完全ワイヤレスヘッドホン『WF-SP900』遅延やフリーズした際のプレーヤーをリスタート(再起動)のやり方

ソニーから左右完全独立ヘッドホンの第4弾モデルとして登場した「WF-SP900」を試用させていただくことができました。4GBの内蔵メモリーがあるとのことで、それだとこれはもうウォークマンになるんじゃないか?と、思えますがとりあえず実機の様子をレポートしたいと思います

プレーヤーをリスタート(再起動)する

動作が不安定になったりフリーズしたりする場合は、プレーヤーをリスタート(再起動)してください。

リスタート(再起動)してもデータや機器登録(ペアリング)情報は消去されません。

  1. プレーヤーがリスタート(再起動)するまで、ボタン()を30秒長押しする。

    リスタート(再起動)すると、ランプ()が2回点滅します。

ヒント

  • 充電ケースに問題がある場合は、充電ケースのRESTARTボタンをペンやクリップなどで押してリスタート(再起動)してください。充電ケースの問題が解決することがあります。

ご注意

  • プレーヤーの電源が切れていて操作に反応しない場合は、プレーヤーを充電ケースに取り付けてください。しばらくしてからプレーヤーを充電ケースから取り出して、再度リスタート(再起動)を試してみてください。

iPhoneと機器登録(ペアリング)してBluetooth接続する

プレーヤーとiPhoneを接続すると、iPhoneの音楽をプレーヤーで聞くことができます。プレーヤーをiPhoneと一緒に使用する前に、プレーヤーとiPhoneをあらかじめ互いに登録しておく必要があります。この登録のことを「ペアリング」といいます。一度機器登録(ペアリング)すれば、以降は簡単にプレーヤーとiPhoneを接続できます。

  1. プレーヤーを充電ケースから取り出して、電源を入れる。
  2. ボタン()を7秒長押しする。

    ランプ()が2回ずつ点滅し、機器登録(ペアリング)が始まります。機器登録(ペアリング)情報がない場合は、自動的にBluetooth機器登録(ペアリング)モードになります。

  3. iPhoneのBluetooth機能をオンにする。

  4. プレーヤーの機種名をタップする。

    パスキーの入力画面が表示されたら、「0000」を入力します。パスキーは、パスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

    プレーヤーとiPhoneが機器登録(ペアリング)され、接続されているか確認してください。接続が完了すると、ランプ()が5秒間点滅します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。