スマホのバッテリー膨張の原因は??そのままにせず直しましょう。

 

バッテリー「膨張」は、さまざまな要因で発生する。
・バッテリーの劣化
・落下などバッテリーへの衝撃
・充電機器の不具合による過充電
など、同じ製造ロットのバッテリーでも、利用状況によって膨張することもあれば、膨張しないこともある。

しかし、問題は膨張する原因よりも、膨張したことによって利用者に降りかかるトラブル・事故による被害のほうが遙かに大きな問題なのだ。

例えば、バッテリーが膨張すると、
・圧力で内部の基盤が損傷
・内部の部品が損傷
・異常な発熱
・発火や爆発
といった故障や事故が発生する。

特に重大なのは、バッテリーの「発火」や「爆発」といった可能性が高まることだ。
万が一、
・無人の自宅で発火や爆発すれば、火事となり家財の破損から家屋の延焼にもなる。
・使用中に発火や爆発すれば、ケガや命にも関わる事態ともなる。
このように重大な事故になる危険性もあることを認識しておきたい。

そのため、バッテリーが少しでも膨張していると気付いたら、即座に対応することが重要になってくる。

こうしたバッテリー膨張の問題は、ガラケーやフィーチャーフォンと呼ばれる携帯電話の時代からあった。また、当時の携帯電話は、ユーザー自身でバッテリーを交換できるため、膨張したら新しいバッテリーを購入して交換することで未然に事故を防げていた。

スマートフォン(スマホ)時代においても、ユーザー自身でバッテリー交換できる機種であれば、新しいバッテリーに交換すれば問題はない。

 

そもそもリチウムイオン電池が膨らむ原因(理由)は?予防策はあるのか?

電池パックなどリチウムイオンバッテリーの膨張が起こる原理(メカニズム)は以下の通りです。

 

一般的なスマホ向けのリチウムイオン電池(リチウムポリマー電池(リポバッテリー))では、正極材にコバルト酸リチウム、負極材に黒鉛、電解質にゲル状ポリマーなどを使用し、ケースにはアルミラミネートフィルムを用いたラミネート型電池となっています。

 

主に経年劣化によって電解質の酸化が電池内部でおこり、この際の反応としてガス発生も同時に起こります。

 

このガス発生により、リポバッテリーの膨張が起こります。

 

バッテリーの膨張が起こる他の理由としましては、電池パック自体が不良品であり電池内部に作製時の金属片などの異物が紛れ込み、この異物がセパレータを突き破ることで内部短絡を起こす場合があります。

 

大きい面積で内部短絡が起これば、電池の爆発(破裂・発火)につながる場合もあります。

 

ただ、微小な内部短絡では多少短絡(正極と負極の接触:ショート)が起き、その発熱に伴う電解液の分解・ガス発生が起こり、電池の膨張が起こるだけで止まるケースもあります。

 

また、電池パック自体が不良品でなくても、外部からの衝撃や圧迫によって、電池が変形し、内部短絡にtながるケースもあります。

 

これらが、バッテリ-が膨らむ原理(メカニズム)です。

 

火災を防ぐ

==== お使いのデバイスが極度に熱くなったり、悪臭がする場合は、バッテリーを取り外さないでください。 デバイスから煙が放出している場合は、デバイス周辺にモノを置かず、クリアな状態にしてください。====

デバイスを動かせない場合は、砂もしくは、認可済み消火器を使って消化するか、耐火容器で覆います。どのような状況であれ、リチウムは水と反応して火災を引き起こす可能性があるため、絶対に水を使用しないでください。 安全にデバイスを動かせる場合は、コンクリートのフロアなど、火気のない場所や換気の良い場所に置いてください。バッテリーが冷却するまで待機してください。一度バッテリーに引火すると、反応は燃料がなくなるまで続きます。

== 警告==

膨張したリチウムイオンバッテリーは引火したり爆発の危険性があります。ご自身に伴うリスクを承知した上で、特に注意しながらデバイスより膨張したバッテリーを取り出す作業を進めてください。安全に作業を進める自信がない方は電源を切り、デバイスから離れてください。すぐにプロの修理会社に連絡をしてください。

膨張したバッテリーを取り外すのは危険が伴いますが、デバイス内に膨れたバッテリーを残すこともリスクです。 デバイスや身体にかかる潜在的な危険性を軽減するため、デバイスは膨張したバッテリを搭載したまま稼働させないでください。ここにあるガイドラインは、膨張したバッテリーを取り出すための最善の方法ですが、安全な修理を保証するものではありません。 自信がない場合は、デバイスの電源を切って、耐火容器に入れ、プロの修理会社にバッテリーを取り外してもらいましょう。 バッテリーを外す作業を待たないでください。 もし、iFixitから購入されたバッテリーが膨張している場合は、バッテリーを取り外す前に実物の写真を撮って、カスタマーサービスに連絡してください。その後、保証手続きと交換用バッテリーを受け取ってください。

バッテリーが膨張するとどうなるの?

リチウムイオンバッテリーは、化学反応によって電力を生成します。 バッテリーが消耗すると、この化学反応が不完全な状態になり、ガスの放出が発生してバッテリーが膨張することがあります。 さらに損傷または欠陥によってバッテリー内部のセパレーターが適切に分離できない状態になると、ガスの放出に加えて膨張、および火災が発生する可能性があります。膨張の原因はセパレーターが電池層間に巻き込まれ、最終的に分離目的であるセパレーターが突き刺さってしまうことに起因します。セパレーターが損傷した場合、大気中の水分が細胞と反応して膨潤します。このような爆発をもたらす反応はSamsung Galaxy Note7や ホバーボードの爆発事件により話題になりました。その結果、輸送用バッテリーに対する厳重制限と航空機への持ち込みが禁止されました。