Apple新型フルワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』の『ステム』操作法一覧??長押し切り替えと『イヤーチップ装着状態テスト』

AppleからフルワイヤレスイヤホンAirPodsの新型『AirPods Pro』が発売されました

AirPods ProがiPhoneと接続された時に、バッテリー残量表示が乱れるバグがある、と多くのユーザーが指摘しています。

今後のファームウェアアップデートで修正される可能性があります。

ネットショッピングをご希望のかたはこちら!!

 

 

AirPods Pro(エアポッズ)とは?

【AirPods Pro登場!】これまでのエアポッズ2.0との違いまとめ
発売元 Apple
製品名 AirPods Pro:エアポッズプロ
発売日 2019年10月31日
価格 27800円(税別)
機能 ノイズキャンセリング機能付きイヤホン
サイズ感 本体:50.9㎜×21.8㎜×24.0㎜
ケース:45.2㎜×60.6㎜×21.7㎜
重量 本体:5.6g
ケース:45.6g
バッテリー 再生:4.5時間
ノイズキャンセリングオフ:5時間
通話時間:3.5時間
充電時間:5分で1時間再生可能
公式サイト https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

 

 

 

AirPods Proのバッテリー残量表示バグ

多くのユーザーが、片方のAirPods Proを取り出したときに、左右を示す「L」「R」のアイコンが赤くなり「!」マークが表示されてバッテリー残量が表示されない、と報告しています。

米メディアMacRumorsの読者フォーラムでも、AirPods Proの充電用端子に汚れやゴミもついていないのに、バッテリー残量表示が乱れるとの書き込みが相次いでいます。

ただし、耳に装着するとAirPods Proは問題なく動作し、音楽の再生やノイズキャンセリングも正常に機能します。

 

バージョンアップ

この問題は、AirPods Proのファームウェアがアップデートされることで解決されると見込まれます。

AirPodsシリーズのファームウェアは、AirPodsとペアリングされているiPhoneがWi-Fiに接続されていて、AirPodsのケースが充電されていれば、自動で行われるので、ユーザーが特に操作する必要はありません。

AirPodsシリーズのファームウェアバージョンは、AirPodsをケースから取り出してiPhoneと接続された状態で、設定アプリから一般>情報でAirPodsの名前をタップすると確認できます。

本稿執筆時点で、AirPods Pro向けファームウェアの最新バージョンは「2B584」です。

まとめ

 

ここまでやったうえで解決しないということであれば故障している可能性も考えられます。

その後もしばらく状況が変わらない場合はアップルのサポートページから問い合わせてみましょう!