オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スマートホン

日本未発売 Essential Phone PH-1のレビュー

投稿日:

米国のスマートフォンメーカー Essential Products 社のスマートフォン「Essential Phone PH-1」のレビューをお送りします。

Android に詳しい方ならよくご存知のことだと思いますが、Essential 社は Android の父として有名な元 Google の Andy Rubin 氏が代表を務めるスマートフォン開発のベンチャー企業です。

Android に詳しい方ならよくご存知のことだと思いますが、
Essential 社は 元 Google の Andy Rubin 氏が代表を務めるスマートフォン開発のベンチャー企業です。

Androidを作った“Androidの父”と呼ばれている有名な方です。

この人がRubin 氏です。

Essential Phone PH-1の大きな特徴は、2560 x 1312(19:10)、5.71インチと高解像度で大きなディスプレイなのに、極限までベゼル(額縁)が無いおかげでコンパクトサイズに仕上がっている点。

CPUはハイエンドスマホのGalaxy Note 8なんかと同じSnapdragon 835を搭載しています。
4GBRAMに128GBのストレージ。残念なことにSDカードは非対応です。

OSはAndroid Oreo(8.1) が入ってます。
Esseintialによるカスタムはほとんどなく、非常にシンプルなAndroidです。

同梱品は PH-1 本体、ナイロンタイプの Type-C ケーブル、Type-C 仕様の USB チャージャー、Type-C – 3.5mm の変換アダプタ、SIM ピンがついています。

 

右側面にはボリュームボタンと電源ボタンがあります。

Essential Phone は背面にマグネットで外付けパーツを取り付けられる MotoMods のような機構もあり、360 カメラやワイヤレス充電モジュールを外付けすることができます。

このモジュラーデザインも Essential Phone の特徴の一つです。


Essential Phone の SIM スロットは下部にあります。

珍しいですよね。また、3.5mm オーディオジャックは搭載しておらず、USB Type-C 仕様のイヤホンか、同梱のアダプタを使用します。

 

サイズ

Essential Phone PH-1の横幅は71.1mmで、厚みは7.8mm。
iphoneXとほぼ同じくらいのサイズです。Google Pixel と並べてみても大きさはほぼ同じでした。

男性であれば楽に片手操作ができますが、手が小さい女性ではすこし大きく感じそうなサイズ感です。

問題は重量、約185.0g あります。片手で持つと少し重量感があります。

長時間操作し続けていると、ちょっと疲れるかも・・・。何がそんなに重いんでしょう。

それは、外装のフレームには軽量ながらも強靭なチタン合金を使用し、バックカバーにはセラミック素材を使用するなど、見た目では分かりませんが素材に拘っているからなんです。

チタン製のボディなので普通のスマホよりも丈夫らしいのですが、丈夫なのはボディーのみ。ガラス面は普通にガラスです。
落としてしまえば確実にディスプレイ部はが割れてしまいますから注意しないといけません。

CPU性能

Essential Phone PH-1の処理性能は2.45GHz+1.9GHzのオクタコア(8コア)。
非常に性能が高く、どんなアプリでもストレスなくサクサクと動作します。
現在発売されているスマホの中ではトップクラスの性能です。重めの3Dゲームにも適しており、かなりサクサクと遊ぶことができました。

メモリ容量は4GB、大容量です。まずメモリ容量が不足することはないため、またマルチタスクにも適しています。
複数のアプリを頻繁に切り替えてももたつきを感じることはないです。

バッテリーの持ち

Essential Phone PH-1のバッテリー容量は3040mAh。

Xperia XZ PremiumやGalaxy S8あたりと比較するとチョッと少ないですが。数値上は。
使用感は、かなりの頻度でいじりましたが、一日使って60~70%くらいの残量です。
ゲームなどで高負荷をかけた時のバッテリー持ちも格段に良い気がします。

気になる対応バンド

対応周波数は、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(1/2/4/5/6/8)、CDMA EV-DO Rev. A(BC0/1/10)、FDD-LTE(1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/20/21/25/26/28/29/30/66)、TDD-LTE(38/39/40/41/42/43)、TD-SCDMA(34/39)に対応しています。

・・・となっていますが、実際はLTEバンド19にも対応しています。
LTEのBand19は、800GHz帯のいわゆるドコモのプラチナバンドと呼ばれる周波数帯です。全然普通に繋がります。

 

総評

 

Essential Phone PH-1の総合的な動作速度を評価すると、非常に優れたハイエンドなスマホであり、性能に関してはあらゆる用途でストレスなく使うことができます。動作性能で選ぶなら間違いなくおすすめです。

ワイヤレス通信機能の面でも Essential Phone はサポートバンドが多い点で優れていると思います。

-スマートホン
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.