オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ポータブルプレーヤー

アイリバー iriver Astell&Kern AK100MkⅡ レビュー

更新日:

Astell&Kernは、韓国の会社iriver(以前のiRiver)のポータブル高解像度オーディオプレーヤーのブランドです。

AK100 MkIIはエントリーモデルです。前回レビューしたソニーNW-ZX1と比較してみます。

NW-ZX1が背面の下部がアンプが組み込まれているため少しポッコリしているが

AK100 MkIIは物理的なコントロールのつまみが目立ちます。

左端に再生ボタン、右に音量つまみがあります。

このダイヤルは、クリックで回転しますが、少しぐらついています。

ポケットの上からでもつまみをつかんで音量を変更することも可能です。

メニューにはボリュームロックオプションがありますが、ボリュームを調整するたびに画面をオンにする必要があります。

320×240ピクセルの解像度を持つ2.5インチの容量性タッチスクリーンです。

システムをナビゲートするには十分な大きさです。ソニーの4インチ製品に対して少し窮屈な気がする。

32GBのストレージが搭載されていますが、追加することもできます。

下端の小さなドアを開けると2つのmicroSDスロットがあります。

公式によると、このデバイスは最大32GBのカードと互換性があると言われていますが、FAT32を使用してフォーマットすると64GBのものが動作します。つまり、最大160GBのストレージを使用できます。

初期ストレージが32GBだと少し物足りなさを感じます。

ソニーは最大128GBまで搭載されていますが、それは内蔵されているのですぐに利用できます。

AK100 MkIIのファイルのサポートは、WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、AAC、ALAC、AIFFを扱うことができます。

ソニーとは異なり、A&KはDSD対応であるため、DSD64ファイルをネイティブに再生するわけではありませんが、DSMファイルをPCMに変換します。

操作性
簡単な再生/停止、頭出し順送り巻戻し、音量操作は側面のハードボタンやノブで出来ます
それ以外はタッチパネルなのですがパネルが小さいのでタッチ操作との相性は良くないのでどちらかと言うとやりにくいです、指の太い人や爪が長い人では不満を感じるかも。
反応速度もスマホなどと比べればワンテンポ遅れる事があり、その弊害か早送り巻戻しと前の曲への操作が難しい。

画面が狭いのでスマホのようにはいきませんが、UIが練られているので使いにくくはないです。

曲が沢山入っていると探しにくい感じが否めません。

そこまで問題視する必要はありませんが、ソニーのAndroid OSと比べてしまうとスマホなどの操作性に慣れているせいか簡単に感じます。

AK100 MkIIのホーム画面には、設定ボタンと、ソング、ジャンル、アルバム、アーティスト、フォルダ、マスタークオリティーサウンドの6つのボックスがあり、すべての高解像度トラックがアルファベット順に配置されています。

すべて基本的ですが、少なくとも迷うことはないでしょう。

 

総評

結果的にはAstell&Kern AK100 MkIIに非常に感銘を受けましたが、問題はあります。

Astell&Kern AK100 MkIIは高価なものであり、金額ベースで考えると容量が32GBしか無くメモリカードをさらに消費する必要性があるのを考慮するとハイレゾ1台目とはならないのかな?

iriver Astell&Kern AK100II 64GB DSD5.6MHz再生&バランス出力搭載 スモーキーブルー AK100II-64GB-BLU

新品価格
¥79,800から
(2018/11/14 11:20時点)

ヤフオクはこちら!

-ポータブルプレーヤー
-, , , ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.