Apple新型フルワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』でできること・できないこと

 

AppleからフルワイヤレスイヤホンAirPodsの新型『AirPods Pro』が発売されました

今回はApple新型フルワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』で動画視聴中、一時停止後に再生が効かない場合の解決策-改善法

 

 

 

AirPods Pro(エアポッズ)とは?

【AirPods Pro登場!】これまでのエアポッズ2.0との違いまとめ
発売元 Apple
製品名 AirPods Pro:エアポッズプロ
発売日 2019年10月31日
価格 27800円(税別)
機能 ノイズキャンセリング機能付きイヤホン
サイズ感 本体:50.9㎜×21.8㎜×24.0㎜
ケース:45.2㎜×60.6㎜×21.7㎜
重量 本体:5.6g
ケース:45.6g
バッテリー 再生:4.5時間
ノイズキャンセリングオフ:5時間
通話時間:3.5時間
充電時間:5分で1時間再生可能
公式サイト https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

 

 

AirPods Proでできる事

AirPods Proで「主に」できる事は以下の通りです。

  • 音楽を聴く
  • ハンズフリー電話
  • ハンズフリーSiri
  • メッセージ読み上げ
  • ワイヤレス充電
  • 耳栓

列挙するとこれだけに見えるのですが、各々濃縮された技術が詰まっているので、深掘りしてみましょう。

できる事でも「細かいこと」は後半に紹介しています。

 

 

AirPods Proでできない事

深掘りする前に、AirPods Proにできそうで、できない事を紹介しておきたいと思います。希望を持たれていた方には残念ですが、以下の機能はまだありません(iOS13.2.2)

  • 音量調節
  • LINEのメッセージ読み上げ

既に十分な機能が備わっていますが、上記の事は現状できません。痒い所に手が届く様な機能かもしれませんが、機能が解放され次第ここでもお知らせする予定です。

音量調整の方法は下記の章で説明しています。

 

 

メッセージ読み上げ

この機能は、iPhoneの純正アプリである「メッセージ」に限った機能となっております。iOS13.2.2(2019年11月7日)現在

AirPods Proを装着している時にメッセージを受け取った場合、「ピコーン」と音が鳴り、メッセージを受信した事を知らせてくれます。続けて、メッセージ内の文章を読み上げてくれます。

その際、メッセージの文字数が80文字以下の場合は、音が鳴った後、「〇〇(電話帳登録名)から”〇〇”というメッセージです。」と、全ての文を読み上げてくれます。

81文字以上は、受信を知らせてくれますが、自動で読み上げてはくれません。「私は長い分を読み上げません。聞きたい場合は「読んで」とおっしゃってください。」と言われます。

関連した話になりますが、読み上げ後、Siri機能を通して「繰り返す」「返信する」「電話する」の対応もすることができます。

細かい話になりますが、ミュージックを聴いている最中にメッセージの読み上げが始まった場合、ミュージックは止まることなく、読み上げが聞こえる程度に小さい音になり、流れ続けます。

また、開封証明の設定をオンにしている場合ですが、読み上げが完了したとしても、開封状態にはなりません。(設定方法:設定>メッセージ>開封証明を送信>オン)

読み上げ機能の紹介は以上になりますが、これらの機能は、初代AirPods、AirPods第2世代でも同じように機能します。

AirPods Proのワイヤレス充電

この機能は、AirPods第二世代から備わった機能です。Appleから純正品が発売されていないためか、意外と利用率が低い機能です。しかし、かなり便利なことは間違いないので、ここでしっかり確認しておきましょう。

ワイヤレス充電器(別売り)の充電領域に置くだけです。充電開始時には、正面のLEDライトがオレンジ色に点灯します。数秒すると、消えてしまいますが、充電は継続されています。

充電が完了したかの確認は、4種類あります。

▼充電完了の確認方法

  1. LEDライト部分をタップする
  2. フタを開ける
  3. 後ろのリセットボタンを押す
  4. iPhoneのコントロールセンターで残量数を確認する

以上です。4番以外はLEDライトが黄緑色に光ったら充電完了の印です。オレンジ色だった場合は、充電途中です。なお、有線で充電している場合は、LEDライト部分をタップしても反応しませんので、ご注意ください。

 

まとめ

 

ここまでやったうえで解決しないということであれば故障している可能性も考えられます。

その後もしばらく状況が変わらない場合はアップルのサポートページから問い合わせてみましょう!