オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

未分類

スカフコントローラ(SCUF Controller)レビュー!FPS・TPSにおすすめコントローラー

投稿日:

スカフコントローラ(SCUF Controller)をご存知ですか?

最も有名なコンシューマーゲーム機「プレイステーション4」のコントローラなのですが、純正品を「改造して販売」されており、大幅に使いやすくなっているモデルです。

XboxのSCUFコントローラも存在していますが、今回はプレイステーション4にフォーカスしてスカフとは?という説明をしていきます。

「スカフの事は知ってる!買いたいよ!」という方は是非以下記事を見てみてください

 

 

 

 

1.『SCUF IMPACT(スカフインパクト)』ってそもそも何?

f:id:sassan9:20180414140820p:plain
SCUF IMPACT(スカフインパクト)とは、PS4でより快適にゲームをプレイするために開発されたコントローラーである『SCUF(スカフ)』シリーズの最上位モデルで、背面についている4つのパドルをボタンのように使用できるのが特徴です。

一般的なプレイヤーの間ではまだまだ知らない方も多いかもしれませんが、実はプロゲーマーの間では使用率が90%を超えると言われている定番のコントローラーで、e-sportsでも使用が許可されています。

f:id:sassan9:20180414141703p:plain
デフォルトで背面パドルは上の写真で左から順に『〇△□×』となっていますが、注文時に『EMR』という機能を付けることでパドルの割り当てを自由に変更できるようになります。

FPSなどをプレイしている方はわかると思いますが、〇や×ボタンでしゃがんだりジャンプするためには一度右スティックから親指を離す必要があるため、その時に敵と遭遇うしてしまうと親指がスティックから離れていることでエイムがワンテンポ遅れてしまいます。

しかしSCUF IMPACT(スカフインパクト)に搭載されている背面パドルを使用することにより、右スティックを操作しながら〇や×などのコマンドを行えるため非常に便利です。

こうしたコントローラーは他にもありますが(REVOLUTION Pro Controller 2やホリパッドなど)、基本的にそれらは内蔵バッテリーを搭載していないため有線接続での使用となります。しかしSCUF IMPACT(スカフインパクト)はデュアルショック4と同じように内蔵バッテリーを搭載しているためPS4との無線接続が可能になっており、ホームボタンでPS4の起動にも対応しています。(REVOLUTION Pro Controller 2やホリパッドは有線接続時でもホームボタンでPS4を起動できません)

また、PS4にはデュアルショック4と同じように認識されるようで、僕が普段使用している『XIM APEX』の認証用コントローラー(常時有線接続しておくコントローラー)としても使用可能です。

SCUFコンはカスタマイズが可能

SCUFコンは全てオーダーメイドによる完全受注生産でありスティックの形状から本体やボタン、スティックなどのカラーまでも全てこちらで指定することが出来ます。

全て指定するといってもあらかじめ用意された中から選ぶということですので難しいものではありませんが、自分だけのコントローラを作ることができます。

今回、レビューするSCUF IMPACTは「フルカスタム仕様」です

SCUFコンの強み「パドル」

背面には4本のオールのようなものが付いていますが、これはパドルと呼ばれる部分でSCUFの大きな目玉になります。この4本のパドルにはそれぞれコントローラの○×△□のボタンが割り当てられており、手に持った時にちょうど指が当たる位置にパドルがあり、このパドルを押して動作させることが出来ます。これがSCUFコンを最強コントローラとまで言わしめる部分になります。

「パドル」の強みをCODとBFで解説

CODなどではジャンプしつつ敵を撃つジャンプ撃ちが強力ですが、純正コントローラでプレイしている場合のジャンプ撃ち操作は、「右スティックから指を離してジャンプし、ジャンプ中に右スティックに指を戻してから敵を狙って撃つ」というものになります。

ですがSCUFコンでは右スティックから指を離すことなく、エイムしながらパドルを押してジャンプすることが出来るため、素早く正確にジャンプ撃ちすることが可能になります。これがあまりにも強く、同レベルのプレイヤーが同時にジャンプ撃ちで撃ちあっても純正コンではSCUFコンを使用しているプレイヤーに撃ち勝つことは難しいです。

またBF1などでもサブウェポンなどの持ち替えに指を離さなければならないため、純正コンでは出遅れてしまいますが、SCUFコンなら持ち替えやリロード、近接格闘などといった、一度手をスティックから離さなければならない動作もパドルを使えば手を離さずに行うことが出来ます。

一発当たるか当たらないか、一瞬の出遅れで勝ち負けが決まるFPSのゲーム性においてSCUFコンは圧倒的に有利なのです。分かりにくいので少しまとめます。

CODのジャンプ撃ちを例にすると、

  • 純正コンの場合
    「右スティックから指を離す→ジャンプボタンでジャンプ→右スティックに指を戻して照準を合わせる→撃つ」
  • SCUFコンの場合
    「照準を合わせながらパドルでジャンプ→撃つ」

この違いがあります。さらにパドルには常に指がかかっているので、いちいちジャンプを意識しなくても自然にジャンプ撃ちが出来るためエイムに集中するだけで良いという点も大きな利点になります。ちなみにパドルの押し心地ですがカチっという感じの固めのボタンといったものになりますので、誤操作などは起こりません

 

PS4用のSCUF 4PSとIMPACT

主な違いは形状とパドルの個数です。

4PS IMPACT
形状 PS4タイプ Xboxタイプ
パドル 背面2個 背面4個
サイズ

手のサイズによって、選んだほうがいいのですが、日本人の手は割と小さいので4PSがいいのではないかと思いますが、正直IMPACTでも指が届かないとかはまずないです。

ただサイズが大きいので、少し引っ張られる感がある人もいるかもしれません。

私は問題なし。

また、USBの接続部分が囲まれており、USB端子を選ぶのがIMPACT、選ばないのが4PSです。すごく大きいオス端子でなければ差し込みが可能です。

4PSとIMPACTどちらがいいの?

好みの問題ですが、私は自分の手の大きさと指の長さを把握しているのであれば、今のPS4コントローラーが手に合わない。若干余りますという状況であれば、IMPACT。

今ので収まりがいいなら4PSをおすすめします。

スティックの長さなども選べることから、いろいろと自分好みにあとから設定できるので、大きさは実際、すごく気にするところではないです。

SCUFオーダーから到着まで

そんなにかかりません。

早いオーダー(+約$40のスピード便)だと10日前後で到着します。また配送会社がUPSなので、トラッキングもできる上に、都心部と中心部(大阪など)はUPS Japanが配送を行います。地方部でもクロネコヤマトが配送を委託していますので、届かないというのは原則ありません。

ちなみにUPSは航空輸送がメインなので到着まで時間がかからないのも特徴です。

主に成田空港等に離発着している貨物航空の会社です。似たところだとFedexなどがあります。

通常だと、送料等は安いのですが20日前後で到着します。

 

 

 

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.