オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

未分類

ゲーミングキーボード。Xtrfy K2-RGB レビュー

投稿日:

「Xtrfy K2-RGB」は、CS:GOの強豪チーム Ninjas in Pyjamas (NiP) のメンバーが設計・テストに携わって開発されたゲーミングキーボード。最前線で戦うプロゲーマーのこだわりが詰め込まれ、細部まで調整が加えられた製品となります。

また、Xtrfyは国内のFPSトッププレイヤーが集結したプロゲーミングチーム Rsk Ninjas Gaming (RNG) をサポートしており、各メンバーもXtrfy K2-RGBを使用しています。


キースイッチ:Kailh製 Redアクチュエーションポイント:2.2mm押下荷重:50g英語配列(UK)RGB LEDバックライト耐久性:5,000万回のキーストロークポーリングレート:1000Hz着脱式ケーブル(2m)接続:USB、PS/2(アダプター付属)サイズ:幅440×奥行140×高さ35mm重量:1250g価格:22,324円 (2018/10/25時点)

滑らかで心地良い打鍵感、キーはやや重めか

Xtrfy K2-RGBに搭載されているKailh製 Redキースイッチは、いわゆる赤軸と呼ばれるもの。Kailh製のキースイッチに馴染みのない方もいるかもしれませんが、数々の製品に採用された実績があり、品質や耐久性ともにCherry MXに劣らないクオリティを誇ります。

Kailh製Redキースイッチ搭載

赤軸の特徴としては、とにかくキータッチが軽く設計されており、その他のキースイッチと比較すると音の大きさとスイッチ感が大きく抑えられていることが挙げられます。

ただし、Xtrfy K2-RGBをその他の赤軸キーボードと比較してみるとキーがやや重ために調整されていると感じました。それもそのはずで、Cherry MX製の赤軸は押下荷重が45gなのに対し、Kailh製の赤軸は50gなので約5gの差が生じているからです。

5gの差は意外と大きく感じるものですが、それでも青軸や茶軸と比較するとキータッチは軽く、製品アップグレードも相まって滑らかで心地良い打鍵感を生み出しています。

サイズ感は一般的なフルキーボードと同様

Xtrfy K2-RGBの本体サイズは幅440×奥行140×高さ35mmとなっており、必要最低限なすべてのキーを備えたフルキーボードとしては一般的なサイズ感となっています。

ドライバレスながらマクロ設定も可能

LEDライティングに関する詳細設定だけでなく、マクロの記録/保存も可能となっています。

記録した全てのキーストロークを入力し続ける「オートマクロ」、キーストロークの間隔を含めて繰り返し入力し続ける「ループマクロ」の2種類が設定可能で、それぞれ1種類づつ本体に保存でき、決められたキー操作で実行します。

プログレードの品質と性能、しかも手軽なドライバレス

「Xtrfy K2-RGB」を実際に使用してみた感想としては、品質と性能は文句無しにプログレードで、細部まで非常に丁寧に設計されたゲーミングキーボードだと感じました。

  • 全キーに打鍵ムラが無く、ゲームプレイ時も安定した操作が可能
  • キータッチ時のフィーリングも抜群で、打ち心地は非常に快適
  • 英語配列ながら独特なキーレイアウトはやや馴染みづらい可能性有り
  • RGB対応済みLEDライティング搭載、全78通りの幅広いエフェクト
  • ハイエンド機では珍しいドライバレスで、製品の取り扱いが手軽

スポンサードリンク

スポンサーリンク




-未分類

Copyright© the absolute best , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.