イヤホンを選ぶならこの2つのタイプが主流

インナーイヤー型イヤホン
耳甲介(イヤーコンカ)に載せてフィットさせるため、カナル型と比べて非常に軽い装着感が特長です。
開放型(オープン)とも呼ばれ、カナル型では出せない音場が広く開放感のありますが、遮音性や音漏れには弱くなっています。
長時間使用でも疲れにくいという利点もあります。

iPhoneに付属していたタイプは、このインナーイヤー型です。
耳にはめる部分は平たく、耳の形を選びません。
iPhoneの異常な普及で浸透した印象があります。

簡単に言うなら万人受けのイヤホンと言えるでしょう。

 

カナル型イヤホン
カナル型イヤホンは、耳栓のように外耳道にイヤーピースを差し込んで音楽を聴くため、インナーイヤー型に比べ、
遮音性や音漏れに優れるものが多くなっています。

特徴は3つ

遮音性が抜群
耳の穴をすっぽり覆うように詰め込むこのタイプは、遮音性が高く周囲の声もあまり聞こえない「密閉型」なので、移動中は注意が必要。
先日紹介したサウンドピーツのQ12はこのタイプになります。

外れにくい
イヤーピースのサイズにもよりますが、基本的に外れにくいのでジムなどの運動中にもお勧めです。
耳から落ちてしまう人は、付属でイヤーピースがついてきていると思うので、耳の穴のサイズに合わせて交換しましょう。
中古で買うときはこの付属品があるのかを注意した方がいいです。
付属していない場合は結構な絶望感があります。

重厚に音が大きく聞こえる
カナル型は密閉型のため、音楽は大きく重く届きます。
重低音が大きめに響く、やや音が籠る場合があるなどの可能性はありますが、一人で浸りたい時はカナル型がお勧めです。
通勤時にイヤホンをしている方を目にしますがカナル型イヤホンが多い印象があります。
やはり遮音性の性能を駆使しているのでしょうか?

イヤホンは人によって合う合わないがあるので一概にどっちが優れているとは決めにくいです。
そんな時は家電量販店に出向き実際に装着して試すことを推奨します。

 

 

iPhoneでハイレゾ聞く入門機とも言われるオンキヨー ポタアンDAC-HA200

Lighting USBケーブルで簡単に繋げられるのが最大の特徴
iPhoneユーザーには本当にありがたい。

オンキョーの専用アプリ HF PlayerというONKYOのアプリで簡単に接続することができるので、
iPhoneユーザーのハイレゾ入門にオススメです。


こういったところからもiPhoneをターゲットにした製品であることが伺えます。
iPhoneの中に入っている曲はiPodの曲とし同期ができる。
ハイレゾ音源でなくてもかなり良くなります。
聞き飽きたように感じていた手持ちの音楽なども見違えるようによみがえりますのでおすすめです。

iPhoneのほかにiPad、iPodも使用できます。
使用中はiPhoneの充電ができないので、残りのバッテリー量と相談しながら使うことになります。
MacでもAndroidでも使えます。
Macなら使いながら給電してくれるので、ポタアンのバッテリー残量は気にしないで聞きまくれちゃいます。

 

 

ハイレゾ相当の音をワイヤレス伝送できるLDAC対応のSRS-X55

LDACとは、Bluetoothのオーディオプロファイル(A2DP)で利用される、新しいコーデックです。
ハイレゾ音源をはじめとした高音質、高ビットレートな音源を再生できるようにします。
これまでのBluetooth機器での音楽再生に比べて非常に高音質での再生を可能にします。

LDAC対応機器同士をペアリングすれば、スマートフォン内のハイレゾ楽曲データを、ハイレゾ相当の高音質で再生できます。

ソニー製品を中心に対応製品が多く、スマートフォンは「Xperia XZ」などが、
ウォークマンはエントリーモデルの「A30」シリーズからハイエンドモデルの「WM1」シリーズまで、
ヘッドホン・イヤホンは「MDR-1000X」などのハイエンドモデルを中心に利用することができる。
最近ではソニー以外のメーカーからもLDAC対応製品が登場してきています。

SRS-X55の印象レビュー



携帯するには大き過ぎますが、宅内で移動できるオーディオと考えれば、充分コンパクトで軽量です。
音量と音質は安価なミニコンポを超える実力で、自宅のメインオーディオシステムとして使うのもアリでしょう。
価格も手ごろで、コストパフォーマンスの面でもおすすめできます。
通信の安定性や、おすそ分け充電、外部入力端子有りなど、ちょっとした所にニクイ気遣いがあるのはさすがSONYの設計です。

 

 

10月7日 SONY NW-ZX300が発売になりました。

NW-ZX300(以下、ZX300)は高音質と多機能をコンパクトな筐体に詰め込み、
コストパフォーマンスも高めたNW-ZX100(以下、ZX100)の後継機種


 


本体操作は3.1型のタッチパネル液晶で行える。

「NW-ZX2」の頃に好評だったタッチインターフェースがと採用されました。

スマホ操作で慣れているとタッチ操作は必須です。

ZX100のようにアナログっぽく使うのもそれはそれでなかなかいいんですけどね。
時代には逆らわなかったってことでしょう。

気になるのは、ZX300ではノイズキャンセリング機能が省かれています。

海外モデルでは必要不可欠なのかってくらいノイズキャンセリング機能がついてますね。

なかなか興味をそそる機能でPCポタアンにもなる!USB DACモードを搭載しました。
ZX300をポータブルアンプのように使って、
パソコンの中の音源をUSB経由で高音質に聴くことができる「USB DAC」(ユーエスビー ダック)機能を搭載しました。
なんだか凄くオトクな感じです。

ノートパソコンも一緒に外へ持っていけば、音楽だけではなく迫力あるMOVIEやゲームが楽しめそうです。
ちょっと無理がある感じもするけど…

ちょっと物足りない気がするスペックはZX300の容量が残念ながら64GBになった。
ZX100に128GBと比べると大幅容量ダウンが否めない印象。
高音質でたくさん楽曲を入れておきたいなら プラスmicroSDカードでメモリー拡張するのがおすすめです。

実機に触れる機会があればぜひ体験してみようと思う機種ですね。

ハイレゾ入門機にSONY NW-A25はコスパも機能も満足できます。

ハイレゾ音源をとりあえずウォークマンで始めてみよう、という方にはNW-A25が良いと思います。
すでにNW-A40シリーズ,NW-A30シリーズなどの後継機種がどんどん発売されています。
が、あえてNW-A20シリーズを推奨します。

その理由はいくつかございます。

・携帯性に優れている。
・容量は最大64GBモデルまで用意されており選択肢が多い。
・圧縮方法はハイレゾの場合はFLAC方式になるのでこの方式だと楽曲の内容にさはございますが約50曲程度保存できます。
32GBが100曲、64GBが200曲となっております。
・使用方法にもよりますが通勤往復で2時間でも50曲は聴ききれませんよね?

それを考えるとおすすめ機種のNW-A25にたどりつきます。

コスパがいいですね。(中古市場本体のみ価格)
NW-A25(16GB) 約13,000円~
NW-A26(32GB) 約15,000円~
NW-A27(64GB) 約19,000円~

A20シリーズはストレージはマイクロSDカードを使って拡張が可能なため、
本体の差額分をSDカードに回せば容量問題は解決出来ます。

結果的にNW-A25の16GBモデルが妥当かと思います。

付属のイヤフォンがなかなかの逸材もの、
ノイズキャンセリングが備わっており単品価格でも5,000円前後で
取引されるくらいの商品です。