ヘッドホン型の次世代HMD「Avegant Glyph」レビュー!! 

 

 

 

 

一見ヘッドホンのように見えるが、ヘッドバンドの部分にモニターが仕込まれており、簡単に映画など大画面で楽しむことができる、次世代HMD「Avegant Glyph」

仮想現実(VR)ヘッドセットとスマートメガネの中間に、「メディアゴーグル」というカテゴリがある。ほかにもっと適切な名前がないのでそう呼ばれているが、モバイルディスプレイとしても機能するヘッドセットのことだ。この種の製品は10年以上前から、家電見本市会場の目立たない場所にひっそりと展示されてきたが、ヘッドマウント式ウェアラブルやVRの台頭によって復帰を果たした。

 

 

 

 ヘッドバンドの内側にアイウェアが組み込まれた大型ヘッドホンを想像すれば、どんなものなのか大体把握できるだろう。これらのガジェットは、サイボーグのように目を覆うようにして装着する。筆者は先週ラスベガスで開催されたCESで、将来性のありそうな機種を2つ試用してみた。いずれも2015年中に発売予定で、VRヘッドセットにかなり近いものだが、主な用途は動画の視聴とゲームプレイだ。

2015年に発売予定のAvegant Glyphのモックアップ。
2015年に発売予定のAvegant Glyphのモックアップ。
提供:Richard Peterson/CNET

 Avegantの「Glyph」は2014年に発表された。その光学技術は、DLPディスプレイ技術とマイクロミラーを使って画像を目に直接投影するという革新的なものだ。Glyphの720pの映像は一般的な小型ヘッドマウントディスプレイよりもくっきりと明るく表示され、レンズで映像を拡大するVRヘッドセットで生じる「スクリーンドア」効果(映像に格子模様が重なって見える現象)も抑えられている。筆者が試用した最新のプロトタイプでは、映画「How to Train your Dragon 2」の一部が再生されていたが、筆者が視聴したときには何本かの線状ノイズが発生した。Glyphの映像は、まるで目の上に小さな映画館を置かれたかのように見える。スクリーンが小さな箱のような区域の奥にあり、一定の距離があるような感覚を作り出している。


 
 
 
 だが、ソニーが発表したProject Morpheusや、Oculus VRのOculus RiftのようなVR体験とは別のベクトルの製品であることも注記しておきたい(Avegantも「これはVRではない」とくり返し説明していた)。
 VR体験は視界を映像で覆う視野角の広さが重要視されているが、Glyphの視野角は45度しかない。ちなみにRiftは110度、Morpheusは90度である。だから「その世界に入っている」ように感じさせるVRとは違い、見え方としては「数m先にシアターのスクリーンがある」という旧来のヘッドマウントディスプレイのそれに近い。でも、その見えているものの質が変わってる(片目それぞれ720Pなのだが、それ以上に感じられる)といった感じなのだ。
 
 

Glyphのアイピースはここに隠されている。
Glyphのアイピースはここに隠されている。

 

 アイピースは片目ごとに調節することができる(焦点と瞳孔間距離)が、筆者の-9という非常に悪い視力の目ではうまく調節できず、少し目を細めて見る必要があった。1年前よりは改善されているものの、いずれ筆者の目でも全く問題なく見られるようになることを期待している。

 筆者が数分間試用したプロトタイプは分厚く、装着していると鼻が痛くなったが、Glyphの最終的なデザインはもっと洗練されたものになるだろう。美しいラインが採用され、「Beats」などのスタジオヘッドホンの上部ヘッドバンドにアイウェアを埋め込んだような外観だ。2015年秋に発売予定で、599ドルで先行予約することができる。

ワーキングプロトタイプの見た目や装着感は、まだこの段階には達していない。
ワーキングプロトタイプの見た目や装着感は、まだこの段階には達していない。
提供:Scott Stein/CNET

 Vuzixも同様の製品を開発中だ。同社の「iWear V-720」ゲーム用ヘッドセットもヘッドホンとアイウェアを組み合わせた大型のヘッドセットだが、AvegantのようなDLP技術ではなく720pのLCDディスプレイを採用している点が異なる。iWearのデザインはプラスチックという感じが強く、「ゲーマー」向けという印象を受けるが、それは偶然ではない。iWearは究極のモバイルゲーミングアクセサリとして宣伝されているからだ。既にNVIDIAの「SHIELD」ブランドとの提携が進行中で、両製品を組み合わせたものが2015年中にリリースされる可能性もある(CESでは、現実感を持つのがいつも難しい)