オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートホン

グローバル版 SIMフリー Samsung Galaxy S9 SM-G960 レビュー

更新日:

Samsung Galaxy S9 SM-G960今年2月、恒例のMobile World Congressで発表されたばかりのサムスンのフラッグシップスマートフォン・Galaxy S9です。

機能だけでなく、デザインの細かい部分も改良されていて、正統進化と呼ぶにふさわしい出来栄えです。

 

前モデルのデザインを継承しつつ、操作性が向上

Galaxy S9は、前モデルのGalaxy S8と同様に、画面サイズが5.8型。解像度は1440×2960ピクセルです。
左右がほぼベゼルレスに見えて、なおかつカーブを施した「Infinity Display」を採用しています。
この辺りは前モデルと比べても外見上の大きな違いはありません。

背面パネルにもガラスが用いられていて、かなり光沢が強く、高級感の有る印象です。
フロントパネルと同じく左右にカーブを施して、手にフィットしやすい形状になっています。

大きく変更された点としては指紋センサーの位置。Galaxy S8はレンズの右に指紋センサーを配置していましたが、S9ではレンズの下に変更されています。本体を手にしたときに、人差し指をあてやすい位置で、なおかつ、シンメトリーのデザインになるので、バランスも良くなったという印象です。

下部にはイヤフォンジャック、USB Type-Cのコネクター、スピーカーがあります。

主要なスペックは

  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • プロセッサ:「Exynos 9810」またはQualcomm製の「Snapdragon 845」
  • メインメモリ:4GB
  • 内蔵ストレージ:64GB/128GB/256GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大400GB)
  • ディスプレイ:約5.8インチ Super AMOLED Infinite Display
  • 解像度:1440×2960ピクセル(アスペクト比9:18.5)
  • バッテリー容量:3000mAh
  • アウトカメラ:約1200万画素(デュアルピクセルセンサー、F値1.5または2.4の可変)
  • インカメラ:約800万画素(AF対応、F値1.7)
  • サイズ:68.7×147.7×8.5mm
  • 重量:163g
  • セキュリティ:指紋センサー、虹彩認証、顔認証
  • 防水・防塵:IP68
  • 外部接続端子:USB Type-C
    ハード的にはGalaxy S8とあまり変わりませんがカメラは大きく違います。あと指紋センサーの位置が変わっています。カメラと間違えてレンズに触れることがなくなりました!またGalaxy S9はこの大きさに5.8インチの大画面を詰め込めんだというところが売りです。

F1.5のカメラは驚異的な明るさ

Galaxy S9の最大のセールスポイントは、やはりカメラ機能です。静止画での最大の特徴は、機械式の"絞り"に対応したこと。F値1.5とF値2.4の2段階から絞りを選択できます。大抵の人が利用するであろうオートに設定している場合は、明るさに応じて自動的に絞りを決めます。

F値が低くなっている(レンズが明るくなっている)こともあり、暗い場所での写真もキレイ。センサー側にメモリを内蔵したことで、一度に12枚もの写真を撮ってノイズを削減しているため、写真もなめらかに見えます。

背面カメラは、シングルレンズ。そこに画期的な新機能が搭載されているんです。なんと、小さなカメラモジュールの中に、機械式の絞り装置が組み込まれているのです。

「絞り」とは、レンズから入る光の量を調整する装置で、絞りが開いているほど多くの光を取り込めて、絞られて穴が小さくなるほど取り込む光が少なくなるのです。暗い場所でも明るく撮れると言う訳です。

弱点だったスピーカーもパワーアップ

モノラルスピーカーからデュアルスピーカーになりました。Galaxy S8ではサウンドの再生がモノラルスピーカーだったので、縦長のディスプレイを活かしきれていませんでしたが、Galaxy S9からはDolby Atmosもサポートしており、旧機種よりも立体的なサウンド出力が可能なので、より動画コンテンツの視聴に適した端末となりました。

ちなみに、スピーカーのチューニングは音響機器メーカーのAKGが担当しています。

 

指紋センサーの位置が改良され、顔&虹彩認証も併用できるように


顔認証と虹彩認証の両方を賢く使い分ける「インテリジェントスキャン」

普段使いでありがたい機能が、虹彩認証と顔認証を組み合わせて使うインテリジェントスキャン。
これまでのGalaxyはどちらか一方のみの対応でしたが、S9は両方を組み合わせて使うことで、精度を引き上げています。

S8は顔認証をインカメラで行う場合、暗い場所だと使いものになりませんでした。ところが、S9の場合は、部屋を暗くしてもきっちりロックが解除できました。従来弱かったマスクをつけて顔が隠れている場合などでも、自動的に虹彩認証が選択されるため、問題ありません。逆に明るい場所で虹彩認証が効きにくいようなときは、自動で顔認証が使われます。
このように2つの認証方法を組み合わせることで、ロック解除の精度が格段に上がったなという印象です。

対応周波

WCDMA(Band 1 / 2 / 4 / 5 / 8)
FDD-LTE(Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28)
TD-LTE (Band 38 / 39 / 40 / 41)

以上、グローバル版は最強です。docomoでもauでもSoftBankでも問題なく使えます。

素晴らしい端末ですが・・・

S9は持つべきものをほぼすべて持っています。GoogleがAndroidに詰め込んだクールな機能はほとんど使えるし、デュアルカメラや賢くて、前より役に立つBixby、そして超速の新世代チップといったフラッグシップならではの良さが満載です。

これまで同じ端末を2年以上使っていた人なら、確実ににオススメします。
しかし・・・S8を持っている人にとって、買い換えるだけの違いが有るかといいますと微妙なところですね。お値段もそれなりですので。

 

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Midnaight Black

新品価格
¥52,300から
(2018/11/8 13:30時点)

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

新品価格
¥52,000から
(2018/11/8 13:30時点)

-スマートホン
-, , , ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.