オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

ヘッドホン

フルオートAIノイズキャンセリングヘッドホン MDR-XB950N1

投稿日:

フルオートAIノイズキャンセリングヘッドホン MDR-XB950N1

モバイル環境では、ヘッドホンよりもかさばらないイヤホンを使う方が圧倒的に多い事と思います。
ヘッドホンの優れている点は装着感がよく長時間でも疲れにくい、そしてノイズキャンセリング機能が抜群にいいことですよね。
なので長時間の列車や航空機での移動の際はノイキャン搭載のヘッドホンが欠かせないです。

そのノイズキャンセリング機能が抜群にいいのがMDR-XB950N1です。

フルオートAIノイズキャンセリング機能

MDR-XB950N1に搭載されるのはフルオートAIノイズキャンセリング機能です。ヘッドホンが周囲の音を分析して、3つのノイズキャンセリングモードから最適なモードを自動選択、周囲の騒音の変化に対応してモードを変更するので、常に最適な効果が得られるのです。

それだけでも買いなのですが、専用アンプを使ったエレクトロ・ベース・ブースターによって重低音をプラスマイナス10段階で調整することもできるんです。

   

専用アプリ「Headphones Connect」

この調整に使うのが「Headphones Connect」と呼ばれる専用アプリで、サラウンドエフェクト、クリアベース(重低音)とノイズキャンセリングのON/OFFを操作できます。

アプリ上では以下の設定をすることが可能です。

・エレクトロ・ベース・ブースターの量感の調節
・サラウンドエフェクト(VPT)の設定変更
・ノイズキャンセリング機能のON、OFF

好きな音楽をその日の気分や使用シーンに合わせて自由に調整し、好みのテイストで楽しめます。
自分好みのドカドカ低音で思う存分楽しめるヘッドホンです。

ボタン操作

耳元のボタンでノイズキャンセリング機能のON/OFF、音楽の再生/停止、音量調整やスマートフォンの着信、通話、終了、音声アシスタント機能の起動にも対応します。

左側では、「電源ボタン」「BASS EFFECTボタン」「microUSB(充電用)端子」「INPUT(有線)端子」「NCボタン」があります。

microUSBはオープンで直挿し出来るので充電は楽です。
USB充電は約7時間で満充電、電池持続時間はBluetoothオン、NCオンで最大で約22時間となってます。

ヘッドホン右側では操作系のボタンが集約。
ボリュームの上げ下げ、再生一時停止、曲送り、曲戻しが行えます。

エレクトロ・ベース・ブースターでヘッドホンに内蔵されたアンプにより特定の低域をブーストすることで、一般的なヘッドホンでは体験できないようなグルーヴ感ある重低音を実現しています。

コーデックはLDACには対応しておらず、aptX、SBC、AACに対応します。

ハウジングはかなり大きめでイヤーパッドも厚めのためフィット感は抜群です。

重さは290gもあるのですが、意外と気になりませんでした。

ノイズキャンセリングをONにするとS/N感が向上して周りがサーッと静かになります。ノイズも出ず、さすがSONYのノイキャンと行った所です。

サラウンドエフェクトはDSPを使ったタイプのようで4種類の効果が選べます。クリアベース(重低音)は楽曲によるのでしょうが、プラス5ぐらいまは上げても不自然さはなかったです。

バスレフスピーカーの低音と違い専用アンプで増幅されたものなので、音が濁ったり、遅れたりする悪影響が極力抑えられているんですね。
aptXで接続すると低域から高域までクリアーでクッキリとした輪郭の音が得られます。
高域だけでなく、低域の解像度も上がっているようです。
もちろんケーブルで有線接続すれば、さらに音質は向上します。

まとめ

お値段もそこそこながらハイレゾには対応していません。重低音がウリのヘッドホンで、ワイヤレスかつノイズキャンセリングを採用しているというのが特徴のモデルです。

通話対応のワイヤレスヘッドフォンが必要な人、重低音好きの人、優秀なノイズキャンセリングヘッドホンを探している人にオススメです。

-ヘッドホン
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.