コスパが良い「Nokia 6.1 Plus」レビュー!使い勝手の良さは??

「Nokia X6 (6.1 Plus)」のスペック

Nokia X6(2018)
6.1 Plus
OSAndroid 8.1 Oreo
ディスプレイ5.8インチ
2,280 × 1,080
CPUSnapdragon 636
1.8GHz(8core)
RAM3GB / 4GB/ 6GB
内部ストレージ32GB / 64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
カメラメイン 16MP+5MP
フロント 16MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー3,060mAh
その他背面指紋認証センサ
サイズ縦147.2 × 幅71
× 厚み8.6 mm
重さ151g

このようなスペックになっています。

今回購入したモデルは4GBRAM/64GBのもので、性能的にはまさにミドルレンジクラスというものです。

スペックに関するコメントは、発表時や比較記事でも書いていますのでここでは割愛しておきます。

ちなみに私が購入しているモデルは、中国市場向けの「TA-1083」というモデルですが、私が購入した時点(2019/01/12)では、すでに最新のAndroid 9 Pieにアップデートが可能で、端末名も「Nokia 6.1 Plus」となっていますし、先の日本語設定も可能になっていることから、中国市場向けといっても対応バンドの違いくらいでそこまで気にしなくても良さそうです。

OSについて

さて、いずれのモデルもOSはAndroidOreoとなっていて、今後Nokia機種は優先的に「Pie」へのアップグレードを対応するというウワサがあるくらいなので、「Android Pie」へのアップは確実であると思われます。
たま

ディスプレイについて

ディスプレイについては、いずれも5.5インチを超えていますが、唯一「6.1 Plus」がノッチのあるディスプレイとなっています。これはNokiaスマホで初のノッチとなります。いずれもGorillaglassを採用しているので、解像度に関しても、「Nokia 7 Plus」は画面サイズが大きいのでやや高くなっていますが、基本的にはどれを選んでも画質は悪くないと思うので、ここではノッチの有無や好みのディスプレイサイズを選ぶ程度になるかと思います。

共通部分について

RAMについて、基本モデルはみな共通して4GBRAMとなっていますし、上位モデルには6GB搭載などがありますが(私の持っている7Plus)、中国版モデルのみなどやや特殊ですのでここでは表記していません。

またストレージ容量に関しても、64GBがスタンダードになっているのでここは大きな基準になはならないかと思います。ただ外部ストレージ(microSD)の対応容量については差があり、「6.1 Plus」が最も多くなっていることから、写真をたくさんとるけどクラウドに保存せずmicroSDに保存していきたいと思う方は、カメラ性能的にも「Nokia 6.1 Plus」が最も向いているように思います。

CPU性能について

採用されているCPUは3機種とも異なっています。性能的には660>636>630という順序なわけですが、実は660と636の単純なCPU性能差は636と630よりも差はありません。ですので、CPU性能のイメージは660>636>>630という感じで見てもらえればわかりやすいかと思います。グラフィックに関しては636と630に差がないようなので、660>>636=630という感じのイメージになります。

要は、ゲームなどをガッツリやりたい場合には、グラフィックス性能の高い「7 Plus」がより向いていますが、そうでなければ「6.1 Plus」や「6.1」でも何ら問題はないという前提になります。
ただ価格差が1万円以上存在していますから、そこをどう捉えるかというところだと思います。

Nokia X6には言語に日本語は無い!

まあ、これは予測どおりでしたが、日本語のロケールはデフォルト状態では隠されています。

日本語の追加には、Androidの設定を開発者モードにして、PCと接続してADBコマンドを打ち込んでから、Morelocale2というAndroidアプリで隠されている日本語を言語として設定することで日本語でも利用できます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。