オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートウォッチ

Asus の三代目スマートウォッチ ZenWatch 3

更新日:

ZenWatch 3

シリーズ第三世代のスマートウォッチ。デザインは一新されて丸型の筐体となり、性能や機能も色々と進化が見られる内容となっています

外観

カタログ上のサイズは直径45mm。一般的な腕時計と比較するとちょっと大きいかなくらいです。
ラインドフェイスデザインでバランスもよく高級感のあるデザインです。

ベゼルの太さは4mm(うち半分2mm部分で角度を付けています)、液晶画面自体は直径34mmをほぼフルに使えます。
円形による中に表示される通知等の文字の見にくさは若干ありますが、腕時計と考えれば非常に綺麗なバランスかな、と行った感じです。

ZenWatch 3

ベルトは専用設計。ここはちょっと残念です。
その分、一体感は◎です。

iPhoneとペアリングしてみました

iPhoneでも、Android WearのアプリをインストールすることによりZenWatch3とペアリングが可能です。

ただし、Android Wearのアプリを常時バックグラウンドで起動したままにしておかなければいけません。
ウォッチフェイスの種類もあまり多くないです。連携できるアプリもありません。
なのでiPhoneと連携させて使う場合は、基本的には通知を見るくらいという勿体無い使い方になってしまいます。

ただし、音楽の再生や停止を手元で出来るのは便利ですよ。
私はiPhoneでBluetoothイヤホンを使って音楽を聴く事が多いですが、手元でZenWatchを使って曲を進めたり出来ます。これは便利ですよ。

Androidスマホで使ってみる

当然ですが、こちらがやはり正解です。

ウォッチフェイスはたくさんの種類から選べますし、さらに有料のウォッチフェイスもあります。そして使えるアプリも、Google KeepやGoogle Map、Skypeなど様々です。

 

Google Mapから地図の確認が可能

現在地の確認や周辺のスポットの参照ができるGoogle Mapアプリ。
わざわざスマホを出さなくても地図の確認ができるので、方向音痴な私にとっては大変便利です。

細かくて少々見づらいですが・・・。

 

Google Fitとの連携

iPhoneでは標準のヘルスケアアプリとは連携できませんでしたが、AndroidならGoogle Fitのアプリと連携し、運動量などを計測することができます。この辺の機能が使えないとなると、やはりiPhoneユーザーにはお勧め出来ないですね。

バッテリー持ち

ZenWatch 3バッテリー持ちは1日使用したら充電と行った感じです。2日間は絶対に持ちません。
この辺はもうちょっと欲しい所ですね。就寝前に充電を忘れてしまうとアウトです。

そんな感じなので、心配性の私は結局、普段常に充電ケーブルを持ち歩くスタイルになってしまいます。

通知の振動が弱い

Android Wearのスマートウォッチって大概そうですが、ZenWatch 3もやはり弱いです・・・。
私の場合、動いているときは結構気がつかないことも多いですね。
この辺はもうちょっと改善してもらいたい所です。

まとめ

やはりAndroid Wear端末は、Androidスマホで使った方が断然良かったです。

といいますか、iPhoneでは出来ることが、ごく限られてしまいますので勿体無いです。
デザインもスマートウォッチらしからぬ高級感あふれるデザインで、スーツ姿でも違和感ありません。
お値段はちょっと張りますが、予算のある方にはお勧めのモデルです。

【送料無料】ASUS WI503Q-LGR04 シルバー/グレーベージュ ZenWatch 3 [スマートウォッチ 1.39インチモデル]

価格:29,800円
(2018/11/5 10:52時点)
感想(1件)

ASUS ZenWatch 3 ガンメタル/ブラウン WI503Q-RBR04

新品価格
¥42,250から
(2018/11/5 10:53時点)

ヤフオクはこちらから!!

-スマートウォッチ
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.