オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートホン

ジャンクiPhoneの活用術

更新日:

ジャンクiPhoneの活用術

目次

ジャンクiPhoneの活用術 No.01 ジャンクiPhoneとは

ジャンクiPhoneの活用術 No.02 液晶割れ

ジャンクiPhoneの活用術 No.03 自力で直してみる

ジャンクiPhoneの活用術 No.04 アクティベーションロックの解除方法

ジャンクiPhoneの活用術 No.05 アクティベーションロックの解除方法-続

ジャンクiPhoneの活用術 No.01 ジャンクiPhoneとは

ジャンクiPhone(ジャンク品)とは、簡単に言いますと正常に動作しない箇所が一箇所でも存在するiPhoneのこと。

主な定義は、こちら

  1. ボタンが正常に動作しない
  2. タッチパネルが反応しない
  3. 液晶割れやドット抜けがない
  4. 充電に不具合がない
  5. 電話、通信が正常に行えない
  6. イヤホンやスピーカーから正常に音が出ない
  7. カメラで撮影ができない
  8. アクティベーションロックがかかっている
  9. ネットワーク利用制限が△

こんな感じです。
ジャンクと一口に言いましても様々な状態があります。
動作するモノ、しないモノ、状態によって活用方法が違ってきますね。

壊れた場合はまず修理?

iPhoneが壊れてしまったとき、壊れたタイミングが購入後1年未満であれば、端末を売ることよりも先に、誰もが「メーカー1年保証の修理依頼」に出すことを考えるでしょう。
保証期間内であれば、運が良ければ無料で交換、最悪でも無料で修理してくれるだろうという期待があります。

しかし、メーカーが保証している1年保証は「自然故障」のみ。物損などは対象外なので実費となります。

【保証適用外の故障について】http://www.apple.com/legal/warranty/products/iphone-japanese.html

困ったときのアップル保障(AppleCare+)

AppleCare+そんなときのためにあるのが「AppleCare+」。
iPhone故障時に手厚いサポートを受けられるアップルの延長保証サービスです。
費用は、ドコモの場合、毎月392円(税別)、2年間で税込み合計で10000円を超えてきますが、ほとんどの場合、無料交換、無料修理には応じてくれないです。
アップルの高額なiPhone修理費用が、負担金額(10000円前後)で修理できます。ただし、2年で2回まで。

AppleCare+未加入の場合、液晶割れなどの画面が損傷したiPhoneの修理費用はおおよそ15000円前後です。
それ以外の修理の場合は最低でも30000円になることが多いです。
例えば落下に伴う端末の傷やイヤフォンの不具合など、画面よりも軽微と思われる故障であっても、3~4万円以上の見積もりを出されることもあります。
水没によるジャンクiPhoneになってしまった場合は全額自己負担。
水漏れセンサーがついているため、拭き取っても、渇かしても、水没した事実は隠せません。
SIMカードの差し入れ口に水没すると分かるマークがあります。

そう考えると、ジャンクiPhoneとなってしまった端末をどうするか。
AppleCare+や各キャリアの保証期間内であったとしても、保証期間があるからそのまま修理依頼ではなく、条件を満たした専門業者に、壊れたiPhoneの買い取り見積もりを出してもらってみるのも選択肢の一つです。

オークションなどの一般的な相場よりも、減額なしの高額な料金を提示してもらえることがあります。
その上で、売却した代金をもとに機種変更をするか、もしくは、有償でも修理代金を支払って同じiPhoneを使い続けるか、冷静に考えてみたらよいかと思います。

ジャンクiPhoneの活用術 No.02 液晶割れ

落下の衝撃に弱いと言われているiPhone。
故障原因で圧倒的に多いのは、やはり液晶割れやフロントパネル割れです。
液晶割れなどでジャンクとなったiPhoneは、最新モデル機種であっても、買い取り相場は極端に下がってしまいます。
2世代以上前の機種となると、ほぼ値が付きませんよね。

液晶割れになったジャンクiPhoneをネットオークションに出品しても、買い手はどうしても限定されてしまいます。
入札に参加してくれるバイヤーさんは少ないですから入札価格の積み上げも期待薄です。

となると、選択肢としては直して売るか、直して使うかという事になります。

 

iPhone の画面の修理料金

選択肢その1:Appleの保証サービスを利用する

Appleの保証プログラム「Apple Care+ for iPhone」では、iPhoneの購入日から2年以内の保証期間中であれば、画面割れに対する修理を1回につき3,400円で、最大2回まで受けることができます。保証対象外の場合は14,800円~ モデルによって異なります。

モデル AppleCare+ にご加入の場合 保証対象外
iPhone X 3,400 円 31,800 円
iPhone 8 Plus, iPhone 7 Plus, iPhone 6s Plus 3,400 円 19,800 円
iPhone 8, iPhone 7, iPhone 6s, iPhone 6 Plus 3,400 円 17,800 円
iPhone 6, iPhone SE 3,400 円 14,800 円

Apple Store直営店もしくはApple正規サービスプロバイダに持ち込めば、可能な限り当日中に修理が完了します。「Apple Care+ for iPhone」に加入しており、近くに該当店舗があるのなら、割安かつスピーディーに修理できるこの方法がベスト。

もし「Apple Care+ for iPhone」に加入しており、持ち込めるストアが近くにない場合は、Appleリペアセンターへ送るか、エクスプレス交換サービスを利用できます。「Apple Care+ for iPhone」に加入済みか不明なときは、サポートページにiPhoneのシリアル番号を入力することで確認できます。

 

選択肢その2:総務省認定登録修理業者を利用する

総務省は2015年、電波法で定める登録の基準に適合する業者は、総務大臣の登録を受けることを可能とする制度を制定しました。この「登録修理業者制度」による厳しい審査をクリアした修理業者であれば、安心して修理サービスを受けることができます。

しかし、注意点がひとつ。Apple以外の修理サービスを利用すると、Appleの保証およびサポートの対象外となるリスクがあります。
なので、
1.「Apple Care+ for iPhone」に未加入もしくは保証期間が切れているが、安心・安全に修理したい!!
2. 近くにApple直営店もしくはApple正規サービスプロバイダがないが、早急に修理を済ませたい!!

という方には「総務省認定登録修理業者」での修理をおすすめします。

選択肢その3:非正規の修理業者を利用する

1.「Apple Care+ for iPhone」に未加入もしくは保証期間が切れているが、安心・安全に修理したい!!
2.近くにApple直営店もしくはApple正規サービスプロバイダがない。総務省認定登録修理業者もない。しかし早急に修理を済ませたい!!

このような場合は、いわゆる"町の修理店"を利用するという選択肢になると思います。

「iPhone 画面修理」で検索すると、多数の非正規修理業者が出てきます。
とにかく安くて早い!! しかし、これらの修理サービスもAppleの保証およびサポートの対象外となる可能性が高いです。
また、店舗によって修理技術に差があったり、一部悪徳業者が存在していたりといった危険性もあります。

個人情報が詰まっているiPhoneだけに、実績があり評判のよい店舗を選ぶ注意が必要です。

ジャンクiPhoneの活用術 No.03 自力で直してみる

故障原因ナンバーワン・液晶割れiPhoneの直し方

iPhoneの故障原因でもっとも多い液晶割れ(フロントパネル・フロントガラスの破損)
液晶割れは自分で直せないと思っていませんか?
液晶割れが起きても、デバイスの状態によっては、自分で修理できる可能性はあります。

まず、自分のiPhoneの液晶が表示されているかを確認します。
液晶はとても精密度の高い技術で作られていますので、一部でも割れてしまったら画面すべてが表示されなくなっているはずです。
もし表示されているなら液晶は問題ないことになります。フロントガラスの破損は非常に多いですが、液晶は問題ないことの方が多いですよね。
液晶がこの段階で表示されていない場合、液晶そのものが故障しているか、バックパネルの異常が考えられます。

液晶が表示されている場合、次に、タッチパネルの操作が行えるかをチェックしてみます。
操作が行える場合は、割れた画面と液晶の間にあるタッチセンサーが有効ということになりますので、デバイスを覆っていたガラス部分のみを交換すれば直ります。
この場合は、修理キット(フロントパネル交換なら10000円前後)を購入すれば自分で直せます。
それなりの費用と手間はかかりますが、高額なメーカー修理に出すよりは安く直せるはずです。

リンゴループの直し方

iPhoneの液晶画面にリンゴマーク(アップルロゴ)が表示され続け、延々と再起動が繰り返されるという「リンゴループ」。
iOSのアップデート中に電源が切れたり、iOSの破損、脱獄(jailbreak)の失敗などで発生することが多いです。

この症状によってジャンクiPhoneになってしまった携帯の直し方を説明します。
まず、iPhoneの電源を落とします⇒ 次に、ホームボタンを押した状態でiTunes(古いバージョンの場合は必ず最新のものに更新してください)をインストールしたPCに接続します。⇒ 「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました」といったメッセージが表示されればOK。あとは指示に従って操作すれば、アップルロゴのループから抜け出せます。

ある日突然iPhoneやiPadを使っている際に、突然アクティベーションロックがかかってしまったなんて人もいらっしゃるのでは。
アクティベーションロックは盗難防止システムとして働くのですが、あなたがもし複数のApple IDを所有しているのでしたら、それが原因でアクティベーションロックがかかってしまったのかもしれません。

ジャンクiPhoneの活用術 No.04 アクティベーションロックの解除方法

アクティベーションロックとは

アクティベーションロックとは、iPhoneやiPadが盗難・紛失されたときに掛けられるロックの事を言います。
このロックをかけることで、いつもはパスコードをかけていないiPhoneでも、紛失してしまった時に外部からロックをかけることができるシステムです。

このアクティベーションロックを解除するには、「iPhoneやiPadで利用しているApple IDとパスワード」が必要です。
iPhoneを工場出荷時の状態に戻すとき等にも使われていますので、自分のApple ID・パスワードは必ず控えておきましょう。

アクティベーションロックがかかってしまいiPhoneが使えなくなった時の症状を「文鎮化」と予備人もいます。

アクティベーションロックの原因

iPhoneやiPadでアクティベーションロックにかかってしまう原因は主に3つ。

1.中古で購入した時、既にアクティベーションロックがかかっていた

iPhoneやiPadを中古で他人から購入した場合に、アクティベーションロックがかかってしまっている可能性があります。
特にオークションやフリマアプリなどでiPhoneを購入する際は、アクティベーションロックにかかっていることがあるので注意が必要です。

出品者がデバイスの初期化を完璧にしていないと、起動時にアクティベーションロックがかかります。この場合、元のオーナーに問い合わせてロック解除をしてもらうしかありません。
Apple IDとパスワードが必要。

相手のApple IDから購入したデバイスを消去してもらうことでも有効。
消去後にiPhoneやiPadを再起動することでアクティベーションロックが解除されます。

2.リカバリモードでの復元

iPhoneやiPadはリカバリーモードでiTunesを使って復元ができます。
リカバリーモードとはiPhoneやiPadなどを復旧する機能で、もしリカバリーモードで復元する前にiCloudからサインアウトしていない場合、復元が終わった後にアクティベーションロックの解除を求められます。

このアクティベーションロックを解除するには、復元前にサインインしていたApple IDとパスワードを入力するしかありません。

3.別のApple IDが紐付いてしまった

複数のApple IDを持ち使い分けている人は、ある日突然iPhoneやiPadにアクティベーションロックが掛かる可能性もあります。

例えば、普段iPadで使っているApple IDを、iPhoneで間違って使ってしまった時や、その逆にiPhoneで使っているApple IDをiPadで使ってしまったらApple IDのヒモ付けが変わってしまうのでアクティベーションロックがかかってしまいます。

アクティベーションロックを通常の方法で解除する

アクティベーションロックを解除するには、単純にApple IDとパスワードを入力するだけ。

アクティベーションロック

 

 

 

 

 

 

 

アクティベーションロックを解除できるApple IDの頭文字が載っていますので、それを参考に解除しましょう。
パスワードを忘れてしまった場合はApple IDの管理画面から新しいパスワードを発行してもらえば大丈夫です。

 

アクティベーションロックを強制的に解除する裏技

もし完全にApple IDなどを忘れてしまった場合は、アカウントの削除依頼を出すことで強制的にアクティベーションロックを解除することが出来ます。
最終手段です。

アクティベーションロックはアカウントに紐付いているiPhoneやiPadで使える機能なので、アカウント自体を削除するか、紐付けを解除すると強制的に解除されるようになります。

Apple IDはサポートセンターへの削除依頼が必要

一般的なアカウントはネット上から退会手続きをすればよいのですが、Appleに関してはIDの削除をネット上から行うことができません。
Appleサポートセンターに直接電話して削除してもらうしか無いのです。

ただ、電話をすれば即削除という簡単な話でもなく、サポートセンターでApple IDを作成した時に設定した「秘密の質問」を3つ正確に答えなければ削除できません。しかもこれを通過したからと言って必ず削除してくれるわけではなく、削除権限のある担当者が最終的に問題ないと判断すれば削除してもらえます。

その際はApple IDを削除する理由を事細かく説明しなければならないので、アカウントの削除は正直面倒くさいです。

iPhoneやiPadを特別な操作をせず使っている人はアクティベーションロックにかかることはないです。
iOSのアップデート時にアクティベーションロックがかかる時もあるので、必ずApple IDだけは覚えておくようにしましょう。

ジャンクiPhoneの活用術 No.05 アクティベーションロックの解除方法-続

自分で新品購入し使用していたた端末であれば、アクティベーションロックがかかってしまっても何かしらの解決策が見いだせると思います。

問題は中古購入した端末がアクティベーションロック状態だった場合。当然ですが前所有者情報が皆無なため解除は困難を極めます。セキュリティー対策のシステムなので当然簡単に解除できてしまっては困るのですが・・・。

アクティベーションロック解除サービスを利用する

そうはいっても何とか出来ないのかと調べてみるとこんなサービスを見つけました。

それが「アクティベーションロック解除サービス」。
はたしてどのようなものなのかについて紹介してみます。

強制的にアクティベーションロックの解除を行なう

アクティベーションロック解除サービスは、アクティベーションでAppleID・パスワードを求められても、特殊な方法でその認証を無視して強制的にアクティベーションロックの解除を行なう方法です。

一般の人では、まずこのような解除行為を行なうことはできない。そういったニーズに応えるべく、各業者がこのアクティベーションロックを強制的に解除するサービスを有料で行っています。

遠隔で行われるサービス

アクティベーション解除サービスはデータベースの更新となるので、特に端末自体は必要なく、遠隔で行なうサービスです。

基本的に業者へ入金をして確認がとれ次第、業者が作業を開始して依頼者は連絡を待つだけという流れになります。

アクティベーションロック解除サービスの利用は難しいものではなく、誰でも簡単に利用はできるのです。

紛失・盗難品は絶対にNG

これは大前提です。
業者のアクティベーション解除サービスであっても、紛失届けや盗難届が出されてアクティベーションロックされている端末に関しては、業者は依頼拒否を行っています。
自身が入手した端末がそういった製品ではないか、オークションなどで購入した人は事前に確認が必要です。

紛失・盗難品判別方法

cleancheck.meというサイトで確認ができます。(海外サイトです。自己責任で。)

「THIS SMARTPHONE IS CLEAN」と表示されればOK。
「THIS SMARTPHONE IS UNCLEAN」と表示される場合は問題あり!!解除できません。
枠の中にIMEI或いはシリアル番号を入力し、右の【Check】ボタンをクリックすると結果が表示されます。

cleancheck.me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクティベーションロック解除は申請すれば誰でも利用可能

このアクティベーションロック解除を利用する場合、特に難しい申請などはなく、注意事項をしっかりと確認していきながら申し込めば、あとは返信を待つだけです。

簡単なものではありますが、費用などもそこまで安いものではないため、しっかりと事前に実績のある信頼できる業者を選定し申し込む必要があります。

何度も言いますが盗難や紛失品でないか確認しておくことが非常に重要

全て自己責任。
アクティベーションロックされた端末、特にネットオークションやフリマアプリで購入した端末では、盗難品紛失品などでは無いことを事前にしっかり確認しておきましょう。

また、アクティベーションロック解除サービスへ依頼する際にも、上記で説明した判別方法で、法に抵触する行為とならないかどうかはご自身で確認してください
当記事はサービスを紹介しているだけで一切の保証はしておりません。
知らなかったでは済まされないので、自己責任の上で最善の注意を払ってトライしてください。

 

-スマートホン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.