オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

未分類

【端末レビュー】OnePlus 3(ワンプラス 3) スペック・使い勝手

投稿日:

 

中国で発売されたフライングシップキラーOnePlus3

今回はこちらのスマホをレビューしていきます。

OnePlus 3側

パフォーマンス スペック

OnePlus 3は投入地域ごとにモデルが別れており、それぞれの対応バンドも含めたスペックは以下の通りとなります。

機種名 OnePlus 3
投入地域
(型番)
中国
(A3000)
ヨーロッパ / アジア
(A3003)
北米
(A3000)
画面サイズ 5.5インチ AMOLED
解像度 1920 x 1080
端末サイズ 152.7 x 74.7 x 7.35 mm
重量 158g
SoC Snapdragon 820
RAM 6GB LPDDR4
内部ストレージ 64GB UFS 2.0
microSD
3G W-CDMA 1/2/5/8
CDMA EVDO BC0
TD-SCDMA 34/39
W-CDMA 1/2/5/8 W-CDMA 1/2/4/5/8
CDMA EVDO BC0
LTE Cat.6
1/3/7/38/39/40/41
Cat.6
1/3/5/7/8/20/38/40
Cat.6
1/2/4/5/7/12/17/30
Wi-Fi a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
Bluetooth 4.2
前面カメラ 8MP
背面カメラ 16MP
バッテリー 3000mAh (取り外し不可)
USB USB 2.0 Type-C
指紋センサー ホームボタン
急速充電 Dash Charge (5V / 4A)
その他 デュアルSIM
ソース OnePlus

こうしたスペックを持つOnePlus 3ですが、他の機種と比較して特徴的な部分としては
・5.5インチに対して解像度がフルHD
・Snapdragon 820 (性能と発熱)
・RAM 6GB
・バッテリー3000mAh
・Dash Charge

Android 6.0.1に基づいたOnePlusのOxygen OSは、OnePlus 3で驚くほど早くなっています。

私たちのGeekbenchでは、3回のテストでも、シングルコアテストで2,371点、マルチコアテストで5,416点となっていました。確かに、サムスンのExynos搭載Galaxy S7ファミリを凌駕する前に、OnePlus 3はシングルコア・タスクに関しては明らかにエッジがあります。S7とS7 Edgeは約2,100点しか管理していなかったため、OnePlus 3は確かに全体のスピードに関しては最高です。

もちろん、Snapdragon 820を自由に使えば、OnePlus 3にもQualcommのAdreno 530 GPUが1つ搭載されているため、ゲームにとって絶対的な脅威になります。たとえば、GFX Bench GLでは、オフスクリーンのManhattan 3.0テストを2,901フレームで終了し、平均47fpsに達しました。

OnePlus 3はまた、、そのピースキーパーの得点は1,166で、LG G5、HTC 10、Galaxy S7、さらにはNexus 5Xのいずれにも足りないが、ウェブページのスクロール速度はまだ完全にスムーズで気分が悪く、1〜2回しか経験していない私のテスト全体で吃音と瞬間的な減速のインスタンス。

OnePlus 3指紋センサー

^ OnePlus 3の指紋センサーは非常に迅速で非常に正確です

バッテリー寿命

OnePlus 3はバッテリーの寿命を大幅に伸びています。当社の連続ビデオ再生テストでは、3000mAhのバッテリーは、標準の輝度測定値170cd / m2に設定された画面で、16時間56mの驚異的な持続時間を実現しました。

OnePlus 3はOnePlusのDash Chargeテクノロジーのおかげで信じられないほど迅速に充電することができます。これは、伝統的なクイックチャージ技術よりも大きな電流を生成し、低温で動作し、OnePlusが余分な熱を放散するための専用の冷却システムを不要にすると主張しています。わずか30分で60%の料金を請求するという同社の主張にも拍手がかかっています。これは、日中すぐにそれを取り上げなければならないと非常に便利です。

OnePlus 3 USB-Cポート

設計

OnePlus 3は、今までにない最も豪華な携帯電話の1つであることは間違いありません。あなたがそれを持ち上げると、6万円のスマートフォンのように見え、それはHTC 10と同じくらい豪華で、確かにLG G5よりも魅力的です。私はS7とS7 Edgeのかなり厄介なガラスのリアにもそれを大いに好んでおり、アンテナラインと会社のロゴの粗いテクスチャは、そのスムースなサンドブラスト付きのリアとは対照的で、気持ち良い感覚を提供します。

それはOnePlus 3のデザインに奇妙なことがあることを奇妙に知っています。もしOnePlusバッジが背中になければ、Huawei Mate SかHTC One M9のどちらかと間違えるかもしれません。ある意味、OnePlus 3はそれほど独特ではありません。他の2つのスマートフォンに似ていますが、スマートフォンはそれほど魅力的ではありません。

OnePlus 3リア

表示

もっと気になるのは5.5in、1,920x1,080のOptic AMOLEDディスプレイで、それでもsRGBの色域の100%がカバーされていましたが、特に原色は非常に豊富でほとんど見えませんでした。

ディスプレイの設定でカラーバランスを調整することは可能ですが、暖かいか冷たいかによって、白がピンクまたはブルーに見えるようになりました。

OnePlus 3ディスプレイ

これは、そのピッチが完璧な0.00cd / m2の黒と超高コントラスト比のため、OnePlus 2の IPSディスプレイに比べて深みとディテールの感覚がはるかに高く、ピーク輝度は414.87cd / m2です私がテストした他のAMOLEDベースのスクリーンよりもはるかに高いので、直射日光の下で見るのが簡単です。

OSの追加機能

実際、OnePlus 3はおそらく、Android 6.0.1の上に位置する同社のOxygen OSのおかげで、多分私が見たより多彩なディスプレイの1つを持つだろう。暗闇の中で携帯電話を見ているときに、青い光をフィルタリングして目をより簡単にする専用のナイトモードだけでなく、システム全体のダークモードを使用して、黒い背景と白いテキストを与えるメニュー設定。これは、エネルギー効率の高いAMOLEDスクリーンと相まって、非常に多くのピクセルを照らす必要がないという意味で、バッテリ寿命に関してはさらに大きな節約をもたらすはずです。

カメラ

もちろん、残りの電話機がうまくいけば、おそらく画面が少しばかり気にしないでしょう。しかし、あなたの写真を見るときは間違った印象を受けますが、電話画面ではすばらしいとわかりましたが、PCで再び見たときは印象的でした。私のカラーキャリブレーションされたモニターでフル解像度では、各ショットは電話が私に信じさせたよりもかなり暗く洗い流されていました。

細部のレベルは全体的にかなり高かったですが、カメラのHDRモードをオンにしたときに、色が人生と自然の豊かさを取り戻すようになったのです。私はまた、舗装石やレンガ造りのようなすべての細かいディテールが、ひとつの均質な塊になるように混乱する傾向があったので、影領域は非常に柔らかく滑らかである傾向があることも発見しました。

OnePlus 3カメラテスト

^電話で見た写真はすばらしく見えましたが、実際の画像はかなり暗かったです 

OnePlus 3カメラテストHDRモード

^ HDRモードはもう少し色の鮮やかさを取り戻すのに役立ちましたが、詳細はまだかなり柔らかい

しかし、室内のショットははるかに優れていましたが、色が明るくて鮮やかに見え、全体的にコントラストが良好でした。ここでは荒いエッジがいくつかありましたが、スタジオライトのオン/オフを問わず、OnePlus 3は素晴らしいショットを作り出しました。

OnePlus 3カメラの屋内テスト

^インドアショットは、しかし、全体的に高いレベルの詳細を示す、素晴らしい見えた

結論

正直に言って、今まで使った端末の中で1番完成度が高いです。良い点もいろいろあるのですが、それ以上に「欠点らしい欠点がない」ということが非常に素晴らしいと思います。

性能的には満足でも発熱がひどかったり、カメラの画質に満足できなかったりと、今までのスマートフォンには何かしらの不満を感じていました。しかしながらこのOnePlus 3は圧倒的な性能によるスムーズな動作にも関わらず、発熱といった不満点が見つからないため、日々の調べ物から重量級ゲームまで何でもこなせる万能選手的な出来の良さを感じました

 

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.