Apple新型フルワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』のバッテリー残量表示が乱れるバグはアップデートで解決

AppleからフルワイヤレスイヤホンAirPodsの新型『AirPods Pro』が発売されました

今回はApple新型フルワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』の『ステム』操作法一覧

長押し切り替えと『イヤーチップ装着状態テスト』についてを紹介します!

 

 

 

AirPods Pro(エアポッズ)とは?

【AirPods Pro登場!】これまでのエアポッズ2.0との違いまとめ
発売元 Apple
製品名 AirPods Pro:エアポッズプロ
発売日 2019年10月31日
価格 27800円(税別)
機能 ノイズキャンセリング機能付きイヤホン
サイズ感 本体:50.9㎜×21.8㎜×24.0㎜
ケース:45.2㎜×60.6㎜×21.7㎜
重量 本体:5.6g
ケース:45.6g
バッテリー 再生:4.5時間
ノイズキャンセリングオフ:5時間
通話時間:3.5時間
充電時間:5分で1時間再生可能
公式サイト https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

 

 

『ステム』の操作法

AirPodsの操作を司る耳からうどん部分.正式名称『ステム』です.

AirPods Proの説明書や本体をよく見ると分かるのですが,棒の前面の一部が若干フラットになっています.ここがボタンになっており,指でつまむように押すことでカチッと反応します.

操作はデフォルトで割り当てられており,これまでのAirPodsのように変更することはできません.(※変更ができないのはiOS13.2の時点,今後のアプデで可能になることを期待しています)

【AirPods Pro】操作方法
  • 1回押すと→再生または一時停止
  • 2回押すと→次の曲へスキップ
  • 3回押すと→曲の初め,または前の曲に戻る
  • 長押し→ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの切り替え

AirPods Proの,まず覚えておきたい操作方法はこれだけです.「Hey Siri」にも対応しているため,「ヘイシリ」と呼びかければAirPods Proの装着中は反応してくれます.

Apple-airpods-pro-learn-how-to-run-airpods-pro-1

出所:SMATU.net
AirPods Proに同梱されている説明書の画像.

 

AirPods Proの長押し操作への割当を変更する方法

先程,「長押し→ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの切り替え」と説明しましたが,これは購入した時デフォルトで割り当てられている設定です.

この長押し操作は,ノイズコントロールではなくSiriの呼び出しに変更することもできます.

例えば,

  • 右を長押し→モード切り替え
  • 左を長押し→Siriを呼び出し

のように,それぞれに機能を割り振り使い分けることも可能です.

長押し操作への割当を変更する方法
  1. iPhoneから設定アプリを起動する
  2. 「Bluetooth」をタップ
  3. 自分のデバイスの中に表示されている「AirPods Pro」の右にある「i アイコン」をタップ
  4. AirPodsを押したままにしますにある,右と左の変更したほうをタップする
  5. 「ノイズコントロール」または「Siri」をタップする

 

 

AirPods Proの『イヤーチップ装着状態テスト』を行う方法

前項で紹介した設定画面から,AirPods Proの『イヤーチップ装着状態テスト』を実施することもできます.

AirPods Proを使い始めたばかりの時や,カナル型イヤフォンの装着が苦手な人はこの『イヤーチップ装着状態テスト』をこまめに実施しておくと良いと思います.

『イヤーチップ装着状態テスト』の部分をタップすると「続ける」のボタンが表示されるので,そこをタップしてテストをはじめます.「再生ボタン」をタップすると数秒間音楽が流れ,自動で接続状態をチェックしてくれます.

正しく密閉されていないと表示が出るので,装着方法を変えてみたり,イヤーチップのサイズを変更してみましょう.

出所:SMATU.net 同様の設定ページから,イヤーチップ装着状態テストができます. カナル型イヤフォンが初めての人は,装着状態を何度かチェックしてみましょう.

まとめ

 

ここまでやったうえで解決しないということであれば故障している可能性も考えられます。

その後もしばらく状況が変わらない場合はアップルのサポートページから問い合わせてみましょう!