オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

ハイレゾ情報

PCオーディオの基本 パソコン

更新日:

PCオーディオの基本 パソコン

パソコンでハイレゾを楽しむためには最低限必要なものがあります。

高音質な音楽ファイルが手元にあるといい音で聞いてみたいと思います。

パソコンで音楽を聴く場合の最大の弱点はデジタルからアナログに変換されるときに発生するノイズです。

そのノイズを可能な限り取り除くことが必要です。

その為にはパソコンはもちろん、USB DACが必要になります。

それではパソコンはどういったものが必要か?

パソコンに関してはWindows7以降のパソコンであれば問題なく動きます。

音楽の再生にはCPUの能力はそれほど必要なく、それよりも問題になるのはハイレゾの音楽ファイルはMO3等と比較して大きいため古いパソコンではハードディスクが不足する可能性があります。

今では1TBや2TBの外付けハードディスクが安価に販売されているので、出来れば増設した方が良いかもしれません。

CPUがIntel Core i3の古い世代のノートパソコンであれば1万円代で購入できるのでハードディスクと合わせても3万円も必要ありません。

また、その様な性能のノートパソコンであればハードディスクは500GB程度が内蔵されていますので、そのままでもかまわないかもしれません。

画面の大きさは大きくなくてもかまわないと思いますがDVD-ROMやCD-ROMが内蔵している必要がありますのでフルサイズのノートパソコンが望ましいと思います。

ノートパソコンの方がデスクトップパソコンより音楽再生には望ましいと思います。

消費電力で場所もとらず、オーディオ機器と接続して専用として使うことが出来ます。

もちろん、今あるパソコンを活用するのであれば、そのまま使っているパソコンを利用する事になります。

しかし、もし中古のパソコンを購入するのであれば拡張性は少ないかもしれませんが同じCPUであれば、ノートパソコンの方がお得な商品が多いと思います。

パソコンだけでも音楽を楽しむことはできます。

しかし、パソコンで音楽を再生するときにマザーボードについているサウンドチップでアナログに変換されてスピーカーで直接出力するかヘッドホン端子に接続された外部機器に出力することになります。

その時に発生するのがノイズと搭載されている貧弱なスピーカーのためにパソコンは音楽の再生に向いていないと言われた理由です。

この問題を解決するのがUSB DACといった機器になります。

音楽再生用のパソコンが手には入ったら、音楽を再生するハイレゾに対応した音楽プレーヤーが必要になります。

標準でインストールされているWindows Media PlayerやAppleからダウンロードできるiTunesがあります。

しかし、ハイレゾに対応した高音質の音楽ファイルを再生できる専用のソフトが必要になります。

そのソフトはフリーソフトのfoobar2000やいろいろなソフトがありますので、そのうちのどれかをインストールします。

その次はUSB DACとハイレゾ音源に最適なスピーカーが必要になります。

ちなみに音楽の再生だけで考えるなら性能はそれ程必要はありませんで中古のノートパソコンでも十分です。

音楽用に最適な機種はオークションや中古パソコンを販売しているテンポで格安で販売しています。

 

SONY VAIO S(SB)シリーズ VPCSB4AJ Core i7-2640M 2.8GHz/新品 Intel SSD256GB 搭載モデル

爆速!! のVaio ノートパソコンが
Core i7 2.8GHzにIntelの新品SSD 256GBを搭載しております。
起動まで僅か数秒!! 超快適です。

この程度の性能であれば3万円代で入手できます。

【スペック】

■メーカー:SONY
■型番:VAIO S(SB)シリーズVPCSB4AJ
■CPU:Intel Core i7-2640M 2.80GHz
■メモリ:4GB
■HDD:256GB SSD Intel (新品)
■光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
■モニター:13.3インチ WXGA (1366x768)
■ネット環境:USB 無線LAN(Wi-Fi通信)対応
■OS:Windows10 Home 64bit

 

 

-ハイレゾ情報
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.