紛失した・なくした 片側のAirPods を探す対処方法!!本体で音を鳴らして簡単に探し出そう!

 

小型かつワイヤレスなので自宅やオフィスで「あれどこに置いたっけ」となることもしばしばあると思います。

 

AirPods をなくしてしまったときは、「探す」を使いましょう。

AirPods が今どこにあるのかを地図上で確認し、本体で音を鳴らして簡単に探し出して、再びワイヤレスリスニングを楽しめます。

 

仕組み

「探す」を使って、紛失してしまった AirPods を探せます。

AirPods を普段使っている iPhone、iPad、iPod touch で「探す」を設定しておけば、AirPods についても自動的にこの捜索機能が有効になるので、AirPods をなくしてしまっても、ケースから出してあり、デバイスの近くにあれば、「探す」を使って探し出せます。AirPods がどのデバイスの通信範囲にも入っていない場合、充電が必要な場合、または AirPods 専用ケースに入っている場合でも、「探す」を使えば、最後に接続が確認された時刻や場所までは突き止められます。

AirPods の所在地を地図上で確認する

iCloud.com にサインインするか、「探す」App を使って、AirPods がどこにあるのかを地図上で確認できます。「探す」には、同じ Apple ID でサインインしている Apple 製デバイスと、AirPods の所在地が表示されます。または、接続されていない場合は、最後にオンラインだった時刻と場所が表示されます。

コンピュータの場合

  1. iCloud.com にアクセスします。
  2. Apple ID でサインインします。
  3. 「iPhone を探す」を開きます。
  4. 「すべてのデバイス」をクリックし、AirPods をクリックします。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「デバイスを探す」タブを選択します。
  3. AirPods を選択します。

各デバイスの下に、所在地が表示されるか、「位置情報が見つかりません」と表示されます。

AirPods が左右別々になっている場合は、一度に片方の場所しか地図には表示されません。まず、地図に表示されているほうの AirPod を探してからケースに入れます。その上で、地図の表示を更新してからもう片方を探します。

音を鳴らす

AirPods が Apple デバイスの近くにあって、Bluetooth に接続されていれば、iCloud.com や「探す」App から音を鳴らして、簡単に探し出せます。AirPods は 2 分間、またはこちらから停止するまでの間、音を鳴らし続け、その音は徐々に大きくなります。

  1. iPhoneやiPadで『iPhoneを探す』のアプリを起動します
  2. アプリにサインインします
  3. デバイスのリストからAirPodsをタップします
  4. マップ上のアイコン、または画面下のアクションをタップします
  5. 「サウンドを再生」をタップします

以上の操作で、AirPodsから「ピピッ…ピピッ…」と音が鳴るので、無くした時などに探しやすくなります。

音を鳴らす前に、必ず AirPods を耳から外しておいてください。

AirPods がオフラインの場合

 

AirPods がなくなる前に「[デバイス] を探す」を有効にしていなかった場合は、「探す」でデバイスを見つけることができません。AirPods の下に「位置情報が見つかりません」と表示される場合は、音を鳴らして探すことはできませんが、最後に接続されていた場所への道順を表示できる可能性があります。AirPods が再びオンラインになると、AirPods を使っていた iPhone、iPad、iPod touch に通知が届きます。

「探す」は、紛失したデバイスを追跡したり、その位置を確認できる唯一の方法です。デバイスを捜索または追跡したり、その他の方法で所在地を教えてくれる Apple のサービスは、ほかにありません。

学校や組織から割り当てられた管理対象 Apple ID をご利用の場合は、「探す」を使えません。

 

 

まとめ

 

今回は紛失した・なくした AirPods を探す対処方法!!本体で音を鳴らして簡単に探し出そうでした。