オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

未分類

Bose SoundSport wireless headphones【レビュー】ワイヤレスイヤホンおすすめ!

投稿日:

 

ボーズのスポーツタイプである SoundSport in-ear headphones のワイヤレス版という存在の SoundSport wireless headphones が 6月24日に発売されました!Bluetooth対応のイヤホンを探していて、「どうも決定打に欠ける・・」と悩まれていた方に朗報です!真打登場と言えるでしょう!

【ご注意】本記事は、2016年に発売された ”Bose SoundSport wireless headphones”(完全ワイヤレス=イヤーピース間にケーブルあり) の紹介記事です。

仕様

質量 23g
カラー ブラック、アクア、(9月発売予定 シトロン)
電源 リチウムイオン電池
連続再生時間 6時間
バッテリー充電時間 2時間
Bluetooth A2DP、HFP、AVRCP、BLE
付属品 StayHear+ Sportチップ(S/M/L)、充電用USBケーブル、キャリングケース

SoundSport Freeの住宅は、すでに始まっていたSoundSport Wirelessの住宅よりも大きい。 写真:Bose SoundSport Freeの左のイヤホンは、異常に大きなサイズを示すために左の耳に配置されています。

ハウジングは耳から著しく突出しています。

  • アスリート。Bose SoundSport Freeは、SoundSport Wirelessとは異なり、IPX4で評価されています。ボーズは独自のStayHear +イヤーチップを提供しています。意図しない駆除を経験するよりも、めまいを起こす可能性が高くなります。
  • USB-C-only入力を持つユーザー。これを確認すると、3.5mm ヘッドホンジャックを紛失したことに対する心からお悔やみを申し上げます。すべて冗談だが、これはドングルの堅牢な代替品であり、Bluetoothモビリティの利点を提供する。
  • 単にワイヤーが嫌な人。

内部のもの

標準的な中型のStayHear +イヤーチップとは別に、Boseも小規模から大規模なオプションを提供しています。 写真:Bose SoundSport Freeイヤフォンが、ケースの横に配置された代替イヤーチップ(小、中)のケースにドッキングされています。

標準的な中型のStayHear +イヤーチップとは別に、Boseも小規模から大規模なオプションを提供しています。

SoundSport Freeを開くとかなりの部分がBoseのパッケージデザインが最適で内部には、チューブ式充電ケース、マイクロUSB充電ケーブル、StayHear +イヤーチップの2つの代替ペア、およびSoundSport Freeイヤフォンがあります。

ビルド&デザイン

ボーズの人たちは異常に大きな耳をしているのでしょうか、あるいは彼らのキックが顧客をばかばかしく見せないことからかもしれません。どのようなものであっても、これらはうわべに見えます。しかし、ちょっと、ちょっと面白いですね。次回はブレイクアウトがあります。SoundSport Freeシグネチャのローエンドは大音量ですが、しっかりとした「強打」を維持することはできません。 写真:Bose SoundSport Freeイヤホン。これは、お互いの上に積み重ねられ、充電式充電ケースの横にあります。

SoundSport Freeシグネチャのローエンドは大音量ですが、しっかりとした「強打」を維持することはできません。

SoundSport FreeはStayHear + ear tipのおかげで、最も安全なフィット感を提供します。翼の先端は、グリッピーで、柔軟で、快適です。周囲の騒音は容易に浸透しますが、それは運動のイヤホンで「プロ」このようにして、ユーザーはこれらを使って外に出ても、トラフィックやその他の歩行者を聞くことができます。

彼らはプラスチック製ですが、Bose SoundSport Freeは耐久性があります。IPX4の認定資格と高品位の資材は、アクアティクスを除けば、ほとんどのトレーニングに耐えることができます。付属の充電ケースも頑丈です。さらに、イヤフォンに2つのフル充電を追加提供しますが、後でその詳細について説明します。

特徴

この Bose SoundSport wireless headphones の特徴について見ていきます。以下は、Bose公式サイトからの引用です。

  • StayHear+ Sportチップは、快適さと安定性を最大限に高めた設計で、柔らかいシリコン素材と独特な形状で耳に優しくフィット。
  • BluetoothやNFCペアリングで、お手持ちの機器とワイヤレスに接続。
  • 最適化されたEQが、音量レベルに関係なくバランスの取れた音響性能を発揮。
  • 1回の充電で、最大6時間の連続使用が可能なリチウムイオンバッテリー。
  • Bose Connectアプリを使うと、ペアリングして接続した機器を簡単に管理することが可能。

ボーズのイヤーチップについては、装着時の柔らかさ、安定性も含めて非常にいいですよね!

僕は、いわゆるカナル型のイヤホンは相性が良くなくて使えないのですが、このボーズのイヤーチップだけは大丈夫なのです!ホント、不思議です。

今回は、BLE(Bluetooth Low Energy)を採用しています。ここは推測ですが、新アプリ Bose Connect でのコントロールを BLE で行っているのではないでしょうか?

若干心配な点は、連続再生時間 6時間というところです。ボーズ以外の、このような形状のワイヤレスヘッドホンも同様な連続再生時間なのでボーズが劣っているというわけではありません。重量は軽く、大きさもコンパクトにまとめるため、制約があるのは仕方がないです。

僕の場合にはこのSoundSport wireless を、スポーツ用途ではなく通常の通勤などに使おうと思っています。

行き帰り+寄り道で3時間程度使うでしょうか。その他を含めて、何とか6時間では収まります。例えば、新幹線に乗って大阪へ日帰り・・等、長い時間での利用の日にはケーブルありのモデルをチョイスするべきでしょう。

防滴仕様ですので、シャワーは無理でしょうが、雨の日でも安心して使えそうです。

接続性

Bose SoundSport Free充電ケースは、磁化されたコネクタの詳細を挿入するためのイヤフォンを挿入しないで開いています。

ケース内には、SoundSport Freeイヤフォン用の2つの正確なカットアウトがあります。このケースでは、合計10時間のバッテリ寿命が追加されます。

接続はYahtzeeのゲームほど面倒ではありませんが、改善の余地は十分です。良いことから始めましょう。SoundSport Freeはペアリングの簡単なもので、瞬時に再接続します。難しさは、安定した接続を維持することにあります。他の真のワイヤレスイヤホンと同様に、接続は、同時処理ではなくリニア処理です。あなたが本当に知る必要があることは、左側のイヤホンが1時間に数回コネクションを失い、aptX(まだ)をサポートしていないので、オーディオビジュアルラグがあることです。

Bose Connectアプリは、同社のBluetooth製品をサポートしており、あなたのデバイスにニックネームを付ける独特のオプションがあります。その "驚き私"機能は、少なくとも言わせるために興味をそそられています。「Butterball」、「Storm」、「Trench」などの選択肢は難しいものでした。当然、私は "Mopeの教皇"と一緒に行きました。

そのZoey Deschanelのような気まぐれを除いて、アプリは私の芽を見つけるような便利な機能を提供します。

Zoey Deschanelのような気まぐれな機能とは別に、このアプリは「私の芽を見つける」のような便利な機能を備えています。上昇するビープ音を鳴らす前にイヤホンを取り外すように警告するメッセージが表示され、隣接する部屋。しかし、それはすべてではない:アプリはクラッシュする傾向があります。私はそれを数回アンインストールしなければならず、将来のアップデートで安定性の向上が見られることを願っています。

電池

簡単に言えば、バッテリーの寿命は、他の真のワイヤレスイヤフォンよりもSoundSport Freeを購入する理由です。


Boseはイヤホンのスタンドアロン再生時間を5時間で表示しますが、代替の真のワイヤレスイヤフォンは3〜4時間しか持続しません。私は一貫して5時間30分の頭と肩をパックの先に出すことができました。充電ケースがバッテリーを10時間追加するので、特にケースにイヤフォンを戻すことに勤勉にしている場合、長寿は問題ではありません。あなたはすばらしいスタイルにもかかわらず、彼らは間違いを起こしやすいからです。もちろん、バッテリーの寿命はあなたが聴いている声の大きさによって変わります。そのため、ユーザーはレベルをチェックして少し余分な聴取時間を短縮できます。

音の質

SoundSport Freeは頑丈な充電ケースに完璧に座っています。 写真:イヤホンが挿入された充電ケースの斜めのクローズアップ。

SoundSport Freeは頑丈な充電ケースに完璧に座っています。

SoundSport Freeは、Boseのストリート・ベースであるという評判から出発しています。彼らの前身と同様、これらのイヤホンは強力なローエンドを引き出します。高音域と中音域は誇張されていますが、引き続き魅力的なサウンドを再現します。まず、聞くと、高音域はきわめて詳細に見えます。より注意深いリスニングでは、これはトレブルアクセントの結果であり、長時間の後には痴呆(そのおなじみのヒス)と疲労感を覚えることがあります。

Boseは、愛好者を魅了する意図的に変更されたサウンドシグネチャを再現した素晴らしい仕事をしています。それはトレーニングのために役立つが、私の第1、第2、第3になることはありません。。。毎日聴くための4番目の選択肢ですらあります。

低い

BassのStayHear +のヒントは、不適切なシールの脆弱性を実証しています。エミリー・ブルーの曲ではブラックベリー、ベースラインはかなりの増幅を受け、時折バンプは、外耳道を下に屈折させます。ほとんどの場合、低音は単に音量が大きく、物理的には安定した音を維持することができませんBoseは正当な理由でローエンドを強調していますが、その試みはちょっと落ち着いています。

ミッド

独自のStayHear +イヤーチップは、刺激を起こすことなくイヤフォンを安全に保ちます。 写真:Boseのロゴが表示されるように右のイヤホンが回され、左のイヤホンが回り、StayHear +の耳の先端が見えるようになります。 イヤホンは青い背景に置かれています。

独自のStayHear +イヤーチップは、刺激を起こすことなくイヤフォンを安全に保ちます。

米国全土の無差別なラジオ局がAJRのSober Upを爆破している。キャッチーな曲は、ライアン・メットのボーカル・リードに大きく依存しています。低音と高音に比べて、ミッドはSoundSport Freeシグネチャの中で最も強調されていない部分です。これは良いことと悪いことです。

私はMetの声の自然なリーンな再現が本当に好きです。残念なことに、ミッドレンジとローエンドの従属関係は、それを理解するにはあまりにも多くの精神的エネルギーがかかることを意味します。もしこれらが練習用のイヤホンではないなら、これはより多くの批判を受けるだろうが、SoundSport Freeの意図された使用を考えれば、過去を見るのは簡単だ。

高値

野球ヒッポキャンパスによって、高値のフィルタリングは、最初の詩の間に最も明白です。Nathan Stockerのギターピッキングは、ベースにバックシートを取っても、はっきりとわかります。彼の指がフレットボードを上下に動くと、高い周波数が共鳴する。これは野球の文脈の中で魅力的です。しかし、Antonio VivaldiのFour Seasonsでは、ヴァイオリンはすぐに魅力を失い、刺激的になります。

結論

その周りには方法はありません.199ドルの値札は華麗さを示唆しています。これらについては、「素晴らしい」という文字通りの定義はありませんが、SoundSport Wirelessのすべてのものがまともであるという伝統を継承し、コンペ。Bose SoundSport無料の真のワイヤレスイヤホンの最も顕著な機能は、1)優れたフィット感を提供するステイヒア+イヤーチップと、2)5時間半の優れたスタンドアロンバッテリー寿命です。

BoseのSoundSport無料充電ケースは2つの内部LEDインジケータを使用し、イヤフォンが挿入されると点灯します。

BoseのSoundSport無料充電ケースは2つの内部LEDインジケータを使用し、イヤフォンが挿入されると点灯します。

いつものように、市場を圧迫する経済的な選択肢はたくさんありますが、本当にワイヤレスのイヤホンは、まだ極端に成長する痛みを経験する非常に若いセグメントです。あなたの購入に関する特定している、と一致してブランド力を持つ企業との強力な製品に投資する場合:IPX4認定ボーズSoundSport無料です作るための選択肢。

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.