ポケットサイズ「Palm Phone」レビュー!スマホが小型かつ使いやすいデザイン

4月24日発売の「Palm Phone」のファースト・インプレッションをお届けします。Palmブランドを冠するこのスマホは手のひらに収まる超小型サイズが特徴。日本ではFOXが正規代理店として取り扱い、+StyleやAmazon.co.jp、家電量販店などで販売されます。価格は4万4800円(税込)です。

1.スペック

Palm Phone
OSは最新のAndroid 9.0ではありませんが、Android 8.0とまずまずの新しさです。CPUはSnapdragon 435なので、2019年の今、エントリークラスと考えていい性能になると思います。ただ、この製品のサイズを考慮すると、あまり激しいゲームなんかには向かないと思いますので、このくらいのCPU性能で、ある意味ちょうどいいのかもしれません。RAMは3GB、ストレージは32GBと、エントリークラスのCPUをあわせて考えれば十分な容量になっていると思います。ただし、この製品はmicroSDカードなどの外部ストレージがありませんので、写真の保存などではGoogleフォトとかOneDriveなどのクラウドストレージをうまく活用する必要があるでしょう。

ディスプレイは3.3インチで解像度はHD(1,280 × 720)です。最新スマホでは一般的になっている縦長タイプでもなければノッチもありません。「普通」というかもはやちょっと古くさいアスペクト比と言えるかもしれません。なお、3.3インチというサイズはJelly Pro(2.45インチ)とAtom(Jelly Proの高性能版)を除けばこれまでウインタブが紹介してきたAndroidスマホの中では最小サイズだと思います。

カメラはイン8MP/アウト12MPですから、エントリークラスとしては悪くないものの、メインスマホとして考えると少し厳しい画素数かもしれません。ちょっと前ならこの画素数でも全然OKだったんですけど、最近はAndroidスマホのカメラ性能が著しく向上していますからね。

規代理店として取り扱い、+StyleやAmazon.co.jp、家電量販店などで販売されます。価格は4万4800円(税込)です。

 

181222_palmreview_06

Palmは小さいだけでなく、作りも驚くほどしっかりしています。

ほぼどこにでもしまえる小さい携帯なのに、この堅実な作りは賞賛せざるを得ません。ポケットに入れれば完全に隠れてしまうし、どんなに小さいクラッチバッグにでも問題なく入り込めるでしょう。なんならジーンズのコインポケットにも入れられるし、やろうと思えば靴下の中でもいけます。そんなサイズなので、手に取ると、他のどんなスマートフォンよりも小さいと感じるでしょう。

また、Palmのスクリーンは非常に明るく、私たちの露出計では808nitsを記録しています。これは私が過去18ヶ月の間にテストした携帯の中でもっとも高い数字です。さらに2オンス弱という軽さなのに、IP68防水規格なので、ちょっとした水たまりなどに落としても問題ありません。

良くない点

次に良くない点ですが、最近の多くの携帯がそうであるように、ヘッドホンジャックやmicroSDカードスロットがありません。しかし、その小ささゆえ、それらを入れるスペースがなかったという言い訳は通るでしょう。ワイヤレス充電がないことも同様ですが、完全にワイアレスな携帯であったら非常に素晴らしかっただろうと思います。

カメラに関してですが、Palmには12MPの背面カメラに、8MPのフロントカメラが付いています。明るい環境なら使えなくはないですが、予想通り、Pixel 3と同クオリティというわけにはいきません。しかし、350ドルという破格の値段なので、あまり気にはしません。とはいえ、暗いところでは他よりかなり苦戦します。

 

バッテリー性能にも難点

800mAhしか搭載がなく、「欠陥だ」と述べているレビューも見かけます。このレビューでは、写真を撮りながら2時間使っただけで40%もバッテリーが減ったと言っています(WiFiも電話もせずに)。ゲームを20分プレイしたら20%減るとも。まぁこのサイズでゲームするのかよという指摘もあるでしょうが、それだけ「使ったらガツンと減る」イメージなんでしょう。