オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

未分類

ソニー「RX100M6」レビュー!! スペック・使用感は???

投稿日:

最新SONY DSC-RX100M6を実写レビュー!使って感じた従来機からの進化を徹底解説

ソニーの人気コンパクトデジタルカメラシリーズであるCyber-shotの最新モデル「DSC-RX100M6」が2018年6月22日に発売となりました。

従来機であるDSC-RX100M5の発売から1年半強ですが、最新モデルでどれだけ性能が向上したのか、気になる新機能はどうなのかなど、新製品DSC-RX100M6をレビューしていきま

 

 

画質にこだわった一眼カメラに近い「高級コンデジ」

SONY RX100シリーズ

格安で購入できることがメリットであったコンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)ですが、スマートフォンの普及やカメラ性能の向上により、コンデジのシェアは年々減少していきました。

しかしその中でもレンズ交換を必要としない、一眼カメラに限りなく近い高画質を実現する「高級コンデジ」は、今なお人気を集めるジャンルです。

RX100シリーズはこの高級コンデジのジャンルに属し、コンパクトなボディながら一眼カメラのようなボケやきめ細やかな解像度を実現するカメラです。

 

驚異的!24-200mmの高倍率ズーム

RX100M6の目玉は何と言ってもこれでしょう。

広角から望遠までカバーする24-200mm、F2.8-4.5のツァイス バリオ・ゾナー T*レンズを搭載。

高倍率かつ12群15枚の多枚数レンズを有しながら、非球面レンズを効果的に配置することで、小型設計を実現しているとのこと。

RX100シリーズのコンパクトボディにレンズ15枚搭載とか凄すぎます。RX100M5は9枚でしたからね。

望遠が強化され200mmまでズームできます。RX100シリーズで最強の望遠性能。

RX100M5が70mmまでしかズームできなかったので、一気にジャンプアップ。物凄い進化です。

人によってはこれだけで買いでしょう。

 

液晶ディスプレイにはタッチパネルを採用

RX100M6 タッチパネル

従来機では液晶ディスプレイにタッチパネルは採用されていませんでしたが、DSC-RX100M6では、指で直感操作をすることができるタッチパネルを採用しました。

液晶ディスプレイをタッチすることでフォーカスを合わせることも可能で、ピントを合わせたい位置に素早く合焦させます。

決定的瞬間を逃さないAF・AE追従「最高24コマ/秒」高速連写

DSC-RX100M6 高速連写

ここぞという場面を切り取るための連写機能ですが、RX100M6では、M5からの性能を引き継ぎ、AF・AE追従時でも最高24コマ/秒の高速連写を実現しています。

更に連写の際に必要となるバッファメモリーも大容量化を実現し、233枚までの連続撮影を実現しました。

RAW+JPEG記録時など、カメラに負担がかかる連写でも、一度に100枚程度の連続撮影を可能とし、一眼カメラよりも優れている点と感じました。

 

ある程度写りが良くて持ち運びが楽っていう使い勝手の良さがコンデジの魅力であって、RX100M6はそれを地でいってるカメラです。それに加えてズーム域が広いこと、瞳AFにより、デジタル一眼に匹敵する汎用性の高さを手に入れました。

値段は約13万円と金額だけみれば安くないですが、どんなに高いお金を払っても、デジタル一眼レフやミラーレス一眼の中でRX100M6と同等サイズのカメラ+レンズを手に入れるのは不可能です。

どんな撮影でもこなせるカメラが、ポケットに収まるそれこそがRX100M6の価値です。なので、軽さを求めるユーザーならまず選択肢に入ります。候補に入ってないのであれば、入れたほうがいいです。

常に持ち運べるってことは、それだけシャッターチャンスも増えるということですし、RX100M6を持ち歩いてからは、写真の回数も圧倒的に増えました。写真の枚数でしっかり「元が取れる」カメラであり、そここそがRX100M6の価値だと思うのです。

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.