Apple Watch/アップルウォッチで動作する機能・できること一覧!多機能スマートウォッチ!

 

今の時代、コ日常生活には欠かせない媒体・機器がスマートフォン。

電話、SNS、メール、ゲーム、銀行振り込み、店舗予約、買い物、ネットサーフィン、動画鑑賞、音楽視聴・・・

使用用途を挙げてみると、切りが無いくらい様々な事ができます。

 

ではApple Watch(アップルウォッチ)ではなにができるか見てみましょう!

 

 

ネットショッピングをご希望のかたはこちら!!

 

iPhoneが見つからない時に場所を特定できる

 

家の中や車の中でスマートフォンが迷子になる時ってあるじゃないですか?

その時、手元に誰かの携帯電話があれば電話を掛けて場所を特定する事ができますが、自分のスマホ以外に電話を掛ける手段が無い場合は結構しんどいですよね。

 

そういった場合にアップルウォッチがあると、アラーム音の大小でiPhoneを探すことができます。

要はアップルウォッチが、金属探知機みたいな役割をしてくれるってことです。

 

 

買い物をスマートに決済

 

Apple Watch最大の魅力とも言われているのが、Apple Pay経由による決済です。

これがあればコンビニやスーパーに行った時など、左手に巻いたアップルウォッチをリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

ジョギングや運動をしている人であれば、汗をかいて喉が渇くこともありますよね。

そんな時、目の前にコンビニや自販機があれば飲み物を買いたくなると思います。

 

 

 

地図アプリでナビゲート

 

最近の自動車には標準装備でカーナビが付いている事が多いですが、自転車やバイクだとナビの設置は難しいですよね。

しかし、そのような厳しい場面でもアップルウォッチは活躍します。

具体的にどのように活躍するのかと言いますと、アップルウォッチ本体の地図アプリで目的地を設定すると、バイブ機能によって曲がるタイミングを教えてくれるんです。

 

ちなみに本体画面には目的地までの距離と時間、そして次に曲がるタイミングが表示されています。

なので、フルフェイスのヘルメットを被っていて音声案内が聞こえない状況でも、バイブの振動によって目的地まできちんと辿り着くことができるんです。

 

音楽を再生

 

ランニング・ジョギングをする人であれば、音楽プレイヤーを使っている人も多いと思いますが、雨が降ったり汗を大量に掻いたりしてしまうと、どうしても音楽プレイヤーは劣化してしまいます。

しかし、アップルウォッチの場合は防水機能の効果で劣化を防ぐ事ができますし、画面に楽曲名が表示されるので、好きな音楽を目で見てピンポイントで選ぶことができます。

 

 

タイマー

Apple Watchでよく使う機能なのですが、Apple Watchは常に手元にあるのでタイマー機能がかなり便利です。

Siriが使えるので小さい画面を操作する必要がなく、Siriを起動して「3分測って」と言うだけでタイマーセットが完了。

麺類の茹で時間やカップラーメンを食べる時など日常的に使う機会が多いので、正直これだけでApple Watchを買って良かったと思える優れた機能です。

 

 

電話をかける・受ける

Apple Watchには音声マイク・スピーカーが搭載されており、iPhoneへの着信通知はもちろん、Apple Watchで応答し、そのまま通話することができます。電話通話だけでなく、「FaceTimeオーディオ」もApple Watchで使用でます。

Apple Watchのマイク・スピーカーがなかなか優秀で、こちらの声もしっかり届きますし、相手の声もクリアに聞き取れます。Apple Watchで通話するときはスピーカーホン状態ですので(イヤホン接続中はイヤホンで通話になる)、騒音レベルによっては通話が難しいですが、人混みや走行中の車内といったレベルであれば、十分通話できます。

 

 

音楽をオフライン・ストリーミング再生する

iPhoneで再生中の音楽をApple Watchでコントロールできることは、上で紹介したとおりです。この場合、Apple WatchはiPhoneのリモコンのような機能になるわけですが、ミュージックアプリの「オフライン再生」を利用すれば、iPhoneが近くにない状態でも、Apple Watch単体で音楽再生できます。

「Watch」アプリ>「ミュージック」>「ミュージックを追加」の順にタップ

上の手順でApple Watchに音楽をダウンロード。これでApple Watch単体で再生できるようになります。ダウンロードしておけばランニング時にiPhoneを持ち出す必要がなくなりますし、いつでもどこでも音楽を楽しめます。Apple Watch単体でネット通信が可能なGPS+Cellularモデルの場合は、事前にダウンロードしなくてもストリーミング再生することも可能です。

Apple Watch単体での再生はPodcastも対応していますが、残念ながらSpotify(スポティファイ)やAmazon Musicには対応していません。個人的にSpotifyを愛用しているので、ぜひ対応して欲しいところ。

 

Apple WatchのSiri

iPhoneのSiriもかなり便利ですが、常に腕にあるApple Watchで使うSiriは『自分専用の秘書』がいるような感じです。

私はApple Watchを購入するまでSiriを使っていなかったのですが、Apple Watchを購入してからはちょっとした時間を測ってもらったり、外の気温を教えて貰ったりとかなり使っています。

 

 

まとめ

 

今回はApple Watch/アップルウォッチで動作する機能・できること一覧!多機能スマートウォッチでした