オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ヘッドホン

AstroのA40 TRとMix Amp Pro TR レビュー!! PS4を5.1ch (サラウンド) で!

更新日:

2008年のデビュー以来、私はオリジナルのAstro A40ゲームヘッドセットを所有し続けていました。それ以来多くの競争相手を試してきましたが、一部の人は印象づけはしましたが、元のA40s 。

USB接続でボイスチャット 光デジタルでゲームサウンド

PS4純正のヘッドセットと例外以外、基本的にはUSB接続での5.1chまたは7.1chのサラウンドサウンドを利用することのできないPS4。実は光デジタル接続であれば可能です。

Astro『MixAmp Pro TR for PS4』は、「ドルビーデジタル5.1」に対応。そしてPS4との接続方法には2本の線を利用します。1本は本体のUSBマイクロB端子とPS4のUSBを接続。もう1本は本体とPS4の光デジタル端子を光デジタルケーブルにて繋ぎます。

本体反対側には、ヘッドセットの3.5mm4極ステレオミニプラグを接続。PS4とヘッドセットの間に『MixAmp Pro TR for PS4』を挟む形です。

使っているヘッドセットがもし2本の線に分かれているタイプのものであれば「変換コネクタ」を利用して線を1本にまとめます。

わざわざ線を2本に分けている理由は、ゲームサウンドは光デジタル経由で、ボイスチャットはUSB経由で分けて音声をもらっているからです。これにより、PS4やPS4 Proであっても5.1chサラウンドサウンドが可能となるのです。

しかも、利用するヘッドセットが5.1chまたは7.1chのサラウンドサウンドに対応していなくても5.1chサラウンドサウンドになります。PS4ゲームのサウンドが、音だけで敵の位置を感知できるようになり索敵が早くなるのです。

PS4 Slimの場合HDMIスプリッターが必要になる可能性

PS4でも、ステレオヘッドセットでも5.1chバーチャルサラウンドサウンドを可能にするAstro『MixAmp Pro TR for PS4』ですが、悲しいことに全てのPS4で利用できるわけではありません。

PS4 ProとPS4の古い型「CUH-1000」シリーズと「CUH-1200」シリーズには光デジタル端子が搭載されているので、そのほかに機器を購入する必要はありません。ヘッドセットと光デジタルケーブルとUSBケーブルがあれば問題ありません。

PS4の新モデル「CUH-2000」シリーズ以降の場合、光デジタル端子がないので、そのほかの機器の力を借りる必要があります。

少し難しい内容になりますが、PS4 SlimとHDMIケーブルにてテレビまたはホームシアターとつないでいるかと思いますが、光パススルーをサポートしている機種であれば、テレビまたはホームシアターの光デジタル端子とAstro『MixAmp Pro TR for PS4』を接続して設定をすれば、PS4 Slimであっても5.1chバーチャルサラウンドサウンドが可能になります。

光パススルーをサポートしていないテレビまたはホームシアターの場合は、別に「HDMIスプリッター」を購入する必要があります。「HDMIスプリッター」とは、1本のHDMIを複数に分配することのできる機器ですが、中には光デジタルに分配するものもあります。

「HDMIスプリッター」をテレビとPS4 Slimの間に挟み、HDMIケーブルでつなぎ、「HDMIスプリッター」と『MixAmp Pro TR for PS4』を光デジタルケーブルで繋ぐ形です。これにより5.1chバーチャルサラウンドサウンドが可能になるとのことです。

『Astro』は6種類の「HDMIスプリッター」を試したそうですが、全て5.1chバーチャルサラウンドサウンドに変換できたことを公表しています。変換できない機器もあると思いますので、『Astro』が公表する「HDMIスプリッター」の購入をお勧めします。価格はそれぞれ2,000〜4,000円程度。

とにかく今までではない。AstroのA40ヘッドセット、MixAmp Pro TRを搭載したA40 TRの最新の改訂版は、ほとんどすべてが幻想的で、非常に合理的な250ドルの価格で動作します。一言で言えば、アストロはついにXbox Oneの残念なことにA40の形で彼らの最後のゴールラウンドであまりにもつまずきを取ってしまった後、ついにそれ打ちのめした。

新しいA40ヘッドセットは、その前身を悩ましたオーディオの不具合を解決しました。ドルビーヘッドフォン対応の缶と組み込みのXbox Liveチャットヘッドセットの両方で、オーディオは常にクリスタルクリアになっています。ドロップは過去のことであり、ヘッドセットはコンソールコントローラに差し込んで擬似無線で使用することもできます。そうするときには、サウンドにはちょっとしたヒットがありますが、品質の面ではそうではありません。サウンドはクリアなままですが、MixAmp Pro TRを処理せずにサラウンドオーディオが得られないため、位置のニュアンスが失われます。代わりに、ステレオサウンドが得られます。明確で可聴的な違いがあります

このように、MixAmp Pro TRを使用することは理想的な方法です。ヘッドセットからレシーバーまでのケーブルは従来のモデルよりも短く、この新しいA40は、ソファのゲーム設定で使うのがやや難しいものになっています。しかし、デスクマンゲーマーには苦情はないはずです。

MixAmp Pro TRは、この他にも魅力的なヘッドセットに関する唯一の苦情の唯一の原因です。技術的な理由から、PS4 / PS3とXbox Oneのために別々のMixAmpsがあります。マルチコンソールのゲーマーは、2回目のMixAmp(アストロは別々に販売している)のために別の$ 130を捨てることは合理的に期待できないので、これは注目すべき問題です。

Xbox One用のAstro A40 TRには、デフォルトのヘッドバンドパッドとイヤパッドが付属しています。

そうでなければすべての良いニュースです。ビルの品質は高いままで、パッケージからの印象的なプレゼンテーションです。フィット感と快適さは、私にとっては誰にも匹敵するものではなく、デフォルトの布で覆われたクッション付きヘッドバンドとイヤーカップは、複数時間のセッションでも柔らかく枕になります。また、オプションの$ 60 Mod Kit付属品を試しました。ヘッドバンドパッドとイヤカップを外して、部屋の音をほとんど完全に遮​​蔽する、より厚い、偽の革で覆われたバージョンにすることができます。これらはあまりにも長いセッションでは完全に居心地の良さを証明しましたが、騒々しい空間(すなわち騒々しい寮の部屋)で頻繁にゲームをしない限り、熱心に勧めませんでした。Modキットのマイクは、あなたのチャットチャンネルからの声だけでなく、ほとんどの騒音を控えめに保つ単方向のものです。

サウンドプロファイル(読み込み:イコライザ設定)は、PCソフトウェアでカスタマイズすることもできますが、デフォルトの設定にはとても満足していました。そして、いつものようにA40はLAN /トーナメントの状況で連鎖してチームコミュニケーションを容易にすることができます。

評決

アストロが確実にコントロールしていたものとそうでないものがあるかもしれませんが、パレードでは少し雨が降っていましたが、終わりにはMixAmp Pro TRを搭載したAstro A40 TRが最高のヘッドセットの一つですAstroのオーディオファンはこれまでに作ったことがあります。彼らは、ゲームと映画の両方でドルビーサラウンドサウンドを巧みにシミュレートすると同時に、双方向でクリスタルクリアなチャットオーディオを提供します。

 

Astro Gaming A40 TR MIXAMP Pro TR アストロゲーミング 有線サラウンドサウンド ゲーミング・ヘッドセット PC/PS4/PS3対応 [並行輸入品]

新品価格
¥29,000から
(2018/10/25 10:52時点)

【売れ筋】セール ポイント2倍 今が買い時!! Astro Gaming A40 TR MIXAMP Pro TRアストロゲーミング 有線サラウンドサウンド ゲーミング・ヘッドセット PC/PS4/PS3対応 [並行輸入品]

価格:32,800円
(2018/10/25 10:53時点)
感想(10件)

ヤフオクはこちらから!!

-ヘッドホン
-

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.