オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

趣味

待望のタッチパネル搭載モデル eTrex Touch 35 レビュー

投稿日:

今回は待望のeTrex 30xの後継機種、eTrex Touch 35を入手しましたのでレビューです。

ハンディGPSのミドルレンジモデルで、これまでハイエンドモデルのみに採用されていたフルカラータッチパネルが搭載されています。
スマートフォンと同様にドラッグやスクロール、スワイプ、ダブルタップ、ピンチズーム、回転といった操作が可能で、地図の縮尺やメニュー切り替えなどもスムーズに操作ができる様になっております。

前モデルのeTrex 30xとの比較

eTrex 30x eTrexTouch 35
本体サイズ 幅5.4cm x 高さ10.3cm x 厚み3.3cm 5.8 x 10.2 x 3.3 cm
ディスプレイサイズ 3.5cm x 4.4cm 2.2インチ 240 x 320ピクセル 3.6 x 5.5 cm160 x 240ピクセル160 x 240ピクセル
ディスプレイタイプ 半透過型65KカラーTFT 65K半透過型カラーTFT
総重量 約144g(電池含む) 約159 g(電池含む)
稼働時間 約25時間(通常使用時) 最長約16時間
バッテリー 単3乾電池x2 ニッケル水素/リチウム推奨 単三電池 x 2(別売)、アルカリ、NiMHまたはリチウム推奨
防水  日常生活防水 IPX7 日常生活防水 IPX7
測位性能 高感度チップ(GPS/GLONASS/みちびき対応) 高感度チップ(GPS/GLONASS/みちびき対応)
電子コンパス 3軸コンパス 3軸コンパス
気圧高度計
高感度レシーバー
インターフェース USB USB

今回も購入したのはアメリカ版の並行輸入品です。
日本語版も販売されていますが相場7万円前後と結構な割高です。
割高な分、当たり前ですがきちんとした日本地図も入っており、日本語表示・入力もそのままできます。

ですが、ここは安さを取って海外版を選択しました。地図や言語の問題は後々何とかしようと思います。

早速開封

内容物はeTrex 30x本体とUSBケーブル、マニュアルです。
パッケージは英語になります。マニュアルは多国語対応版ですが日本語はありません。

eTouch 35本体は液晶部分に保護フィルムこそ貼られておりますが、特にプチプチやビニールなどに包まれているわけではなく剥き出しのまま箱に収められています。これはeTrex 30xの時も同じでした。
日本版はひょっとしたらもっと丁寧に包装されているのかもしれません。

どうせ外でガンガン使用するものなので多少の擦れなどは私は気になりませんが、神経質な方だと気になるかもしれませんね。

etTouch 35は単3電池2本で10時間は動きます

電源は単3乾電池2本。コンビニで手に入るアルカリ電池はもちろん、安価なエネループなどなんでも利用できます。
コレは本当に素晴らしい!!  単3乾電池であれば、世界中どこにでも手に入るし、予備の携帯もしやすい。この手軽さというのは、本当に助かります。

eTouch 35のカタログデーター上では16時間稼働となっていますが、使用した感覚では10時間程度。
画面輝度を下げたり、衛星通信の設定を軽くしたりしてやれば、もっと電池寿命を伸ばせるかなぁと思います。

前作のeTrex 30xと比べると稼働時間はグーンと下がってしまいましたが、フルカラータッチパネルが搭載されていますので当然といえば当然・・・致し方無い所です。

防水規格は IPX7

前作同様、防水企画はIPX7です。本当に防水性は信頼性抜群。どんな雨でもびくともしません。
剥き出しで思う存分気兼ねなく使えます。
ちょっとやそっとの雨に関しては心配いりません。安心感と信頼性抜群です。

ちなみに防水の規格「 IPX7」は一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)という定義になっています。水没はさすがに経験が有りませんが(怖くて試しもしていません)、長時間ずぶ濡れの雨の中でも使用も問題ありませんでした。

早速使ってみる

早速使ってみる・・・と言いたい所ですが、そこはアメリカ版。
全て英語です。
なので、チョチョイと細工してやる必要があります。

必要な作業は2つ
1. メニューの日本語化
2. 地図の日本語化

詳しい内容は長くなりますのでまた後日・・・。

じゃ~ん。無事に日本語化が完了。

しかし・・・、Garminの翻訳辞書(Japanese.gtt)を導入しましたが100%完全な日本語化ができません。
メニューに若干の英語表記が残ります。MAPやBluetooth、Proximity Alarms(近接警告)のような英語表示のままのものが幾つかあります。まぁ大した問題ではないですが・・・。

そして地図。このままでは地図が英語のままなんです。何より簡略すぎます。
詳細な地図データが欲しいところです。

しかし・・・販売されている地図はとてもお高い。ウン万円もします。
でも、何とかできちゃう王道があるのでやってみます。

OpenStreetMap(通称OSM) の導入です。
詳しい内容は長くなりますのでまた後日・・・。

出来ない・・・。
そうなんです。30xでは読み込みが出来たUTF-8でエンコードした日本語OSMが認識しないのです。
GARMINの対策によるものなんだそうですが・・・。まだ解決策を見つけられていません。
なので、ローマ字表記版のOSM地図を導入しました。こちらは問題なく表示されます。
検索もローマ字でOKです。
これで思う存分使い倒すことが出来ます。

実際に使用した感想はまた後日。

-趣味
-

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.