AirPods Proの機能「短押し」「長押し」ノイキャン/外部音取り込みなどをチューニングするやり方

 

AirPods Proは、ステムと呼ばれる軸の部分に感圧センサーが内蔵されている。

指でぎゅっとつまむ「短押し」「長押し」に、ノイキャン/外部音取り込みのモード切り替えやSiri呼び出しなどを割り当てられる。

今回は、この操作をチューニングする方法を紹介しよう。

 

 

 

AirPods Pro(エアポッズ)とは?

【AirPods Pro登場!】これまでのエアポッズ2.0との違いまとめ
発売元 Apple
製品名 AirPods Pro:エアポッズプロ
発売日 2019年10月31日
価格 27800円(税別)
機能 ノイズキャンセリング機能付きイヤホン
サイズ感 本体:50.9㎜×21.8㎜×24.0㎜
ケース:45.2㎜×60.6㎜×21.7㎜
重量 本体:5.6g
ケース:45.6g
バッテリー 再生:4.5時間
ノイズキャンセリングオフ:5時間
通話時間:3.5時間
充電時間:5分で1時間再生可能
公式サイト https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

 

設定の仕方

 

iPhoneの「設定」から「アクセシビリティ」を選択し、リストに並んでいる「AirPods」をタップして入る。

すると「押すときの間隔」として、AirPods Proのステムを2回、3回クリックする時の間隔を “ゆっくりめ” にしたり、「長押しの間隔」を “短め” に設定できるメニューがある。切り換えてみると、変化はそれほど大きくはないが、ユーザーの好みに合わせた微調整が可能だ。なお設定が変更できるのはAirPods Proだけだ。

ちなみに従来のAirPodsでは、本体を素速くダブルタップすることでSiriを呼び出したり、音楽再生の再生/一時停止などが行えた。

アクセシビリティの中にAirPods Proのリモコン操作のインターバルを微調整できるメニューがある

ジムでトレッドミルに乗って、ある程度速度を上げて走るなどといった際、このAirPodsダブルタップ操作の方が、AirPods Proのステムを押し込む操作より簡単に行え、好ましい。ステムを握る手元が狂うと耳元のイヤホンも微妙に位置がずれてしまうからだ。できれば、ステムの2回、3回クリックを “速め” に設定できる選択項目も欲しいところだ。


AirPods Proを片耳だけ装着時にノイズキャンセリングをオンも可能

アクセシビリティの「AirPods」メニュー内には、AirPods Proを片耳だけ装着している時にノイズキャンセリングをオンにできるように選択できる項目もある。通常は「オフ」か「外音取り込み」しか選べない。


AirPods Proは片耳で使う場合は通常「オフ」か「外音取り込み」しか選べない。アクセシビリティのメニューから変更が可能だ

 

まとめ

 

今回は「短押し」「長押し」に、ノイキャン/外部音取り込みのモード切り替えやSiri呼び出し

操作をチューニングする方法の紹介でした。

使いこなしてより便利にAirPods Proを使いこなそう