ゼンハイザー「MOMENTUM In-Ear Wireless」レビュー

ゼンハイザーのプレミアムイヤホン「MOMENTUM In-Ear」は、高品位なサウンドとデザイン、高いコストパフォーマンスが評価され、いまもロングヒットを続けている。

今回、その人気モデルがついにワイヤレス化した。プレミアムクラスのBluetoothイヤホンを待ち望んでいたすべての方におすすめしたい「MOMENTUM In-Ear Wireless」

 

コンパクトに持ち運べるに尽きる

 

なんと言っても持ち運びが快適だ。

でかいケース不要で持ち運べる。携帯性に優れるアイテムはこうでないと。

 

音質に関してはかなり良い。

ワイヤレスイヤホンは前回音質アップ効果を狙え、と書いたが

もともとイヤホンと言うのは、ドライバの構成やチューニングで音が決まる所が大きい。

 

このイヤホンは音質アップ効果はないのだが、ドライバの構造やチューニングに拘っているのだろう。かなり音が良いイヤホンになる。

 

 

MOMENTUM Freeの実機を手にすると、一目見て思わず「あのMOMENTUM In-Earが帰ってきた!」と、高級感あるデザインに見入ってしまった。ハウジングは滑らかな曲線を描き、メタリックな質感が美しいだけでなく、光の反射まで計算しつくされたデザイン。ボトムプレートにはヘアライン仕上げのプレートがあり、そこにはゼンハイザーの「S」が輝き、存在感を放っている。

 
革製ケースをあけると、ジュエリーのような高級感で収められている
 


ベースとなる「MOMENTUM In-Ear」といえば、オリジナルが発売されたのは2014年の終わり頃。ゼンハイザーがイヤホンの世界に美しさを持ち込んだモデルだが、MOMENTUM Freeにもその精神はしっかりと息づいている。

本機は “フリー” の名前の通り、Bluetoothによってワイヤレス化を果たしている。Bluetoothイヤホンとしてはスタンダードな、左右をケーブルで繋ぐタイプで、ケーブルは従来のMOMENTUMシリーズから引き続き、ブラックとレッドの2トーンで彩られている。

ケーブルの右側に3ボタンリモコン(裏面には”SENNHEISER”の文字)、左側にバッテリー部を備えているが、それぞれイヤホン左右からちょうど等間隔に位置している点にも、デザイン上の美学を感じる。なお、ケーブルの中心にあたる位置にはケーブルをまとめるバンドが取り付けられており、首の後ろに回した際には余ったケーブルを束ねることができる。

 

利便性を徹底追求、隙の無いスペックと機能

ところでゼンハイザーのヘッドホンやイヤホンは、どの製品も使い込むほどに、利便性や機能を丁寧に追求して作られていることが伝わってくる。

 

新製品のMOMENTUM In-Ear Wirelessも例外ではなく、ワイヤレスイヤホンの操作をサポートするボイスプロンプト(音声ガイド)などの機能がよく練り上げられている。ボイスプロンプトはBluetoothのペアリング状態やバッテリーの残量を知らせてくれる。

またスマホやDAPとのペアリングは、プレーヤー機器がNFCに対応していれば、本機とのワンタッチペアリングが使える。バッテリーは、付属USBケーブルでは約1.5時間でフル充電になり、そこから連続10時間の音楽再生に対応する。

なおBluetoothのコーデックは、音質に定評のあるaptXとAACの両方を抜かりなくサポートした。最近Android系で高音質をうたうスマホやハイレゾDAPの多くがaptXに対応しており、aptX対応は必須のスペックになってきた感がある。一方でiPhoneでいい音を楽しみたいのであればAAC対応も欠かせない。

またネックバンドには本体を軽く振動させ、電源オン・オフのステータスや電話の着信を知らせてくれるバイブレーションアラートが付いている。これもあると非常に便利な機能だ。

ネックバンドの先端には3ボタンタイプのリモコンが搭載されている。Android/iOSともに、ペアリングしているデバイスを素速く正確に操作できた。ボリュームのプラス/マイナスボタンを2秒間長押しすると再生楽曲のスキップになる。ハンズフリー通話の受話・終話もリモコンを使うと簡単だ。


ネックバンドの左側にボタンを備え、ON/OFFやボリューム、曲の送り/戻しが可能

ネックバンド先端に充電用のmicroUSB端子を備える
 
 

■iPhoneのAACサウンド、そしてaptXもチェック

さっそくiPhone 7とペアリングし、AACコーデックで音楽を聴き込んでみよう。RADWIMPSの「前前前世 (movie ver.) 」を聴いても、エレキギターも心地よいパワーと空間を伴う、空間再現が広く空気感のなかで引き出している。印象的なシンバルの金属音の響きは、今までのシリーズのサウンドを知る者であれば「これぞMOMENTUM!」と納得するはず。


RADWIMPS「前前前世 (movie ver.) 」
 


映画『ラ・ラ・ランド』サントラのジャズ音源「アナザー・デイ・オブ・サン」を聞いても、冒頭のピアノは生音のようなナチュラルな質感も出てくるし、アタック感は音圧と共に空間の余韻も生み出す。ウッドベースの響きも気持ちよく、そしてボーカルはクリアな粒立ちをもって鳴らすため、ソリッドに響き渡る。大変うまくコントロールされたサウンドだ。Suchmosの「YMM」を聴いても硬質な低音もアタック感を適度な響きと共に鳴らし、音楽への没入させてくれる。

最新の洋楽の音源もいくつか聴き込んでみる、テイラー・スウィフトの「Shake It off」ではバスドラムのゴツゴツとした音を空間の響きと両立させて質感よく鳴らすし、コーラス、そしてハンドクラップの空間の位置感もスケール抜群に生み出す。Maroon 5の「Uptown Funk feat. Bruno Mars」を聞くとベースの重低音の質感は、スケールの大きな音の定位を生み出す感覚と、適度な音の響きが絶妙なライブ感を生み出す。