ガーミンGPS eTrex 20x/30x バックアップとアップデートの方法

登山で大活躍なGPS ガーミンeTrex 20x/30x バックアップとアップデート方法

ファームウェアとはGPS機器に組み込んであるソフトウェアです。
ファームウェアをアップデートすることで、不具合の修正、機能・性能の向上などが行われます。

登山ではGPSの使用が不可欠です。主に

 1.現在地から次の目標地点(分岐点、山小屋、山頂など)までの距離を知る。

 2.予定したルートを外れていないか、外れているときは復帰方向の確認。(精度10m位)

 3.ログデータを保存して山行記録として残す。(再訪時などの参考やルートミスの原因考察)

このような使い方が多いと思います。

●バックアップを取る

まずは、万一に備えて、工場出荷状態のファームウエアをバックアップしておきましょう。
USBでPCと接続します。
PCのスタートメニュー>コンピュータ(マイコンピュータ)でエクスプローラに表示されますので、これらのファイルを丸ごとコピーしておきます。
後々不具合が出た場合はこれらのファイルをそっくり丸ごと入れ直してあげましょう。

●アップデートする

garminから最新のファームウエアをアップデートします。


アップデートすると日本の人工衛星「みちびき」を捕捉できるようになります。
注)garminGPSはファームウエア関係のトラブルが、結構起きているます。
  アップデートは自己責任で。
garminのサイトに行きwebupdaterと言うソフトを入手します。
自分のOSに対応したファウルをダウンロードします。イメージ 6
 次のページの下の方の
I agree to the above terms and want to proceed to the download page.
をクリック。
次のページのDownloadをクリック。

ダイアログが出るので保存をクリックしてダウンロードする。
ダウンロードされた
WebUpdater_WindowsXPSP3andnewer__256.exe
をダブルクリックしてインストール。
GPSをUSB接続します。
WebUpdaterを起動。日本語なので、あとは指示通りに進めてソフトを終了させます。
これでGPS本体にアップデートファイルが保存された状態になります。
USBケーブルを外して、電源を入れればアップデート処理が自動で始まります。
アップデートが終わるとメインメニューが表示されますので、それまで触らないようにして待ちます。

通常なら3分程度で終わります。

数ヶ月ごとに最新ファームウエアが出るようなので、たまにアップデートしましょう。

コメントを残す