完全ワイヤレスヘッドホン『WF-SP900』ペアリングができない時の解決法

ソニーから左右完全独立ヘッドホンの第4弾モデルとして登場した「WF-SP900」を試用させていただくことができました。4GBの内蔵メモリーがあるとのことで、それだとこれはもうウォークマンになるんじゃないか?と、思えますがとりあえず実機の様子をレポートしたいと思います。

 

機器登録(ペアリング)できない

  • プレーヤーとBluetoothオーディオ機器との距離を1 m以内に近づけてください。
  • プレーヤーのお買い上げ時や初期化(フォーマット)後、修理後などは、プレーヤーの電源を入れると自動的に機器登録(ペアリング)モードになります。2台目以降のBluetoothオーディオ機器を登録したい場合は、ボタン()を7秒長押しして、機器登録(ペアリング)モードにする必要があります。

  • プレーヤーの初期化(フォーマット)後、修理後などは、プレーヤーをBluetoothオーディオ機器(iPhoneなど)と再度機器登録(ペアリング)する必要があります。初期化(フォーマット)前や修理前の古い機器登録(ペアリング)情報が、Bluetoothオーディオ機器に残っていることがあります。この場合、Bluetoothオーディオ機器からプレーヤーの機器登録(ペアリング)情報を削除し、再度機器登録(ペアリング)を行ってください。

機器登録(ペアリング)済みのスマートフォンとBluetooth接続する

機器登録(ペアリング)済みであれば、プレーヤーとスマートフォンを簡単にBluetooth接続できます。

  1. 最後に接続したスマートフォンのBluetooth機能をオンにする。
  2. プレーヤーを充電ケースから取り出して、電源を入れる。
  3. プレーヤーのBluetooth機能がオフの場合は、ボタン()を2秒長押しして、Bluetooth機能をオンにする。

    スマートフォンに接続されると、ランプ()が5秒間点滅します。

    プレーヤーを両耳に装着している場合は、ランプ()は点滅せず音声ガイダンスが聞こえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA