ハイレゾ環境を構築できるDACアンプケーブル『Ztella』レビュー!USB-DAC+アンプ内蔵ケーブル

 

 

 

海外のクラウドファンディングで成功実績のあるZorloo社のアンプケーブル『Ztella』がGREEN FUNDINGにてプロジェクトを展開中です。価格はZtellaとUSB変換アダプタ・ケーブルが付いて11,500円から、複数個セットも用意されています。

『Ztella』は一般的なスマホやイヤホンでは変換できない音楽データの周波数を、ケーブルに内蔵されているICチップで直接変換し、ノイズの混入や音質の劣化を防ぎます。

ざっくり言ってしまうと、デバイスとイヤホンの間に『Ztella』をつなぐだけで、高音質な音楽データの再生が可能ということです。さらに、11cm・5gというコンパクトさにも関わらずハイレゾオーディオコーデックであるMQA(Master Quality Authenticated)の再生にも対応しています。

筆者のイメージではハイレゾ音源の再生環境は、DACやプレーヤー、イヤホンを用意したりと、費用がかかって持ち物がかさばるイメージでした。しかし、『Ztella』はかなりコンパクト。この記事では、どこまで音質に変化があるのか検証してみます。

 

ネットショッピングをご希望のかたはこちら!!

 

外観

メタリックな端子と丈夫な編み込みのケーブルで高級感と強度はバッチリです。

本体はUSB type-Cなので、iPhoneでの視聴には変換必須。使用の段階では、本当に若干ですがLightningケーブルへの変換に接続したときの緩さが気になりました。ポケットに入れて歩くシチュエーションも予想されますし、もっとガッチリとした固定感があると安心するな~と感じました。

今回は市販のイヤホンとヘッドホンを使って音質の比較をしていきます。様々な再生環境があるとは思いますが、誰でも手軽に用意できる環境での比較とさせていただきます。

 

『Ztella』を装着してみると思わず「おおお」と声が出てしまいました。それほど音質が変わります。音域がとても広がって、解像度がグッと上がりました。必要以上に出しゃばっていたベースと歌声が抑えられ、一緒くたに鳴ってしまっているホーンセクションとギター、バックコーラスがハッキリ聴き取れます。今回の検証ではヘッドホンよりもイヤホンのほうが変化より感じることができました。

 

 

Ztellaが優れている理由とは?

Ztellaの音質の秘密

Ztellaの心臓であるICチップの中にはDAC(デジタルアナログコンバータ)と呼ばれる、デジタル信号をアナログ信号(音)に変える変換器と、その音を迫力あるボリュームで聴けるように増幅するヘッドホンアンプが内蔵されています。
Ztellaの一番の特徴は、現時点で最高クラスの音質とされるMQA(Master Quality Authenticated)の音源を聴くことができる点。スタジオのマスターレコーディングの音質に匹敵する高音質音源を提供するテクノロジー。イギリスでの受賞歴があり、オーディオ業界で最近注目を集めている技術です。もちろんMQAだけでなく、ハイレゾ音源と呼ばれるオーディオコーデック(フォーマット)にはほぼ全て対応しています。

米国ESS社の最新鋭Hi-Fi DACを使用

オーディオマニアの間では定評のある米国ESS Technology社の最新DACであるSABRE 9281PROを使用し、幅広い音域でバランスの取れた、明瞭な音をお届けします。120dBの驚異的なS/N比と0.0006%のTHD+N特性のパフォーマンスを提供する最新のSABER DACです。

ヘッドフォンアンプは最大2倍の出力を可能に

内蔵ヘッドフォンアンプは、接続されたヘッドフォンを自動で検出・分析し、理想的な出力レベルに調節し音楽を再生します。標準のスマートフォンの2倍以上である最大2Vrmsの出力をヘッドフォンに供給することができ、より迫力のある音楽をお楽しみ頂けます。

 

 

 

 

 

 

まとめ

YouTubeや、他のストリーミングサービスも利用しましたがどれも同じように音質の向上を感じました。有線のイヤホンユーザーにもPCなどで音楽を楽しみたい方にも一度試してほしい向上です。

現在、こちらの『Ztella』は一般販売しておらず、GREEN FUNDING にてクラウドファンディングを実施中です。価格はZtellaとUSB変換アダプタ・ケーブルが付いて11,500円~、複数個セットも用意されています。

普段の視聴から音質にこだわりたい方はもちろん、これからこだわっていきたい(こだわってみたい)方にもおすすめです。普段からなんの苦労もなく持ち運べて接続の手間もいらない、まさに、「まずはこれ」的な製品ですので。