メモリー内蔵の完全ワイヤレスヘッドホン『WF-SP900』ペアリング法!スマホやWindowsなど

 

ソニーから左右完全独立ヘッドホンの第4弾モデルとして登場した「WF-SP900」を試用させていただくことができました。4GBの内蔵メモリーがあるとのことで、それだとこれはもうウォークマンになるんじゃないか?と、思えますがとりあえず実機の様子をレポートしたいと思います

ペアリングのやり方

  • WF-SP900を接続したい機器の1m以内に置いてください。
  • WF-SP900を充分に充電してから手順を行ってください。
  1. 手順1充電ケースからヘッドホンを取り出す
  2. 手順2L側のボタンを青のランプが2回連続して点滅するまで押し続ける(約7秒)お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドホンを初期化した後は、充電ケースからヘッドセットを取り出すと自動的にランプが点滅します。
  3. 手順3送信側の機器のBluetoothをONにする
    Androidスマートフォンの場合
    [設定]-[無線とネットワーク]-[Bluetooth]の順に選ぶ
    iPhoneの場合
    [設定]-[Bluetooth]の順に選ぶ
    ウォークマンの場合
    ホームメニューから[Bluetooth]-[機器登録(ペアリング)]の順に選ぶ

  4. 手順4「WF-SP900」をタッチする

    接続が完了するとヘッドセットのランプ(青)が5秒間速く点滅したあと、5秒おきのゆっくりした点滅に変わります。

    * パスキーを要求された場合は「0000(ゼロゼロゼロゼロ)」を入力します。パスキーはパスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

WF-SP900 ペアリング(機器登録)する方法(Windows/Mac)

事前確認

  • WF-SP900を接続したい機器の1m以内に置いてください。
  • WF-SP900を充分に充電してから手順を行ってください。
  • パソコンのOSによって操作方法が異なります。以下よりお使いのパソコンのOSをお選びください。

Windows 10

  1. 手順1パソコンのタスクバー右端にあるアクションセンターをクリックして、[すべての設定]を選択する
  2. 手順2[デバイス]を選択する
  3. 手順3充電ケースからヘッドホンを取り出す
  4. 手順4L側のボタンを青のランプが2回連続して点滅するまで押し続ける(約7秒)お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドホンを初期化した後は、充電ケースからヘッドセットを取り出すと自動的にランプが点滅します。
  5. 手順5パソコンのデバイス画面で[Bluetoothとその他のデバイス]をクリックして、[Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する]の追加ボタンを選択する[Bluetooth]機能が[オフ]の場合は[オン]にします。
  6. 手順6[デバイスを追加する]画面が表示されたら、[Bluetooth]を選択する
  7. 手順7[WF-SP900]画面が表示されたら選択する

    * パスキーを要求された場合は「0000(ゼロゼロゼロゼロ)」を入力します。
    パスキーはパスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  8. 手順8[WF-SP900]の下に「音楽に接続済み」と表示されたことを確認して[完了]を選択する

以上でペアリングは完了です。

Windows 8.1 / 7

  1. 手順1パソコンの[コントロール パネル]から[ハードウェアとサウンド]をクリックして、[デバイスとプリンター]を選択する
  2. 手順2左上の[デバイスの追加]をクリックして、追加するデバイスの一覧画面を表示する

    * [Bluetooth]機能が[オフ]の場合は、[オン]にします。

  3. 手順3充電ケースからヘッドホンを取り出す
  4. 手順4L側のボタンを青のランプが2回連続して点滅するまで押し続ける(約7秒)
  5. 手順5パソコンの[デバイスの追加]画面に表示された[WF-SP900]を選択する

    * パスキーを要求された場合は「0000(ゼロゼロゼロゼロ)」を入力します。
    パスキーはパスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  6. 手順6[デバイスとプリンター]画面に[WF-SP900]が表示されたことを確認してください。

以上でペアリングは完了です。

Mac

  1. 手順1パソコンの[]メニューから[システム環境設定]を選択する
  2. 手順2[Bluetooth]を選択する
  3. 手順3充電ケースからヘッドホンを取り出す
  4. 手順4L側のボタンを青のランプが2回連続して点滅するまで押し続ける(約7秒)お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドホンを初期化した後は、充電ケースからヘッドセットを取り出すと自動的にランプが点滅します。
  5. 手順5パソコンの[Bluetooth]画面に表示された[WF-SP900]の右側にある[接続]ボタンをクリックする

    * パスキーを要求された場合は「0000(ゼロゼロゼロゼロ)」を入力します。
    パスキーはパスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  6. 手順6[WF-SP900]の下に「接続済み」と表示されたことを確認してください。

以上でペアリングは完了です。

スマートウォッチ Gear S2 SM-R7200を接続・ペアリングするやり方・設定法

 

 

Gear S2 SM-R7200

Samsungより発売されたスマートウォッチ、Gear S2と、Gear S2 classic。今までもSIMカードが内蔵できたり、カメラを搭載したりなど、独自のスマートウォッチを発表してきたSamsungですが、今度はなんと、回転式ベゼルを搭載した、さらに一段上を行く独自路線のスマートウォッチ

そんなGear S2 SM-R7200をスマホにペアリング・接続方をご紹介します!

基本スペック
タイプ 腕時計型 OS Tizen
画面サイズ 1.2 インチ ディスプレイ解像度 360×360
ディスプレイ Full Circular sAMOLED レンズ素材 ゴリラガラス
CPU Exynos 3250 デュアルコア
1GHz
メモリ 4GB ROM
512MB RAM
データ保存 電源 充電式
バッテリー容量 250 mAh バンド・ベルト素材
防水・防塵性能 防水・防塵:IP68 時間表示
ネットワーク
Wi-Fi 802.11b/g/n Bluetooth Bluetooth 4.1
NFC
用途・機能
用途 ランニング
サイクリング
ウォーキング
活動量計機能 心拍センサー
消費カロリー
移動距離
歩数計機能
ペース
搭載センサー 加速度センサー
ジャイロセンサー
気圧計
周囲光センサー
着信通知機能
メール通知機能 カメラ内蔵
電子マネー 音声操作/音声アシスタント
サイズ・重量
サイズ 42.3(W)×49.8(D)×11.4(H)mm 重量 47 g
カラー
カラー ダークグレー
シルバー

 Gear S2と端末をペアリングする方法

 ペアリングとは

Bluetooth対応の機器同士を接続することです。

 ペアリングがうまくできない場合

・一度Gear S2を初期化し、再度ペアリングを行ってください。

・端末にインストールしたGear Managerをアンインストールし、再度インストールしてください。

 ※注意※

ご利用中の端末を修理などに出しているとき、代替え端末や新しく購入した端末などとペアリングしたら、

それまでGear S2に保存していたデータはリセットされてしまいます。

Gear S2に大切なデータを保存している場合はあらかじめバックアップしてください。

Gear S2と端末をペアリングする方法については下記手順をご確認ください。

※「Gear Manager」のアプリは「Samsung Gear」と表示される場合があります。
当ページでは「Gear Manager」に統一して説明させていただきます。

1.「Gear Manager」アプリをタップし、「接続を開始」をタップします。

    1.「Gear Manager」アプリをタップし、「接続を開始」をタップします。 

2.[Gearを選択]画面が表示されるので、「上記以外のデバイス」をタップします。

    2.[Gearを選択]画面が表示されるので、「上記以外のデバイス」をタップします。 

3.スキャンが完了すると、画面上にスキャンされたGearが表示されるので「Gear S2」をタップします。

    3.スキャンが完了すると、画面上にスキャンされたGearが表示されるので「Gear S2」をタップします。 

4.Gear S2に端末と同じパスキーが表示されるので、「OK」をタップします。

    4.Gear S2に端末と同じパスキーが表示されるので、「OK」をタップします。 

5.[利用規約]画面が表示されるので内容を確認し、

    良ければ「すべてに同意します。」のチェックボックスをタップして、

    チェックを入れます。

    5.[利用規約]画面が表示されるので内容を確認し、良ければ「すべてに同意します。」のチェックボックスをタップして、チェックを入れます。 

6.必要に応じてSamsungアカウントにサインインしてください。
今回の手順では、「スキップ」をタップします。

    6.必要に応じてSamsungアカウントにサインインしてください。今回の手順では、「スキップ」をタップします。 

7.[通知を管理]画面が表示されるのでGear S2に通知したいものを選択します。

    7.[通知を管理]画面が表示されるのでGear S2に通知したいものを選択します。 

以上で操作完了です。

登山で大活躍なGPS ガーミンeTrex30の使い方・使用法について

登山ではGPSの使用が不可欠です。主に

 

 1.現在地から次の目標地点(分岐点、山小屋、山頂など)までの距離を知る。

 2.予定したルートを外れていないか、外れているときは復帰方向の確認。(精度10m位)

 3.ログデータを保存して山行記録として残す。(再訪時などの参考やルートミスの原因考察)

このような使い方が多いと思います。

 

ガーミンGPSの使い方

GPS専用機として最もよく使われているガーミンのGPSの使い方や、GPSで出来ること

について、etrex 30x を例にご紹介します。

 

厚みは逆にガーミン etrex 30x の方がかなり厚く、最も厚いところで33mmあります。

 

 

ガーミン etrex 30x の操作ボタンは、上記の写真の6か所になります。

主な機能は以下のようになっています。

 

① クリックスティック

上下左右に動かし、地図のスクロール、メニュー画面の選択。

押し込むことで、選択や決定ほか。

② ズームアウト

地図の拡大表示、メニューの上方向のスクロール。

③ ズームイン

地図の詳細表示、メニューの下方向のスクロール。

④ menu

メニューの表示、目的地検索。

⑤ back

元の画面への戻り、ショートカットの切り替え。

⑥ light

電源のon、off 、バックライト、電池残量、電波状態の確認。

⑦ ストラップ

ストラップが付けられるようになっています。

 

メニュー

 

電源を入れると最初に上記のメニュー画面が表示されます。

 

主なメニューの構成は以下のようになっています。

目的地検索

検索履歴 / ウェイポイント / 写真 / 軌跡 / 座標 / すべての登録地点 / 住所 / 交差点 /

都市 / 販売店 / 飲食店 / ガソリンスタンド / 宿泊施設 / 娯楽施設 / 娯楽 /

アトラクション / 駅 / 自動車関連 / 公共施設 / 病院 / 潮汐予報

コンパス

電子コンパスの表示 / 速度 / 経由地までの距離 / 目的地到着時刻 / 経由地までの時間

ウェイポイント登録

特定の場所を登録しておくことが出来、登録した場所をウェイポイントといいます。

トリップ

日の入りまでの時間 / 標高 / 積算距離 / 速度 / 最高速度 / 移動時間 / 現在の平均速度 /

停止時間 / 全体の平均速度

設定

システム / 画面 / 音 / 地図 / 軌跡 / リセット / ショートカット / 単位 / 時刻 / 位置基準 /

コンパス / 高度 / ジオキャッシュ / ルート検索 / マリン / ANT Sensor / テーマ

高度グラフ

高度の軌跡をグラフで確認することが出来ます。

ウェイポイントの編集

登録したウェイポイントの編集を行います。

ルート作成

あらかじめ計画を立ててルートを作成し保存しておくことが出来ます。

ルート変更も簡単に出来るようになっています。

軌跡管理

移動した軌跡が地図上に表示、記録、保存されます。

来た道を同じルートで戻る場合に役立ちます。

ワイヤレス通信

ワイヤレス通信が行えます。

サイトナビ

サイトナビの機能を使うことによって、目的地への方向、コースからのずれが

分かるようになっています。

近接アラーム

近接アラームは、登録した特定の場所に近ずくと音や画面で知らせてくれる機能です。

衛星情報

現在の位置精度、衛星の位置、各衛星からの信号の強弱が確認できます。

 

以上が主なメニューの内容ですが、この他にもカレンダー、ジオキャッシュ、

フォトビューワー、テーマ、アクティブルート、面積計算、太陽と月、電卓、狩猟と釣り

アラーム、ストップウォッチ、救助ナビ、平均位置測定、Adventures、VIRB

などの機能があり、十分すぎるほどの内容となっています。

【ルートデータ】

一番大事なのがルートデータの編集です。
ルートデータをトラックデータからコピーして作成します。

分岐点や山頂の到着・出発地点にマークと区間区切りをセットし、他はマークを空白にし、区間区切りをOFFにします。結構時間がかかりますが、これで高低図を表示すると区間の距離と所要時間が分かります。

道間違えなどがあったとき、その原因や対処について考察します。

これを続けていると、間違えやすいポイントや自分の癖がつかめてくるし、感も鋭くなってきているような気がします。また、自分のペースも分かってくるので、山行計画が立てやすくなります。

 

Googleマップ

山登りや旅行などに行く前にはいろいろと下調べをすると思います。

行きたいところや気になったところをウェイポイントとして登録しておきたい場合が

ありますが、よくご存じのGoogleマップを利用してウェイポイントを登録出来ます。

 

登録したウェイポイントは、BaseCampを使ってガーミンのGPSに取り込むことが

出来ます。

完全ワイヤレスイヤホン「EARIN M-2」がペアリング・接続できない場合の問題は??

このところ完全ワイヤレスのイヤホンであるEARIN M-2

実際に購入しものもペアリングで手間取ってはいませんか??

ということで今回は完全ワイヤレスイヤホン「EARIN M-2」がペアリング・接続できない場合の問題は??について触れていきましょう!!

 

EARIN M-2 パッケージ
「EARIN M-2」の仕様はざっとこんな感じ。
▼ドライバー:Knowles社製バランスドアーマチュア
▼ドライバーサイズ:6.5mm
▼周波数特性:20 – 20.000 Hz
▼感度:105 db SPL + 2dB
▼インピーダンス:(DC): 22 Ohm
▼コーデックス:AAC、aptX、SBC
▼プロファイル:HFP、HSP、A2DP、AVRCP、BLE、SPP
▼サイズ(イヤホン本体):14.5 mm x 21 mm x 17.2mm
▼重量:イヤホン片方3.6g
▼音楽再生時間(イヤホン単体):最大4時間
▼音楽再生時間(充電ケース併用):約3回分のフル充電が可能
▼バッテリー(イヤホン本体):60mAh(リチウムイオン)
▼バッテリー(充電ケース):600mAh(リチウムイオン)
▼充電時間(イヤホン本体へ):約75分
▼充電時間(充電ケースへ):約90分
▼Bluetoothバージョン:Bluetooth 4.2準拠
▼Bluetooth電波到達距離:最大約10m
▼マイク:ノイズリダクション機能付きマイク
▼防水防塵規格:IP52(防汗)準拠
▼同梱物:「EARIN M-2」本体、充電ケース、充電用USBケーブル、シリコンチップ、フォームチップ、説明書

 

Bluetooth接続

ペアリングはケースから取り出すとペアリングモードになるタイプです。再接続はケースから取り出すだけで行なえます。

EARIN M-2は2つの内どちらも親機になれます。具体的にはEarinと言う名称のデバイスが2つ表示されどちらともペアリング出来ます。

接続安定性

接続安定性は十分に高いです。私が持っている完全ワイヤレスのイヤホンで比べるとAnker Zolo Liberty+ >EARIN M-2>ERATO VERSEと言った順番かなと思います。

NFMIを使っているおかげか左右に首を振っても途切れる事はないです。

 

接続できない状況は??

 

※以下、全て症状の出ている片側ピースのみに対しての記載です。
①片側のみBlutetoothが接続できない(そもそもiPhoneのBluetooth機器設定欄に機器が表示されない。片側のみ)
②ケースに入れてから取り出してもイヤーピースタッチパネル中央のLEDランプが点滅しない
③ケースに入れた際、ケース側のイヤーピース充電ランプは点滅or点灯する
④イヤーピース中央のLEDランプが消灯している状態で、イヤーピース背面(側面?)の白丸部分をタッチしても電源が入らない(LED点灯しない)
⑤専用アプリからも接続できない、見つからない(そもそも①の症状であれば当たり前ですが)

 

上記、とくに①と②、④に当てはまればおそらく初期不良でイヤーピースの電源が入らなくなっていると考えてよいと思います。
なお④の白丸はマニュアルにちょっとだけ記載があったかと思いますが、イヤーピースの電源ボタンです。タッチ式。実はこれでいちいちケースに入れなくてもイヤーピースの電源オンオフができるんですよね。

 

 

Apple Watch を買い替えたiPhone に切り替えるApple Watch Series 3スマートウォッチの切り替え方

Apple Watchはご存知、世界のApple社のスマートウォッチでiPhoneと接続して使用します。

アップルユーザーの生活をより豊かにしてくれるApple Watch Series 3スマートウォッチ

 

非常に簡単にアイフォンとペアリングでき、アップルユーザーの生活をより

豊かにしてくれるスマートウォッチですが、新しいアイフォンに買い替えた際は初回のペアリング・接続には

かなり手間取ってしまうという話をよく聞きます。

ということで今回は『Apple Watch を買い替えたiPhone に切り替えるApple Watch Series 3スマートウォッチの切り替え方』をご紹介します。

 

Apple Watch Series 3

 

モデル

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンドまたはスポーツループ
      ステンレススチールケースとスポーツバンドまたはミラネーゼループ
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンドまたはNikeスポーツループ
    • Apple Watch Hermès
      ステンレススチールケースとHermèsレザーストラップ
      購入時に交換用スポーツバンドが付属します
    • Apple Watch Edition
      セラミックケースとスポーツバンド
  • Series 3 GPSモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンド
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンド

チップ

  • より高速なデュアルコアプロセッサ
  • Appleワイヤレスチップ

特長

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量16GB
    • セラミック裏蓋
  • Series 3 GPSモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量8GB
    • 複合材裏蓋

通信方式

Apple Pay

  • Apple Payに入れたSuicaによる、交通機関の利用やショッピングの支払い
  • Apple Payに入れたクレジットカードによる、店舗やアプリケーション内での購入

ディスプレイ

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • サファイアクリスタル(ステンレススチールケースとセラミックケース)
    • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)
  • Series 3 GPSモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • Ion-Xガラス
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)

電源

  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間3
  • 磁気充電ケーブル
  • USB電源アダプタ
  • AirPowerマットに対応4

Apple Watch を新しい iPhone に切り替える

新しい iPhone に機種変更する場合、古い iPhone から新しい iPhone に Apple Watch を切り替えることができます。

切り替え時に必要なもの

  • Apple ID とパスワード (アクティベーションロックの解除に必要)
  • 新旧の iPhone (いずれも Wi-Fi への接続が必要)
  • Apple Watch と iPhone (いずれも 50% 以上充電されていること)
  • Apple Watch のパスコード (パスコードを忘れた場合は、こちらの記事を参照してください)

古い iPhone が手元にない場合は、別の方法で対処する必要があります。以下の方法から選択してください。

古い iPhone が手元にある場合

以下の手順にそって、Apple Watch のバックアップを取ってから、新しい iPhone とペアリングしてください。

以前の iPhone をアップデートする

Apple Watch を新しい iPhone に切り替える前に、古い方の iPhone と Apple Watch をアップデートしてください。アップデートが完了するまで、数分から 1 時間ほどかかる場合があります。夜間にアップデートするか、時間があればそのまま待ってください。また、両方のデバイスが充電されているか確認してください。

 

Apple Watch App にソフトウェアアップデートが 1 つ表示されているところ

ヘルスケアとアクティビティの設定を確認する

iCloud を使ってバックアップする場合は、「設定」> [ユーザ名] >「iCloud」の順に選択し、「ヘルスケア」がオンになっているか確認してください。

iTunes を使ってバックアップする場合は、ヘルスケアとアクティビティのコンテンツが保存されるように、バックアップを暗号化してください。

iCloud には、アクティビティの共有データは保管されません。

iPhone X の iCloud の設定

古い iPhone をバックアップする

、古い iPhone を iCloud または iTunes でバックアップしてください。iPhone と併せて Apple Watch もバックアップされます。バックアップの対象となるデータについては、こちらの記事を参照してください。

 

新しい iPhone を設定する

こちらの記事の手順にそって、新しい iPhone を設定してください。iCloud バックアップまたは iTunes バックアップがあるか確認する画面が表示されたら、最新のバックアップを選択して、古いデバイスから新しいデバイスにデータを復元します。iPhone と Apple Watch は最新の状態にしておいてください。最新でないと、バックアップがリストに表示されない場合があります。

iPhone で Apple Watch を使うかどうか確認する画面が表示されたら、「続ける」をタップします。確認画面が表示されない場合も、次の手順で Apple Watch を手動で設定できます。iPhone で Apple Watch を使うかどうか確認する画面が表示されない場合は、こちらを参照してください。

iPhone X の「App とデータ」のオプション

新しい iPhone で Apple Watch App を開く

Apple Watch と iPhone を近付けます。iPhone で Apple Watch App を開きます。

Apple Watch を使うか確認する画面が表示されたら、画面の案内にそって、設定を最後まで進めてください。

iPhone に「ペアリングを開始」という画面が表示される場合は、Apple Watch のペアリングを解除して、設定できるようにしてください。

設定が終わったら、新しい iPhone で Apple Watch を使えるようになります。

問題がある場合

わからないことがある場合は、以下の手順で対処してください。

古い iPhone が手元にない場合や消去してしまった場合

Apple Watch がまだ古い iPhone とペアリングされている可能性があります。以下の手順にそってペアリングを解除してください。

  1. Apple Watch を消去します。
  2. 新しい iPhone を設定し、iCloud にサインインします。すでに設定済みで、サインインも済んでいる場合は、この手順は飛ばしてください。
  3. 新しい iPhone で Apple Watch App を開いて、Apple Watch を新しい iPhone とペアリングします。
  4. バックアップから復元してみます。iPhone と Apple Watch は最新の状態にしておいてください。最新でないと、バックアップがリストに表示されない場合があります。Apple Watch 上のアクティビティ、ワークアウト、または設定情報のうち、最後のバックアップ作成時から現在までの間に変更された情報は復元できません。iOS 11 以降で iCloud を使っている場合は、ヘルスケアとアクティビティのデータが iCloud に保管され、同じ Apple ID でサインインしているデバイス間で自動的に最新情報が同期されます。
    • Apple Watch のバックアップから復元するかどうかを確認する画面では、最新のバックアップを選択します。
    • バックアップがない場合は、Apple Watch を新規デバイスとして設定する必要があります。
  5. 画面の案内にそって、設定を最後まで終わらせます。
  6. 新しい iPhone で Apple Watch を使えるようになりました。iCloud のデータがすべて表示されるようになるまで、数日かかる場合があります。

iCloud には、アクティビティの共有データは保管されません。

古い iPhone が手元にあり、消去していない場合

Apple Watch と古い iPhone のペアリングを解除します。その上で、新しい iPhone を設定するタイミングに応じて、以下のいずれかの方法をお選びください。

  • 新しい iPhone を最新のバックアップから復元したばかりの場合は、デバイスをペアリングします。iPhone と Apple Watchは最新の状態にしておいてください。最新でないと、バックアップがリストに表示されない場合があります。確認を求められたら、Apple Watch のバックアップから復元します。最近のアクティビティ、ワークアウト、または設定のコンテンツは、バックアップがいつ作成されたかによって復元できない場合があります。
  • iPhone のバックアップが数日前または数週間前に作成されたもので、できるだけコンテンツを残しておきたい場合は、新しい iPhone のデータを消去します。その後、古い iPhone から新しい iPhone にコンテンツを転送します。新しい iPhone にあったコンテンツが一部なくなる場合があります。忘れずに Apple Watch と iPhone をペアリングし直してください。

iPhone で設定中に Apple Watch を使うか確認する画面が表示されない場合

Apple Watch と古い iPhone とのペアリングを解除してから、新しい iPhone とペアリングします。確認画面が表示されたら、Apple Watch をバックアップから復元してください。iPhone と Apple Watch は最新の状態にしておいてください。最新でないと、バックアップがリストに表示されない場合があります。

iTunes を使ってコンテンツを新しい iPhone に転送したが、ヘルスケアとアクティビティのコンテンツがない場合

古い iPhone で iCloud を使ってヘルスケアのデータを同期していた場合、新しい iPhone で Wi-Fi に接続し、iCloud にサインインしていれば、データは自動的に新しい iPhone に反映されます。新旧の iPhone で、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択し、「ヘルスケア」がオンになっていることを確かめてください。

iCloud を使っていない場合は、古い iPhone の iTunes バックアップからの復元を試せます。古い iPhone が手元にあり、消去していない場合は、新しい iCloud バックアップを作成するか、iTunes バックアップを暗号化してください。その上で、新しい iPhone のデータを消去し、新しいバックアップから復元します。忘れずに Apple Watch と iPhone をペアリングし直してください。iTunes をお使いの場合は、必ずバックアップを暗号化してください。

古い iPhone がお手元にないか、バックアップできない場合は、ヘルスケアとアクティビティのコンテンツを復元いただくことはできません。

アイフォンが近くにない場合のApple Watch Series 3スマートウォッチの使用法・使い方

Apple Watchはご存知、世界のApple社のスマートウォッチでiPhoneと接続して使用します。

アップルユーザーの生活をより豊かにしてくれるApple Watch Series 3スマートウォッチ

 

 

基本的にはアイフォンをお持ちの状態で使用するかと思いますが、アイフォンを持ち歩くのを忘れてしまった際

アイフォンがないと使用できないのかと言われたらそんなこともありません。

いくつかの制限が発生しますが使用可能です。

ということで今回は『アイフォンが近くにない場合のApple Watch Series 3スマートウォッチの使用法・使い方』についてご紹介します。

 

 

Apple Watch Series 3

 

モデル

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンドまたはスポーツループ
      ステンレススチールケースとスポーツバンドまたはミラネーゼループ
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンドまたはNikeスポーツループ
    • Apple Watch Hermès
      ステンレススチールケースとHermèsレザーストラップ
      購入時に交換用スポーツバンドが付属します
    • Apple Watch Edition
      セラミックケースとスポーツバンド
  • Series 3 GPSモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンド
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンド

チップ

  • より高速なデュアルコアプロセッサ
  • Appleワイヤレスチップ

特長

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量16GB
    • セラミック裏蓋
  • Series 3 GPSモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量8GB
    • 複合材裏蓋

通信方式

Apple Pay

  • Apple Payに入れたSuicaによる、交通機関の利用やショッピングの支払い
  • Apple Payに入れたクレジットカードによる、店舗やアプリケーション内での購入

ディスプレイ

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • サファイアクリスタル(ステンレススチールケースとセラミックケース)
    • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)
  • Series 3 GPSモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • Ion-Xガラス
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)

電源

  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間3
  • 磁気充電ケーブル
  • USB電源アダプタ
  • AirPowerマットに対応4

iPhone が近くにない状態で Apple Watch を使う方法

iPhone を持ち歩いていない場合でも、Apple Watch 単独でできることを紹介します。

Apple Watch のコントロールセンターにモバイルデータ通信の接続状況が表示されているところ

モバイルデータ通信を設定している場合

iPhone と Apple Watch Series 4 (GPS + Cellular) または Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) が両方ともモバイルデータ通信に接続されていれば、iPhone を携帯していなくても、Apple Watch でいつもと同じことを何でもできます。1Apple Watch がモバイルデータ通信に接続されていれば、コントロールセンターに 緑の丸印のアイコンが表示されます。

Apple Watch がモバイルデータ通信に接続されていれば、iPhone が近くになくても、Apple Watch で Wi-Fi 使用時と同じことを実行できます。

モバイルデータ通信の設定方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple Watch のコントロールセンターに Wi-Fi の接続状況が表示されているところ

 

Wi-Fi に接続されている場合

iPhone の電源が切れているときや、通信範囲外にあるときは、Apple Watch で Wi-Fi ネットワークを利用できます。そうした Wi-Fi ネットワークのいずれかに接続されている場合は、コントロールセンターに Wi-Fi アイコン が表示されます。以下の操作は引き続き実行できます。

Siri を使って、ルート案内をしてもらう、iMessage を送信する、その他の作業をこなす。

メッセージ App

メッセージを送受信する。1

電話 App

電話をかける/受ける。2

天気 App

現在の天候を調べる。

株価 App

株価情報を調べる。

ホーム App

自宅の家電をコントロールする。

「友達を探す」App

Wi-Fi に対応した App を使う。1

 

リマインダー App

リマインダーを設定する。

Podcast App

Podcast を聴く。

ミュージック App

音楽をストリーミングする。

 

Radio App

ラジオを聴く。

Wi-Fi、モバイルデータ通信、iPhone に接続できない場合

Apple Watch が接続されていなくても、以下の操作は実行できます。たとえば、Wi-Fi や携帯電話通信の信号がない場所や、iPhone の電源が切れた状態でハイキングに出かける場合を想定しましょう。

ワークアウト App

ワークアウト App を使ってワークアウトの内容を記録する。3

アクティビティ App

アクティビティ App でゴールを追跡する。

時計、アラーム、タイマー、ストップウォッチ App

時計を確認し、アラーム、タイマー、ストップウォッチの各 App を使う。

写真 App

同期しておいたフォトアルバムの写真を表示する。

Wallet App

Apple Pay で買い物する。

心拍数 App

心拍数を調べる。

呼吸 App

リラックスして呼吸に集中する。

Podcast App

Apple Watch に保存されている Podcast を聴く。

  1. 他社製 App からの SMS、MMS、プッシュ通知をセルラーモデルの Apple Watch で受信するには、ペアリングしてある iPhone の電源が入っていて、Wi-Fi またはモバイルデータ通信に接続されている必要がありますが、Apple Watch の近くになくてもかまいません。iPhone で iMessage にサインインしておく必要もあります。
  2. Wi-Fi に接続した状態で電話をかけたい場合は、Apple Watch での Wi-Fi 通話を有効にしておいてください。または、FaceTime 音声通話をお試しください。
  3. 屋外でのウォーキング、ランニング、またはサイクリングの際は、GPS の精度が上がるよう、適切な種類のワークアウトを選択して、iPhone を携帯してください。GPS の精度を上げるために、Apple Watch を調整することができます。Apple Watch Series 2 は GPS を内蔵しているので、ペアリングした iPhone を携帯せずに屋外でワークアウトを行っても、距離や速度の正確な情報が記録されます。

Apple Watch Series 3スマートウォッチのペアリングができない解消法 接続の解除方

Apple Watchはご存知、世界のApple社のスマートウォッチでiPhoneと接続して使用します。

アップルユーザーの生活をより豊かにしてくれるApple Watch Series 3スマートウォッチ

しかしスマートウォッチのペアリングを説明書どおりにしてもうまくできない場合があります。

 

Apple Watch Series 3スマートウォッチのペアリングができない解消法 接続の解除方についてご説明します。

Apple Watch Series 3

 

モデル

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンドまたはスポーツループ
      ステンレススチールケースとスポーツバンドまたはミラネーゼループ
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンドまたはNikeスポーツループ
    • Apple Watch Hermès
      ステンレススチールケースとHermèsレザーストラップ
      購入時に交換用スポーツバンドが付属します
    • Apple Watch Edition
      セラミックケースとスポーツバンド
  • Series 3 GPSモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンド
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンド

チップ

  • より高速なデュアルコアプロセッサ
  • Appleワイヤレスチップ

特長

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量16GB
    • セラミック裏蓋
  • Series 3 GPSモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量8GB
    • 複合材裏蓋

通信方式

Apple Pay

  • Apple Payに入れたSuicaによる、交通機関の利用やショッピングの支払い
  • Apple Payに入れたクレジットカードによる、店舗やアプリケーション内での購入

ディスプレイ

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • サファイアクリスタル(ステンレススチールケースとセラミックケース)
    • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)
  • Series 3 GPSモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • Ion-Xガラス
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)

電源

  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間3
  • 磁気充電ケーブル
  • USB電源アダプタ
  • AirPowerマットに対応4

Apple Watch が iPhone に接続またはペアリングされない場合

Apple Watch に赤い iPhone のアイコンが表示される場合や、ペアリングしようとしても「i」アイコンが見当たらない場合は、デバイス同士を再び接続してみてください。

Apple Watch の接続状況を調べる

Apple Watch に通知やメッセージが届かず、着信もしない場合は、Apple Watch と iPhone の接続が切れていると考えられます。デバイス同士の接続が切れている場合は、文字盤に iPhone に斜めのラインが入った赤いアイコン または X アイコン が表示されます。コントロールセンターでも接続状況を確認できます。Apple Watch が再び接続されると、iPhone に接続済みのアイコン が表示されます。

問題がある場合は、以下の手順で対処してみてください。手順が 1 つ終わるたびに、デバイス同士を接続できるようになったか確認してください。

 

Apple Watch と iPhone の再接続を試す

  1. Apple Watch と、ペアリングされた iPhone を、通信範囲内に収まるように互いに近づけます。
  2. iPhone で、「機内モード」がオフで、「Wi-Fi」と「Bluetooth」がオンであることを確認します。確認するには、上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。
  3. 文字盤に 飛行機 が表示される場合は、機内モードがオンになっています。上にスワイプしてコントロールセンターを開き、機内モードをオフにしてください。
  4. Apple Watch を再起動し、iPhone を再起動します。

デバイス同士のペアリングを解除してから再びペアリングする

Apple Watch がまだ接続されない場合は、デバイスのペアリングを解除してから、もう一度ペアリングしてください。

  1. Apple Watch で、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。
  2. iPhone で、Apple Watch App を開いて「マイウォッチ」タブをタップし、お使いの Apple Watch を画面の上部でタップします。ペアリングを解除する Apple Watch の横にある 情報アイコン をタップしてから、「Apple Watch とのペアリングを解除」をタップします。もう一度タップして確定します。
  3. Apple Watch と iPhone を再びペアリングします。

Apple Watch のペアリングを解除して消去する

Apple Watch のペアリングを解除すると、Apple Watch が出荷時の設定に復元されます。

日本で Apple Watch をお使いで、Wallet に Suica を入れている場合は、ペアリングを解除する前に必ず Suica を削除しておいてください。

デバイスの接続を外す

  1. ペアリングを解除する間、Apple Watch と iPhone を互いに近い場所に置いておきます。
  2. iPhone で Apple Watch App を開きます。
  3. 「マイウォッチ」タブを開いて、画面の上部でお使いの Apple Watch をタップします。
  4. ペアリングを解除したい Apple Watch の横にある 情報アイコン をタップします。
    John の 42 mm アルミニウムの Apple Watch が Watch App に表示されているところ
  5. 「Apple Watch とのペアリングを解除」をタップします。
    iPhone の「Apple Watch」画面に、John のアルミニウムの Apple Watch の詳細情報が表示されているところ
  6. Apple Watch Series 4 (GPS + Cellular) または Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) については、モバイル通信プランをそのまま維持するか削除するかを選択します。
    • Apple Watch と iPhone を再びペアリングする場合は、プランを維持しておきます。
    • Apple Watch と iPhone を今後ペアリングしない場合は、プランを削除します。別の Apple Watch や iPhone とペアリングする予定がなければ、必要に応じて通信事業者にお問い合わせの上、モバイルデータ通信プランを解約してください。
  7. 確認のために、もう一度タップします。場合によっては、Apple ID のパスワードを入力して、アクティベーションロックを無効にする必要があります。Apple Watch 上のコンテンツと設定がすべて消去される前に、iPhone で Apple Watch のバックアップが新たに作成されます。このバックアップを使って、新しい Apple Watch を復元できます。Apple Watch のペアリングが解除されると、「ペアリングを開始」というメッセージが表示されます。
  8. こちらの記事の手順にそって、Apple Watch を設定し直します。

Apple Watch を消去する

iPhone がお手元になく、ペアリングを解除できない場合も、Apple Watch 上のすべてのコンテンツと設定を消去できます。

  1. Apple Watch で、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。
    Apple Watch の「リセット」画面
  2. Apple Watch Series 4 (GPS + Cellular) または Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) については、モバイル通信プランをそのまま維持するか削除するかを選択します。
    • Apple Watch と iPhone を再びペアリングする場合は、プランを維持しておきます。
    • Apple Watch と iPhone を今後ペアリングしない場合は、プランを削除します。別の Apple Watch や iPhone とペアリングする予定がなければ、必要に応じて通信事業者にお問い合わせの上、モバイルデータ通信プランを解約してください。
  3. 「すべてを消去」をタップして確定します。これで、Apple Watch が工場出荷時の設定にリセットされます。

Apple Watch Series 3スマートウォッチのペアリング・接続方をご紹介!!

Apple Watchはご存知、世界のApple社のスマートウォッチでiPhoneと接続して使用します。

アップルユーザーの生活をより豊かにしてくれるApple Watch Series 3スマートウォッチ

以外に接続に困っている方が多いとのこと・・・

 

ということで今回はApple Watch Series 3スマートウォッチのペアリング・接続のやり方についてご説明します。

Apple Watch Series 3

 

モデル

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンドまたはスポーツループ
      ステンレススチールケースとスポーツバンドまたはミラネーゼループ
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンドまたはNikeスポーツループ
    • Apple Watch Hermès
      ステンレススチールケースとHermèsレザーストラップ
      購入時に交換用スポーツバンドが付属します
    • Apple Watch Edition
      セラミックケースとスポーツバンド
  • Series 3 GPSモデル
    • Apple Watch
      アルミニウムケースとスポーツバンド
    • Apple Watch Nike+
      アルミニウムケースとNikeスポーツバンド

チップ

  • より高速なデュアルコアプロセッサ
  • Appleワイヤレスチップ

特長

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量16GB
    • セラミック裏蓋
  • Series 3 GPSモデル
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 50メートルの耐水性能1
    • 心拍センサー
    • 加速度センサー
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • 話せるSiri
    • 容量8GB
    • 複合材裏蓋

通信方式

Apple Pay

  • Apple Payに入れたSuicaによる、交通機関の利用やショッピングの支払い
  • Apple Payに入れたクレジットカードによる、店舗やアプリケーション内での購入

ディスプレイ

  • Series 3 GPS + Cellularモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • サファイアクリスタル(ステンレススチールケースとセラミックケース)
    • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)
  • Series 3 GPSモデル
    • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
    • 2倍の明るさ(1,000ニト)
    • Ion-Xガラス
    • 272 x 340ピクセル(38mm)
    • 312 x 390ピクセル(42mm)

電源

  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間3
  • 磁気充電ケーブル
  • USB電源アダプタ
  • AirPowerマットに対応4

Apple Watch を設定する

新しい Apple Watch を iPhone と設定する方法をご案内します。

始める前に

新しい Apple Watch を設定して使うには、最新バージョンの iOS を搭載した iPhone が必要です。

  • Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) 以降は、iPhone 6 以降に対応しています。
  • Apple Watch Series 3 (GPS) 以前は、iPhone 5s 以降に対応しています。

また、以下の手順も済ませておく必要があります。

  1. iPhone で「設定」>「Bluetooth」の順に選択し、「Bluetooth」がオンになっていることを確認します。
  2. iPhone が Wi-Fi またはモバイルデータ通信ネットワークに接続されていることを確認します。

 

Apple Watch をすでに設定済みで、別の iPhone で使いたくなった場合は、Apple Watch を新しい iPhone に切り替えてコンテンツも転送できます。

 

Apple Watch の電源を入れて装着する

Apple Watch の電源を入れて、Apple ロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。数分かかることがあります。

Apple Watch の電源が入らない場合はこちらの記事を、パスコードの入力が必要なのにパスコードを忘れてしまった場合はこちらの記事を参照してください。

Apple Watch のサイドボタン

Apple Watch を iPhone に近づける

しばらくすると、「iPhone を使用してこの Apple Watch を設定」というメッセージが iPhone に表示されます。表示されたら、「続ける」をタップしてください。このメッセージが表示されない場合は、Apple Watch App を開いて、「ペアリングを開始」をタップします。

以下の手順を実行し終わるまで、Apple Watch と iPhone を互いに近づけておきます。

Apple Watch に「iPhone を Apple Watch に近づけてください」メッセージが表示されているところ

iPhone をアニメーションの上にかざす

文字盤が iPhone のファインダーの中央に来るように合わせます。しばらくすると、Apple Watch のペアリングが終わったというメッセージが表示されます。

カメラを使えない場合は、「Apple Watch を手動でペアリング」をタップして、表示される手順にそって進めます。

iPhone に表示されている「Apple Watch をカメラに向けてください」メッセージとペアリングアニメーション

新しいデバイスとして設定する/バックアップから復元する

はじめての Apple Watch の場合は、「Apple Watch を設定」をタップします。そうでない場合は、バックアップを選択します。案内に従って、Apple Watch を最新バージョンの watchOS にアップデートしてください。

利用規約を読み、「同意する」をタップし、もう一度「同意する」をタップして次に進みます。

Apple ID でサインインする

Apple ID のパスワードの入力画面が表示されたら、入力します。入力画面が表示されない場合は、後から Apple Watch App でサインインできます。「一般」>「Apple ID」の順にタップし、サインインしてください。Apple Watch のセルラーモデルでは、携帯電話番号が必要な一部の機能は、iCloud にサインインしないと使えません。

iPhone で「iPhone を探す」が設定されていない場合は、アクティベーションロックを有効にするように案内されます。アクティベーションロックの画面が表示される場合、Apple Watch は Apple ID に関連付けられています。設定を続けるには、その Apple ID のメールアドレスとパスワードを入力する必要があります。Apple Watch をほかの人から譲り受けた場合は、以前の持ち主に連絡してアクティベーションロックを解除してもらう必要があります。

 

設定を選択する

Apple Watch に、iPhone と共有されている設定内容が表示されます。iPhone で「iPhone を探す」、位置情報サービス、Wi-Fi 通話、診断を有効にしている場合は、これらの設定が自動的に Apple Watch でも有効になります。

経路追跡や Siri など、ほかの設定を使うかどうかも選択できます。Siri が iPhone でまだ設定されていない場合は、このオプションを選択した後で有効になります。

 

パスコードを作成する

パスコードは作成しなくてもかまいませんが、Apple Pay などの機能を使う場合は必要です。

iPhone で「パスコードを作成」または「長いパスコードを追加」をタップしてから、Apple Watch に切り替えて新しいコードを入力してください。作成しない場合は、「パスコードを追加しない」をタップします。

また、Apple Pay についても、カードを追加して設定するように案内されます。

iPhone の「Apple Watch のパスコード」画面

機能と App を選択する

機能の設定を進めます。SOS の設定についてはこちらの記事、アクティビティ App の設定についてはこちらの記事を参照してください。Apple Watch のセルラーモデルでは、モバイルデータ通信の設定もできます。

その後、Apple Watch に対応した App をインストールできます。

iPhone の「利用可能な App をインストール」画面

デバイスの同期が終わるまで待つ

データの量によっては、同期に時間がかかることがあります。Apple Watch の同期が終わるまでの間、「Apple Watch の基本」にチャレンジして、使い方の基礎を学びましょう。

両方のデバイスは近づけたままにしておき、チャイム音が鳴って、Apple Watch で優しくタップされた感じがしたら、Digital Crown を押してください。

Apple Watch Series 3 レビュー 新旧モデルとの違いや性能比較!

Apple Watch Series 3。今回のモデルはApple Watch単体で音声通話やメーセージの送受信をすることができるGPS + Cellularモデルが追加されました。

ということで、Apple Watch Series 3の新機能や旧モデルとの違いについて比較してみました。

Apple Watch Series 3について

デザインとシリーズ

Apple Watch Series 3のデザインは変更されていませんが、GPS + Cellularモデルはデジタルクラウンのボタン部分が赤塗りされているのが特徴となっています。

なので、見た目でセルラー機能を搭載しているかどうかを判別することができます。

6つのラインナップ

ラインナップはGPS + Cellularモデルが4つ、GPSモデルは2つとなっています。

Apple Watch Series 3 GPS + Cellularモデル Apple Watch Series 3 GPS モデル
Apple Watch Apple Watch Nike+ Apple Watch Hermès Apple Watch Edition Apple Watch Apple Watch Nike+
45,800円から 45,800円から 124,800円から 139,800円から 36,800円から 36,800円から

GPS + CellularモデルとGPSモデルの価格差は9,000円ほどです。
この価格でiPhoneがなくてもApple Watch単体でLTE通信をすることができ、通話機能やメッセージ機能などの機能を使うことができるのは魅力的ですね。

eSIMを内蔵

Apple Watch Series 3は物理的に通常のnanoSIMカードを入れることはできません。
従来のSIMカードの100分の1以下のサイズのeSIMを内蔵することでLTE通信が可能となっています。

電話番号は現在使用しているiPhoneの電話番号と同じ番号を使うことになります。電話番号をシェアすることで、iPhoneが手元になくてもApple Watch単体で通信をすることができる仕組みとなっています。

電話番号シェアオプションの加入が必要

サービスを利用するには別途、、各キャリアのシェアオプションプランに加入する必要があります。

各キャリアの番号シェアオプションの料金は以下の通り。

  • docomo(ワンナンバーサービス):月額500円
  • au(ナンバーシェア):月額350円
  • SoftBank:月額350円

なので利用できるのは3大キャリアのみ

なので、結果格安SIMを利用している場合は現在のところApple Watchでの単体通話はできないということになります。

GPS + Cellularモデルは16GBのストレージを搭載

別途料金が掛かるならGPSモデルでいいやと思うかもしれません。しかし、よーくApple Watch Series 3の仕様を見てみるとGPSモデルのストレージ容量は従来通り8GBですがGPS + Cellularモデルは倍となる16GB搭載しているので、より多くの写真や音楽をローカルに保存することができるようになっています。

S3チップとW2チップを搭載

Apple Watch Series 3には第3世代アーキテクチャとなるデュアルコアプロセッサS3チップが搭載されApple Watch Series 2よりも70%高速に動作し、さらに新世代のワイヤレスチップW2によってWi-Fi接続が85%高速になり、BluetoothとWi-Fi接続時の電力効率も50%向上しており、基本性能がさらにブラッシュアップしています。

 

Apple Watch Series 3と旧モデルのスペック比較

新型のApple Watch Series 3と旧型のスペックを比較してみます。

Apple Watch Series 3
GPS + Cellularモデル
Apple Watch Series 3
GPSモデル
Apple Watch Series 2 Apple Watch Series 1
(2017年モデル)
ディスプレイサイズ
  • 272 x 340ピクセル(38mm)
  • 312 x 390ピクセル(42mm)
ディスプレイ
  • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
  • 2倍の明るさ(1,000ニト)
  • 感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
  • (450ニト)
保護ガラス
  • サファイアクリスタル(ステンレススチール/セラミックケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • サファイアクリスタル(ステンレススチール/セラミックケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
CPU
  • S3チップデュアルコア
  • S2チップ デュアルコア
  • S1Pチップ デュアルコア
ワイヤレスチップ
  • W2チップ
  • W1チップ
ストレージ容量
  • 16GB
  • 8GB
Siri
  • 話せるSiri
  • 文字でのSiri
GPS
  • GPS、GLONASSおよびQZSS
センサー
  • 気圧高度計
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
ワイヤレス通信
  • LTE、UMTS
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth
  • Bluetooth 4.2
  • Bluetooth 4.0
  • Bluetooth 4.2(2017年モデルで4.0から4.2に)
耐水性能
  • 50メートルの耐水性能
  • IPX7耐水防沫性能
裏蓋
  • セラミック
  • 複合材
  • セラミック
  • 複合材
バッテリー 最大18時間

GPS + CellularモデルとGPSモデル、どっちを選ぶか

1. 「Apple Music」のストリーミング機能をつかうのか?

watchOS 4.1」から「Apple Watch Series 3」で音楽ストリーミングが利用可能になりました。
LTE通信機能を活かし、iPhoneを使わずに直接Apple WatchからBluetoothヘッドホンにストリーミング再生することが可能になったています。

ポイントはApple Watch単体でこの機能を使用するかどうか。

常にiPhoneを持ち歩いている場合、あえてより電池容量の少ないApple Watchからストリーミングする理由はないはずです。

2. Apple Watch単体での通知は便利

LTE通信に対応しているお陰で、iPhoneが無くても通知受けられます。
ただし、残念ながら大多数のサードパーティアプリは「Apple Watch Series 3」のLTE通信に対応していません。
Apple Watch単体で受けられる通知には限りがあります。

3. 地図アプリ

Apple Watch単体でマップが利用できることは非常に便利です。
ただ、iPhoneを持ち歩かずに地図が必要となるシーンが有るかどうか。

4.Apple Watch単体での通話が可能

GPS + CellularモデルはApple Watch単体での通話が可能です。キャリアのオプション加入が必須ですが。

実際に通話してみたところ、まともに通話するためには時間を見る時と同じように手首を顔近くまで上げた状態をキープして話すというスタイルになります。
かなりシュールなスタイルです。人前ではちょっと恥ずかしいです。
相手の音声も漏れますので使えるシーンは限られてしまいます。

まとめ

iPhoneが近くになくてもApple Watch単体で通話したりメッセージの送受信ができるようになるGPS + Cellularモデルは運動をするときにiPhoneを持ち出す必要性がなくなるので、生活スタイルを大きく変える可能性もある、そんなスマートウォッチになりそうです。

ただ、通信プランを見直す必要があるので少し敷居が高いようにも思います。ストレージ容量が8GBと16GBという違いはありますが、本当にLTE通信が必要なのか、よく考えて選択する必要がありますね。

Apple?Watch Series?3(GPS? ?Cellularモデル)- 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

新品価格
¥46,753から
(2018/12/19 00:58時点)

Apple?Watch Series?3(GPS? ?Cellularモデル)- 42mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

新品価格
¥46,753から
(2018/12/19 00:59時点)

Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

新品価格
¥46,198から
(2018/12/19 00:59時点)

Apple?Watch Series?3(GPSモデル)- 42mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

新品価格
¥52,980から
(2018/12/19 00:59時点)

Bluetoothスピーカー『 JBL BOOMBOX』のペアリング・接続法

 

JBLブランドからシリーズ史上最大となる大型Bluetoothスピーカー「JBL BOOMBOX(ブームボックス)」

 

「JBL BOOMBOX(ブームボックス)」は、JBLが展開するポータブルBluetoothスピーカーシリーズで最も大きいサイズのBluetoothスピーカーです。20mmツイーター×2基、100mmウーファー×2基による2ウェイスピーカー構成と、低音を増強するパッシブラジエーターの搭載により、JBLの持ち味であるクリアな中高域と豊かな低音域再生を実現。「インドア」・「アウトドア」の2つの音質モードを採用しており、場所に応じたパワフルサウンドを楽しめます。

 

「JBL BOOMBOX(ブームボックス)」のスマホやアンドロイドへのペアリング・接続法がわからない方のために今回はわかりやすくご説明させていただきます。

 

この製品のスペック

JBL BOOMBOXの主なスペックです。

大きさ : 幅460 × 高さ254.5 × 奥行195.5 mm
重さ : 約5.25キログラム
スピーカー : ウーファー100mm x 2、ツイーター20mm × 2
最大出力 : 電源接続時 60W(30W + 30W)、バッテリー駆動時 40W(20W + 20W)
Bluetooth : バージョン4.2
コーデック : SBC
入力端子 : オーディオミニプラグ × 1
ハンズフリー通話 : 対応
防水 : 対応(IPX7相当)
バッテリー容量 : 20,000mAh
充電時間 : 約6.5時間
再生時間 : 約24時間
カラー : ブラック

 

ペアリング関連のQ&A

 

ペアリング設定をリセットしたい

LIP3のハンズフリーボタンと+ボタンを同時に長押しし、右端の点が赤、それ以外が白点灯するのを確認してください。

 

Bluetoothが上手く接続できない閉じる

1.FLIP3のBluetoothボタンを押して電源ランプが青点滅するかご確認ください。
2.スマートフォン側の「設定」からBluetoothをオンにしてください。
3.Bluetooth に接続できるデバイスの一覧が表示されますので [ JBL FLIP3 ] をタップしてください。
※この際他の機器とスマートフォンが接続されていると接続できない場合がありますので、うまくいかない場合は他の接続は解除してください。
※ペアリング済みのJBL FLIP3をタップしても接続できない場合は一旦スマートフォン側から接続設定を削除して再度接続してください。

上記手順を試しても接続できない場合は下記をお試しください

1.スマートフォンのBluetooth設定画面のデバイス一覧からJBL FLIP3を削除します。
2.スマートフォンの電源ボタンを長押しし、再起動をタップしてスマートフォンを再起動します。
3.FLIP3のハンズフリーボタンと+ボタンを同時に長押しし、右端の点が赤、それ以外が白点灯するのを確認してください。(リセット)
4.FLIP3の電源をオンにして再度Bluetoothの接続をお試しください

Bluetoothと有線接続を同時に行った場合はどちらが優先されますか閉じる

Bluetoothが優先されます。有線で接続した音楽を流す場合はBluetoothの音楽を停止してください。

 

端末とのBluetoothペアリング、スピーカーのコネクトは出来ているが、[ JBL Connect ] を起動しても、検索中のままスピーカーが認識されない。

一旦スマートフォンの電源を長押して再起動し、スマートフォンとFLIP3がBluetooth接続できているのを確認の上、再度JBL connectでスピーカーが探索できるかご確認ください。どうしてもできない場合は誠にお手数ですが、一旦アプリをアンインストールして、再度、アプリストアからインストールをお願いいたします。

Windows PCでドライバがインストールされない。Windows PC とペアリングをする際に
「ドライバがインストールされませんでした」のメッセージが出ることがある

WindowsPCで、ペアリングの際、ドライバーがインストールできないメッセージが出る場合は、以下の操作を実施してください。

お手持ちのPCの [ コントロールパネル ] → [ デバイスとプリンタ ] を開く
※[ デバイスとプリンタ ] にFLIP3のアイコンが出ていない場合は、再度ペアリング操作をおこなってください。

FLIP3のアイコンが表示されている場合は、下記の様に黄色い三角が出ています。

この状態の場合には、アイコンをダブルクリック または、右クリックで、[ プロパティ ] を選択

上図の [ 音楽を聴く ] を選択

レ点の表示と、[ Bluetooth接続が確立されています ] の表示が出たら、[ 再生デバイス ] を開いて、FLIP3が既定のデバイスとして、設定されていることを確認し、出力を試してみてください。

 

 

SONY新作ヘッドホン WH-1000XM3のペアリング・Bluetooth接続のやり方。

どんな場所にいても好きな音楽に浸れるヘッドフォン。音質やデザイン、装着性、価格など、製品選びの基準は色々ある中、ワイヤレス&ノイズキャンセリング(ノイキャン/NC)の快適さと、音質の両方に妥協したくない人に待望のモデルがソニーの「WH-1000XM3」だ。

WH-1000XM3のペアリング・Bluetooth接続のやり方をご紹介します。

機能表
ヘッドホン部 *1
型式 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット 40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度 104.5dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
マグネット ネオジウム
再生周波数帯域 4 Hz – 40,000 Hz (JEITA)
インピーダンス 47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
コード長 約1.2m、OFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
コードタイプ 片出し(着脱式)
入力プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ
質量 *2 約 255g
ヘッドホン部(その他)
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約3時間(フル充電) (1.5AのACアダプター使用時)
充電方法 USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間) 最大24時間(NC ON時)、最大30時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間) 最大30時間(NC ON時)、最大200時間(NC OFF時)
周波数特性 4Hz-40,000Hz
対応インピーダンス 47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子 ステレオミニジャック
マイクロホン部
型式 MEMS
指向特性 全指向性
有効周波数帯域 50Hz-8,000Hz
付属品
USBケーブル
保証書
キャリングケース
航空機用プラグアダプター
接続ケーブル
取扱説明書
Bluetooth
通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.4.2
出力 Bluetooth標準規格 Power Class2
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル *3 A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、 HFP(Hands-free Profile)、 HSP(Headset Profile)
対応コーデック *4 SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP) 20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) / 20Hz – 40,000Hz(LDAC 96kHzサンプリング、990kbps 時)

WH-1000XM3のペアリング・Bluetooth接続のやり方。

Bluetooth機器を機器登録(ペアリング)してから接続する

接続したい機器を登録しておく操作を機器登録(ペアリング)といいます。初めてヘッドセットと組み合わせて使う場合は、最初に機器を登録してください。

操作の前に、以下を確認してください。

  • ヘッドセットとBluetooth機器が1 m以内に置かれている。
  • 充電式電池が充分に充電されている。
  • 接続するBluetooth機器の取扱説明書を準備する。
  1. ヘッドセットを機器登録モードにする。

    お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドセットを初期化した後(ヘッドセットに機器登録情報がない場合)は、ヘッドセットの電源を入れると自動的に機器登録モードになります。

    2台目以降の機器登録を行う場合(ヘッドセットに他の機器登録情報がある場合)は、ボタンを約7秒押し続けます。

    青ランプが2回ずつ点滅を繰り返すことを確認してください。音声ガイダンス「Bluetooth pairing」(Bluetoothペアリングします)が流れます。

  2. Bluetooth機器でペアリング操作を行い、ヘッドセットを検索する。

    Bluetooth機器の画面の検出した機器の一覧に[WH-1000XM3]と表示されます。

    表示されない場合は、もう一度手順1から行ってください。

  3. Bluetooth機器の画面に表示されている[WH-1000XM3]を選び、互いの機器を登録する。

    パスキー(*)を要求された場合は「0000」を入力してください。

    パスキーは、パスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  4. 相手側Bluetooth機器でBluetooth接続操作を行う。

    機器登録が完了すると自動的にヘッドセットと接続される機器もあります。音声ガイダンス「Bluetooth connected」(Bluetooth接続しました)が流れます。

     

iPhoneを機器登録(ペアリング)してから接続する

接続したい機器を登録しておく操作を機器登録(ペアリング)といいます。初めてヘッドセットと組み合わせて使う場合は、最初に機器を登録してください。

操作の前に、以下を確認してください。

  • ヘッドセットとiPhoneが1 m以内に置かれている。
  • 充電式電池が充分に充電されている。
  • 接続するiPhoneの取扱説明書を準備する。
  1. ヘッドセットを機器登録モードにする。

    お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドセットを初期化した後(ヘッドセットに機器登録情報がない場合)は、ヘッドセットの電源を入れると自動的に機器登録モードになります。

    2台目以降の機器登録を行う場合(ヘッドセットに他の機器登録情報がある場合)は、ボタンを約7秒押し続けます。

    青ランプが2回ずつ点滅を繰り返すことを確認してください。音声ガイダンス「Bluetooth pairing」(Bluetoothペアリングします)が流れます。

  2. iPhoneの画面をロックしている場合は、解除する。
  3. iPhoneでヘッドセットを検索する。
    1. 設定]を選ぶ。
    2. Bluetooth]をタッチする。

    3. ]をタッチして[]にする(Bluetooth機能をオンにする)。

  4. [WH-1000XM3]をタッチする。

    パスキー(*)を要求された場合は「0000」を入力してください。

    互いの機器への登録が完了し、ヘッドセットとiPhoneが接続された状態になります。音声ガイダンス「Bluetooth connected」(Bluetooth接続しました)が流れます。

    接続されない場合は、「機器登録(ペアリング)済みのiPhoneと接続する」をご覧ください。

    iPhoneの画面に[WH-1000XM3]が表示されない場合は、もう一度手順3から操作してください。

 

 

360度カメラ「Insta360 ONE」iPhone・アンドロイドをBluetooth接続・ペアリングのやり方

Insta360 ONEは、わずか82グラムとコンパクトながら、これまでにないハイスペックな性能を持つ360°カメラです。

あなたの周り360°全ての景色をワンタッチで、高精彩な360°静止画・動画の撮影が可能。最大7K(6912×3456)、2400万画素と超高画質、さらに360°動画としては驚異の120fpsスロモーション撮影機能、オブジェクト・トラッキング機能、6軸スタビライゼーションによる手ぶれ補正機能などの多彩な機能を揃えた、新時代の360°カメラです。

連続撮影は最大70分間、そして最大128GBのmicroSDカードに対応。大容量の4K360°動画も、おもうぞんぶんに撮影して保存することができます。

撮影する上でiPhone・アンドロイドをBluetooth接続・ペアリングのやり方をご紹介します。

Insta360 ONEの主な機能

  • FlowState™スタビライゼーション機能 [NEW!]
  • リモートコントロール(Bluetooth接続)
  • セルフタイマー
  • リトルプラネット撮影
  • 編集機能(フィルター、露出調整など)
  • マニュアルモード撮影(ISO、シャッタースピード調整可能)
  • スローモード撮影(120fps)
  • タイムラプス撮影
  • ハイパーラプス撮影 [NEW!]
  • バレットタイム撮影
  • ライブ配信
  • アニメーションライブ(360°動画の視点を配信者側でコントロール)
  • Free Capture(360°動画からカメラ角度を動かして通常の映像に編集)
  • Smart Track(360°動画から指定の対象を自動追跡して通常の映像に編集)

アプリ「Insta360 ONE」の導入

「Insta360 ONE」では、iPhoneなどの機器に接続したときに必要となるアプリケーションがあります。

モデル名そのままの「Insta360 ONE」というアプリは、iPhoneやiPadと接続した時にインストールするように通知が表示されます。

そこで画面指示に従って進めていくとインストールが完了し、カメラ本体の操作が行えるようになります。

 

Insta360 ONEとiPhoneをBluetooth接続

まず、Insta360 ONEをiPhoneと接続せずに単体で起動。

iPhoneのInsta360アプリを開き、カメラを起動。

Insata360 ONEと接続してないので何も表示されない状態です。

この状態で、左下にあるBluetoothマークをタップ。
Bluetoothマークをタップ

「Insta360 ONE…」をタップし「確認」をタップ。表示されなければ表示されるまでしばらく待ってください。
Insta360 ONEを選択

これでBluetooth接続完了です。写真やビデオなど、撮影したいモードを選んで画面下の黄色いボタンをタップすれば撮影することができます。
接続完了

画面には「注意:音声ボタンでも撮影できます」と書かれているので音声でシャッターを切るのかと思いますが切れません。

これは「音声」ではなく「音量」の間違いで、iPhone横の音量調整ボタンを押すとシャッターを切ることができます。どちらのボタンでも動作します。

音量ボタンの方が画面を見ずに手探りでシャッターを切れるので便利です。

 

カメラの映像や画像をiPhoneに表示されない

残念なのが、リモートコントロールしているInsta360 ONEの映像はiPhoneに表示されないということです。

カメラの映像を見ることができれば、アングルや被写体の位置を調整できて便利なのですが、それができないのは不便ですよね。

撮影後の写真はBluetoothで飛んできて一応iPhoneで表示されるのですが、オリジナルの画像ではなくサムネイルなので画像が小さく確認しづらいです…。

画像の転送も、iPhoneと直接接続しないとできないので使い勝手がちょっと悪い

Razer Phone 2レビュー|RAM8GBのゲーミングスマホのスペック

 

昨年、Razerはスマートフォンの新ジャンルを誕生させ、他社の普通のスマホでは類を見ない大容量の4000 mAhバッテリーと、ゲームをよりなめらかに見せる120Hzのディスプレイという素晴らしいものをゲーマーにもたらしてくれました。しかし、他社もゲームに関して気を配り始めた現在、RazerはこのRazer Phone 2で、ディスプレイと必須なRGBライトは別にして、ゲーミング用スマホというアイデアをどう掘り下げていったのでしょうか

 

昨年に発売された、Razerのゲーミングスマートフォン「Razer Phone」に後継モデルのRazer Phone 2が登場した。先代からスペックが強化されたのはもちろん、リッチなゲームプレイを可能にする優れた機能を盛りだくさんで搭載している。

ディスプレーは同様に5.7型のIGZO液晶だが、リフレッシュレートだけでなくタッチサンプリングレートも120Hzに対応。レスポンスに優れラグが無い点が特徴だ。

また、フロントにはDolby Atmos対応のサラウンドに対応したステレオスピーカーを内蔵。ボディーもIP67準拠の防水・防塵仕様になった。

リフレッシュ・タッチサンプリングレートは120Hzに対応。スナドラ845や8GBメモリーなどを内蔵、カメラも2倍ズーム対応のデュアルに進化した

ディスプレー解像度は2560×1440ドットで、プロセッサーはSnapdragon 845を搭載。冷却システムには業界最高峰の冷却効率を謳うベイパーチャンバーを採用している。メモリーは8GBでストレージは64GBを内蔵。1200万画素+1200万画素のデュアルカメラと800万画素インカメラ、microSDスロット、ワイヤレス充電に対応した4000mAhの大容量バッテリーなどを備える。なお、搭載OSはAndroid 8.1。

ショップによれば、ネットワークはFD-LTE バンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71、TD-LTEバンド 38/39/40/41/48などに対応している。

 

Razer Phone 2・Razer Phoneのスペック

項目 Razer Phone 2 Razer Phone
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (2.80 GHz)
vapor chamber cooling system
Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile Platform
GPU Adreno 630 Adreno 540
メモリー 8GB (LPDDR4X) 8GB dual channel (LPDDR4, 1866 MHz)
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.72-inch IGZO LCD 1440 x 2560 5.7-inch IGZO LCD 1440 x 2560
120Hz, Wide Color Gamut
Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 3
アウトカメラ 広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
4K Video撮影
広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
インカメラ 8MP f/2.0
1080P Video撮影
8MP f/2.0
音響 Dual front-firing stereo speakers with dual amplifiers
Dolby Atmos Technology
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
急速充電 Qualcomm QuickCharge 4.0+
ワイヤレス充電 Wireless Charging(Qi)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 GSM: Quad-band GSM UMTS: 1/2/3/4/5/8
WCDMA: 1/2/3/4/5/8
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: 38/39/40/41/48 TDD LTE: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39 TD-SCDMA: 34/39
LAA: 46
4×4 MIMO: 1/2/3/4/7/30/38/48/66
防水・防塵 IP67
サイズ 158.5 x 78.99 x 8.5 mm 158.5 x 77.7 x 8 mm
OS Android 8.1 Android 7.1.1
コネクター USB Type-C

 

心臓部となるCPUとGPUとメモリ

画像引用元:Razer Phone 2 – Flagship // Gaming

処理能力の高さで評価され、多くのスマホでも採用されているQualcomm社の「Snapdragon」の最新モデルSnapdragon845(2.8GHz オクタコア)を採用しています。

さらにGPUにはAdreno600を採用することで、ゲーム特有の画像処理に余裕をもって対応しているのです。

前モデルで採用されていたQualcomm Snapdragon835(2.35GHz オクタコア)、GPUがAdreno 540の組み合わせから進化を遂げているのが分かります。

 

デザイン

16:9比率のディスプレイで、ベゼル上下にはスピーカーを搭載します。Dolby Atmos対応。ガラス筐体。ゲームプレイと没入感を阻害する邪魔なノッチもありません。

phone-c2-usp01.2-120hz-panel-desktop

個人的にはあまり興味が無いのですが、PCゲーム業界で「ゲーミング」を謳う製品には、やたらピカピカ光るものが多く、今回、Razer Phone 2はChroma LEDにより背面ロゴがカラフルに光ります。まあ、RazerらしいといえばRazerらしいので、Razerファンや、光るのが好きな一部PCゲーマーにとっては嬉しいポイントでしょう。

phone-c2-usp06-water-resistant-desktop

 

冷却機構

phone-c2-usp02.2-vapor-desktop

ベイパーチャンバー採用の冷却システムを採用。ヒートパイプに近い仕組みで、SoCのの熱で気化した液体がチャンバー内を移動することで冷却するというもの。Snapdragon 845搭載スマホも出始めは熱問題が取り沙汰されましたし、結局はゲーマーにとっては、ベンチマークによって瞬間的なスペックを出せるよりも、長く高いパフォーマンスを持続するほうが重要です。まさにゲーマー向けのスマートフォンと言えます。

Samsung Galaxy Watch ギャラクシーウォッチ SM-R800のペアリング・接続法のやり方!

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)「Galaxy Watch」が発売されました

EXPANSYSで新発売となっているのはSamsung Galaxy Watch。取扱うのはLTE通信をサポートしないBluetooth版で、42mmケースモデル(型番:SM-R810)はMidnight BlackおよびRose Goldの2色を取扱い。46mmケースモデル(型番:SM-R800)はSilverのみ!

Samsung Galaxy Watch ギャラクシーウォッチの接続法やペアリング購入したての方はどうするばいいのかわからないと思います。

なので今回は【Samsung Galaxy Watch ギャラクシーウォッチ SM-R800のペアリング】についてご紹介します!!

 

 

Samsung Galaxy Watch(SM-R810/SM-R800)の主な仕様情報
外寸と重さ・画面・バッテリー
※モデルにより内容の異なる項目
42mm版
  • 外寸:45.7mm x 41.9mm x 12.7mm
  • 重さ:49g
  • バンド幅:20mm
  • 画面:1.2インチ(360 x 360), Super AMOLED
  • バッテリー:270mAh
46mm版
  • 外寸:49.0mm x 46.0mm x 13.0mm
  • 重さ:63g
  • バンド幅:22mm
  • 画面:1.3インチ(360 x 360), Super AMOLED
  • バッテリー:472mAh
システム
OS Tizen 4.0
互換条件
  • Android OS:「Android 5.0以降」かつ「RAM容量が1.5GB以上」
  • iOS:「iOS 9.0以降」かつ「iPhone 5以降」
SoC Samsung Exynos 9110 Dual-Core

  • 1.15GHz x 2
RAM 768MB
ROM 4GB
センサー
  • 加速度センサー
  • 気圧センサー
  • ジャイロスコープ
  • 心拍数モニター
  • 周囲光センサー
通信方式
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
衛星測位
システム
  • GPS
  • Glonass
その他
防塵防水
  • 5気圧防水
  • IP68

 GALAXY Gearと端末をペアリングする方法

1.「Gear Manager」アプリをタップし、[ようこそ]画面の「GEARに接続」をタップします。

    1.「Gear Manager」アプリをタップし、[ようこそ]画面の「GEARに接続」をタップします。

2.[Gearを選択]画面が表示されるので、ペアリングしたいGALAXY Gearをタップします。

    2.[Gearを選択]画面が表示されるので、ペアリングしたいGALAXY Gearをタップします。

3-1.端末に[Bluetoothペアリングの要求]のポップアップが表示されるので内容を確認し、良ければ

    「OK」タップします。

    3-1.端末に[Bluetoothペアリングの要求]のポップアップが表示されるので内容を確認し、良ければ「OK」タップします。

3-2.GALAXY Gearに端末と同じパスキーが表示されたら、赤枠の「チェックのアイコン」を

    タップします。

    3-2.GALAXY Gearに端末と同じパスキーが表示されたら、赤枠の「チェックのアイコン」をタップします。

4.[エンドユーザーライセンス契約]画面が表示されるので[ソフトウェアエンドユーザー…]および

    [Gear Managerエンドユーザー…]の内容を確認し、良ければ両方の

    「上記の利用規約の全てを読み、…」のチェックボックスをタップして、チェックを入れます。

    4.[エンドユーザーライセンス契約]画面が表示されるので[ソフトウェアエンドユーザー...]および[Gear Managerエンドユーザー...]の内容を確認し、良ければ両方の「上記の利用規約の全てを読み、...」のチェックボックスをタップして、チェックを入れます。

5.チェックボックスにチェックを入れたら「次へ」をタップします。

    5.チェックボックスにチェックを入れたら「次へ」をタップします。

6.[情報提供に関する契約書]画面が表示されるので内容を確認し、良ければ「同意」をタップします。

    6.[情報提供に関する契約書]画面が表示されるので内容を確認し、良ければ「同意」をタップします。

7.[Samsung Galaxy Gear]のポップアップが表示されるので「閉じる」をタップします。

    7.[Samsung Galaxy Gear]のポップアップが表示されるので「閉じる」をタップします。

8.Gear Managerの[GALAXY Gear]画面が表示されるので、[ペアリングされたGear]に[接続]と

    表示されていることを確認してください。

    8.Gear Managerの[GALAXY Gear]画面が表示されるので、[ペアリングされたGear]に[接続]と表示されていることを確認してください。

以上で操作完了です。