パイロット風バーチャル7.1chサウンドゲーミングヘッドホン『Tactical Master』

 

FPSやTPSといったゲームをするとき、ゲーム内のかすかな音を聞くためにイヤホンやヘッドホンを使用している人は多いです。
性能はどうあれ使用すれば足音や銃声の方角がかなりはっきりわかるようになるので、使用していない人と比べて断然有利にプレイすることができますよね。

そんなゲーマー向けに作られたヘッドホンのことをゲーミングヘッドホンと呼びますが、これがなかなか「これだ!」というものに出会えません。

そこで今回ご紹介したいのが、没入感と快適性を重視する人のためのゲーミングヘッドホン『Tactical Master』です。
高価なハイエンドモデルを使用していると重さや圧迫感にうんざりさせられることがありますが、このヘッドホンは快適性を最優先しているためそういったことはありません。

性能は良いけど耳がいたい、そんなヘッドホンはやめてこれからは”性能が良くて耳が痛くならない”ヘッドホンを使いましょう。

 

【快適性重視】バーチャル7.1chサウンドゲーミングヘッドホン『Tactical Master』
『Tactical Master』は着用時の快適性を第一に考えて設計されたゲーミングヘッドホンで、パイロットヘッドセットにいスパイアされたデザインが特徴です。

 

Tactical Master01

 

パイロットデザインの快適なゲーミングヘッドホン

Tactical Master』は着用時の快適性を第一に考えて設計されたゲーミングヘッドホンで、パイロットヘッドセットにインスパイアされたデザインが特徴です。
バーチャル7.1chサラウンドサウンドでゲームへの没入感を高め、常に敵の正確な位置を把握するのに役立つでしょう。

敵の位置をアラート
そして53mmネオジムオーディオドライバーがパワフルでクリアなサウンドを提供。
あなたのプレイ環境に最高レベルの臨場感をもたらしてくれます。

 

・音の方向がわかる。
・しっかりと音(SE)が分離されていて聞き分けられる


ざっくりいうと上記の2点が重要視されます。

まず、音の方向ですが、遠くから狙撃されている場合、また室内に籠もってる場合に、上階で敵が移動している等々が、音の聞こえた方向により把握できます。

これには2つの利点があります。

1,敵のいる場所、方向が瞬時に把握できる。
2,移動によって聞こえる音に敏感になることで、普段の立ち回りが向上する。

 

 

 

SEの方向をしっかり把握できるか。

一番重要なSEの方向の把握ですが、銃声の方向や距離を聞き取る練習ができる「pubg gunfire」で試してみました。Tactical MasterTactical MasterTactical Master

結果はこんな感じ

折りたたみデザインで持ち運べる

一般的なゲーミングヘッドホンはボディが大きい物が多く、持ち運ぶのも決して楽ではありませんでした。
その点『Tactical Master』ならコンパクトに折りたたんで収納できるので、いつものバッグに入れても邪魔になりません。

折りたたみ式

カラーはイエロー・ブラック・グリーンの三色展開となっており、本体価格は¥11,490となっています。

 

 

スペックは?

スペックは下記の通り、53mmの大口径ネオジウムドライバーを使っているので、ヘッドホンとしての性能も良いはずですし、Facebookメッセンジャーの通話でも使ってみましたが、ノイズ軽減マイクも高性能なようで、通話相手にも好評でした。

Tactical Master


Tactical Master
278gの本体は非常に軽量で、こちらも使用感にプラスに働いています。

 

 

 

結論としては、非常に安いですし、通常のヘッドホンから切り替えたのであれば、間違いなくバトルを有利に運べると感じました。

最初の1台であれば問題なし、既にゲーミングヘッドホン(ヘッドセット)をお持ちの方でも、気軽に使える持ち歩き用のサブとしてどうでしょうか?そんな「Tactical Master」でした。