オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

未分類

日本未発売6.0インチ「Xperia XA2 Ultra」レビュー SIMフリー スマホは買うべきか??

投稿日:

「Xperia XA2 Ultra」レビューしたいと思います。

ETORENで購入したのは、H4233という型番のもので、デュアルSIMでストレージ64GB版です。XA1 Ultraとの性能比ではSoC(CPU)がMediaTek Helio P20から、Snapdragon630に変わり、カメラがフロントだけですがダブルレンズになっている点、また指紋認証リーダーが背面に付いたのが大きな変化。更にバッテリー容量が増大しています。その分、新デザインの前後ラウンドフォルムと相まって厚みと重さが増しているのが若干気になる所です。

対応周波数帯は4GではB1/B3/B8/B28/B41あたりが日本で使え、特にSoftBank系はB8プラチナバンドが使えます。※4G LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)

主要スペック XA2 Ultra vs XA1 Ultra

製品 Xperia XA2 Ultra Xperia XA1 Ultra
ディスプレイ 6.0インチ フルHD (1920×1080) IPS 6.0インチ フルHD (1920×1080) IPS
CPU Qualcomm Snapdragon 630 オクタコア Up to 2.2GHz MediaTek Helio P20 Octa Core
(Quad Core 2.3GHz + Quad Core 1.6GHz)
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 32GB 32GB/64GB
OS Android 8.0 Android 7.0
カメラ 背面 23MP (84度 F2.0)
前面 16MP+8MP (8MPは120度 F2.4)
背面 23MP (F2.0)
前面 16MP (F2.0)
バッテリー 3580 mAh 2700 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
SIMスロット nano SIM x1 nano SIM x1
microSD 有り : 最大256GB 有り : 最大256GB
3G/
4G(LTE)
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM model only)
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
サイズ 163 mm ×80 mm × 9.5 mm 165 mm ×79 mm × 8.1 mm
重さ 221g 188g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
・USB Type-C
カラー Silver
Black
Blue
Gold
White
Black
Pink
Gold
サポート言語 日本語不明 (恐らく有り) 日本語あり

 

大きな画面と大きなバッテリーは、XA2 Ultraを勝者にするには十分ですか?

設計

Sony Xperia XA2 Ultraはおなじみのソニーデザインを誇っていますが、そこでは最もエキサイティングではありませんが、少なくとも機能的です。

それはプレミアムデバイスではないことを思い出させる、後部はプラスチックです。

それは163×80×9.5ミリメートルを測定し、体重が221グラムであることを意味します。いくつかの深刻なタイピングをしたい場合は、片方の手のひらで扱いにくいので、両手を使う必要があります。

フィニッシュはグリップ力もあまり大きくないので、携帯電話のサイズと重量を考えれば、特に手が小さい場合には、ここでは落とす危険があります。

後ろの指紋スキャナーはヒットするのが比較的簡単ですが、ヒントではなく指の下の部分でヒットすることがありましたが、スキャナーを正しく配置するために別の指紋スキャナーを使用する必要があります。

ただスキャナが過度に敏感であることを発見しました。携帯電話を振動させる読み込みエラーにつながり、私たちは通知を受け取ったと勘違いしてしまいます。

ソニーは、スキャナーをより一般的な(ソニーの携帯電話の)サイドマウントされた場所から後方に移動させ、新しい場所が誰にでも(左利きのユーザーと右利きのユーザーの両方にとって)ヒットしやすくなると主張している。しかし、古い場所は間違いなく見つけやすく、不要なポケット内スキャンにはならなかった。 

上部にはヘッドフォンジャックがあり、コード好きのオーディオファンを喜ばせます。ベースには、下方に発射する単一のスピーカーの横にUSB-Cポートがあります。

電源/ロックキーは電話機の中央に配置されており、ボリュームロッカーを上に置くだけで簡単に見つけることができます。

右利きの使用ではボリュームキーが親指のストレッチであることがわかりました。音量を上げると、手のひらの中で少しずつシャッフルする必要がありました。私たちは、デバイスの左側で、ボリュームキーを少し下げることを好みました。

角型の矩形はまだファンを備えていますが、ベゼルをはさみ、厚さをミリメートル単位でカットし、より未来的なデバイスを提供しようとするメーカーの見解に応じて、急速にますます重要性を増しています。

デザインは新しいものではありませんが、その実用的で機能的です

デザインは新しいものではありませんが、実用的で機能的です

表示

  • 大型の6インチフルHDディスプレイは、映画やゲームに最適です

Sony Xperia XA2 Ultraの大きな話題の1つは、フルHD 1080pの解像度で6インチとパックを測定する画面です。

Xperia XA2 Ultraは、この価格帯でこのサイズのスクリーンを備えたスマートフォンの巨大な選択肢はありません。これにより、Xperia XA2 Ultraは素晴らしい小さなニッチを自ら創り出すことができます。

手頃な価格のNetflix /ゲーム機をお探しなら、XA2 Ultraは強力な候補です。LCD IPSディスプレイは、ライバルのAMOLEDディスプレイのカラーパンチを持っていませんが、それはまだ鮮明でクリアなので、ビデオコンテンツには良いキャンバスを提供します。

私たちは、私たちの時間の間、携帯電話で何時間もNetflixを見て、その画面がその仕事にうってつけであることを確認することができます。 

6インチLCD IPSディスプレイは明るくクリアです

6インチLCD IPSディスプレイは明るくクリアです

より分かりやすい視聴者は、ディスプレイにわずかな青い色合いを感じるかもしれませんが、これに対抗するために設定の画面の色温度を調整できます。ただし、調整することを選択すると、明るさが失われることがあります。

ソニーは、携帯電話の左右にあるディスプレイの端にディスプレイを押し当てることができ、前述のベゼルから幾分かを取り戻すことができました。これにより、横向きの表示が向上しました。

バッテリー寿命

  • タンクにたくさん残って快適に1日中続きます
  • パワーユーザーでも1回の料金で1日を得ることができます

Sony Xperia XA2 Ultraは3,580mAh相当の大容量バッテリを搭載しているため、耐久性の面で優れた性能を発揮します。

私たちは、Netflixの2時間、ゲームの2時間、電話の一握りを含む中程度から高いレベルの使用であっても、電話で私たちの時間中にフル充電から1日を簡単に使用することができました。写真、および電子メール、ソーシャルネットワーク活動、一般的なウェブブラウジングなどの自由な量を提供します。

このすべてでさえも、午前7時に充電を取り、午後11時にそれを接続した後、タンクに少なくとも15%残ったままで寝ていました。そしてゲームの習慣を抑えれば、まだ30%で終わりました時々去った。

1回の請求で1日を使用できます

あなたの使用量がそれほど多くない場合は、タンク内にさらに残っている可能性が高いチャンスがあります。本当に経済的なユーザーにとっては、XA2 Ultraは電源ソケットに接続する前に1日半かかることがあります。

私たちは、画面の明るさを最大限にした90分のフルHDビデオを再生し、バックグラウンドでWi-Fiで同期をとるという、ハンドセットでの標準バッテリテストを実行しました。

90分後、Xperia XA2 Ultraは充電量の20%を失っていましたが、これは特に素晴らしいパフォーマンスではありませんでしたが、

ワイヤレス充電は内蔵されていないので、電話機のベースにあるUSB-Cポートにケーブルを接続する必要があります。XA2 Ultraは高速充電をサポートしていますが、箱に入っているプラ​​グブロックはありませんので、別途クイックチャージャーを購入する必要があります。

さまざまなレベルのスタミナモードにより、必要な時にバッテリ寿命が延長されます

さまざまなレベルのスタミナモードにより、必要な時にバッテリ寿命が延長されます

カメラ

  • 後ろのカメラは良い光でうまく動きますが、暗いところでは苦労します
  • 手動モードのHDRはあなたの友人です
  • デュアルフロントカメラにより、より広いセルフショットが可能

Sony Xperia XA2 Ultraは、2つではなく3つのカメラを備えていますが、そのうちの1つだけが携帯電話の背面にあります。

その後ろ向きのスナップは、この電話の前身(Xperia XA1 Ultra)で見つかったセンサーと同じメガピクセル数ですが、まったく同じセンサーではありませんが、23MP です。

XA2 UltraのSnapdragon 630チップセットのおかげで、この携帯電話のカメラは4Kビデオを撮影することができます。

Xperia XA2 Ultraには、16MPと8MPのスナッパーが付属しているので、物事が面白くなるところでは正面が丸い。

16MPカメラには、低光性能を向上させるOIS(光学式手ブレ補正)機能が搭載されています.LEDフラッシュを使用することで、品質を損なうことなくショットを実際に明るくすることができます。

Xperia XA2 Ultraには23MPリアカメラが搭載されています

Xperia XA2 Ultraには23MPリアカメラが搭載されています

一方、8MPカメラは超広角120度の視野を誇っており、セルフマネージメントのために全員のグループにパックすることができます。シャッターキーのすぐ上にある2つのボタンを使って、カメラアプリ内の2つのカメラを簡単に切り替えることができます。

また、カメラのアプリを起動するためにワンクリックでアクセスできるようにし、写真を撮るための物理的なシャッターボタンも備えています。ワイドアングルレンズを使用してセルフをしている場合、このボタンはオンスクリーンよりもはるかに簡単です。

カメラアプリにダイビングし、ソニーは豊富な機能と設定を提供しています。写真をスナップするだけの場合、デフォルトのモードはソニーのスーペリアオートで、これはあなたのためにさまざまな設定を調整します。

後部カメラは昼間の屋外で非常によく機能し、高いレベルのディテールと素敵な色を捉えますが、ライトが屋内や屋外に降りると、物事は良くなりません。

我々は、Xperia XA2 Ultraがライバルと比較して暗い状況で撮影するときに顕著な遅れがあることを発見した。これは、処理が完了する前にカメラを動かすときに追加のぶれを引き起こした。

忍耐が必要であることを理解し、被写体に焦点を当てていれば合理的なショットを得ることができますが、ソニーの画像処理はノイズ除去のための詳細レベルを下げます。少し泥だらけとミュート。

あなたのショットで微妙にしたい場合は、画面上で指を左から右にスライドさせて手動モードにすることができます。

カメラアプリの手動モードでは、

カメラアプリの手動モードでは、

シャッターキーの横にボタンが追加され、タップすると設定オーバーレイが開き、ISO、ホワイトバランス、フォーカス、露出、シャッタースピードを調整できます

これらの設定は、あなたの暗い照明や屋内での撮影に役立つほか、HDRを手動でオン/オフするオプションがあり、写真の点灯方法をよりよく制御できます。

実際にはHDRモードが非常に優れていて、XA2 Ultraを使用しているときには好みの撮影モードになっていました。他のマニュアルコントロールを自動で維持し、より明るく、より詳細でよりカラフルなショットのために作られたHDRをオンに切り替えることが、ほとんどのシナリオです。

手動モードに移行してHDRを有効にするために、日常的な撮影ではスーペリアオートを無視することをおすすめします。

手動モードでHDRを有効にするには、設定値をヒットします

手動モードでHDRを有効にするには、設定値をヒットします

以前に述べたように、Xperia XA2 Ultraは4Kのビデオを撮影できますが、このオプションはアプリケーションのビデオセクションでは見つかりません。カメラモードで右から左にスワイプしてビデオモードにすると、最高の解像度はフルHD(30fps)とフルHD(60fps)です。

他のモードに進むには、画面全体をスワイプする必要があります。ここでは、4Kカメラがオプションの1つです。これを選択すると、電話が暑くてスイッチが切れるかもしれないと言って画面に警告が表示されます。これはあまり励まされませんが、これまでのSony携帯電話で経験したことです。

つまり、4Kレコーディングを数分に制限したいだけです。そうしないと、電話機が本当に苦労し始めます。

多くの場合、フルHDは十分に高い解像度で、XA2 UltraにはフルHDディスプレイしか搭載されていないことを考慮すると、特に4Kの記録へのジャンプは必要ありません。たとえ友達とビデオを共有していても、 4Kディスプレイ(Sony Xperia XZ Premium)を搭載した世界の携帯電話では、誰かがその栄光の中でビデオをすばやく簡単に見ることができる可能性は低いです。

カメラサンプルギャラリー

良い光では、Xperia XA2 Ultraのリアカメラは、屋外で高いレベルの詳細をキャプチャできます

インタフェースと信頼性

  • Googleの最新OSであるAndroid 8 Oreoを実行
  • 比較的ソニーの皮膚と一部のbloatwareと、Androidの在庫を比較的に

Sony Xperia XA2 Ultraは、Googleのオペレーティングシステムの最新バージョンであるAndroid 8 Oreoを実行しており、携帯電話を最新の状態にすることができます。

ソニーは独自のインターフェイススキンをAndroidに適用していますが、これはオペレーティングシステムの一部の領域の外観と操作を少し変更しますが、重いものではなく、使い易いものです。

Googleと大部分のAndroid携帯電話メーカーが垂直方向のスクロールリストを採用したときにソニーが水平方向にスクロールするアプリリストを選択した、アプリの引き出しにはいくつかの重要な調整がある。

ソニーはまた、あなたの使用習慣に基づいた提案とともに、アプリの引き出しの左側のパネルに推奨のアプリケーションタブを追加しました。これは少し冗長であることがわかりましたが、途方もないことで大きな問題ではありません。

ソニーのAndroidオーバーレイは軽く、比較的純粋なAndroidの体験を提供します

Xperia XA2 Ultraにあらかじめインストールされている追加のアプリケーションは、少し刺激的なものです。 

ソニーは、Playstation、Xperia Lounge、Kobo Books、Amazonショッピング、Prime Video、Kindleアプリとともに、独自の音楽、アルバム、ビデオアプリを追加している。

これらのアプリをもっと迷惑にするのは、アンインストールできないということです。それらを表示しないようにすることはできますが、それでもいくつかのストレージを占有しています。

Xperia XA2 Ultraは、他のAndroid搭載端末と同じように動作します。すでにオペレーティングシステムに精通していれば、ここで実際の問題は起こりそうにないでしょう。

XA2 Ultraには、あらかじめインストールされているいくつかのアプリがありますが、これは無効にすることはできますが、アンインストールすることはできません

XA2 Ultraには、あらかじめインストールされているいくつかのアプリがありますが、これは無効にすることはできますが、アンインストールすることはできません

音楽、映画、ゲーム

  • 大画面は映画、テレビ、ゲームに最適です
  • ヘッドフォンジャックはコード付きのファンになります

Sony Xperia XA2 Ultraには32GBのストレージが搭載されていますが、システムでは17GBがすでに使用されているため、約15GBの容量で再生できます。

たくさんの音楽やビデオをダウンロードする場合は、XA2 Ultraに同梱されているmicroSDスロットを利用する必要があります。このスロットは、最大256GBのカードをサポートできます。

すでに述べたように、Xperia XA2 Ultraの6インチフルHDディスプレイは、ビデオやゲームの視聴に適しています。

XA2 Ultraには、プリインストールされた4つのビデオアプリがあり、Google Play TV&MoviesとYouTubeにはソニー独自のビデオアプリとAmazonのPrime Videoが参加しています。

YouTubeとPrime Videoは特定のサービスを提供していますが、ソニーとGoogleの両方のアプリでは、カメラで撮影したものでも、別々にダウンロードしたものでも、携帯電話のストレージに保存されている動画を見ることができます。

再生はスムーズで、色再現は良いです。映画は、もっとパンチのあるAMOLEDパネルを誇る携帯電話と同じくらい鮮やかに見えないし、HDRのサポートもないが、これはミッドレンジの携帯電話であると考えると、その経験はまだ素晴らしい。

それほどうれしくないのは、歩行者品質の音声を汲み出しているハンドセットの底面にある単一の下向きに発射されるスピーカーで、音です。それは合理的に大音量になりますが、その過程で音がより歪んだり、電話機を横向きにしておくと、スピーカーを手で覆うのは簡単です。

良いニュースは、ソニーがヘッドフォンジャックをXA2 Ultraの上に置いておき、有線のヘッドホンを差し込むことができるということです。Bluetoothは、絡み合っていない人にも提供されていますが、有線のオプションは有益です。

ソニーのプリロードされた音楽アプリは、あなたが携帯電話に転送するすべての曲について、あなたに堅実な音楽プレーヤーを提供し、ヘッドフォンによる音質は非常に優れています。

ゲームはXperia XA2 Ultraのもうひとつのヒットであり、大画面とスムーズなスラッグでスムーズなゲームプレイと負荷時間を実現します。横向きのゲームでは、画面の両側に手が置かれます。

パフォーマンス

  • 4GBのRAMを搭載したSnapdragon 630チップセット
  • スムーズな一般的なナビゲーションでスムーズにゲームを実行する

Sony Xperia XA2 Ultraは、クアルコムのミドルレンジスナップドラゴン630チップセットと4GBのRAMを搭載したパワー部門に十分搭載されています。

これは、ストリーミングビデオ、ゲーム、さらには過度のソーシャルメディアの行動に対しても十分なパワーです。少し遅れたカメラアプリを除いて、Xperia XA2 Ultraの残りの部分はとてもうまく動作します。

私たちは不安定なアプリの動作を経験しておらず、Clash Royale、Micro Machines、Pokemon GOなどのゲームは問題なくロードされ、プレイされました。

ソニーのXperia XA2 UltraでGeekbench 4を実行すると、携帯電話の平均マルチコアスコアは4,185となり、RAMの容量は1GBにもかかわらず、同じテストで4,222アップしたXperia XA2と同等です。

XA1 Ultraは、Geekbench 4で3,724点の平均スコアしか登録できないので、それを置き換えるハンドセットよりも快適に優れています。

これは、Xperia XA2 Ultraがあなたが投げるほとんどの事柄を処理することができるので、重大なパフォーマンスの問題を経験すべきではないということです。

Xperia XA2 Ultraの総合評価

Xperia XA2 Ultraは総合的にみると高性能なスマホです。普段使いで不便を感じることはほとんどないでしょう。ミドルレンジモデルだからといって、正直最新機種のハイエンドモデルであるXperia XZ2にも全く引けを取りません。

 

更にSIMフリーモデルですので十分おすすめできます。

 

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.