オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートホン

ゲーミングスマホBlack Shark Heloレビュー!!機能・スペック・発売日まとめシャオミが発表

投稿日:

中国シャオミの関連会社Black Sharkは、新型ゲーミングスマートフォン「Black Shark Helo」を発表しました。注目点はトップクラスのスペックだけでなく、多色発光機能や付属コントローラーなど多岐にわたります。なかでも最大の特徴は、現行スマートフォンとして最大容量となる10GBのRAMを搭載したこと。搭載プロセッサのSnapdragon 845と組み合わせることで、ゲーミングスマートフォンとしてもトップクラスのスペックw実現しています。

ゲーミング仕様

blackshark-hero

基本デザインは初代を継承。カラーリングは极夜黑。背面はX状にWi-Fiアンテナを配置しており、ゲームプレイ時の横持ち両手保持でも電波が遮られないようにしている、としています。

PCゲームの世界では、「ゲーミング」と名のつく製品はやたらピカピカ光るという謎の不文律が存在しており、ライバルのRazer Phone 2も背面ロゴが光るようになりましたが、Blackshark Heroも左右側面と背面「S」ロゴが光ります。1680万色のRGB照明とのこと。

スマホを挟み込む、まるでNintendo Switchのようなコントローラー。

 

さらにフロントダブルスーパーリニアスピーカーを搭載し迫力ある音響を実現する一方で、画面はAMOLED 60Hzなのがやや残念。競合のRazer Phone 2は120Hz液晶、ROG Phoneは90Hz有機ELだからです。

さらに、スマートフォンを挟み込むようにして利用するコントローラーが同梱されるのも特徴でしょう。左にはジョイスティック、右にはタッチパッドを搭載したこのコントローラーにより、正確なゲーム操作が可能となっています。

S845、実行10GBメモリ選択可

プロセッサはSnapdragon 845。実行メモリ10GBを選択可能になりました。Mi MIX3も10GBメモリのモデルが用意されていますね。現時点で中国のBlack Shark公式サイトで予約可能なのは実行6GB、8GBメモリのようです。

独立映像チップ搭載、HDR描写を実現するとしています。

その他のスペックとしては、ディスプレイは6インチ/1080p解像度の有機ELディスプレイで、背面カメラは2000万画素+1200万画素のデュアル仕様。バッテリー容量は4000mAhで本体背面に指紋認証センサーを搭載し、内部にはデュアルチャンバーによる冷却システムが内蔵されています。

ダブルヒートパイプ

Snapdragon 845搭載のスマホは多数ありますが、ゲームをするにあたって重視したいのはパフォーマンスの持続時間。発熱によってパフォーマンスはどんどん落ちてくるのが普通です。

しかしBlackshark Heloはヒートパイプを2つ搭載。放熱面積を増やし、CPUを冷却、CPUの最高パフォーマンスを6倍も長くするなどとしています。

スクリーンショット 2018-10-27 16.59.28

スペック

OS Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon 845
メモリ 6 / 8 / 10 GB
ストレージ 128 / 256GB
ディスプレイ 6.01型AMOLED
FHD+(2160×1080)
カメラ 1600万画素+2000万画素
インカメラ 2000万画素
 バッテリー 4000mAh 急速充電QC3.0 18W
寸法  160×75.25×8.7mm, 190g
その他 Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
デュアルnanoSIM
USB Type C

ヤフオクはこちらから!!

-スマートホン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.