Bose QuietControl 30レビュー!!  ノイズキャンセリング性能が光る。

Bose 製品としては初となるBluetooth対応インナーイヤー型ワイヤレスイヤホン BOSE QuietControl 30 ノイズキャンセリング機能と全体的な使い勝手を レビューいたします。

QC30の特長

  1. ワイヤレス
  2. ノイズキャンセリング
  3. 連続使用時間

外観と装着感レビュー

ネックバンドタイプのQC30には、QC20の後継機種というより独立した新シリーズといった雰囲気があります。実際に首にかけてみた感じ、首周りに余裕があって長時間装着していても圧迫感を感じることはありません。

使わない時はネックバンドを首にかけたままイヤホンを垂らせるのもいいです。耳から外したイヤーピースは、胸元上部あたりの位置にくるので邪魔になることもありません。ヘッドホンのような感覚で首にかけたまま、いろんな作業ができるのは地味にポイント高いです。

Bluetooth接続可能なワイヤレスイヤホン!

iPhoneやAndroidの他、Bluetoothで簡単に接続できるワイヤレスのイヤホンになっています。

ワイヤレスヘッドホンを利用しているのですが、ケーブルレスの生活は本当に素晴らしい。

ストレスフルなストレス社会の現代日本において、こんなにもストレスのないストレスレスな世界が広がっているなんて・・・!

ワイヤレスだが、最高峰のノイズキャンセリングを搭載!

ワイヤレスになると気になるのはその音質。ワイヤレスイヤホンはケーブルを通さずに音を発信する特性上、音質が劣化すると言われています。

また、ワイヤレスとノイズキャンセリングを同時に搭載するのは技術的にも難しく、現在発売されている種類も少ないです。

そんな中、BOSEの誇る最高峰のノイズキャンセリングを詰め込んだとされるのがこの「QuietControl 30」なのです。

ノイズキャンセリングイヤホンを付けていて困るのが、外音が一気に遮断されるところ。さすがに「電車内の騒音を100%カットする」というのは難しいのですが、車内の案内音声などが聞こえなくなる程度には周囲の音が聞こえなくなります。

また、細い路地や暗い夜道を歩いているときなど「外の音が聞こえないと怖い」って状況もありますよね。

そんな時に便利なのが、この可変ノイズキャンセリング機能。コントローラブル・ノイズキャンセレーション機能なんて呼ばれています。

なんと12段階にノイズカットの強さを選ぶことができ、外部の音の遮断具合をいつでも設定変更できるのです。

音質

QuietControl 30の音は全体的におとなしめの行儀のよい感じです。
高音のキラキラ感のようなものはあまり感じられませんし、低音もそれほど強く出ているようには聞こえません。

ノイズキャンセリングを強めにすると響きが少し控えめになってデッドな感じになります。

ボーカルの声そのものを楽しむというよりも、トラック込みの全体の音を聞くのに向いているという印象を受けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA