オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

未分類

絵描き可能タブレットYOGABOOK Android Wi-Fiモデルレビュー

投稿日:

タブレット購入を考えている方の中で

  • Kindleで電子書籍を読んでいたが、もっと良いスペックのタブレットで読みたくなったから
  • パワーポイント等の資料を人に見せ、書き込みながら説明する用途に使いたいから
  • メール返信やブログの軽微な修正を外出先からも行いたいから
  • ブログの素材用に、手書きイラストをデジタル化して使いたいから
  • 交流イベントで受付や内容説明などに活用してペーパーレスにしたいから

に当てはまる方がいらっしゃるのであれば『YOGABOOK Android Wi-Fiモデル』をおすすめします。

まず特徴としては、物理キーボードはありません。代わりに、黒い鏡のような薄型の板がキーボードになっており枠組みがなくキーボードが羅列されている。タップすると振動し、入力時に触覚フィードバックを心地よく感じることができます。

ヨガブックはその仮想キーボードを本格的な電磁共鳴(EMR)筆記面に変えることができるため、バンドルされたスタイラスで音符を描画したり、スイッチのフリップ。右上の小さなスタイラスボタンを押すだけで、点灯したキーが即座に消えます。

レノボヨガの本のレビュー

かなり汎用性があり、物理的なキーの欠如は、LenovoがYoga Bookのアルミニウムマグネシウム合金シャーシを閉めたときにわずか9.6mmの脅威の薄さを実現したことがわかる。持ち込める液晶書き込みタブレットでは抜群の薄さだ。さらに、ちょうど690gで、ヨガブックは今おもちになっているノートパソコンよりさらに軽く、カバンの重さは軽減されるはずだ!

レノボヨガ書評:ハローキーボード

ただ、入力は正直なれが必要です。最初は、タイプすること特に打ち込み感がないとはまらないタイプには違和感マックス。自然に感じられないものがあります。ただ使い続ければ慣れます。実際にこのレビューをYoga Bookのキーボードを使って書きました。最初に別の記事を書いた際はタイプミスが多かったのですが、段々順応していきます。だが打ち込みスピードを求めているならなかなか厳しいです。

理論的には、ヨガの書籍の入力は、Lenovoの人工学習ソフトウェアが組み込まれていると言われているので、時間の経過と共に改善するはずです。あなたが特定のキーを押したときにあなたの指がどこに上がり、それに応じてアクティブなキーエリアを調整してくれるという便利機能付き。たとえば、キーボードの下のスペースバーを常に押すと、ヨガブックはそのことを覚えておき、あなたのためにキーを登録します。

レノボヨガの本のレビュー

キーボードを機能をオフにすると、ヨガブックはノートとして活用することも可能。スタイラスを使って描画してメモを取ることは、ペンの2,048レベルの圧力感度のために1対1の精度で手書きのような感覚。

実際には、WacomのBamboo Sparkメモ帳と非常によく似ています。上の画面に書いている内容を正確に見るという追加の利点があります。

しかし、ヨガブックの本当に魅力的な特徴は、バンドルされた磁気クリップです。これにより、古いA5ノートブックをYoga Bookにクリップしてメモを取ることができ、物理的なバージョンとデジタルコピーを友人や同僚と共有することができます。私がレビュー用に送ったAndroidモデルでは、すべてのノートがLenovo独自​​のカスタムメモ保存アプリに即座に保存されましたが、Windows版ではすべてが自動的にOneNoteに保存されます。重要なメモの物理的およびデジタル的なコピーを必要とする方には最適!

レノボヨガ書評:表示

洗練されたキーボードと効果的なスタイラスにもかかわらず、Lenovoのディスプレイはいまひとつ。10.1in、1,920x1,200パネルという最低限は完備しているが、驚くほど高い422cd / m2の明るさにもかかわらず、全体的な色精度は少し不足しており、sRGB色域のわずか81.2%価格に比べて少々お粗末。

Lenovo Yoga Book review:パフォーマンスとバッテリー寿命

前述のように、AndroidのバージョンとWindows 10 Proのバージョンの2種類がありますが、どちらも同じ仕様です。これには、4GBのRAMを搭載した2.4GHzクロックのクアッドコアIntel Atom x5-Z8550プロセッサが含まれ、特に速い組み合わせではありませんが、軽いコンピューティングタスクでは十分かなと。

Geekbench 4では、例えば、ヨガブックはマルチコアテストで3,222、シングルコアテストで1,162を記録しました。これは、ラップトップの場合は少し低いですが、一般的な使用には十分役立ちます。実用的には、複数の動作が重いアプリケーションを展開するのは避けたほうがいい。

レノボヨガの本のレビュー

バッテリーの寿命はかなり良いです。画面の明るさを170cd / m2の標準測定値に設定して、ヨガの書籍は連続ビデオ再生テストで7時間22分続いた。

Lenovo Yoga書評:ポート・接続

もちろんな問題ではあるが薄いデバイスを持つこと欠点である、USBポートの少なさが上げられる。それでも、Yoga Bookは、マイクロUSBポート、外部ディスプレイに接続するためのマイクロHDMI出力、3.5mmヘッドフォンジャックを備えています。ネットワーク接続が確立されている限り、802.11acワイヤレスが内蔵されており、Bluetooth 4と一緒にいくつかの外部周辺機器を接続できます。

レノボヨガ書評:評決

いくつかの不満点はあるがに、ヨガ・ブックは、ノートパソコン、タブレット、ノートブックの間のギャップを埋める優れたタブレットの1つです。

ただ購入前にキーボードを試してみることをお勧めします。物理的なキーボードがないのは人によっては無理かも。

コア仕様
プロセッサー クアッドコア2.4GHz Intel Atom x5-Z8550
RAM 4ギガバイト
メモリスロット(空き) 1(0)
最大メモリ 4ギガバイト
寸法 256×170×9.6
重量 690g
Dolby Audio Premium(3.5mmヘッドセットポート)
ポインティングデバイス タッチパッド、タッチスクリーン
表示
画面サイズ 10.1インチ
画面の解像度 1,200 x 1,920
タッチスクリーン はい
グラフィックスアダプタ N / A
グラフィックス出力 1 xマイクロHDMI
グラフィックスメモリ N / A
ストレージ
合計ストレージ 64GB
オプティカルドライブの種類 N / A
港湾と拡張
USBポート 1 xマイクロUSB
ブルートゥース 4.0
ネットワーキング ワイヤレス802.11a / b / g / n / ac
メモリーカードリーダー MicroSD
その他のポート N / A
オペレーティング·システム Android 6.0
オペレーティングシステムの復元オプション N / A

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.