オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

趣味

次世代の魚群探知機 Deeper Pro+のレビュー

更新日:

釣りをしてて全くアタリがない時、そこに本当に魚がいるのか不安になることってありませんか?
いっそ水中にカメラでも突っ込んで覗いてみたくなることは誰しもあると思います。
Deeperはそんな不安やストレスを解消できる(かもしれない)アイテムです。

リトアニアのDeeper, UAB社が開発した製品です。

魚群探知機といえば船積用の大掛かりなものを想像してしまいますが、Deeperはスマートフォンのディスプレイをモニターとして利用する新しいコンセプトの魚群探知機です。

簡単に説明しますと、ソナーと駆動用のバッテリーを内蔵した球状の浮力体で、ソナーが捉えた水中からの信号を電波でスマホに送信して画面に表示するというものです。

振動子の設置が必要がなく、簡単なセットアップで誰でもすぐに利用できる魚群探知機です。

自分自身は例えば堤防に立ったままでDeeperを投げ、水深をスキャンさせながらDeeperを移動させます。すると、本体に搭載されたGPSの測位情報と連動して地図上に水深マップを描かせることが可能になります。

ボートでは近づく事の出来なかった、堤防の足元や磯なども探知できる、まさに次世代の魚群探知機です。

Deeperの特徴

Deeperは魚群探知機としては、今までにないコンパクトサイズです。
本体は直径約6.5センチのボール型で、重量はおよそ100グラムです。
データはワイヤレス接続したスマートフォンで、専用のアプリ使って確認します。
アプリでは天気予報や潮汐を閲覧したり釣行の記録ができるなど、便利な機能が充実しています。

 

Deeperを開封

早速開封してみます。
内容物は本体と紐取り付け用の金具2つ、持ち運び用の袋です。
説明書は基本英語です。

これが本体。小さい!手のひらサイズ!! 軟式の野球ボールくらいの感じです。

この小さい機械の中に
①レーダー
②Wi-Fi
③GPS
が内蔵されています。

Deeperの使い方

まずはじめにスマートフォンにDeeper専用の無料アプリをインストールします。
Google PlayまたはApp Storeからダウンロードします。

このアプリは本体がなくてもシュミレーションモードを使用できますので、購入前にインストールして雰囲気を確認することが出来ますので是非購入前に一度試してみて下さい。アプリでは多言語対応です。

スマ―トフォンがアンドロイドの場合は、アプリを開くだけ。
iOSの場合は、Wi-Fiを使って同期することで、魚群探知機の画面がスマートフォンに表示されます。

さて次は使うための準備をしていきます。
本体は球状をしていますが、上下に分割できます。

このオレンジ色の部分ががゴムパッキンになっており、上半分を回すとパカッと取れます。
ちなみにこのゴムパッキン、劣化すると当然防水機能が失われるわけです。普通に保管をしていれば数年は持つのでしょうが、交換部品の情報がありません。ゴムパッキンを長持ちさせるには保管時はきっちり締めたままではなくて、少し緩めておいた方がよいと思われます。

上半分は中に何も入ってません。ただの空洞です。
しっかり締め込む事で中の空気のおかげでウキになるわけです。

下半分にはソナーやGPS、バッテリー等の機器が詰まっています。
USB充電ポートがありますので、付属のケーブルで充電します。

オレンジ色の点滅がグリーンの点灯に変われば充電完了です。再びしっかりと蓋を締めれば準備は完了です。

あとは、球体のDeeper本体のネジ穴にラインを通すことのできる付属パーツ(金具)を取り付けてラインの先に結び、堤防や磯などからキャストして水面に浮かべて使用します。

一番悩むのは、これをキャストするための道具。このDeeper、小型であるとはいえ重量が100gもあります。
それなりの強度のロッドが必要です。
色々調べていたら、ロッドなど使わず直に手で投げて使っている方が多いんですね。
・・・なるほど。

あとはラインですね。かなりお高いものですので、ラインが切れて潮に流されていってしまった!なんてことにならない様、太くて丈夫なラインを用意しましょう。

あとはDeeperを駆使して魚のいる場所を探り当てるだけ。
漫然と魚がいないところに仕掛けを入れ続ける・・・なんて事からは開放されるはずです。

Deeperのラインナップ

Deeperシリーズには3つのラインナップがあります。
エントリーモデルがBluetooth接続方式で、ミドルクラスから上がWi-Fi接続になります。
ハイエンドモデルは更にGPSが搭載されています。
お値段もそれなりに違いますのでご予算と相談・・・となりますが、どうせそれなりの出費となるのであれば、出来ればやっぱりGPS搭載のPro+が欲しい所ですよね。

Deeper Smart Fishfinder3.0

スマートフォンの接続方法がBluetooth方式でGPS非搭載のモデルです。価格が一番抑えられたモデルで、最大通信距離は約30メートル、水深40メートルまで対応します。魚群センサーのスキャン回数は7回/秒で連続動作時間は約6時間です。

Deeper Smart Sonar Pro

無線LAN方式でGPS非搭載の中位モデルです。最大通信距離は約100メートルで濃霧などの悪天候でも安定した通信が可能です。水深80メートルまで対応し、魚群センサーのスキャン回数は15回/秒でより早く魚を捉えます。連続動作時間は約6時間です。

Deeper Smart Sonar Pro+

無線LAN方式・GPS搭載の最上位モデルです。GPSを搭載していないモデルはスマートフォンの位置情報をアプリ内で使用したりしますがGPS搭載のPro+は内臓GPSでより正確な場所の記録などが可能です。連続動作時間は約5.5時間で、最大通信距離や水深などのスペックはProと同じです。

Deeperの専用アクセサリー

一番左は暗い場所で釣るとき絶対欲しくなる夜釣り用のカバー。実売3,000円くらい。
隣は、スマートフォンをマウントしてくれるアダプター。実売3,000円くらい。

一番右のがクランプで船艇に装着できるDeeper専用のアーム。実売10,000円くらいです。

 

まとめ

長所

  • とにかく、従来の魚群探知機よりも携帯性に優れている。Deeperの最大の特徴は投げることが出来る事です。
  • スマートフォンのアプリを使うことで何よりも良くなったのが魚探の機能が増えたこと。
  • GPSを使うことで、現在地やDeeperが探索したポイントの位置情報を保存して、後から確認することが出来ます。
  • 探索したポイントの情報を保存できるので、履歴機能を使って釣りを振り返ったり、釣行のデータを集めることが出来ます。


短所

  • ポータブル魚群探知機としては結構な高額。
  • 内蔵バッテリーの持ちが短いため、短時間の釣りには適していますが、長時間の戦いには使い方に工夫が必要。
  • 穏やかではない水面ではでうまく動かない
  • スマートフォンをスクリーンとして使用する為、水に落とす危険性がある。マウントが欲しくなります。そして、もう少し大きい画面で観られるタブレットが欲しくなります。
  • のめり込むと、海ではなく、スマホを眺める釣りになります。

-趣味
-

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.