日本製OLED搭載 シャープAQUOS zero、SIMフリー版が発売


シャープは、国産有機EL(OLED)を搭載したスマートフォン「AQUOS zero」のSIMフリー版を4月9日に発売しました。

「AQUOS zero」(SH-M10)は、ソフトバンクで先行発売されていた同名モデルのSIMフリー版。シャープ初の有機ELディスプレイ搭載スマホで、6インチ台の端末としては世界最軽量をうたう146gの軽さを売りにします。

有機ELディスプレイは、前工程を三重工場で、後工程を大阪・堺工場で分担して製造。有機EL特有の鮮やかな発色が楽しめます。加えて、タッチパネルの反応速度を高めたことから、シャープは本機を動画鑑賞やゲームに適したモデルと位置付けています。

ハードウェア仕様やデザインもソフトバンク版と共通。Snapdragon 845と6GB RAMを搭載します。また、防水のほか、おサイフケータイにも対応。ワンセグ・フルセグには非対応です。軽量化のため、SDカードスロットやイヤホンジャックは省かれています。


実売価格は10万円ほど。量販店のほか、MVNOとして楽天モバイル・IIJmio・mineo・gooSimsellerも順次取り扱います。

壁掛け時計がスマートウォッチに?スマホの通知やスケジュールを表示可能『Glance Clock』

【1週間でスマートフォンを手に取る回数は、平均1500回以上】
【1日でスマートフォンの使用時間は、平均3時間16分】
【1日にスマートフォンで行うタスクは、200個以上】

これはあくまで平均的な数字なので、これを読んで下さっているあなたは、もう少し長い時間をスマートフォンと過ごしているかもしれません。

Glance Clockは、そんなあなたの生活を生産的に変えてくれる、世界初のハイブリッドIoT壁掛け時計「Glance Clock」です!

デザインにこだわり、品質が高いウォールクロックの中に様々IoT機能を追加しております。
本体の中にはLEDと通知機能を搭載しており、様々な通知を表示できるのがGlance Clockです。
IFTTTを利用しAlexaやスマートドアベルとの連携を行うことで使用できる幅が広がります。

Glance Clockアプリと連携して使える機能

日本語のアプリ(IOS/Android)で次のことができます。

1)カレンダーと自動連携

グーグルやアップルカレンダー(iCal)の連携を行うことでクロックフェイスに予定を表示することができます。
カレンダーアプリと連携する事で、予定が入っている時間があるとクロックフェイスにLEDで予定時刻を表示してくれます。
また、設定した予定名を文字で表示したり、定期スケジュールをLEDとテキスト(ローマ字と数字)で表示するなどカスタマイズも可能です。実際の表示方法は上記画像のように予定が入力されている時間が青く点滅を行い、点滅している間に予定名がクロックフェイス真ん中に表示されます。
※上記画像例:3時から4時の間が点滅している時に「Work」と表示されているのでその時間は仕事の予定が入っていると確認できます
※カレンダーの色表示はアップルカレンダー1色、グーグルカレンダーはカレンダー設定で指定した色が表示されています。

2)天気予報

時間の次によく調べるものといえば天気ではないでしょうか。Glance Clockは表面のLEDを利用してアイコンでその日の天気を表示し気温、風力、湿度、空気圧、降水確率、平均気温を任意で選び表示させることができます。
気温だけ知りたい人も湿度、降水確率だけ表示するなど自分好みにカスタマイズが可能です。

3)タイマー/インターバルタイマー

タイマーを設定することで残り時間が表示されます。手の離せない料理中や、複数人で残り時間を確認するゲームや勉強の時などに便利です。
室内運動など行う際に残り時間をスマホで確認する場合は煩わしさが軽減されます。

4)電話の通知表示

スマートフォンと連携するIoT機器といえば通知機能が一般的です。Glance Clockは電話がかかってきた際に
電話アイコンと併せて電話帳登録名または電話番号を表示しお知らせしてくれます。スマートフォンがマナーモード中でもGlance Clockから音が鳴り着信をお知らせしてくれます。
※表示される登録名は英数字のみ表示されます。日本語は表示されませんので予めご了承ください。

5)アラームと日にち

Glance Clockはもちろん時計なので通常の時計機能も搭載しております。
12個のドットLEDライトが1時間区切りとなり一目で時刻の確認が行えます。また、目覚まし時計としても使用することも可能です。
照度センサー機能を搭載しており、LEDライトの強さを自動で調整してくれます。寝室でのご使用する場合も妨げになりません。
LEDライトの強さは任意で変更することも可能ですのでお使いの部屋にあった光量を設定いただけます。

IFTTT搭載でAlexaとの連携も!

IFTTT(https://ja.wikipedia.org/wiki/IFTTT)を利用して行える例
-スヌーズアラームの設定
-Alexaが流している音楽のタイトルを表示
-スポーツチームのスコアを表示
-スマートドアベルが反応した際に通知を表示
-ウーバーの到着情報を表示
-ISSが通る時に通知を表示
-Eメールの件名を表示
-Fitbitの情報を表示
-雨が降り始めた時の通知
-新機能が開発された時の通知
などIFTTTを使用することで設定できる項目が広がります。

※IFTTTは現在英語でのサポートです。
英語が得意でない方もオンラインで日本語ガイド通りに設定いただくことでご使用いただけます。
(例:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1711/22/news031.html

超近未来的IoTウオールクロックで、快適な生活を!

Glance Clockはシルバーとグラファイト2つのデザインがあります。

シルバーはシンプルなデザインで部屋を選ばずご使用いただけます。光るLEDの色合いによりイメージが変わり自分好みに設定が行えます。

グラファイトは黒色で重厚感ある仕上がりです。LEDのランプの色が際立ちクールな印象を与えます。

Glance Clock側面はアルミフレームを使用しており機械的な印象を受けますが、フェイス部分に布カバーを使用しておりLEDが光ると淡く優しい光の印象を受けます。

LEDの明るさは変更できます。照度センサーによる自動変更も可能です。光量を調整することでお部屋に合わせカスタマイズがいただけます。

スペック

カラーバリエーション

シルバー/グラファイト

サイズ

直径22.8cm/厚さ3cm

針の長さ

6cm/8cm

質量

530g

スクリーン解像度

テキスト:32×8白色ドット

データ: 48×4 RGBドット

ケーブルタイプ

USB

ケーブル長さ

300cm

電池

4400mAh リチウムポリマー電池

オーディオ

3W通知スピーカー

接続

Bluetooth 4.2 (BLE)

センサー

人感センサー/照度センサー

原産国

デザイン:シンガポール/生産:マレーシア

アプリ互換性

Android (6.0以降)/iOS (9.0以降)

保証

1年

Glance Clockを便利に使用する

Glance Clockをより楽しく便利に使用するのにおすすめの商品をご紹介します。

– 置くスタンド

Glance Clockは基本的にウォールクロックですが、デスクやテーブルので確認するのも便利です。Glance Clockのサイズは22.8cmと一般的なサイズですのでスタンドをご利用いただけますできます。公式スタンドの販売は行っておりませんが下記スタンドなどご使用いただけます。

Link1

Link2

– USB/AC アダプター

クラウドファンディングでお送りするGlance ClockはUSB/ACプラグが付属しておりません。

ご使用いただく際は1.5A以上の出力があるUSB/ACプラグをご使用ください。1.5A以下の出力(特に1A未満)USB/ACプラグを使用すると熱くなり危険ですのでご注意ください。

折りたたみスマホ Galaxy Fold発売延期


発売延期となってしまった、韓国サムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」ですが、早くも新たな発売日が6月13日になるのでは? との情報が伝えられています。

今回の情報は、米国キャリアのAT&Tがメールに記載していたことが、TwitterやRedditにて報告されたもの。米国テックメディアのThe Vergeはこのメールが本物であることをAT&Tに確認する一方、サムスン側は「決定された情報はない」と表明しています。

Galaxy Foldは4月26日の発売日直前に、リリースを延期することが発表されました。その理由について、サムスンはヒンジ部分の構造上の問題と、内部になんらかの物体が混入した可能性を指摘しています。さらに、修理業者のiFixitも、いつもながらの分解手法によって同様の問題が存在することを報告しています。

サムスンはレビュー用にメディア関係者に配布していたFoldのサンプルをすべて回収しており、今後は画面保護の強化と、「表面の保護レイヤーを剥がさないように」との注意をわかりやすく周知すると表明しています。また新しい発売日に関しては、数週間以内に発表するとも表明しています。

もし今回の問題がディスプレイ表面や保護レイヤーの取り扱いといった、比較的修正が容易な点に起因するのであれば、短い期間での修正も可能でしょう。しかしヒンジや内部パーツの配置から見直す必要があるとすれば、6月13日という新たな発売日に間に合うのかどうかは未知数です。

折りたたみスマートフォンとして大手メーカー、または量産モデルとして初となるはずだったGalaxy Foldですが、現時点ではこのように、いつ消費者の手元に届くのかが不透明な状況が続いています。願わくば、問題をクリアにし、なおかつ早めの出荷を願いたいところです。

コンパクトなキーチェーン300ルーメンLEDライト SUREFIRE SIDEKICKレビュー!!

小さいのに超強力なキーチェーンライトのSUREFIRE SIDEKICKです。

こちらのライトは内蔵型のリチウムイオン充電池を搭載したコンパクトなキーチェーンLEDライト。
付属のマイクロUSBケーブルにて充電が可能です。
MAX300ルーメン 3段階調光。ワイドに広がる配光と軽量コンパクトなボディが特徴です。
見た目は車のエントリーキーかセキュリティーのリモコンのようなもの。サイズも概ね同じ程度です。

これまでの筒型のライトとは異なるSUREFIREの新しい挑戦的なデザインです。時代は変りました。
これまでSUREFIREを手にすることのなかった層へもコミットし始めたという事でしょう。
軍や警察などに関わらない一般の人々にも手にとってもらうことを目的としたアイテムだと思います。

スイッチはボディ上部にあるプッシュ式のスイッチ。
親指で押してボディを挟むようにして使います。スイッチの感触は硬め。グッと押し込む感じです。
誤動作を防ぐ目的だと思います。

明るさは3段階に設定されており、ディフォルトでは1秒以内にスイッチを押す毎にLow→Med→Hi→OFF→Low…の順でサイクルします。4回スイッチを押すと消灯します。

また、各モードで1秒以上点灯させた後、スイッチを再度押すと消灯します。原則必ずLowモードより点灯します。以下の手順でHiから点灯するように調整が可能です。

  1. マイクロUSBコネクターをSIDEKICKのポートに挿し込む(充電状態)
  2. プッシュボタンを押して、Hiモードの点灯状態にする。
  3. Hiモードで約5秒から6秒間点灯させ、スイッチボタンを押して消灯。
  4. SIDEKICKからUSBケーブルを外し、テストしてください。
  5. Lowモードスタートに戻す場合は手順2をLowモードにしてください。※Medモードスタートには設定できません。LowまたはHiのいずれかです。

●Lowモード 5ルーメンでの照射。手元を照らすのに適した明るさ。

●Medモード 60ルーメン。足元を照らすのに適した感じの明るさ。ランタイムは4時間と充分。常時点灯で使うのであれば、Medモードがおススメです。

●Hiモード 300ルーメン。ふわっと広がる拡散光。この手のライトにしてはかなり明るい設定。しかもリフレクターを装備しているので光りの飛ぶ距離も意外とあると思います。

リフレクターの形状はキーライトのTITAN-AやTITAN-Bと同じ仕様。リフの広さや深さもさほど違いは無さそうです。手元、足元を照らすのに適した拡散配光となります。

ディフォルトで付くキーリングの内径は13mmと広め。なので、鍵束はもちろん、カラビナやフックなどにも付けられます。鍵束だけでなく、「身につける系」の用途で使いたい方であればかなり便利なパーツかと思います。なお、リングは焼きいれされた鋼製で硬くて丈夫です。

ボディは丈夫で軽量なABS樹脂。スイッチの反対側にあるSIDEKICKと刻印された部分は金属製。この部分がヒートシンクの役目を果たします。Hiモードで連続点灯させるとこの部分に熱を感じます。熱いと思ったら消灯するか明るさを落として冷ましてください。

充電はマイクロUSBケーブルにて行います。3時間で約90%の急速充電が可能。USBを接続し充電開始後 、充電し始めLEDライトが点滅し正常に充電が開始されたことを表示し約2~3秒後に自動で消灯。
充電終了のインジケーターによる表示は有りません、過充電による破損・事故の防止の為3時間以上の充電はおこなわないでください。

これまでのSUREFIREにはないコンセプトの充電式ライトです。
他社の同型ライトと比べて非常に明るい設定なのが魅力。しかも点灯順を変えられるのでユーザーの好みにカスタマイズすることが出来ます。配光はワイド拡散光なので近距離での使用に適しております。Lowモードであれば手元、Medで足元、Hiであれば5m以上先でもに明るく照らすことが出来ます。あなたにとって日常の相棒(SIDEKICK)になりうるアイテムです。

(シュアファイア) SUREFIRE SIDEKICK コンパクト LED キーチェーンライト SIDEKICK-A

新品価格
¥9,200から
(2018/10/25 11:17時点)

日本正規品 SUREFIRE シュアファイヤーサイドキック キーチェーン型ライト USB充電式 300ルーメン SIDEKICK-A

価格:11,564円
(2018/10/25 11:18時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

ゲーミングスマホRed Magic MarsをNubiaスペック。ゲーム用補助ボタン+RAM10GB

 

ZTE nubia Red Magic MarsはZTEのスマートフォンで、2018年12月に 発売予定です。なお、日本では未発売です。6.0インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは9.9mm、重さは193gです。 Snapdragon 845を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 ZTE nubia Red Magic Mars
型番 中国名: 红魔 Mars
メーカー
ZTE
発売時期 2018年12月, 未発売, 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 30(2300), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応(例外あり)
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
速度  Cat18 1200/150 Mbps
SIMempty:  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.0インチ, LTPS IPSディスプレイ,  画面占有率: 78.3%
ディスプレイ解像度 1080 x 2160(フルHD+), アスペクト比18:9, 402ppi
ディスプレイ機能 Dinorex T2X-1ガラス
サイズ 158.2 x 75 x 9.9mm
重さ 193g
システム
OS Android 9.0 (Pie) , nubia Red Magic OS
Soc Qualcomm Snapdragon 845
CPU Kryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.8 GHz
GPU Adreno 630
ベンチマーク Antutu: 320000
Geekbenchシングル:2375 Geekbenchマルチ: 9066
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB / 10GB
ストレージ 64GB / 128GB / 256GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  16MP, F値/1.8
前面カメラ  8MP, F値/2.0
動画  最大画素数: 1080p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS   GPS, GLONASS, BDS
ネットワーク機能   なし
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   有り
バッテリー
バッテリー容量  3800mAh
ポート  Type-C 1.0
その他
本体色 ブラック, レッド, カモフラージュ
現地価格 6+64GB: 2699元, 8+128GB: 3199元, 10+256GB: 3999元
円換算価格 約45000円

中国ZTEの関連会社Nubiaが、今流行りのゲーミングスマートフォン「Red Magic Mars」を発表しました。4月にリリースされたRed Magicの後継機種で、外観はほぼそのままに、SoCがSnapdragon 845に変更され、RAM10GBモデルもラインナップするなど、仕様の強化を図ったモデルです。

前モデルRed Magic(無印)はSoCがSnapdragon 835で、最近のゲーミングスマートフォンとしてはやや見劣りするものでしたが、Red Magic MarsではSnapdragon 845と他社同等のハイエンド仕様になりました。

 

これにあわせて冷却機構も強化。ヒートパイプの大型化や、内部の空気を排出する対流冷却システム(背面の赤いスリット部より排出)により、冷却性能が大幅に向上しているとのこと。

Nubia Red Devils Mars E-sports Mobile

また、正面向かって右側面、横持ち時に人差し指がかかる位置に静電容量式のタッチボタンを装備。タッチパネルと合わせて快適にゲームができる点をアピールします。

Nubia Red Devils Mars E-sports Mobile

他にも、ゲーミングスマートフォンでは標準装備になりつつある、外付けのコントローラーも用意されています。

FPSなどで周囲の状況を確認する際に重要な、サウンド機能も充実。DTS 7.1チャンネルの仮想サラウンドにも対応するステレオスピーカーに、ボイスチャット時に便利なエコーキャンセル機能やノイズリダクション機能も搭載します。

他の主な仕様は、ディスプレイは6インチ 2160×1080のJDI製TFT液晶を採用。バッテリー容量は3800mAh、背面カメラは16MP、フロントは8MP。

価格は6GB/64GBモデルが2699元(約4万4000円)、8GB/128GBが3199元(約5万2000円)、10GB/256GBが3999元(約6万5000円)。12月7日から中国で販売されるとのことですが、中国以外については情報がありません。

ゲーミングスマートフォンは日本でもASUSのROG Phoneが発売されましたが、そのライバルとして日本にも来て欲しいところです。

ASUS Chromebook Flip!超軽量な数秒で起動するセカンドノートレビュー!

 2019年1月8日(米国時間)、米ASUSがIntelの第8世代Coreプロセッサを搭載したChromebookのプレミアムモデル「Chromebook Flip C434TA」を発表。先日リリースしたChromebookシリーズは教育機関向けだったが、本機はビジネス向けのモデルとなる。価格は569ドル~で、日本での発売は未定だ。

 

そもそもChromebookってなんなの?

ChromebookとはGoogleがLinuxカーネルを採用して開発した「Chrome OS」を搭載しているノートPC。OS部分が無料で提供され「Webブラウザさえ動けばいい」という割り切り、Intelに限らずスマホなどのARMプロセッサでも快適に利用できるといった事情から、初めは「とにかく安い」ことが強みでした。

2009年にChrome OSが発表されて以来、Chromebook市場は安さなどのメリットを突破口として急成長。前年にはわずか0.2%だった法人市場でのシェアを2014年には約9.6%にまで急伸させ、ノートPCの中でも約21%を占めるまでに。2017年時点では米国内でのK-12(幼稚園から高校まで)教育市場でのシェアはChrome OSが60%近くというレポートも出ています。

なぜ日本でほとんど見かけないの?

原則的に「ユーザーデータはクラウドに置く」仕組みによるところが大きいのではないでしょうか。ファイルなどはGoogle Driveに保存し、ローカルストレージはキャッシュ的な扱いにすぎない。そのため容量を少なく抑えられて低価格に貢献しているわけですが、「使いにくそう」という印象を与えるのに十分でしょう。

それに米国で普及の原動力となった法人および教育市場において、日本がChromebookを採用した例はほとんど聞きません。Chromeブラウザと同様の半自動アップデート機能や、各アプリが「サンドボックス」と呼ばれる制限された環境で動作してウィルスなどの悪影響がシステム全体に及ばないといった「管理しやすさ」が伝わっていない(ないし営業努力の不足)感はあります。

アプリは十分いっぱいある

マイナーなOSという先入観があり、アプリも乏しいのでは……みたいな心配も、すぐに吹っ飛びました。Chrome ウェブストアに行けば、WindowsやMacで使っていたアプリの代替品があるわあるわ。

そもそもChrome上のWebアプリで作業が完結することは多くなっていて、「いつもメインPCでやっていること」はブツが届いたその日にできましたよ

 

立ち上げには7秒もかからない

シンプルにまとめると「めちゃくちゃ速い」、ただこれだけ。

Chromebookの最大の特徴は「7秒で直ぐに使える状態」ということがアピールされていますが、体感は7秒よりも短いです。

一番時間を使っているのは、ログイン時のパスワードを打つ画面ですね。

 

シャットダウンも高速

一方でシャットダウンの方も、めちゃくちゃ早い

どの画面からでも、本体左下の物理ボタンを長押ししてから、シャットダウンボタンを押すことで直ぐに完了。

時間としては10秒かかりません(というか慣れれば3秒もかからない)。

 

性能・スペックは???

 

Intelの第8世代Coreプロセッサ(開発コード名はAmber Lake Y)を採用し、2コア4スレッド動作のCore i7-8500Y(1.5GHz~4.2GHz)とCore i5-8200Y(1.3GHz~3.9GHz)、Core m3-8100Y(1.1GHz~3.4GHz)が用意される。

Chromebookタブレットモードの状態。採用されるCPUは「Google Pixel Slate」と共通だ

 GPUはIntel UHD Graphics 615で、タッチ操作に対応した14型の液晶ディスプレイを備える(視野角は左右176度)。画面解像度は、従来モデルの「Chromebook Flip C302CA」と同じ1920×1080ピクセルだが、12.5型から14型に大型化された。一方で峡額縁の「NanoEdge design」を採用してボディーの大型化を抑えている。

Chromebook大型のタッチパッドを装備する
Chromebookバックライト機能も備える

 メモリは最大8GB(4GBも選択可)、ストレージは最大128GBのeMMC(64GBと32GBもあり)となる。インタフェースは2基のUSB Type-C(3.1)、Type-A(3.1)×1、microSDカードスロット、ヘッドフォン端子だ。

ChromebookボディーカラーはSpangle Silverの1色のみだ
Chromebook峡額縁の14型液晶ディスプレイを採用。Google Play Storeも利用可能だ

 キーボードはバックライト機能を装備し、バッテリー駆動時間は最大10時間(容量は3セルの48Wh)となっている。ボディーサイズは321(幅)×202(奥行き)×15.7(厚さ)mm、重量や約1.45kgだ。

 

マイケル・コースの新スマートウォッチ「ソフィー」レビュー!!

 

MICHAEL KORS

Michael Kors(マイケル・コース)は、ラグジュアリーなレディ・トゥ・ウェアやアクセサリーを手掛け、数々の受賞歴に輝くデザイナーです。1981年に自身の名を冠した会社を創設し、現在、Michael Kors CollectionとMICHAEL Michael Korsのブランドを通じて、アクセサリー、フットウェア、時計、ジュエリー、レディ・トゥ・ウェア(メンズ&ウィメンズ)等、幅広い製品を展開しています。







マイケル・コースのファッションアイデンティティーを受け継ぐ全く新しいスマートウォッチ。

 

ファッションとテクノロジーがシームレスに融合した、SOFIE(ソフィー) 。よりスリムになったデザインに、フルラウンドディスプレイのベゼルにはパヴェを散りばめ輝きを添えました。Wear OS by Google™を搭載し、表示するアニメーションを着せ替えることができる文字盤や、フィットネス記録の管理、テキストの表示、メールの受信アラートなど、便利な機能をいつでも利用できます。自分にあったスタイルにカスタマイズして、スマートなライフスタイルを楽しんむことができます。

限定モデルのデザインは、シックな印象。メッキ処理を施したブラックボディに、ガンメタル色のパヴェのトップリングとパヴェチェックのブレスレットを組み合わせた。

この新スマートウォッチ「ソフィー」の限定モデルは、世界饑餓撲滅を目的とした「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンと連動。スマートウォッチを1つ販売するごとに、100食の学校給食が食糧を必要としている子供達へWFPを通じて提供される。


上)メタル・ボディ 各45,000円+税、下)パヴェ・チェック 各49,000円+税、フル・パヴェ 56,000円+税

その他、「ソフィー」シリーズは7種類のウォッチを展開。ローズゴールドやシルバーカラーのメタル・ボディ、ゴールドやシルバーのパヴェ・チェック、華やかなフル・パヴェと、多彩なラインナップとなっている。また、「ソフィー」シリーズの紹介動画も公開。様々なシーンに合わせてテクノロジーを楽しむ様子が映し出されている。

 

Google Fitと心拍計で運動強度を計測

 タッチスクリーンスマートウォッチの最大の特徴は、iPhoneやAndroidスマートフォンのどちらでも接続でき、スマホに受信した電話やメール、LINEなどの各種SNSの通知をウォッチフェイスに通知してくれること。

 さらに新モデルの大注目機能は、心拍センサーを搭載したことです。8月にアップデートされたGoogle Fitの新機能「通常の運動」「強めの運動」に対応し、ランウェイのセンサーが検出した心拍数から、強度に応じた運動量が記録されます。

 また、GPSを内蔵しているので、スマホを持たずに手ぶらでウォーキングやジョギングに出かけても移動距離が計測できます。歩数と歩幅からおおまかな距離を換算する方法に比べて正確な距離や速度がわかり、マラソンなどのペース維持にも役立ちます。

 
Google Fitの新機能と連携して、通常の運動と強めの運動をそれぞれ計測。また、運動強度に応じた消費カロリー、GPSトラッキングからの距離を記録する

 3気圧防水の耐水性があり、プールでの使用も可能。仕事帰りのスポーツジムでも着けたまま一日の活動を途切れなく記録でき、なにより、ロッカーにスマートウォッチを忘れる心配がないのは助かります。

手ぶらでメールやLINE、電話の着信を確認

   
 

手ぶらでメールやLINE、電話の着信を確認

 

 しかし、タッチスクリーン スマートウォッチを実際に使ってみると「腕時計で情報を受け取れる便利さ」を実感し、手放せなくなりました。また、タッチスクリーン スマートウォッチのOSがAndroid Wear 2.0に進化した結果、Wi-Fiが利用できる場所であればスマートフォンに依存することなく、タッチスクリーン スマートウォッチだけでインターネットに繋がることができるので、Googleアシスタントで何かを調べたり、地図をチェックすることが、単独でできるようになったのです。

 
設定は簡単でした。スマートフォンと接続しないと使えません

 タッチスクリーン スマートウォッチと聞くと、なにやら難しいというイメージがあるかもしれませんが、設定は簡単です。私が使っているのはAndroidスマートフォンですが、スマートフォンに「Android Wear」アプリをインストールし、ガイドの通りに入力するとすぐに使えるので、取扱説明書を見る必要はありません。スマートフォンなどの設定は苦手なほうですが、あっさり同期できました。

 
メッセージがきたら、すぐに確認できます

 一番便利なのは、料理中や大事な打ち合わせ中でも、手元で電話やメール、Facebookのメッセージ、LINEなどの受信が一目でわかること。ブルッと振動し、「誰が」「どんな内容で送ってきたか」概要までわかるので、常にスマートフォンを出すことがなくなりました。さりげなく情報を受け取ることができるので、スマートです。混雑した電車に乗ったときでも、スマートフォンをガサガサと引っ張り出すことがなく、時計を見てパッと確認できます。

 わたしのようなフリーランスの仕事だと時間が決まっていないので、いつ連絡がくるのかわかりません。両手がふさがっているときでも簡単に通知内容を確認でき、そのまま会話もできるので、夕食の準備中でも緊急の電話を間違いなく取れるようになりました。

 

アクションカメラの選び方!画質?防水?フレート?サイズ?

 

カメラにおけるひとつのジャンルとして確立した「アクションカメラ」。アウトドアやスポーツシーンなど激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。

そこで今回は、アクションカメラのおすすめモデルをご紹介。高機能なアイテムはもちろん、リーズナブルなエントリーモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラの選び方

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、自分の目線から見た動画を撮るために特化した小型カメラのこと。バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使うことから、ウェアラブルカメラとも呼ばれています。

アクションカメラは、アウトドアやスポーツでの撮影にピッタリ。防水性と耐久性が高く、なかには水中で撮影できるモデルもあります。臨場感ある映像を手軽に撮影できるのがおすすめポイントです。

 

フルHDと4K、使い方に合わせて画質を選ぶ

 
今やアクションカメラの解像度は、今や4Kが主流となりつつあります。高画質になれば当然ながらカメラ本体の価格も高価になりますので、撮影後にどんな使い方をするかに応じて選ぶことが大切です。

撮影した映像を編集せず、そのまま楽しむという人ならフルハイビジョンでも十分でしょう。一方、常に現在の「最高画質」で映像を残したい方や、撮影後に静止画での切り出しや編集を加える方は、画質が劣化しにくい4Kを選ぶのがおすすめです。

ただし、画質が高くなると1秒間あたりの撮影コマ数が少なくなることもありますので、以下の「フレームレート」に関するポイントもあわせて確認しておきましょう。
 

動きの激しい撮影には「ハイフレームレート」のものを

 
激しい動きをするのならフレームレートを重視して選びましょう。フレームレートとは1秒間に記録されるコマ数のことで、この数値が大きいほど激しい動きをしても滑らかな動画が撮影できます。

通常は30fpsというスペックですが、120fpsや240fpsなどのハイフレームレートの製品も出てきており、スポーツをプレーしている最中の撮影にぴったりです。


ただ4K画質の場合、フレームレートがフルハイビジョンの約半分まで小さくなるものもあります。滑らかさが無くなるとせっかくの高画質も美しく見えないことがありますので、よりフレームレートの高いものを選びましょう。
 

「ブレにくさ」と「臨場感」、重視したい方を決めて画角を選ぶ

画角とは、どこまで広く写せるか範囲を表す指標です。人間は両目で約180~200度まで認識できるといわれているので、これに近いほど目で見たままの臨場感が得られます。

一般的なアクションカメラは130~150度くらいの画角。最近ではダイナミックに景色を切り取れるよう、200度を超えるような画角の製品も登場しています。しかし、画角が広くなればそれだけブレも起こりやすくなります。手ブレ補正モードにすると画角は狭くなる場合も。

ブレにくさを重視しなめらかな映像を撮りたいなら画角の狭いものを、ワイドな臨場感を優先したいのなら、ある程度の手ブレも味のうちと割り切って、画角の広いものを選ぶのがおすすめ。画角が調整できたりズーム機能がついていれば、さらに撮影の幅は広がります。
 

「光学式」か「電子式」か、手ブレ補正は本体サイズも考えて

 
手ブレを補正する機能には、光学式と電子式があります。画質を優先するなら光学式がおすすめ。一方で、あまり激しい動きを伴わず、またコンパクトさを重視するなら電子式を選ぶといいでしょう。

光学式は残像がなくきれいな映像を撮影できますが、構造が複雑なためにアクションカメラ本体のサイズが大きくなります。電子式は光学式に比べて画質は劣りますが、コンパクトなモデルが多く価格も比較的抑えられています。
 

「防水性」や「防塵性能」もチェック

 
水辺で撮影する場合は、防水性をチェックしてください。ビーチなどで撮影するなら防水性は3mくらいあれば十分。もしダイビングなどで水中撮影するのなら、20~60mほどの防水性を持ったものがおすすめです。

カメラ本体に防水性があるものの他、ハウジングケースと呼ばれる密閉容器が付属しているものもあります。ケース単体でも購入できますので、その際には手持ちの機種に対応しているか忘れずに確認しましょう。

また山道でのトレイルランニングや、土埃を巻き上げるモトクロス撮影などでは、防塵性の高いものがおすすめ。最高ランクのIP6X、またはIP5Xに対応した製品なら安心できます。
 

連続撮影時間を確認!必要なら予備バッテリーも準備しよう

 
一度の充電でどのくらい撮影できるかも確認しましょう。スポーツ競技を最後まで記録したり、バイクで走行中の風景を撮影する場合、途中で充電切れになってしまっては目的が果たせません。

搭載されているバッテリーの容量を確認するとともに、予備バッテリーを準備しておくと安心です。またモバイルバッテリーから充電できるモデルを選んでおくと、いざというとき便利ですよ。

身につけやすい大きさ・重さのものを選んで

身につけやすい大きさ・重さのものを選んで

出典:amazon.co.jp

ウェアラブルカメラとも呼ばれるように、アクションカメラはヘルメットや衣服などに身に着けて撮影できるようになっています。あまりに重たく大きなものでは取り付けにくく、撮影中もカメラの重さが気になりますので、なるべくならコンパクトで軽量なものを選ぶといいですね。

特に長時間撮影をする方は、店頭で実際に手に持って大きさや重さを確かめておくことをおすすめします。

アタッチメントが豊富なら自転車やバイクにも取り付けやすい

アタッチメントが豊富なら自転車やバイクにも取り付けやすい

出典:sony.jp

メーカー純正品のほか、サードパーティーからも多くのアクションカメラ設置用アタッチメントが販売されています。アタッチメントが豊富なものならさまざまなシーンに対応しやすいですよ。

例えばサイクリングでは、ヘルメットや帽子だけでなくハンドルや前輪の上に取り付けることもできます。映像の見せ方や臨場感の出し方なども撮影位置で変わってきますので、アタッチメントが豊富なものを選んでおくと良いでしょう。

Wi-Fi対応ならSNSへのアップロードも簡単

Wi-Fi対応ならSNSへのアップロードも簡単
動画をシェアする機会が多い方は、Wi-Fi搭載した商品がおすすめです。スマホやタブレットと連携し、すぐにSNSにアップロードすることも可能です。は大変便利な機能ですね。

このタイプの中には、撮影中の映像がリアルタイムにスマホ・タブレットで視聴できたり、プレビューを確認しながら遠隔操作できるものもあります。選択肢の一つとして押さえておくといいでしょう。

ディスプレイ搭載モデルも使い方によって便利

風景や出来事なども合わせて記録したい方は、ディスプレイ搭載の機種を選びましょう。ディスプレイのぶんだけサイズは大きくなりますが、構図を確認しながら撮影できます。

アクションカメラはディスプレイ非搭載の機種が多く、中には搭載されているモデルもあります。常に動き続けるスポーツの撮影などでは、ディスプレイを見ることもないので不要と言えそうですが、風景や出来事なども合わせて記録したい方などにおすすめの仕様です。

暗所撮影が多いなら最低被写体照度「5ルクス以下」がおすすめ

暗所撮影が多いなら最低被写体照度「5ルクス以下」がおすすめ
ほとんどのアクションカメラは暗所撮影できるように6ルクスくらいの最低被写体照度を持っています。この数値が小さいほど暗い場所でもはっきりと撮影することができます。洞窟や夜間など暗い場所での撮影が多いなら、5ルクス以下のモデルを選ぶといいですよ。
 

GoPro HERO4 Session (GoPro HERO Session)のレビュー

今回はGoPro HEROシリーズの防水モデル GoPro HERO4 Sessionのレビュー記事です。

GoPro HERO4 Session は、ただ小さいだけでなく、本体だけで水深10mまでの防水性能や耐久性を備えるため、防水ハウジングは不要。排水機構付きの内蔵マイクにより水中でもクリアな音声で動画が撮影できます。

ワンプッシュで電源が入り、自動的に撮影を開始。ミニマルの極致でありながら、プロフェッショナルの要求にも十分に堪えうる高画質を実現しています。

圧倒的な小ささと軽さです。本体重量はわずか74g、小型化を果たしながら水深10mの撮影が可能です。ワンボタンでスタートする1080p/60fpsの高画質動画、8MPの静止画。本体は最小限のボタン配置に留め、スマートフォンとの連携により多彩な機能を発揮します。

  • カメラサイズ : 38.2㎜(横)×38.2㎜(高さ)×36.4㎜(奥行)
  • カメラ重量 : 75g
  • 防水性能 : 10m
  • 静止画撮影(最大画素数) : 800万画素
  • 最大解像度 : 1440p
  • 入出力端子 : micro USB, microSD

こんなに小さいです。
ポイントは、小型軽量のボディと、ハウジング無しでの10m防水機能!!

撮影品質は、4Kや2.7Kこそ撮影できないものの、1440p30と1080p60という高画質撮影が可能で、GoProならではの超広角レンズも健在です。

なお、液晶タッチパネルはついていないので、撮影にはスマホアプリを使用するのがオススメです。

なお、GoPro HERO4 Session は従来モデルに比べ本体サイズこそ小さくなったものの、既存の GoPro マウントすべてに対応します。すでに多数のマウントを所持している場合は、新たに買い揃える必要はありません。

撮影してみましょう!

本体単体でも撮影できてしまうのですが、今回はiPhoneのGoProアプリを使用して撮影してみます。

GoPro HERO4 は「最高の使いやすさ」とのコンセプトで、本体に備えるボタンはひとつだけ。一度押せば電源が入り、もう一度押せば撮影開始、さらに押すと撮影を停止し、電源をオフにします。
非常にシンプルで簡単ですが、その分細かい機能の設定などは本体だけでは出来ません。
別売りのリモコン「Smart Remote」があれば操作できるのですが、今回は専用のスマートフォンアプリを使用してみます。

1.BluetoothでスマホとGoProを接続

2.アプリ内でWi-fiの初期設定

3.スマホとGoProをWi-fi接続

※Bluetoothはカメラの初期セットアップにのみ使用します。アプリを使用しての撮影はWi-fi接続が必要です。

1. BluetoothでスマホとGoProを接続

まずはAppStore、GooglePlayからGoProアプリをダウンロードします。

起動すると次のような画面が表示されます。「CONNECT YOUR CAMERA」をタップしてセットアップを進めましょう。

製品を選択します。

アプリで接続可能なモデルが一覧で表示されるのでHERO4 Sessionを選択します。

2. アプリ内でWi-fiの初期設定

画面の表示に従って進んでいくとBluetoothのペアリングのための画面が表示されます。
ペアリングのためのコードはGoPro本体の液晶部に表示されているのでそれを入力します。


この後、Wi-fiのセットアップ画面が表示されます。Wi-fi名と接続用のパスワードを聞かれますので入力しましょう。

3.スマホとGoProをWi-fi接続

Bluetooth接続は、Wi-fiの初期設定のためだけに使用されます。
アプリで撮影するにはWi-fi接続になります。

スマホのWi-fi接続画面を開き、GoPro本体と接続します。

SSIDとパスワードは先ほど設定したものを使用します。

これで接続完了!さっそく撮影してみます

アプリの画面に、カメラの映像のリアルタイムプレビュー画面が表示されます。

解像度はそんなに細かくないですが、タイムラグはほとんど感じません。
ストレスなく使えるレベルです。シャッターもこちらのアプリからきることも可能です。

録画品質の設定もこちらのアプリからできます。
HERO4 Sessionは本体の小型化のために必要最低限のボタンや液晶以外は排除していますので、詳細な設定にはアプリが必要不可欠です。

まとめ

軽く小さいので揺れにくい!! これがsession最大の長所だと個人的に思います。

例えばジョーズフレックスマウントに接続した場合、アームを伸ばした場合の揺れ具合がかなり安定しています。先端に重量物を付けるので、 HERO4 Session 本体自体の軽さが効いてきます。

ハウジングと一体になったHEROでも111gなのに対し、HERO4 Session は74gしか有りません。この軽さ実現の為に機能もある程度絞られましたが、それを差し引いても価値の有る軽さです。

GoProは手振れ補正が搭載されていないので、揺れにくいモデルを選ぶのは重要だなぁと感じました。

GoPro(ゴープロ) HERO Session CHDHS102JP2

新品価格
¥28,780から
(2019/4/28 12:11時点)


GoPro ゴープロ ARMTE-002-AS [スマートリモート]カメラと Smart Remote をペアリングする方法

 

■ Wi-Fiリモートのペアリング方法

1、事前にカメラのファームウェアをアップデートします。
アップデート方法については以下ページをご覧下さい。
http://tajima-motor.com/gopro/manual/

2、カメラ前面のボタンを押し、カメラの電源を入れます。

3、側面にあるWi-Fiボタンを長押しし、Wi-Fiをオンにします。オンにすると、カメラ前面の液晶右下部にWi-Fiアイコン()が表示され、
前面のランプ(上側)が青く点滅します。
 

4、Wi-Fiボタンを短く押し、Wi-Fiメニュー画面を表示させ、本体上面の[シャッター/選択] ボタンを押し、Wi-Fi接続メニューに入ります。

5、本体前面の[電源/メニュー] ボタンを使い、「WiFi RC」を選択し、[シャッター/選択] ボタンを押します。


6、本体前面の[電源/メニュー] ボタンを使い、「NEW」を選択し、[シャッター/選択] ボタンを押します。

7、Wi-Fi接続のアニメーションが表示され、カメラ側がWi-Fiリモートを探索中であることが示されます。

8、Wi-Fiリモートの電源がOFFであることを確認してから、リモートの [シャッター/選択] ボタンを押したまま、[電源/メニュー] ボタンを
短く押し、 [電源/メニュー] ボタンを放します。Wi-Fiリモートの電源が入ります。このとき、[シャッター/選択] ボタンは押したままに
して下さい。

9、Wi-Fiリモート側の液晶画面にWi-Fi接続のアニメーションが表示されている事を確認し、[シャッター/選択] ボタンを放します。

10、カメラとWi-Fiリモートが接続されると、カメラとWi-Fiリモートの両方の液晶に次の画面が表示されます。1台のカメラのみ操作する場合は、「NO」を選択し、[シャッター/選択] ボタンを押します。複数台のカメラを操作する場合は「YES」を選択して[シャッター/選択] ボタンを押します。このあと、カメラ側では上記操作手順の1-7の操作をしてください。



11、接続が完了すると、カメラとWi-Fiリモートの両方の液晶に次の画面が表示されたあとに通常時と同様の画面が表示されます。以上でペアリングは完了です。



<カメラ側の液晶>


<リモート側の液晶>


<ペアリング後の液晶画面>

 

HERO7 Black

1. モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2. LCD スクリーンを下にスワイプして「ユーザー設定」を表示してタップします。
3.「接続」をタップして、「デバイスの接続」を選択します。
4.「Smart Remote」まで下にスクロールし、選択します。
5. リモコンをペアリング モードにします。 

 

 

HERO6 Black / HERO5 Black

1. モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2. LCD スクリーンを下にスワイプして「接続」を表示し、「接続」をタップします。
3.「新デバイスの接続」をタップして、「Smart Remote」を選択します。
4. リモコンをペアリング モードにします。

Fusion

1.モード ボタンを押して、カメラの電源をオンにします。
2.「Settings」(設定) アイコン (レンチ) が表示されるまで、モード ボタンを繰り返し押し、カメラ前面のシャッター ボタンを押して「Settings」(設定) を表示します。
3.シャッター ボタンを 3 回押すと、「Connection settings」(接続設定) が表示されます。
4.モード ボタンを繰り返し押して、「Connect」(接続) を強調表示し、シャッター ボタンを押して選択します。
5.モード ボタンを繰り返し押して、「SMRTRC」を強調表示し、シャッター ボタンを押して選択します。
6.リモコンをペアリング モードにします。


HERO5 Session

1. カメラで、メニュー ボタンを押してステータス画面をオンにします。
2.メニュー ボタンを繰り返し押して「Connection Settings」(接続設定) まで移動し、シャッター ボタンを押して選択します。
3.メニュー ボタンを押して、「Connect New Device」(新デバイスの接続) まで移動し、シャッター ボタンを押して選択します。
4.シャッター ボタンを押して「GoPro RC」を表示します。
5.メニュー ボタンを押してチェック マークまで移動し、シャッター ボタンを押して選択を確定します。カメラでペアリングが自動的に開始されます。
6.リモコンをペアリング モードにします。


HERO4

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

パート1 – HERO4カメラをペアリングモードにする

1. HERO4カメラをオンにします。
2. 「SETUP」メニュー移動して開き、カメラ上部のシャッターボタンを押して「WIRELESS」メニューを開きます。
3. 「Wi-Fi」メニューで、「REM CTRL」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、シャッターボタンを押して選択します。
4. 「Existing」、「New」、「Back」の選択肢が表示された場合は、「New」を選択します。
5. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
6. カメラを一旦置いて、リモコンを手に取ります。

第2部 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。これでリモートは、ペアリングモードになりました。

パート3 – RemoteとHERO4カメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモコンの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。通常、1分以内に、カメラとリモコンのペアリングが完了します。
2. リモートに別の端末とペアリングするかの確認が表示される場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示してから赤いボタンを押してそれを選択します。代わりに、ペアリング画面(矢印)と接続されたカメラの数(通常は「1」)が表示されます。リモートの赤いシャッターボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモコンにカメラ前面のLCD画面の内容がミラーリングされ、ペアリングが成功したことがわかります。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを「新しい」リモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「REM CTRL > New」を選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。
 
Session カメラ

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

パート1 – Session カメラをペアリングモードにする

1. 以下のオプションからひとつ選択します。 

これまでにカメラとリモートをペアリングしたことがない場合: 

a. Info/Wireless ボタンを1回押してスクリーンの電源をオンにします。 
b.「APP & RC」または「RC」と表示されるまでワイヤレスボタンを押します。
c.上部のシャッターボタンを押して選択します。 

過去にこのカメラをリモートとペアリングしたことがある場合:

a. Info/Wirelessボタンを1回押してスクリーンの電源をオンにします。
b.「ADD NEW」と表示されるまでInfo/Wirelessボタンを押し、上部のシャッターボタンでこのオプションを選択します。
c.Info/Wirelessボタンを押して「RC」を反転表示させ、上部のシャッターボタンでこのオプションを選択します。

2. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間、ペアリングモードになることがわかります。
3. カメラを一旦置いて、リモートを取ります。

第2部 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオン にします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンの Setting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

パート3 – リモートとHERO4 Sessionのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモートの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。通常、1 分以内にカメラとリモートのペアリングが完了します。
2. リモートに別のカメラとペアリングするかの確認が表示される場合は、モード ボタンを押して「No」(いいえ) を反転表示してから赤いボタンを押して選択を確定します。代わりに、ペアリング画面 (矢印) と接続されたカメラの数 (通常は「1」) が表示される場合もあります。リモコンの赤いシャッター ボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモートにカメラの撮影設定と録画モードが表示され、ペアリングが成功したことがわかります。



HERO+ および HERO+ LCD

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

パート1 – カメラをペアリングモードに備えて用意します

1. カメラの電源をオンにします。
2. 「SETUP」メニューを開き、カメラ上部のシャッターボタンを押して「WIRELESS」メニューを開きます。
3. Wi-Fiメニューで、「 REM CTRL 」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、シャッターボタンを押して選択します。
4. 「Existing」、「New」、「Back」の選択肢が表示された場合は、「 New」を選択します。
5. 次のスクリーンで、カメラは以後3分間ペアリングモードになることがわかります。
6. カメラを一旦置いて、リモートを取ります。

第2部 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオン にします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンの Setting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

パート3 – Remoteとカメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとリモートの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはペアリングされます。
2. リモートに別の端末とペアリングするかの確認が表示される場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示してから赤いボタンを押してそれを選択します。 代わりに、ペアリング画面(矢印)と接続されたカメラの数(通常は「1」)が表示されます。 リモコンの赤いシャッターボタンを押して、ペアリング手順を完了します。
3. リモートにカメラ前面のLCD画面の内容がミラーリングされ、ペアリングが成功したことがわかります。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを「新しい」リモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「REM CTRL > New」を選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。

 
HERO3/3+

開始前に、カメラとリモートが十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

第1部 – HERO3+カメラをペアリング可能にする

1. HERO3 +カメラの電源をオンにします。 
2. カメラのレンズに向かって左側のWi-Fiボタンを押します。数秒おきに青いLEDが点滅し、カメラのWi-Fiが起動されていることを示します。 
3. Wi-Fiボタンをもう一度押して、カメラ前面LCD画面のWi-Fiメニューを表示します。 
4. Wi-Fiメニューで「Wi-Fi RC」が反転表示されるまで、カメラの前面のボタンを押し、上部のシャッターボタンで選択します。 
6. 次の画面で「New」を反転表示させて選択します。 
7.  「Detach current remote?(現在のリモートを切り離しますか?)」と表示されたら、「Yes(はい)」を選択します。その後、カメラ画面にお互いの方向に移動する2つの矢印が表示されます。これは、カメラがペアリングモードにあることを示します。ご注意 – 画面上の二つの矢印が互いに向かい合って動いている場合のみ、カメラはペアリングモードになっています。

第2部 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオン にします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンの Setting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

第3部 – Wi-Fi RemoteとHERO3+カメラのペアリングを完了する

1. この時点で、カメラとRemoteの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはそれぞれチェックボックスを画面に表示します。
2. リモートが別の端末とペアリングするかたずねてきた場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示させ、次に赤いボタンを押して選択します。
3. カメラがチェックボックスを表示した後、リモートが Wi-Fi 信号を発したら、リモートの赤いボタンを押してください。リモートの LCD画面がカメラの前部の LCD画面を映し出し、ペアリングが成功したことを示します。

トラブルシューティング

リモートとカメラを接続できない場合は、次の手順を試してください。

  1. リモートを新しいリモートとしてカメラにペアリングします(例:カメラのWi-Fiメニューで「Wi-Fi RC > New」と選択)。
  2. ペアリングがうまくいかない場合は、スマートフォン/タブレットでカメラのWi-Fiネットワークに接続してみます。最初にカメラのWi-Fiメニューで「GoPro App」モードに切り替える必要があります。

HD HERO 2

開始前に、カメラ、リモート、BacPacはすべて十分に充電され、電源がオフ状態であることを確認してください。

パート 1 – Wi-Fi BacPac をペアーリングに備えてください。

1. Wi-Fi BacPacおよびHD HERO2が接続されていない状態で、電源をオンにします。その後、接続します。
2. BacPac側面の電源ボタンを押して、カメラ前面のLCD画面にWi-Fiメニューを表示します。注 – Wi-Fiメニューを表示するもう1つの方法は、カメラの電源およびシャッターボタンを使ってカメラの設定メニューでそれを見つけることです。設定メニューは、レンチのアイコンで示され、Wi-Fiメニューはワイヤレス信号アイコンで示されていることを覚えておいてください。
3. 「Wi-Fi」メニューで、「Wi-Fi RC」が反転表示されるまで、カメラの前部にあるボタンを押し、上部のシャッターボタンを押して選択します。
4. 続いて「New」を反転表示して選択します。
5. 「Detach current remote?(現在のリモートを切り離しますか?)」と表示されたら、「Yes」を反転表示させて選択します。その後、カメラの画面上で、二つの矢印が相互に近づいているのが見えます。これはカメラがペアリングモードであることを意味します。

カメラがペアリングモードにある間に、リモートをペアリングモードにして、お互いを見つけられるようにする必要があります。ご注意 – カメラがペアリングモードになっているのは、お互いの方向に移動する2つの矢印がスクリーンに表示されている間だけです。

第2部 – Remoteのペア化手順

1. 電源/モードボタンでSmart Remoteの電源をオンにします。
2. Smart Remoteに放射線状のWi-Fiのシンボルが表示されたら、リモコンの Setting/Tag(設定/タグ)ボタン(レンチのアイコン)を長押しします。 リモコンには、互いに接近する向かい合わせの2本の矢印が表示されます。 この時点で、リモコンのSetting/Tag(設定/タグ)ボタンから手を放しても構いません。 これでリモートは、ペアリングモードになりました。

パート 3 – リモートと Wi-Fi BacPac + HD HERO2カメラのペアリングを終了します。

1. この時点で、カメラとRemoteの両方に、互いに接近する向かい合った矢印が表示されているはずです。 1分以内に、カメラとリモートはそれぞれチェックボックスを画面に表示します。
2. リモートが別の端末とペアリングするかたずねてきた場合は、モードボタンを押して 「No」を反転表示させ、次に赤いボタンを押して選択します。
3. カメラがチェックボックスを表示した後、リモートが Wi-Fi 信号を発したら、リモートの赤いボタンを押してください。リモートの LCD画面がカメラの前部の LCD画面を映し出し、ペアリングが成功したことを示します。

イヤホンヘッドホンをBluetoothでワイヤレス接続する方法。

 

実際のBluetooth接続の手順

手順1:プレイヤー側(送信側)のBluetoothをONにしておく。

手順2:イヤホン側(受信側)の電源を入れてペアリングモードにする。

手順3:プレイヤー側(送信側)でイヤホン側(受信側)の機種を選択する。

 

 

手順1:

プレイヤー側(送信側)のBluetoothをONにしておく。

iPhoneの場合

※以下の画像は、僕のiPhoneのスクショです。

 

 (1)設定を開く。

0

先ずは設定画面を開きます。画像ではBluetoothが【オフ】になっています。ここをタップ!

 

 

(2)設定のBluetoothをタップする。

1

Bluetoothのオンオフ切り替えボタンです。白色が【オフ】の状態です!

 

 

(3)Bluetoothをオンに切り替える。

2

タップしてBluetoothを【オン】!緑色になります!接続準備完了です!

※僕はiPhone6Sを使っています!バージョンによって見た目が少し違うかもしれません!

 

 

手順2:

イヤホン側(受信側)の電源を入れてペアリングモードにする。

ペアリング、すなわち、接続モードです!この工程が躓きがちですね。電源を入れて終わり、では無いんです。ほとんどの機器の場合、電源OFF時から電源ボタンを長押しして、ランプが赤と青の交差点滅になるまで長押しすることで、ペアリングモードになることが多いです。ランプがなかったり、電源スイッチではなく再生停止のボタンであったりといろいろありますが、大体が電源OFF時からの長押しです!

 

手順3:

プレイヤー側(送信側)でイヤホン側(受信側)の機種を選択する。

iPhoneの場合

 

(1)ペアリングしたい機器を探す。

イヤホン・ヘッドホンをペアリング状態にしたら、もう一度プレイヤー側の設定画面を確認!ペアリング状態の機器の名前が検索されます!

 

(2)機器の名前をタップする。

ワイヤレス完全イヤホンWF-SP900  Bluetooth機能をオン/オフと状態の確認法

2018年10月27日発売のワイヤレスステレオヘッドセット「 WF-SP900 」レビューをお届けいたします!

スポーツ用としての完全ワイヤレス イヤホンとして登場の WF-SP900 。しっかりとした装着感とスリムな筐体

WF-SP900は防水・メモリー搭載のアクティブなワイヤレスイヤホンとして、スマートフォン等とのBluetooth接続に加えて、音楽再生プレーヤーなしでも内蔵メモリー(4GB)により音楽再生が可能となっています。

Bluetooth機能をオン/オフする

  1. プレーヤーの電源がオンの状態でボタン()を2秒長押しして、Bluetooth機能をオンにする。

    ランプ()がゆっくり点滅して、Bluetoothオーディオ機器を検索します。最後に接続したBluetoothオーディオ機器と自動的に接続され、ランプ()が5秒間点滅します。

    プレーヤーを両耳に装着している場合は、ランプ()は点滅せず音声ガイダンスが聞こえます。

Bluetooth機能をオフにするには

再度ボタン()を2秒長押しします。ランプ()の色が変わり、5秒おきのゆっくりした点滅に変わります。

プレーヤーを両耳に装着している場合は、ランプ()は点滅せず音声ガイダンスが聞こえます。

プレーヤーの状態をランプで確認する

プレーヤーを耳に装着していないときは、プレーヤーの状態をランプで確認できます。

Bluetooth機能オフの場合

ランプ()は、色や点滅パターンによってプレーヤーと充電池の状態を表します。

充電中

プレーヤーを同梱の充電ケースに取り付けると、プレーヤーは自動的に充電ケースから充電されます。ランプ()が赤色に点灯します。充電が完了すると、ランプ()は消灯します。

周囲の温度が5 ℃~35 ℃以外の環境で充電しているときは、ランプ()が赤色に2回ずつ点滅し続けます。

充電ケースからプレーヤーを取り出した場合(電源オン)

プレーヤーのデータベースを構築中です。ランプ()がオレンジ色に点滅します。

電源がオンになり、ランプ()が緑色に2回点滅します。

電池残量が少なくなっています。ランプ()が上記のように緑色に2回点滅したあと、赤色に15秒間点滅します。

電池残量がない場合

電池残量がありません。12秒後に電源が切れます。

プレーヤーを充電ケースから取り出したまま、音楽再生をしない状態で5分経過した場合(電源オフ)

ランプ()が緑色に2秒点灯したあと、プレーヤーの電源が切れます。

プレーヤーをパソコンに接続した場合

パソコンからプレーヤーにUSB経由でデータ転送中、または音楽を転送後のデータベース構築中です。ランプ()がオレンジ色に点滅します。プレーヤーと充電ケースを、パソコンから取り外さないでください。

プレーヤーのソフトウェアアップデートをしています。

プレーヤーのソフトウェアアップデートに失敗しました。ランプ()が赤色に点滅します。アップデートを再試行してください。

プレーヤーを左耳のみ、または両耳に装着すると「Please update the software」と音声ガイダンスが流れます。

Bluetooth機能オンの場合

ランプ()の色や点滅速度によってBluetooth接続状態を表します。Bluetooth機能関連は、ランプ()のみ青色(電池残量が少ない場合は赤色)に光って状態を表します。

機器登録(ペアリング)

Bluetoothオーディオ機器と機器登録(ペアリング)しています。

接続待機中

接続待機中(電池残量が少ない場合)

スマートフォンとの接続完了

5秒後にランプ()が消灯します。

着信中

Bluetooth接続したスマートフォンに着信中

Bose Connectアプリで低音の調整を設定する方法

 

 

Bose Connectアプリを使用すると、スピーカーの低音レベルを調整できます。

 

アプリをインストールして、スピーカーがお使いの機器と接続されたら、右上にある歯車アイコン(設定)をタップします

 
 
 

「Settings」(設定)メニューで、「Bass」(低域)を選択します 

番号の下にあるダイアルを左右にスクロールして低音レベルを調整します。低音レベルは、0が最も高く(デフォルト)、-8が最も低くなります

トレーニングに最適なワイヤレスイヤホン「SE-E6BT」

Pioneer SE-E6BT

 

快適な装着感で、運動中も外れにくいイヤーフック

 

柔らかいエラストマー素材をイヤーフックに採用し、快適な装着感が実現されています。

また、フックの取り付け角度を耳穴側に倒したことにより、ホールド感が高まり様々な運動をしながら快適に音楽を楽しめるとのこと!

 

装着感を高めるコードアジャスターも付属している他、丈夫さと絡みにくさを両立した2.0mmの極太コードが採用されているため、激しい運動をするときにも快適です!

スポーツに最適な防水性能&再生時間

汗にも強い防水保護等級IPX4の防沫仕様なので、運動中の汗や、野外での急な雨などを気にせず使用できます!

 

1.5時間の充電で最大6時間のワイヤレス再生が可能。

運動中だけでなく通勤・通学などでも充電切れの心配なく使用できます

 

音量調整、楽曲操作、スマートフォンの通話が、運動中でも簡単に操作可能なコントロールBOX搭載

 

耳元のコントロールBOXに、3つの操作ボタンと通話用マイクが装備されており、ボリュームのアップダウンやトラック送り、着信やハンズフリー通話、SiriやGoogleアシスタントといった音声アシスタント機能の起動などの操作を、指先だけで簡単に行うことができます。

 

 

 

コンパクトながら豊かな高音質を実現

 

音の解像度を高め、クリアな中高域と重圧でパワフルな低音を再生する「強磁力希土類マグネット」を採用。

高感度8mmドライバーを搭載し、バランスに優れた高音質サウンドを再生してくれるとのことです!

ポケットサイズ「Palm Phone」レビュー!スマホが小型かつ使いやすいデザイン

4月24日発売の「Palm Phone」のファースト・インプレッションをお届けします。Palmブランドを冠するこのスマホは手のひらに収まる超小型サイズが特徴。日本ではFOXが正規代理店として取り扱い、+StyleやAmazon.co.jp、家電量販店などで販売されます。価格は4万4800円(税込)です。

1.スペック

Palm Phone
OSは最新のAndroid 9.0ではありませんが、Android 8.0とまずまずの新しさです。CPUはSnapdragon 435なので、2019年の今、エントリークラスと考えていい性能になると思います。ただ、この製品のサイズを考慮すると、あまり激しいゲームなんかには向かないと思いますので、このくらいのCPU性能で、ある意味ちょうどいいのかもしれません。RAMは3GB、ストレージは32GBと、エントリークラスのCPUをあわせて考えれば十分な容量になっていると思います。ただし、この製品はmicroSDカードなどの外部ストレージがありませんので、写真の保存などではGoogleフォトとかOneDriveなどのクラウドストレージをうまく活用する必要があるでしょう。

ディスプレイは3.3インチで解像度はHD(1,280 × 720)です。最新スマホでは一般的になっている縦長タイプでもなければノッチもありません。「普通」というかもはやちょっと古くさいアスペクト比と言えるかもしれません。なお、3.3インチというサイズはJelly Pro(2.45インチ)とAtom(Jelly Proの高性能版)を除けばこれまでウインタブが紹介してきたAndroidスマホの中では最小サイズだと思います。

カメラはイン8MP/アウト12MPですから、エントリークラスとしては悪くないものの、メインスマホとして考えると少し厳しい画素数かもしれません。ちょっと前ならこの画素数でも全然OKだったんですけど、最近はAndroidスマホのカメラ性能が著しく向上していますからね。

規代理店として取り扱い、+StyleやAmazon.co.jp、家電量販店などで販売されます。価格は4万4800円(税込)です。

 

181222_palmreview_06

Palmは小さいだけでなく、作りも驚くほどしっかりしています。

ほぼどこにでもしまえる小さい携帯なのに、この堅実な作りは賞賛せざるを得ません。ポケットに入れれば完全に隠れてしまうし、どんなに小さいクラッチバッグにでも問題なく入り込めるでしょう。なんならジーンズのコインポケットにも入れられるし、やろうと思えば靴下の中でもいけます。そんなサイズなので、手に取ると、他のどんなスマートフォンよりも小さいと感じるでしょう。

また、Palmのスクリーンは非常に明るく、私たちの露出計では808nitsを記録しています。これは私が過去18ヶ月の間にテストした携帯の中でもっとも高い数字です。さらに2オンス弱という軽さなのに、IP68防水規格なので、ちょっとした水たまりなどに落としても問題ありません。

良くない点

次に良くない点ですが、最近の多くの携帯がそうであるように、ヘッドホンジャックやmicroSDカードスロットがありません。しかし、その小ささゆえ、それらを入れるスペースがなかったという言い訳は通るでしょう。ワイヤレス充電がないことも同様ですが、完全にワイアレスな携帯であったら非常に素晴らしかっただろうと思います。

カメラに関してですが、Palmには12MPの背面カメラに、8MPのフロントカメラが付いています。明るい環境なら使えなくはないですが、予想通り、Pixel 3と同クオリティというわけにはいきません。しかし、350ドルという破格の値段なので、あまり気にはしません。とはいえ、暗いところでは他よりかなり苦戦します。

 

バッテリー性能にも難点

800mAhしか搭載がなく、「欠陥だ」と述べているレビューも見かけます。このレビューでは、写真を撮りながら2時間使っただけで40%もバッテリーが減ったと言っています(WiFiも電話もせずに)。ゲームを20分プレイしたら20%減るとも。まぁこのサイズでゲームするのかよという指摘もあるでしょうが、それだけ「使ったらガツンと減る」イメージなんでしょう。