オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

未分類

Alexa対応「Jabra Elite 65t」完全ワイヤレスイヤホンレビュー!!最大5時間のバッテリー持続

投稿日:

 GNオーディオジャパンは、Jabraブランドの新製品として、AlexaやSiri、Google Nowの音声アシスタントに対応する左右分離型Bluetoothイヤフォン「Elite 65t」を5月14日より発売。価された!価格は23,130円。IP55準拠の防塵・防滴性能を備える。カラーはコッパーブラック、チタンブラック、ゴールドベージュの3色。

設計

Elite 65tはApple AirPodsのように耳の中にばかげてぶら下がっているわけではありませんし、Bragi Dash Proのような奇麗な三日月の光を揺らしているわけでもありません。代わりに、Elite 65tは、非常に短いアームを備えたJabra感が目立つモノラルBluetoothヘッドセットの設計に追尾しているように感じます。

外側に向いた出っ張りの部分は、多機能ボタンを強調するために中央にJabraのロゴ+灰色のABSプラスチックで作られています。左の出っ張りの部分は多機能ボタンに切り込まれたノッチを備えているので、音量を調整してトラックを変更する側をなどを簡単に見分けることができる。

ロゴ以外のElite 65tイヤホンは黒いプラスチック製で、ケースには充電用の一対の金属コネクタが付いています。しかし、エリートは見た目だけではなく、耐水性と耐塵性に優れたIP55の準耐久性を備えています。不慮な事故のために2年間の保証もついている模様。

JabraはAirPod(1.4 x 0.8 x 2.1インチ)を除いて、エリート65tを小さな充電ケース(2.8 x 2 x 1インチ)の1つに入れ込むのに成功しています。ブラックのメタルケースには、底面にマイクロUSBポートがあり、前面にJabraロゴがエンボス加工されており、開閉が容易なスナップ蓋が付いています。さらに2セットのシリコーンイヤーチップとマイクロUSBコードが付属しています。

Jabra Elite 65t 着用加減

エリートを2時間以上着用したが、非常に快適である。私は耳のシリコンを交換する必要は特になかったシリコンの耳は古いラジエーターを消音してくれたので最高だ

ただ効力を最大限発揮させるためには、腕をまっすぐ上に上げ配置し、次に前方にねじることです。モノラルBluetoothヘッドセットと同様に、アームは顔に向けるべき。正確に配置されたときは運動中に落ちる心配はありません

セットアップとコントロール

Elite 65tの初期設定はかなりシンプルです。ボタンを3秒間押し続けると、電源が入り、ペアリングの準備が整います。女性の声でアナウンスされデバイスのBluetoothメニューを開き、ペアリングを選択するペアリングプロセスがガイドされます

Jabraはコントロールの役割を賢明に分け、左は音量とトラックの変更と右の応答/終了コールの処理、デジタルアシスタントの再生/一時停止とキューイングを行います。

もっとアップビートなトラックに変更するには、左のイヤホンの後ろのノッチを押さえて前に飛びます。スリーピーブラウンの "I Can not Wait"の音を聞きたかったとき、フロントノッチを押さえましょう。音量を上げる必要があるとき、リアノッチにすばやくタップし、フロントを押して音量を下げました。電話に応答し、トラックを再生または一時停止すると、右の芽が素早くタップされ、ダブルタップでデジタルアシスタントが呼び出されます。

エリートのボタンをすばやく軽くたたくことで操作できます。

アプリ

エリート65tは無料のJabra Sound +アプリと連携して機能します。AndroidやiOSで利用できるこのアプリは、音声アシスタント、オーディオエクスペリエンス、コールエクスペリエンス、イコライザーなどの便利な機能をいくつか備えています。ソフトウェアは残っているバッテリーの寿命を追跡します

Voice Assistantを使用すると、デバイスのデフォルトアシスタント(私の場合はGoogle AssistantまたはSamsung Bixby)またはAmazon Alexaを切り替えることができます。オーディオエクスペリエンスでは、HearThrough機能を切り替えることができます.HearThrough機能は、イヤホンに周囲のノイズ(ある場合)がポンピングされるかどうかを決定します。ジョガーのための便利な機能、またはニューヨーク市の通りをナビゲートするだけの便利な機能です。自動ポーズとヘッドセットのプロンプトを調整することができます。

ミュージックイコライザは、60ヘルツから14キロヘルツまでの5バンドEQを手動で調整する自由な範囲を提供します。低音、中音域、高音の調整に精通していない人には、いくつかのプリセットが必要です。最後に、コールエクスペリエンス機能は、通話中の音声の音量を調整する機能を提供し、弱いマイクのために通常よりも大きな音を出す必要がなくなります。また、コールの高音や低音を強調して、着信発信者の名前を聞くこともできます。

オーディオパフォーマンス

オーディオに関して、エリート65tは、本当にワイヤレスイヤホンの中で特にのお気に入りのペアです。耳にかなり緊密な密閉が確立されれば、ノイズキャンセリングが始まり周囲の騒音の大部分が遮断されます。

Janelle Monaeの "It's Code"を聞いて、オーディオはバランスがとれており、バックグラウンドのボーカルからのリードを簡単に表現することができました。シンバルやパーカッションはリッチなベースとクリアなギターで鮮明ですし、エレクトリック・ウインド・マシーンのように、ベース・ギターはAirPodで本当にきれいに聞こえました。しかし、パーカッションはやや消音されていました。

バッテリー寿命とBluetooth

Jabraは、Elite 65tイヤホンは充電で最大5時間続くことができるとそうだ

エリートイヤホンが長続きする理由の一部は、Bluetooth 5.0に起因する可能性があります。最新のBluetoothイテレーションでは、Bluetooth Low Energyを使用しています。これは、標準Bluetoothよりも消費電力が少なく、バッテリ寿命が長くなります。Bluetooth 5.0では、リスナーは2つの別個のデバイスと同時に芽をペアリングすることもできます。そして、この技術は、芽が800フィートまでの信号を送信できる距離を4倍にします。ドアや壁のような障害物が信号を妨げる可能性があることに注意してください。

通話品質

会議スピーカーやモノラルBluetoothヘッドセットを作成するJabraの専門知識は、Elite 65tにも掲載されています。私はエリートを身に着けている間、そのボリュームと明快さに感銘を受けました。同社の4マイクロホン技術のおかげで、鮮明に聞こえたのは間違いない。

コールオーディオの設定ではじめる必要はありませんでしたが、必要に応じて高音と低音を切り替えることができたこともありがたい部分。

買いなのか??

JabraはElite 65tに多大な価値と機能を詰め込んでいますスマートで丈夫で快適なデザインのワイヤレスバッドと、充電で最大5時間のバッテリー寿命は魅力的。ワイヤレスバッドのなかで新規で購入するなら候補に入りうるだろう。

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.