AirPods Proのノイズキャンセリングに不具合・不良がないか確認するやり方!

 

 

 

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、バスなどの混雑した場所で静かに音楽を楽しんだり、騒がしいオフィスやカフェで仕事に集中するのを助けてくれます。

きちんと機能してくれればノイズキャンセリングヘッドフォンは素晴らしいものですが、AirPods Proで最近のファームウェア・アップデートをインストールすると、オーディオパフォーマンスは向上する一方で、アクティブノイズキャンセリングの性能が低下してしまいます。

 

ネットショッピングをご希望のかたはこちら!!

 

 

 

ノイズキャンセリング機能の不具合を調べる方法

 

 

AirPodsのファームウェア・アップデートは充電中に自動的に実行されます。インストールを一時的に保留したり、オプトアウトする方法は提供されていません。

もし、お使いのAirPods Proのノイズキャンセリング機能がおかしくなったと感じたり、不具合の可能性があるかをチェックしたい場合は、AirPods ProをiPhoneかiPadに接続して、[設定]>[一般]>[情報]>[AirPods Pro][ファームウェアバージョン]を確認してください。

 

番号が「2C54」となっていれば、不具合のあるファームウェアがインストールされています。

 

 

残念ながら、過去のファームウェアに戻す方法はありません

Appleがこの問題を修正する新しいファームウェア・アップデートをリリースするまで、性能が低下したノイズキャンセリングで我慢するしかありません。

 

ノイズキャンセリングモードが切り替えられない時に試した5つのこと

①両耳外して再度装着

耳から着脱するだけで再生と停止を認識するスグレモノのAirpods pro。

きっと着脱するだけで直ると思いきや…だめでした。

②Airpods proの認識オフオン

次は、Bluetoothで認識されているAirpods proの認識解除をして、再度認識しました。

それでも結果は…直らず。

③Bluetoothオフオン

更にBluetooth自体をオンオフしてみました。

流石にコレは直るだろと。

だってリセットみたいなもんだからノイズキャンセリングするかどうかなんて関係なくリセットされるだろうと。

しかし、結果はダメ。

④充電器に戻す

そうそう、Airpodsには充電ケースがあるじゃないか。

よくよく考えれば、あのケースに戻すことがホントのオンオフじゃないか。

ケースに戻せばきっと直るさ。

が、ダメでした。

⑤iphoneの再起動

困り果てて辿り着いたのが、iPhoneの再起動。

意味やロジックは全く分からないけど接続されてる端末側のバグもあるのか?

という事で、iPhoneを再起動。

結果はノイズキャンセリングからの切り替えが出来るようになりました!

やはりiPhone側の問題でAirpods proの切替ができなくなっていたと考えられます。

 

まとめ

 

結局、色々やったけどiPhoneの再起動で解決しました。

皆さんも焦らずいきなりiPhone再起動で良いと思います。