オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

イヤホン ワイヤレスイヤホン

スポーツイヤホン SONY MDR-XB80BSレビュー

投稿日:

ジムでのトレ-ニング中やランニング中に使えるイヤホンが欲しい!
そんな方にオススメのBluetoothイヤホン「MDR-XB80BS」です。
水洗いもできるIPX5相当の防水性能を備えたイヤーフック型のスポーツ向けイヤホンで、スポーツイヤホンの中ではハイエンドモデルにあたります。

自の高音質コーデック・LDACに対応しているのもポイントです。

今回購入したのはリファービッシュ品(メーカー再生品)です。なので箱は付いておりませんでした。
キャリングポーチとUSBケーブルが付属しております。

かなり大きめのイヤーフック形状です。見た目の通り、このイヤホンは大きなフックを耳全体にかけて装着します。
表面の材質は柔らかい樹脂(ゴム)で出来ており、耳全体にしっかりとフィットし、ズレも抑えてくれます。
あらゆる方向からの水をはじく防水加工がされていますので、水濡れの心配は無用です。
汚れたらジャブジャブと水洗いできるので、汗をかいてもいつでも清潔に使えます。

R側イヤホンに付いている突起が操作ボタンです。

電源ON/OFF、再生/一時停止、曲送り/戻し、ボリューム調整、ハンズフリー通話をこの3つのボタンで操作します。
かなりわかりやすい突起なので、手で探ることなく簡単に操作できます。
ただしボタンのクリック感が薄いです。最初は操作が出来ているか、感触がなく困惑しました。

音質は・・・

EXTRA BASSとのことで、やはり低音重視のセッティングとなっています。
ズンズンきくサウンドで、テンションを上げてスポーツしたい人におすすめです。

中高音域も、スポーツイヤホンとしては必要十分以上の性能を持ち合わせているのは確かです。
2日ほど通勤時に使用してみましたが、ノイズや音切れ感は感じませんでした。
遅延も特に感じられません。
Bluetoothのペアリングも問題なく、接続安定性も良好です。

バッテリーの持ち・・・

このイヤホンのおすすめポイントの一つがバッテリーの持続時間。カタログ値では最大7時間となっています。
実際に音楽流しっぱなしで6時間ちかくは持ちます。
大きめのイヤーフックのおかげです。

詳細情報

・充電時間:約2時間
・充電方法:USB充電
・電池持続時間(連続音声再生時間):最大7時間
・電池持続時間(連続通話時間):最大7時間
・電池持続時間(待受時間):最大200時間
・通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.1

まとめ

SONYの「MDR-XB80BS」は、LDAC、Bluetooth、そして防水に対応したハイエンドモデルのスポーツイヤホンです。
音質は重低音重視で、見た目よりも使いやすさを重視したイヤホンです。

ノイズキャンセリングは付いておりませんが十分な遮音性です。
屋外利用時は耳から浮かさないと危ないかなぁと思うくらいです。

しいていえば、やはり問題は大きさですね。軽いですけど、耳まわりがすごい気になります。
その点を除けばスポーツをしながらも、高音質を望まれる方にはおすすめのイヤホンです。

-イヤホン, ワイヤレスイヤホン
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.