小型ドローンホーリーストーンHS160の使用感レビュー・感想!!Holy Stone会社の本気

 

 

今回はホーリーストーンHS160です。非常に小型のドローン。ブレードは折りたためて携帯性が向上します。ドローンを手軽に持ち運びできることは、HS160がスポーツするポータブルデザインの唯一の目的ではありません。フォームファクターが小さいということは、ドローンの操作がはるかに簡単であることを意味します。

 

今回は小型ドローンホーリーストーンHS160の使用感レビュー・感想を紹介します。

 

 

ホーリーストーンHS160レビュー

 

 

ホーリーストーンHS160:デザイン

 

ドローンのデザインについて少し話すことから始めませんか。ドローンの本体自体は、ブレードが折り畳まれたときに、わずか2.6 x 5.5 x 1.2インチです。私がブレードを取り出した後、ドローンはより大きく、より広く、より正確には7 x 7 x 1.2インチになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長方形のデザインは素敵な黒の仕上げで、ドローンを装甲車のように見せます。

 

ドローンを折りたたむと、サイドリッジのすぐ下にキャリーアームが隠れます。プロペラは完全に隠れているので、すべてがドローンの本体とうまくフラッシュし、何も突き出ていません。ドローンの操作中に、プラスチックのようなきしむ音は聞こえませんでした。ビルド品質は十分まともです。

 

クイックスペック

  • 折りたたみ時の寸法:2.6 x 5.5 x 1.2インチ
  • 展開時の寸法:7 x 7 x 1.2インチ
  • 重量:2.925オンス
  • バッテリータイプ/サイズ:3.7V 500MAH Lipoバッテリー
  • バッテリー交換可能:はい、1個の​​追加が含まれています
  • 充電時間:100分
  • 戦闘時間:7〜9分
  • カメラ:720p、0.3MPセンサー
  • カメラ調整可能:いいえ、前向きのみ
  • コントローラー:Xboxのようなコントローラー
  • コントローラーバッテリー:4 x 1.5V AAバッテリー
  • 距離:160フィート
  • Wifiテクノロジー:2.4 GHz、100フィート
  • 特殊機能:FPV、アプリコントロール、高度保持

HS160の機能一覧

 

  • 小型 –折りたたみ式ブレードを備えた小型でコンパクトなデザイン、持ち運び、保管が簡単
  • コントローラー – Xboxコントローラーに酷似した両手操作のコントローラー
  • 追加のバッテリー – 2つの交換可能なバッテリーで最大20分の飛行が可能
  • HDカメラ – 720pカメラは、高品質のビデオと写真を提供し、ぐらつきがなく、ビットが粗い
  • FPVモード –ドローンカメラからのビデオをスマートフォンにストリーミングできます。FPVモードを利用できます
  • FPVコントロール –ビデオストリームを表示する横で、アプリを使用してドローンを制御することもできます
  • 高度保持 –気圧センサーがドローンを落下せずに設定された高さに保持します
  • 調整可能な速度 –合計4つの速度設定があります。左トリガーを使用して速度を調整します
  • 追加 –ジャイロ安定化、フリップおよび3Dロール、保護バッグ

 

 

若干の欠点は???

 

  • 範囲の制限 –このドローンの範囲は厳しく制限されています。わずか150フィート後にFPVが失われる
  • ピクセルが少なすぎる –カメラのピクセル数が少し多かった可能性があります
  • ヘッドレスモードなし –ドローンにはヘッドレスモードがありません。また、キーで家に帰ることもできません。

 

 

 

HOLY STONE HS160:カメラ

 

 

 

 

 

 

 

Holy Stone HS160には、見栄えの良いビデオと写真を提供する720pカメラがあります。そうは言っても、私はカメラがより高いピクセル数を使用できたかもしれないと言わなければなりません。時々、ビデオは粒子が粗く、あまり鮮明ではない場合があります。カメラを下に傾けることができず、カメラが埋め込まれていて、常に前を向いているのがわかりました。

ドローンの真下でビデオを録画する必要がある場合、これが制限要因になる可能性があります。

たとえば、各56には、完全に下に傾けることができるカメラがあります。

FPVテストフライトとビデオサンプル

 

これは、HS160を使用したフライトの短いビデオサンプルです。

先に述べたように、カメラの方がいいかもしれません。マーケティングの観点から見ると、カメラは720p HDの解像度で素晴らしいですね。実際には、カメラセンサーのピクセル数は多くありません。スペックシートで情報を見つけることができませんでしたが、おそらく0.3MPです。それはかなり低く、このような粗いビデオになります。

厄介なことに明白なもう1つのことは、ビデオフィードがどのようにカットアウトし、一瞬ドロップしてから再開する傾向があるかです。これは、FPVに使用されるwifiが持っている短距離が原因である可能性があります。

100ftはかなり速く最大化できます。そのとき、上のビデオにあるような問題に遭遇し始めました。それでも写真はそれほど悪くはありませんが、Holy Stoneはその動きをまとめて、ドローンの将来のモデルでビデオ品質を修正する必要があります。

 

HOLY STONE HS160:コントローラー

コントローラーについての不満はありません。す

でに述べたように、これはXboxコントローラーと非常によく似ています。唯一の違いは、ジョイスティックが上部にあり、方向パッドが下部にあることです。前面には、両側に1つのトリガーボタンがあります。FPVモード中にスマートフォンを保持するために、スマートフォンクリップがコントローラーの上部に組み込まれています。

コントローラーは手に心地よく、非常に軽い感じにもかかわらず、品質が悪いようには見えません。

ボタンはどろどろではなく、非常にはっきりとしたクリックがあり、適切に配置されています。コントローラーの中央には、2つのステータスLEDがあります。1つはコントローラーの電源を入れた後に点灯し、もう1つはドローンとの接続が確立した後に点灯しました。

全体として、コントローラーは通常のドローンで見られるコントローラーの種類とは少し異なりますが、うまく機能するので、私からの不満はありません。

HOLY STONE HS160:バッテリー

バッテリーは、Holy Stone HS160で面白くなるところです。開梱中に2つのバッテリーが箱から出てくるのを見て驚いた。さらに、展開された電池は「セキュリティロックの解除」を使用して簡単に交換でき、電池はセットアップの種類を超えています。

ラップトップのバッテリーは、少なくとも古いラップトップでは、バッテリーを交換する同様のシステムを備えていました。HS160バッテリーは、それぞれ500mAh 3.7Vを測定します

実際の使用では、1つのバッテリーで7〜9分の飛行時間を得たので、両方のバッテリーを充電した状態で合計20分です。

 

追加機能

ほとんどの無人偵察機で見つけることができる追加の鐘と笛について少し話しましょう。まず第一に、高度ホールドがあり、これは非常にうまく機能します。コントロールを放しても、ドローンの落下を心配する必要はありません。HS160は高度をよく保持します。EachineE56とは異なり、急な動きがなされるたびに無人機の着陸に問題がありました。

調整可能な速度は、初心者のドローンパイロットにとって特に便利です。ドローンを初めて飛行したときのことと、ドローンが速すぎることに問題があったことを今でも覚えています。私がコントロールキーを押すたびに、ドローンは非常に速く飛び去っていました。ドローンは私の初心者の反射神経には速すぎました。幸いなことに、HS160には4速設定があります。ゆっくり始めて、コントロールに慣れてきたら、そこから進んでください。

1つのキースタートとリフトオフにより、ドローンモーターが回転し、ドローンを空中に置き、飛行の準備が整います。その時点から、左スティックスロットルを使用して高度を上げるか、もちろん下げます。

HOLY STONE HS160:飛行体験

ドローンは飛ぶのがかなり簡単です。

1つの重要なスタートとリフトオフで、モーターをオンにしてドローンを空中に配置します。これは、左方向パッドの左キーです。次に、左のジョイスティックを使用してヨーを変更し、スロットルを押して、ドローンがどれだけ高くなるかを確認しました。コントローラーか、トランスミッターの範囲は、約230フィートです。ボタンは非常に反応がよく、すべてが機能します。

 

ビデオを録画したり写真を撮りたい場合、ユーザーはFPVモードを有効にする必要があります。ドローンには、ドローンのみを使用して画像/ビデオを保存するためのSDカードスロットがありません。

保存するために私の電話を使用しなければなりませんでした、しかしそれはこれらの安いドローンのほとんどで通常の習慣です。コントローラーには、静止画を撮ったり、ビデオ録画セッションを開始したりするための専用ボタンがあります。スマートフォンのタッチスクリーンにある仮想ボタンを押す必要はありませんでした。

トリムは、右方向パッドを使用して調整できます。左トリガーはドローンの速度を制御します(4速度設定)。右ジョイスティックは通常のロールとピッチをカバーします。以前にドローンを飛行したことがない場合は、最も遅い速度設定から始めます。すべてが最高速度設定でかなり速いためです。

 

まとめ

 

今回は小型ドローンホーリーストーンHS160の使用感レビュー・感想でした。

下記サイトでかなり格安で販売されているのでおすすめ

 

 

 

 

 

 

↑海外輸入品や中古品が格安で購入できる【販売サイト AREIZ

GMOポイントの購入にも対応しているみたいなので、中古品購入でヤフオクやメルカリなどで出品者とのトラブルを回避したい方は正規の中古品販売を行っている会社からの購入をおすすめします。