220mAhのセルがあり、専用の音声制御ボタンと周囲のマイクでパッケージを完成させ、Google Assistantとの通信を可能にします。

Gemini PDA,

64GBの内部ストレージが内蔵されており必要ならばメモリカードスロット512GBのカードまでが利用可能です。

On-the-Goをサポートする2つのUSB-Cポートがあるため、一方を充電し、他方を使用してディスプレイを第2の画面に出力したり、マウスやフラッシュドライブを接続したりと利便性が高し。

もし付属のキーボードが気に入らなければ別のキーボードを接続することができます。

Androidデバイスとして使用する場合は、Huawei Mate 10 ProやDeX Dock搭載のSamsung Galaxyで提供されているような大きなアイコンやテキスト、特定のデスクトップモードがないです。、後でソフトウェアアップデートを行う可能性があるとは思いますが・・・

ただほとんどの場合、内部スクリーンとキーボードで使用することになります。

Gemini PDA,

キーボード

最近のほとんどのレビューは画面やカメラに集中していますが、Geminiではキーボードにフォーカスを当てている。

現代的な技術進歩のお陰ではるかにスリムなデザイン。一度ひっくり返って開くと、理想的なタイプイングアングルでキーボードを支えます。

キーボードには学習曲線が付いていて、スペースバーには正直いくつかの問題がありました(二重スペーシング、またはタイピングが検出されずらいなど)、ただ最終的にはタイピングを少し遅くすることで緩和されました。

キーボードに慣れていけば改善される問題であるとは思います。

練習は完璧です

キーボードのデザインは、オリジナルのPsion Series 5(およびその変形品)を、ここやそこに何文字か入力するだけでなく、スプレッドシートやその他のドキュメントを編集する必要がある人々のための「ゴールドスタンダード」デバイスにする重要な要素でした。

その栄光を取り戻すためには、スライドや折りたたみのキーボードを手にしたスマートフォンの他のメーカーと比べて、ジェミニをもっと魅力的にするものがあります。

写真の世界では、最高のカメラはあなたと一緒に持っているという古典的な言葉があり、それは確かにジェミニに適用されます。極端な持ち運びが可能なので、ラップトップとは異なり、いつでも持ち歩くことができます。

Gemini PDA,

カメラ

デフォルトでは、Geminiにはビデオ会議用の正面カメラ(5メガピクセル)のみが付属しています。資金援助の段階で、通常の写真を撮る機能の追加を求めたからだそうです。最終的なデザインではオプションのプラグインカメラモジュール(5メガピクセル)と交換用バックカバーが付属しています。

新しいバックプレートを取り外すだけで、ユーザーがカメラを取り付けられるようにすることは斬新で面白い。

パフォーマンス

MediaTekチップセットを使用の際は、スタミナとパフォーマンスのバランスが最も良いモードでも、パフォーマンスには何の問題もありませんでした。

Geekbenchの評価が1729のシングルコアと4599のマルチコアで完璧に機能している模様。

Gemini PDA,

4Gの性能も非常に高く評価されており、このようなデバイスでは接続性が非常に重要です。

Gemini PDA,

バッテリーの寿命は好印象でした – 大きめのバッテリーが内部に詰まっていると思います。これがセカンダリデバイスである場合、充電の間に2〜3日間のバッテリーを充電できると思います。)

ただ普段遣いで唯一のデバイスだったならば、バッテリーは当然のことながらもっと減りは一日持つか?といったところ。ただ、カメラがない(デフォルトで)状態ならば、使用量が減少する可能性があります。

使いやすさ

Planetボタンはドックを起動し、お気に入りのアプリに簡単にアクセスできます
Planetボタンはドックを起動し、お気に入りのアプリに簡単にアクセスできます

このデバイスでは、Fnキーと連動してキーボードのショートカットに加え、音量、明るさなどの調整やスクリーンショットの作成などの細部まで細心の注意を払っています。

あなたのお気に入りのアプリを簡単に起動できるようにするためのドックをもたらすPlanetキーがあります。WordとExcelは、すぐにすぐに作業できるように、すぐに設定できるように事前にインストールされています。

私の場合は、Google独自のアプリケーションスイートを利用することにしました。あなたが好きなものをインストールしてください。オリジナルのシリーズ5と同じようにここにハードコードされたものは何もありません。

私の場合、WordPressアプリは魅力的な働きをしていましたが、生産性を向上させようとしているブロガーはウェブベースのエディタを使用する方が好きかもしれません。どちらの方法でもうまく動作します。

実際、すべて正常に動作します。基本的には、キーボードを搭載したAndroidスマートフォンですが、もっと重要なことに、良いキーボードは打ちやすいです。

Gemini PDA,

セキュリティ

軽い失望があるとすれば、セキュリティのための指紋センサーが欠けているてん。

そのため、Android標準のAndroidセキュリティ方法に頼る必要があります。ファンシーフェイスロック解除技術はないので、パスワードやPINを選択する可能性が高いため、開封するたびに手間ではある。

Gemini PDA,

あなたといつも一緒にいるパーソナルアシスタント

側面にGoogle Assistantを呼び出すための専用のボタンがあるので、Geminiが閉じられているときに使用できます(話すタイミングを知るための音が聞こえるでしょう)。質問をしたり、メモを取ったり、電話をかけたり、リマインダーをスケジュールするのを素早く接続できます。

通話やメッセージを受信すると、上部のプログラム可能なLEDが色を表示したり、アニメートしたりすることができ、無制限の通知タイプに近くなります。

開発コストを増やし、デバイスの構造的完全性に影響を与える外部ディスプレイの代わりに、これらのLEDは、誰があなたに電話をしたかを伝える非常に革新的な方法です。

パーソナライズされたアラート通知LEDを設定する
パーソナライズされたアラート通知LEDを設定する

ラップトップキラー?

ノートパソコンを交換するには十分ではないかもしれませんが、それに近いものにはなりうる製品です。作業しているすべてのものをクラウドに同期させることができるようになった時点で、デスクトップやラップトップのドキュメントを簡単に操作して閉じて、ジェミニで数秒で中断したところから続けるのも可能。

この柔軟性は、いつでも仕事に適したツールを選択できることを意味し、飛行機や列車のシートバックテーブルなどの限られたスペースで作業する場合、Geminiはラップトップで勝つことになりうるのでは?笑

Gemini PDA,

懸念事項は、キーボードの長期信頼性です。あなたが装置を落としたり、キーボードに何か重いものが落ちたりしない限り、キーボードが信頼できる状態を保つのに十分な確信を持っていると確信していますが、まだ不安要素であるのは確かです。

Gemini PDA,

買いか?

Gemini PDA,

4Gまたは4Gなし?

アドバイスとしてはあなたが買うことにしたら、4Gモデルを入手してください。いつでもどこでも使用できるデバイスとして、Wi-Fiが利用できない場合や、オンライン編集やドキュメントを許可することができない場合があります、Geminiの魅力を最大限に楽しみたいなら4G一択です。

ジェミニPDAサイオンシリーズ5

Gemini PDA,

ジェミニPDA サイオンシリーズ5
作られた プラネットコンピュータ サイオンPLC
解放された 2018年 1997年
サイズ 171.4×79.3×15.1mm 170x90x23mm
重量 320g 354g
OS Android Nougat EPOC32(後でSymbian OSとして知られる)
RAM 4ギガバイト 4-16MB
ストレージ 64GB + microSDXCカード 使用済みRAM +コンパクトフラッシュ
電池 充電可能な4,220mAh 2xAA電池
画面 5.9インチ2160×1080、フルカラー 5.6インチ、640×240ピクセル、グレースケール
接続性 USB-C、802.11ac Wi-Fi&4G(Cat 6) 赤外線、コンパクトフラッシュ、RS-232

[セット品]GPD Pocket9点セット[GPD Pocket本体,専用ポーチ,トラックポイントキャップ2個,専用HDMIケーブル,液晶保護フィルム,イヤホン,USB HUB,VAGOODオリジナルグッズ,保障書]

新品価格
¥64,800から
(2018/11/5 11:28時点)

ヤフオクはこちらから!!

ファブレット端末の草分け Galaxy Note 5レビュー 感圧式ペンの具合は??

Galaxy Note 5のスペック

ネットワーク:AT&T、Verizon、T-Mobile、Sprint、U.S. Cellular

OS:Android 5.1(Lollipop)

プロセッサ:Exynos 7420 64ビット 8コア

ディスプレイ:5.7インチ 2,560×1,440ドット有機ELディスプレイ(518ppi)

RAM:4GB

ストレージ:32/64GB

カメラ:1600万画素背面カメラ、500万画素フロントカメラ

バッテリー:3,000mAh

サイズ:5.40×2.68×0.27インチ

重さ:6.03オンス(約171g)

カラー:ブラック、サファイア、パールホワイト

↑Note 5の本体は金属ボディーに!

Galaxy Note 5の外観はGalaxy S6シリーズと同等の金属+ガラス仕上げ。これまでのNoteシリーズの樹脂製ボディーと比べ高級感が増している。

Galaxy Note 5
↑背面にはカメラとその横に心拍センサーを内蔵
Galaxy Note 5
↑背面側細さを実現。

Note 5はS6 edge同等のエッジディスプレーを搭載するという噂もありましたが、平面ディスプレーとして登場しました。その一方で背面側の側面を曲面化しています。写真は上が背面側、下がディスプレー側となります。つまりS6 edgeとは逆に裏側がカーブしているのです。そのため手に持ってみるとかなり細く感じられます。

Galaxy Note 5
↑航空機素材の採用で強度アップと落ち着いた色に。

 

Galaxy Note 5
↑本体カラーは4色展開。
Galaxy Note 5
↑S6シリーズ同等の表面仕上げ。

本体のカラバリは4色となりました。左からシルバーチタン、ブラックサファイア、ホワイトパール、ゴールドプラチナ。

Galaxy Note 5
↑Sペンが機能アップ。取り出しはプッシュ式に。

Galaxy Noteシリーズと言えばワコムの技術を採用した筆圧感知対応のスタイラスペン『Sペン』が本体に内蔵されています。これまでのモデルは収納していたSペンは指先で引き出していましたが、Note 5ではペンの頭を指先で押し込みプッシュして取り出すようになりました。これなら大型サイズのNote 5を片手で持っていても簡単にペンを取り外しできます。

Galaxy Note 5
↑ペンの色は2色、ペン先はペン本体の色ごとに異なる。

ペンの色は2色に分かれました。本体色がシルバーチタンとブラックサファイアにはシルバーチタンのSペンが付属。ペン先の色は黒。一方、本体色がホワイトパールとゴールドプラチナにはゴールドプラチナのSペンが付属、ペン先の色は白となります。なおどちらも機能には変わりありません。

Galaxy Note 5
↑画面ロック中でもペンを抜けばすぐにメモが書ける。
Galaxy Note 5
↑書いたメモはそのままSノートに保存。

Note 5は本体素材の変更だけではなく、Sペンの機能が大幅にアップしました。まずはロック画面中でもSペンを抜くと即座にメモが書けるようになりました。ロック中の黒い画面がそのまま黒板のようになり、Sペンを使い自由に手書きすることができます。消しゴム機能もあるので書き直しも自在。ちょっとメモを取りたい時など、Note 5をロック解除してSノートや手書きメモを立ち上げる必要がありません。机の上にNote 5を置いておけば、いつでもメモが取れる電子メモ帳のように使えるわけです。

Galaxy Note 5
↑ペンアプリをクイック起動できるエアコマンドも機能強化。

NoteシリーズにはSペンを本体から抜くと自動的にペン用アプリのショートカットアイコンが現れるエアコマンドという機能があります。ペン先を画面に近づけてペンのクリックボタンをダブルクリックしてもこの機能は立ち上がります。とはいえ、利用できるアプリはペン関係のものだけでした。Note 5ではエアコマンド機能も拡張され、好きなアプリを追加できるようになったのです。

Galaxy Note 5
↑最大3つのアプリを自由に追加可能。

エアコマンドの設定画面ではNote 5にインストールされているアプリを3つまで自由に割り当て可能です。よく使うアプリを登録しておけばメニュー画面を開かずとも、ペン先を使って即座に起動することができるわけです。マイクロソフトのOneNoteなど、ペンを使うアプリを登録すればSペンの使い勝手もさらに高まるでしょう。

Galaxy Note 5
↑スクリーンショットは縦長のスクロールキャプチャにも対応。

また、Sペンを使ってワンタッチで画面キャプチャが撮れ、そのまま手書きでメモ書きができる“スクリーン・ライト”機能は画面のスクロールキャプチャーに対応。これまでは一画面しかキャプチャーできませんでしたが、Note 5ではWebページなどの縦長のページもキャプチャー可能に。スクロールキャプチャー中は画面の右上にどれくらいの長さのキャプチャーになっているのか、簡単なサムネイルも表示されます。設定画面をキャプチャーして人に説明したい、なんてときにも使えそうです。

Galaxy Note 5
↑噂のQWERTYキーボードも登場。

今回の新製品発表会前にネット上で噂されていたQWERTYキーボードも正式に発表されました。なお。このキーボードは別途記事で紹介しますので詳細はこの後の記事をお待ちください!

Galaxy Note 5
↑Galaxy Note Edge(下)よりもかなりスリムに。

さて日本ではGalaxy Note 5の前モデルとしてGalaxy Note Edgeが2014年に発売されました。Note Edgeは側面にエッジスクリーンを搭載していたため本体のサイズは歴代のNoteシリーズの中では大きくなっています。Note 5と比べると、Note 5の横幅は6ミリ以上も狭くなっています。また厚みも薄くなっており、背面の曲面デザインも相まって持ちやすさは全く異なります。2013年モデルのGalaxy Note 3を持っている人もスペックアップを考えるとこのNote 5は魅力的な買い替えモデルとなるでしょうね。

Galaxy Note 5
↑Sペンもだいぶ違う。

ちなみに、Note EdgeとNote 5のSペンを比べると、どちらも本体のデザインテイストに合わせた素材を使っているためNote 5のSペンのほうが高級感ありますね。

高級感あふれるデザインに実サイズ以上にスリムになった本体形状、そして機能が大幅にアップされたSペンなど、Galaxy Note 5はこれまでのNoteシリーズを持っていた人はもちろん、大画面端末やスタイラスペンを活用してみたい人にとって魅力的なモデルと言えます。

SAMSUNG Samsung Galaxy Note5 LTE-A (SM-N920I) 32GB Black【海外版 SIMフリー】

新品価格
¥99,000から
(2018/11/7 10:46時点)

ヤフオクはこちらから!!

絵描き可能タブレットYOGABOOK Android Wi-Fiモデルレビュー

タブレット購入を考えている方の中で

  • Kindleで電子書籍を読んでいたが、もっと良いスペックのタブレットで読みたくなったから
  • パワーポイント等の資料を人に見せ、書き込みながら説明する用途に使いたいから
  • メール返信やブログの軽微な修正を外出先からも行いたいから
  • ブログの素材用に、手書きイラストをデジタル化して使いたいから
  • 交流イベントで受付や内容説明などに活用してペーパーレスにしたいから

に当てはまる方がいらっしゃるのであれば『YOGABOOK Android Wi-Fiモデル』をおすすめします。

まず特徴としては、物理キーボードはありません。代わりに、黒い鏡のような薄型の板がキーボードになっており枠組みがなくキーボードが羅列されている。タップすると振動し、入力時に触覚フィードバックを心地よく感じることができます。

ヨガブックはその仮想キーボードを本格的な電磁共鳴(EMR)筆記面に変えることができるため、バンドルされたスタイラスで音符を描画したり、スイッチのフリップ。右上の小さなスタイラスボタンを押すだけで、点灯したキーが即座に消えます。

レノボヨガの本のレビュー

かなり汎用性があり、物理的なキーの欠如は、LenovoがYoga Bookのアルミニウムマグネシウム合金シャーシを閉めたときにわずか9.6mmの脅威の薄さを実現したことがわかる。持ち込める液晶書き込みタブレットでは抜群の薄さだ。さらに、ちょうど690gで、ヨガブックは今おもちになっているノートパソコンよりさらに軽く、カバンの重さは軽減されるはずだ!

レノボヨガ書評:ハローキーボード

ただ、入力は正直なれが必要です。最初は、タイプすること特に打ち込み感がないとはまらないタイプには違和感マックス。自然に感じられないものがあります。ただ使い続ければ慣れます。実際にこのレビューをYoga Bookのキーボードを使って書きました。最初に別の記事を書いた際はタイプミスが多かったのですが、段々順応していきます。だが打ち込みスピードを求めているならなかなか厳しいです。

理論的には、ヨガの書籍の入力は、Lenovoの人工学習ソフトウェアが組み込まれていると言われているので、時間の経過と共に改善するはずです。あなたが特定のキーを押したときにあなたの指がどこに上がり、それに応じてアクティブなキーエリアを調整してくれるという便利機能付き。たとえば、キーボードの下のスペースバーを常に押すと、ヨガブックはそのことを覚えておき、あなたのためにキーを登録します。

レノボヨガの本のレビュー

キーボードを機能をオフにすると、ヨガブックはノートとして活用することも可能。スタイラスを使って描画してメモを取ることは、ペンの2,048レベルの圧力感度のために1対1の精度で手書きのような感覚。

実際には、WacomのBamboo Sparkメモ帳と非常によく似ています。上の画面に書いている内容を正確に見るという追加の利点があります。

しかし、ヨガブックの本当に魅力的な特徴は、バンドルされた磁気クリップです。これにより、古いA5ノートブックをYoga Bookにクリップしてメモを取ることができ、物理的なバージョンとデジタルコピーを友人や同僚と共有することができます。私がレビュー用に送ったAndroidモデルでは、すべてのノートがLenovo独自​​のカスタムメモ保存アプリに即座に保存されましたが、Windows版ではすべてが自動的にOneNoteに保存されます。重要なメモの物理的およびデジタル的なコピーを必要とする方には最適!

レノボヨガ書評:表示

洗練されたキーボードと効果的なスタイラスにもかかわらず、Lenovoのディスプレイはいまひとつ。10.1in、1,920×1,200パネルという最低限は完備しているが、驚くほど高い422cd / m2の明るさにもかかわらず、全体的な色精度は少し不足しており、sRGB色域のわずか81.2%価格に比べて少々お粗末。

Lenovo Yoga Book review:パフォーマンスとバッテリー寿命

前述のように、AndroidのバージョンとWindows 10 Proのバージョンの2種類がありますが、どちらも同じ仕様です。これには、4GBのRAMを搭載した2.4GHzクロックのクアッドコアIntel Atom x5-Z8550プロセッサが含まれ、特に速い組み合わせではありませんが、軽いコンピューティングタスクでは十分かなと。

Geekbench 4では、例えば、ヨガブックはマルチコアテストで3,222、シングルコアテストで1,162を記録しました。これは、ラップトップの場合は少し低いですが、一般的な使用には十分役立ちます。実用的には、複数の動作が重いアプリケーションを展開するのは避けたほうがいい。

レノボヨガの本のレビュー

バッテリーの寿命はかなり良いです。画面の明るさを170cd / m2の標準測定値に設定して、ヨガの書籍は連続ビデオ再生テストで7時間22分続いた。

Lenovo Yoga書評:ポート・接続

もちろんな問題ではあるが薄いデバイスを持つこと欠点である、USBポートの少なさが上げられる。それでも、Yoga Bookは、マイクロUSBポート、外部ディスプレイに接続するためのマイクロHDMI出力、3.5mmヘッドフォンジャックを備えています。ネットワーク接続が確立されている限り、802.11acワイヤレスが内蔵されており、Bluetooth 4と一緒にいくつかの外部周辺機器を接続できます。

レノボヨガ書評:評決

いくつかの不満点はあるがに、ヨガ・ブックは、ノートパソコン、タブレット、ノートブックの間のギャップを埋める優れたタブレットの1つです。

ただ購入前にキーボードを試してみることをお勧めします。物理的なキーボードがないのは人によっては無理かも。

コア仕様
プロセッサー クアッドコア2.4GHz Intel Atom x5-Z8550
RAM 4ギガバイト
メモリスロット(空き) 1(0)
最大メモリ 4ギガバイト
寸法 256×170×9.6
重量 690g
Dolby Audio Premium(3.5mmヘッドセットポート)
ポインティングデバイス タッチパッド、タッチスクリーン
表示
画面サイズ 10.1インチ
画面の解像度 1,200 x 1,920
タッチスクリーン はい
グラフィックスアダプタ N / A
グラフィックス出力 1 xマイクロHDMI
グラフィックスメモリ N / A
ストレージ
合計ストレージ 64GB
オプティカルドライブの種類 N / A
港湾と拡張
USBポート 1 xマイクロUSB
ブルートゥース 4.0
ネットワーキング ワイヤレス802.11a / b / g / n / ac
メモリーカードリーダー MicroSD
その他のポート N / A
オペレーティング·システム Android 6.0
オペレーティングシステムの復元オプション N / A

【ポイント3倍!11/4(日) 20:00~11/10(土) 23:59まで】Lenovo ZA150222JP タブレットパソコン YOGA BOOK with Windows ルビーレッド

価格:61,400円
(2018/11/7 11:03時点)
感想(0件)

Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP /Windows 10/SIMスロット/Office Mobile搭載/4GB/64GB/10.1インチ(2016年モデル)

新品価格
¥62,950から
(2018/11/7 11:04時点)

ヤフオクはこちらから!!