防滴ソニー「WF-SP700N」初期化・音声アシスト機能(Googleアプリ)の使用法

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています。

初期化する

ヘッドセットを充電ケースから取り出して、L側のボタンを2秒以上押してヘッドセット(L側とR側)の電源を切ってから、L側とR側のボタンを同時に15秒以上押し続けてください。

ランプ(赤)が点滅し、ランプ(青)が4回点滅して(   )、ヘッドセットが初期化されます。工場出荷時の設定に戻り、すべての機器登録(ペアリング)情報を削除します。この場合は接続相手の機器からヘッドセットの登録を一度削除して再度機器登録をしてください。

操作の途中でボタンから指を離したりして初期化が正しく完了しなかったときは、ヘッドセットのランプ(赤)が点灯したままになります。その場合は、もう一度ケースに収納してから、再度初期化の操作を行ってください。

初期化しても動作が改善されないときは、ソニーの相談窓口またはお買い上げ店へお問い合わせください。

Androidスマートフォンに搭載されているGoogleアプリを起動して、ヘッドセットのマイクから声でAndroidスマートフォンを操作することができます。

Googleアプリ使用時はスマートフォンからの音声はL側からのみ聞こえます。

  1. アシストと音声入力の選択をGoogleアプリに設定する。

    Androidスマートフォンで[設定]-[アプリ]で表示した画面の右上にある歯車アイコンを選択します。
    [標準のアプリ]-[アシストと音声入力]の順に選び、[アシストアプリ]を Googleアプリに設定します。

    上記の操作は一例です。詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書をご覧ください。

    注: 最新版のGoogleアプリが必要なことがあります。

    Googleアプリについて詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書やサポートページまたはGoogle Playストアのウェブページをご覧ください。

    Androidスマートフォンの仕様により、ヘッドセットからのGoogleアプリの起動に対応しない場合があります。

  2. ヘッドセットをAndroidスマートフォンにBluetooth接続する。
  3. Androidスマートフォンがスタンバイ状態または音楽再生中のときに、R側のボタンを押したままGoogleアプリを起動する。

    Googleアプリが起動し、起動音が聞こえます。

  4. ヘッドセットのマイクを通して、Googleアプリに頼みごとをする。

    Googleアプリと連携しているアプリなどについて詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書をご覧ください。

    Googleアプリを起動した後、頼みごとをしないで一定時間たつと、ビープ音が鳴り音声入力が解除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA