完全ワイヤレスゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」【イヤホンレビュー】

1945年にドイツで創業したドイツのプロフェッショナル向け音響機器ブランドのゼンハイザー(SENNHEISER)。日本では高音質な有線イヤホン、ヘッドホンのイメージが定着しています。そんなゼンハイザーが昨年12月20日に初めて送り出した完全ワイヤレスイヤホンが「MOMENTUM True Wireless」です。

“MOMENTUM”は2012年から展開しているシリーズで、スマホの音楽リスニング、ワイヤレス接続といった現代的なライフスタイルに舵を切りつつ、デザインや高音質を追求しています。

そんなゼンハイザーの完全ワイヤレス第1弾「MOMENTUM True Wireless」の実力をレポートしていきましょう。

まずは本体のチェックから。黒色のハウジングに、ゼンハイザーの“S”のロゴマークが輝く、スピン加工を施した金属プレートを配置。ブラック基調にシルバーのデザインは、プロフェッショナル用音響機器ブランドらしい精悍さ。もちろん、ドライバーもゼンハイザー自社製で設計されています。

重量は片側約6.8g(実測値)なので、完全ワイヤレスイヤホンの大きさとしてやや大型。パッケージにはイヤーピースが4サイズ(XS、S、M、L)付属。

スペック

イヤホン内蔵のバッテリーはフル充電から約4時間の連続音楽再生が可能。手のひらサイズの充電ケースを併用すれば合計約12時間も使えるスタミナを備えています。

  • 型式:ダイナミック・カナル型
  • 周波数特性:5~21,000Hz
  • 感度:107dB(1kHz/1mW)
  • 本体重量:約13.2g
  • パッケージサイズ:150×90×65mm
  • パッケージ重量:285g
  • 対応コーデック:SBC/apt-X/apt-X LL/AAC
  • Bluetooth 5.0
  • 付属品: USBチャージングケース/USBチャージングケーブル/イヤーピース(XS、S、M、L)

本体が大きめなので耳は塞ぐ形になりますが、人間工学に基づいた形状で外耳の内側にフィットするタイプ。落下防止のパーツは付属していませんが、ピタリとハマる人ならば、防滴対応なのでランニング等にも持ち出せそう。

Bluetoothの仕様は5.0で、iPhone向けにAAC、アンドロイド向けにapt-X、apt-X LLといった高音質コーデックにも対応しています。

バッテリーケースのデザインにも注目。表面がグレーのファブリックという洒落た仕上げ。メカニカルな作り一辺倒ではなく、布の素材感を出して“モノ”としての質感もちゃんと考えている所は、欧州ブランドらしい配慮です。バッテリーライフは本体のみで4時間+バッテリーケースで8時間と、コンパクトかつ十分な持ち出し時間を確保。なお、充電端子はUSB Type-Cを採用しています。

では実際に「MOMENTUM True Wireless」を装着して、使い込んでいきましょう。

本体を一見すると操作ボタンはないのですが、左右イヤホンの金属プレートがタッチパネルを兼ねています。最初のペアリングは左右イヤホンの同時押しでスタート。ペアリング後は左イヤホンで再生/一時停止/スキップ、右イヤホンで通話関連の操作とスマホのボイスアシスタント起動、そして2回タップで外音取り込み機能“Transparent Hearing”に切り替わります。音量操作は左右長押しで音量ー、音量+に対応します。

“Transparent Hearing”は実は、製品パッケージやホームページではあまり触れられていませんが、装着したまま外の音が聴こえるいわゆる“外音取り込み”機能です。デフォルトの動作は右イヤホンを2回タップすると音楽を停止。イヤホンを付けてただ音楽を停止した時以上に、外の音を明瞭に聞き取れました。

“Transparent Hearing”の動作は音楽を流したままでも、スマホのアプリ「Smart Control」から変更できます。ただし、ONにしても音楽に対してやや人の声や物音が持ち上がる程度なので、過信は禁物。実用性ではデフォルトの音楽停止の方が良さそうです。

Bluetooth接続の安定性と装着感

Bluetooth接続の安定性について

まず基本中の基本であるBluetooth接続の安定性について。

最近は5000円前後でも安定した物が増えてきたのでさすがに4万円弱のMOMENTUM True Wirelessもこの点は問題無し。

また、取り出した瞬間にスマホなどに即座に繋がるくらい接続するのもめちゃくちゃ早いです。

やはり期待するのはサウンド。

iPhoneで宇多田ヒカルの『あなた』から聴いて行くと、女性ボーカルの歌声の厚みあるリッチな響きと情報量、そして低音からの質感たっぷりのリズムの刻み。さらに丁寧な高域までの再現を確保。オーケストラの演奏の見通しも良いし、楽曲のどこを聴いても音楽の質感にまで入り込めます。完全ワイヤレスイヤホンとしては相当ハイレベルな高音質です。

電話のマイクはぎりぎり実用範囲

 電話でのヘッドセットとしても使えるということだったので使ってみた。マイクは耳の部分にあるのでそこまで期待していなかったけど相手側はちょっと声が遠く聞こえるぐらいで問題なさそうだった。おまけでついてるレベルではなくて実用的レベルだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。