オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートホン

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー!お手頃の価格と使いやすいデザイン性

更新日:

 

 

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Go」。実機を簡易レビュー!10点タッチ式の大画面液晶・着脱可能な3010mAh大容量電池・「美人」自撮りカメラなど魅力満載

主な仕様

ASUS ZenFone Goの主な仕様を同じASUSの2機種とともにまとめました。

ZenFoneシリーズの5.5インチのラインナップの中では一番軽量で、価格が安いです。本体カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色から選べます。

本体背面。音量ボタンがあります
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

上部に電源ボタンとイヤフォンジャック。
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

USB充電口は本体下部です
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

正面。5.5インチと本体は大きめですが背面がカーブが掛かっていて手に馴染みやすい設計になってます。

 

動作は予想以上に軽快。ZenUI等もMax同様細部が詰められて使い勝手が向上した印象。

これはまだ初日なので確信があるわけでは無いのですが、Maxを使い始めた時と同じ印象を受けました。例えばバッテリー管理、省電力など。今回のGoも日本の4G/LTEに対応させる等々独自仕様になっていますが、UI部分も細かい部分が見直されているのではないか、と思います。

Maxでは設定項目の「スクリーンショット」が増え、スクリーンショット音のONとOFFの切り替えが出来ました。

今回のGoでは同様に「スクリーンショット」の項目はありますが、中に音のONとOFFの切り替えはありません。ただ、前回ZenBlogさんに教えて頂いたのですが、最近は音量を0にすれば勝手に音もなくなるそう。

今回も音量を0(バイブのみ)の状態にしておけばスクリーンショット音はしません。ということは、Maxで敢えてONとOFFを作ったのは、何だったのか少々気になるところではあります。

「ZenFone Go」の液晶は10点マルチタッチ式!

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

「ZenFone Go」の液晶画面はは10点マルチタッチ対応

次にAnTuTuベンチマークアプリのマルチタッチテストで液晶をテストしてみました。

すると、「ZenFone Go」では同時に10本の指を感知し、「10点マルチタッチ式」のタッチパネルを使用していることが分かりました。

アンダー2万円のスマホでは「5点」や「2点」などタッチパネルのコストを削減しているスマホも多いので、これは嬉しいポイントです。

「ZenFone Go」のベンチマークスコアは?

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

AnTuTuベンチマークアプリによる「ZenFone Go」のスコア

最後に気になるのが「ZenFone Go」の端末性能。

性能を点数化する「AnTuTuベンチマークアプリ」でテストしたところ、結果は「19561点」とあまり芳しくはありませんでした。

ただ、実機の操作感はサクサクしていて悪くないので、LINEやネットをするくらいの使用目的であれば十分に使えるスマホだと思います。

 

バッテリー駆動時間のチェック

ZenFone Goのバッテリ―駆動時間をチェックしました。

なお、バッテリー容量は約3010mAh(メーカー公表値)です。

「バッテリーHD」によるバッテリー駆動時間の目安は次の通りでした。駆動時間は普通です。

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
アプリ「バッテリーHD」による駆動時間の目安

 

100%充電後にスリープ状態で放置し、約20時間経過後のバッテリー残量は96%でした。スリープ時の消費電力はやや少なめです。

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
スリープ時のバッテリー消費をBattery Mixで計測

5.5インチの大きさに抵抗がなければ初めてのSIMフリーにピッタリかも

3Dのベンチマークスコアが結構低いのと液晶画質がHD止まりなのがが気になりました。大画面を活かせる場面と言ったらゲーム系や動画視聴なんかになると私は思うのですが。

とは言え普通に使う分には全く問題ありません。ネックになりそうなサイズ感も5.5インチの大画面スマホにしては持ちやすいです。カーブデザインが功を奏してるのかな。

LTEの対応周波数も守備範囲が広く、海外向けの周波数も多く対応してるので旅行とかで使うのに重宝しそう。もちろん国内も優秀。これで2万円台で買えるのであれば文句無し。

ZenfoneシリーズはSIMフリースマホの大本命と言われ続けていますが今回のZenfone Goもその期待を裏切らない出来です。機能的にも価格的にも初めてのSIMフリースマホとしてオススメできます。

 

 

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ホワイト ZB551KL-WH16

新品価格
¥14,500から
(2018/10/21 18:57時点)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go レッド ZB551KL-RD16

中古価格
¥11,300から
(2018/10/21 18:57時点)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ピンク ZB551KL-PK16

新品価格
¥16,980から
(2018/10/21 18:58時点)

-スマートホン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.