オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

タブレット

タブレットLenovo TAB3レビュー、1万円台の超コスパタブレットの使用感は??

更新日:

 

今回は、ゲームなどに必要なスペックも確保しながら、それでいてディスプレイも綺麗で、何よりもお安いAndroidタブレット「Lenovo TAB3 8 Plus」を紹介・レビューしていきたいと思います。

フロントフェイスの2つのスピーカー、頑丈なバッテリー寿命、頑丈なボディで、アームチェア内のウェブを閲覧したり、車に長時間乗車してお子様に引き渡すのに適しています。ビルトインキッズモードではペアレンタルコントロールが追加され、複数のユーザーをサポートします。誰もが使える手頃な価格のAndroidタブレットを探しているなら、Tab3 8を検討する価値がある。しかし、Google Playストアにアクセスする必要がない場合は、Amazon Fire HD 8を使用することで、バッテリの寿命を延ばし、RAMを増やし、デュアルバンドWi-Fiを安価にご利用いただけます。

圧倒的なコストパフォーマンスの高さから、iPad全盛期にもかかわらず高い支持を得ることができたAndroidタブレット「Nexus 7」シリーズを思い出させるモデルが登場しました。

十分使える処理能力と充実の機能によって、普通のタブレット端末としてはもちろん、電子書籍リーダー、動画配信サービス用端末など、あらゆる用途で活躍できる一台となっています。詳細は以下から。

デザイン、機能、および表示

右側には電源ボタンとボリュームロッカー、3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB充電ポートがあります アップ上部にはフラップがあり、256GBカードで動作するmicroSDカードスロットにアクセスできます。フロントのDolby Atmosで強化されたスピーカーのペアは、まともなオーディオを提供します。部屋を埋めることはなく、音量も高くなりますが、この価格帯のほとんどのタブレットよりも優れています。

8インチ、1,280×800のIPSディスプレイのフロントとセンターがあります。この解像度は、1インチあたり189ピクセルとやや疎で、価格には一般的です。テキストとグラフィックスは鮮明で、色は豊かで飽和しており、視野角は良いですが、細かく見ると個々のピクセルに気付くことができます。画面の明るさは少しでもよい高い、 パネルは幾分反射性であり、屋外で容易に見ることができるほど明るくないためである。

接続オプションには、2.4GHz帯のWi-FiとBluetooth 4.0が含まれます。PC Labsの2.4GHzルータでTab3 8はうまく機能しましたが、スピードと信頼性の高い接続を望むなら、Fire HD 8とIconia One 8はデュアルバンドWi-Fiをサポートします。

 

Lenovo TAB3の便利な機能や特徴を解説

まずはLenovo TAB3の機能面から解説します。

Lenovo TAB3は、動画や音楽コンテンツを楽しむのにまさに最適ですよ。

8.0インチのHDディスプレイで、動画やマンガは十分な解像度で楽しめる

Lenovo TAB3

 

Lenovo TAB3の画面サイズは8.0インチです。端末本体は大型でも小型でもない絶妙なサイズですね。人によって好みは分かれるでしょう。

10.5インチのiPad Proよりもカバンの中に収まりやすいですが、小さくてカバンの中での存在感がない、というほどではないくらいの大きさです。

画面解像度はHDで、フルHDではありません。そのため超高画質というわけではありませんが、動画やマンガ等の電子書籍であれば特に違和感なく、綺麗な画面として楽しめます。

なお、耐衝撃性が気になる人は強化フィルムを使っておくことをおすすめします。

高音質スピーカーが左右にあるので、音楽や映画を楽しみやすい

Lenovo TAB3は高音質なスピーカーを搭載しているのも魅力です。

スマホのスピーカーって、端末によってはあまり音が良くなくて音楽や映画の音声を本体だけで楽しむのに限界があることもあります。

私は今までたくさんのスマホを触ってきましたが、スピーカーの音質に満足できるのはiPhoneなどごく一部の端末だけでした。

Lenovo TAB3なら高音質なスピーカーを搭載していて、しかもステレオです。さらに映画館などでもお馴染みの「Dolby Atmos」にも対応しています。

Lenovo TAB3

高度なサウンド機能搭載

  • インテリジェントイコライザー
    再生中の音をリアルタイムに解析し、設定したお好みの音質になるように自動調整。
  • サラウンドバーチャライザ
    音声をリアルなサラウンドサウンドに拡張。
  • ダイアログエンハンサー
    会話音声を明瞭に調整。
  • ボリュームレベラー
    コンテンツの音量を一定に調整。

結果としてLenovo TAB3では、本体スピーカーだけでも十分に臨場感のある綺麗な音を聴けるんです。

音にこだわりがある人もそこまでない人も、Lenovo TAB3のスピーカーの音には満足できるでしょう。

Lenovo TAB3はテザリング対応。ワイモバイル回線で高速通信ができる

Wifi

Lenovo TAB3は、テザリングにも対応しています。

テザリングに対応していること自体はLTE対応のタブレットとして当たり前なんですが、忘れてはいけないのがLenovo TAB3はワイモバイルのタブレットであることです。

ワイモバイルは、あらゆるSIMの中でベスト3に入る高速な格安SIMです。24時間通してキャリア並みの通信速度が出せます。

つまりLenovo TAB3からパソコンやゲーム機などに接続すれば、安定した高速通信をいつでも行えます。モバイルルーター代わりとして使えるのも、Lenovo TAB3のメリットでしょう。

なお当然ながらLenovo TAB3自体で動画や音楽をストリーミング再生する場合も、高画質・高音質でコンテンツを楽しめますよ。

電子書籍やアプリのダウンロードも、ワイモバイルのLTE通信で高速で終えられます。夢のようなタブレットですね。

Lenovo TAB3のスペック評価

Lenovo TAB3スペック

続いて、Lenovo TAB3のスペックを評価していきましょう。

Lenovo TAB3のスペックは、決して高くはありません。ただし各種コンテンツを楽しむうえでは不足のないスペックと言えます。

まずは、スペック一覧からチェックしていきましょう。

税抜価格 34200円
OS Android 6.0
CPU MT8735
メモリ 2GB
ストレージ容量 16GB
画面 8.0インチ、800×1280
カメラ アウトカメラ:500万画素
インカメラ:200万画素
重さ 353g
バッテリー容量 4290mAh

タブレットLenovo TAB3

パフォーマンス、バッテリー、およびカメラ

Tab3 8は、1GHzのMediaTek MT8161プロセッサと1GBのRAMを搭載しています。これは、Iconia One 8のパフォーマンスとほぼ同じレベルです。つまり、Webを閲覧したり、ビデオを見たり、シンプルなゲームをするのにはまったく適しています。しかし、これはハイエンドのゲームには向いていません。一度に複数のアプリを起動すると、RAMの使用制限が急上昇します。Fire HD 8には1.5GBのRAMが搭載されているため、この問題を回避できます。

バッテリー寿命は堅牢です。スレートの4,290mAhバッテリーは、最大画面輝度でWi-Fiで全画面ビデオをストリーミングする、私たちの試運転テストで5時間47分を計時しました。非常に長く持続するHD 8(8時間、17分)に耐えることはできませんが、Iconia One 8(4時間20分)よりもはるかに多くのスクリーン時間です。それでも、子供たちが長い車で乗っているのに十分なバッテリーでなければなりません。

あなたの携帯電話が手元にない場合、タブ3 8の背面にある5メガピクセルのカメラはピンチで役立ちますが、あまり期待していません。良いと点灯妥当な鮮明な写真を撮ることができますが、安定のための方法はほとんどありませんので、撮影時にタブレットをしっかりと握るように注意する必要があります。低照度のショットは騒がしいです。それはまた30fpsで泥の720pのビデオを記録する。2メガピクセルのフロントカメラはビデオ用ですチャット、 ざらついたセルフを取る。

ソフトウェア

Tab3 8は、最低限のUIレイヤーでAndroid 6.0 Marshmallowを実行します。電話規格では古くなっていますが、新しいソフトウェアを実行するタブレットは比較的少ない(特にこの価格帯では)。Nougatが必要な場合は、Samsung Galaxy Tab S3のような非常に高価なスレートを購入する必要があります。

Tab3 8がFire HD 8を上回る大きな利点の1つは、Google Playストアのサポートです。Fire HD 8は、Amazonのアプリやサービスに合わせてカスタマイズされたAndroidのバージョンを大幅にカスタマイズしています.App Storeを持っていますが、コンテンツの範囲はGoogle Playでのものほど多様ではありません。

家族の場合、Tab3 8にはキッズモードがあり、設定パネルからアクセスできます。これにより、最大3人の子供をユーザーとして追加し、それぞれに個別のプロファイルを作成することができます。特定のアプリケーションへのアクセスを許可および制限し、安全なWebブラウジングを有効にし、使用時間を制限することができます。子供向けのタブレットの多くで見つけられるような、子供向けのアプリやホームスクリーンはありません。あなたがその経験をダウンロードして管理するまでです。

Bloatwareは限られています。あらかじめインストールされているアプリはいくつかありますが、すべて削除することができます。16GBの内蔵ストレージのうち、およそ半分が使用され、8.75GBが残っています。スペースが必要な場合は、いつでもmicroSDカードを使用できます。

結論

$ 110のLenovo Tab3 8は家族全員のために手頃な価格のマルチメディアAndroidタブレットです。これは、最も鮮明なディスプレイや最も速いパフォーマンスを提供するものではありませんが、頑丈なスラブであり、堅牢なバッテリー寿命、優れたスピーカー、Google Playストアからアプリをダウンロードする機能を備えています。しかし、Fire HD 8のAmazonを中心としたアプローチに気にしない方が、バッテリーの寿命を延ばし、RAMを増やし、Wi-Fiを高速化することができます。偶数の場合もっと少なくもっと小さい、低解像度のディスプレイを持っているが、そうでなければ同様の性能を提供する50ドルのタブレットがある。または、ちょっとだけ、子供向けのケースと2年間の無保証の保証を含むFire HD 8 Kids Editionを入手できます。

 

 

Vicstar Lenovo Tab 3 8インチ 強化ガラスフィルム Lenovo Tab 3 8.0 フィルム Lenovo TAB3 8 / Y!mobile ワイモバイル 602LV / SoftBank Tab3 フィルム 国産ガラス素材 液晶保護フィルム高透過率 耐指紋 撥油性 気泡レス飛散防止 表面硬度9H 超薄0.3mm 2.5D ウンドエッジ加工

新品価格
¥780から
(2018/10/24 12:42時点)

レノボ・ジャパン ZA0N0030JP YOGA Tab 3 Pro 10 (プーマブラック/Atom x5-Z8550/4/64/Android 6.0/10.1/LTE)

価格:85,385円
(2018/10/24 12:42時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

-タブレット
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.