6.4型有機EL搭載のサムスン「Galaxy A30」

UQコミュニケーションズは、「UQ mobile」より、6月上旬発売としていた「Galaxy A30」(サムスン電子製)の発売日を決定した。UQ mobile取扱店舗で6月14日より順次、UQオンラインショップで6月14日9時より発売する。

画面に、約6.4型フルHD+有機ELディスプレイ(2340×1080ドット)を装備したモデル。バッテリー容量は3900mAh。人間工学に基づいた、持ちやすいスリムボディを採用する。

主な仕様は、プロセッサーが「Exynos 7904」、メモリーが4GB、ストレージが64GB。外部メモリーはmicroSDXCメモリーカード(最大512GB)に対応。カメラ機能は、メインが約1300万画素+約500万画素、サブが約800万画素。OSは「Android 9.0」をプリインストールする。

このほか、IPX5/8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能を装備。無線通信はBluetooth 5.0、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格をサポートする。本体サイズは75(幅)×160(高さ)×8(奥行)mm、重量は約176g。ボディカラーは、ブルー、ブラック、レッドを用意する。

例として、新規契約時の初期費用(一括購入)は、SIMパッケージ料金3,240円+端末代金31,644円。

 

Xperia AceとGalaxy A30の、サイズやカラーバリエーションなどのデザインの違いをまとめました。

デザイン
・サイズ
Xperia Ace Galaxy A30
サイズ
(W×H×D)
約67×140×9.3mm 約75×160×8.0mm
重さ 約154g 約176g
ディスプレイ 約5.0インチ
TFT液晶
(Triluminos Display 
for Mobile)
約6.4インチ
有機EL
(Super AMOLED)
ディスプレイ
解像度
Full HD+
(2,160×1,080)
Full HD+
(2,340×1,080)
カラー パープル
ホワイト
ブラック
ブルー 
レッド
ブラック
ホワイト

先にサイズを単純に比較しておくと、幅と奥行きはXperia Aceがやや小さめで、重さもXperia Aceの方が20gほど軽くなっています。

一方で、Galaxy A30はディスプレイサイズが約6.4インチと大画面ながら、厚み8.0mmのスリムボディが特徴です。

片手での操作性・携帯性を取るならXperia Ace、大画面で迫力の映像を見たいならGalaxy A30がおすすめです。

それぞれのデザインについて、詳しく見ていきます。

 

Galaxy A30のデザイン

auのGalaxy A30

画像引用元:Galaxy A30 SCV43 通販 | au オンラインショップ | 価格・在庫情報

Galaxy A30は、ベゼルレス&しずく型ノッチ採用の大画面有機ELディスプレイが特徴です。

幅と奥行きはXperia Aceより大きい一方、厚さはXperia Aceよりも薄い約8.0mmとスリムなボディとなっています。

背面は光沢感のある3Dガラス仕上げで、プレミアム感があり。

カラーは全4色ですが、キャリアによって取り扱っている色が違います。

auなら4色全て購入可能で、その他のUQmobileならブルー・レッド・ブラックの3色、J:COM MOBILEではブルー・ホワイトの2色が購入可能です。

 

Galaxy A30はゲーム以外なら快適

Galaxy A30はミドルレンジ帯の上位となる性能を持っており、WEB閲覧、動画視聴、メールやLINE、ニュースアプリ、SNSなど高い処理性能を必要としない使い方ならそこそこ快適に動きます。

一方、ゲーム性能はミドルレンジでも下位となる性能。暇つぶし系や軽い3Dゲームの多くは快適に遊べますが、PUBG mobileなど美しい3Dグラフィックを採用するゲームでは力不足。本格的にゲームを快適にプレイしたい方は上位モデルのGalaxy S10やS10+を検討しましょう。

 

Galaxy A30の実機AnTuTuスコア

▼総合スコアは105585点、GPUスコアは23340点。↓

総合スコアは105585点、GPUスコアは23340点。

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でGalaxy A30の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます。↓

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点

総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

 

Galaxy A30のカメラ

Galaxy A30

画像引用元:Galaxy A30 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy A30は、アウトカメラが広角&超広角のデュアル仕様となっています。

画素数500万、画角約123°の超広角カメラは、風景写真の撮影に便利です。

19種類のシーンの中から、自動で撮影モードを最適化してくれるシーン判別機能も搭載し、シャッターを押すだけで手軽に綺麗な写真が撮影可能です。

また、写真を撮影した直後に「被写体がまばたきをしている」「逆光」「ブレ」を検出し、警告を出してくれる「撮り直しアラート」というユニークな機能にも注目です。

記念写真を撮影して、家に帰ってから確認したら1人だけ目をつむっていた、なんて切ない事態も防ぎやすくなります。

インカメラには、自動で背景をぼかす「自分撮りフォーカス」機能もあり、セルフィー写真も楽に撮影できます。

 

対応するBluetoothコーデックの確認

ワイヤレスで利用できるBluetoothイヤホンやヘッドホンは接続する方法(接続するBluetoothコーデック)により音の伝達遅延の度合いが変わります。というわけで主流となっている各コーデックに対応するサウンド機器を接続して確認してみました。

ちなみに遅延具合ですが

  • SBC:基本コーデック。音の遅延が気になる。
  • AACまたはapt-X:CD音源まで飛ばせる。音の遅延が気にならなくなるランク
  • apt-X HDまたはLDAC:ハイレゾ音源まで飛ばせる。音の遅延も気にならない

ワイヤレス充電に非対応

Galaxy A30は残念ながらワイヤレス充電に非対応。すでにワイヤレス充電に対応している端末を利用されている方はGalaxy A30に乗り換えるとライフスタイルが変わってしまうので注意。